番外編 カンボジア・アンコールの町

カンボジアへ 出国から入国まで

投稿日:

カンボジアのシェムリアップに移住しました。初めて行く東南アジア。上海での乗り継ぎもカンボジアの入国手続きなども含めて不安でしたがなんとかやってきました。一人でいくのってハードル高そうですが意外となんとかなります。

オレちょっとカンボジアに移住してくるわ

2015年11月の下旬、俺は福岡国際空港に降り立った。ついにカンボジアに旅立つ日。海外に出るのは久しぶり。

乗り継ぎがあるのは初めて。一人で海外にいくのも初めて。

webで入念にカンボジア入国手続きのやり方を調べたが果たして大丈夫だろうか。特に上海での乗り継ぎがプレッシャー。カンボジアで入国拒否などされたらかなり本気で困る。というかそもそも飛行機そんなに好きではない…。不安要素はいくらでもあるがとりあえず行ってみないとわからないので腹をくくった。

福岡空港国際ターミナル

旅立つ前に親と80歳になる婆さんに顔見せとこうってな訳で沖縄から九州に会いに行った。久しぶりに会った婆さんからは心配やら頑張れなどは一切なく、外国まで行って人様に迷惑かけるなよなどなどの有り難い説教のみであった。流石は婆さん。よく分かっていらっしゃる。

それにしても、ついに日本を離れてカンボジアへ旅立つ日がきた。

沖縄の知人、猪がベトナムから帰ってきて、一緒に海外行こうぜ!って話に乗ってから8ヶ月。なんやかんや現実になった。

空港へ向かう車の中でベトナムの次はカンボジアが熱い!ASEANビジネスはこれから伸びる!日本を出て世界で通用する人間になる!って猪が熱く語っていたのを思い出していた。いよいよ実際にこそこへ行くのだなぁ。←結局、翌年になっても言い出しっぺの猪は来なかったwwwww

別府の景色

飛行機は安いのを探して中国東方航空の上海経由のにした。片道4万。エアアジアの方が安いんだけど(片道2万円台)クアラルンプール経由だし、福岡空港から出てるのがないんだよな。

手っ取り早く安い航空券を探す時はスカイスキャナーの航空券比較←これが便利だった。

旅程表

おかんがあたしが出すから!って飛行機代出してくれた。返そうとしても受け取らない。いくつになっても親は親だな。いや、俺もうすぐ40のオッサンなんですけど…。どっちかっていうと親孝行したいお年頃なんですけど…でもありがてぇ!

親父もスーツケース買い直してくれたり空港まで連れて行ったりしてくれた。ホントありがたいね。

出国する前に必ずやっておく事

  • 空港の銀行でUSDにいくらか両替しておく。俺はとりあえず200$両替した。
  • 入国関連の書類の書き方をスマホで画面キャプチャーしておく。
  • 横4cm✕縦6cmの写真を必ず取っておく。

これやってないと着いてから色々と面倒な事になるらしい。実際行ってみて確かにって思いましたね。

ほんとはビザも先に取っておいた方がいい。カンボジアは空港で手続きすると最初はビジネスビザくれないから。手荷物も重さ超えてるとお金取られるんでチケット取る前に重さと金額がどのくらいか調べといたほうがいい。

http://jp.ceair.com/muovc/newsite/main/ja_JP/Static_pages/Baggage.html

福岡空港国際ターミナル

国際線乗るの自体が数年振りだし、乗り継ぎは初めてだなぁ。

まぁ、何とかなるだろと思ったら、早速出国前にアクシデント。帰りのチケットない場合入国拒否される可能性がある。最悪そのまま日本に戻される可能性もあるが、それでもいいのか?うちは責任持ちません的な事を偉い人に説明された。

あー。なるほど。多分大丈夫だろ。ここまで来て帰るとかないね。誓約書みたいなやつにサインして搭乗口へ向かった。

福岡空港国際ターミナル

カンボジアに向けて出発 第1の関門上海での乗り継ぎ

中国東方航空の飛行機

先ずは上海まで一時間ちょっとのフライト。良く晴れていていい景色だ。

カンボジアへ出発

中国東方航空は安いけど、機内は想像したのと違って結構キレイだった。

中国東方航空の飛行機 機内

高度を上げて、安定すると、機内食を配り始めた。中国東方航空の飛行機は安い割りに機内食が付いている。CAもみな中国人なので何言ってるか全く分からんかったが、無事に餌にありつけた。

中国東方航空 機内食

中国東方航空 機内食

おかずの味は結構良かった。魚の煮物みたいなヤツで(上海カンボジア間はチキンのクリーム煮だった)普通にうまいが、米の匂いが日本のと違ってなかなか強烈だった。食えなくはないけど。

上海上空

上海浦東国際空港

上海浦東国際空港

上海に無事に到着。ビビっていた乗り継ぎもやってみるとめっちゃ簡単だった。

上海浦東国際空港 到着

出口の方に行くとTransferって書いてる案内板が出てる。そこに乗り継ぎ用の受け付けがあるので航空券とパスポートとか見せて、荷物チェックするだけ。だいたい向こうでこうしろあーしろって言ってくれる。あとは自分の乗るゲートで待つだけ。

上海浦東国際空港 ターミナル内

待ちが4時間近くあるので、売店で青海ビールを買って飲んだくれた。上海は日本語通じるし、日本円で支払うのもOKなお土産屋があって助かる。

青島ビール

搭乗口で待っていると、英語でアナウンスがあって、よくよく聞いてみると俺の乗るやつは何かあって、出発が遅れる、搭乗口も変わるそうだ。うわ。めんどくさ。

上海浦東国際空港

上海浦東国際空港 出発口

1時間近く遅れての出発。ここから4時間近くのフライトかぁ。ネットの書き込みなどを見ると日本から中国までは普通。LCCより快適だが、中国から他の国に行く便は強烈ってのが多かった。どんな感じなんやろ?

シェムリアップへ

上海までは日本人や白人などが結構いたが、上海からシェムリアップへの便は99%中国人であった。みんな立ち上がって通路でめっちゃ喋ってたり、酔っ払ったオッサンらが歌ってたり、なかなかカオスで面白かった。なんと言うか、良く言えば陽気、悪く言えばうるさい。個人的には見てるだけで暇しないのでおもろかったが、うるさいのが苦手な人には苦痛かもなぁ。

シェムリアップへの飛行機 夜景

隣の席の夫婦もなんやかんや親切にしてくれた。わざわざipadで見てるドラマ?とかをこっちにも見せてくれたり(ドラマの内容は全く分からんかったが)CAとの間に入って飲み物やら頼んでくれたり。日中の政治的な色々は置いといて、個人レベルでは普通に良い人達だった。

シェムリアップへの飛行機 夜景

どこ飛んでるかもわからんが、夜景きれーやなぁ。

カンボジア到着! 第2の関門 入国審査の書類系

飛行機の中で入国カードとか税関の書類を書く。これ書き方ググってキャプチャー撮っといたほうがいいってのを海外しょっちゅう行ってるやつが言ってたのでコレだけはやっておいたのだけど、マジで助かった。何回か書いてると書き方が分かってくるけど、いきなりだったらキツいね。周りの中国人達もみんなで教え合っていた。

カンボジア入国カードの書き方

カンボジア入国カードの書き方

カンボジア 入出国書類の書き方 このサイト細かく書いてくれてるしPDFでもダウンロード出来るのでほんと助かる。アンコールワットなどを見に来る人は読んどいたほうがいいと思う。

11時間の長い移動を経て、夜中のカンボジア、シェムリアップに到着!時差2時間。

シェムリアップ空港

シェムリアップ空港

ここから入国審査。一緒の便で来た中国人やその直後に到着した韓国人団体の行く方にとりあえずついて行く。

シェムリアップ空港

シェムリアップ空港 ビザ申請

ビザ申請の用紙を、スマホでお手本を見ながら書いてビザの申請カウンターに並ぶ。人いっぱい並んでるからすぐ分かる。入国用の建物に入って右側。写真の右側にあるカウンター。ビザの申請用紙と写真を渡して数分待つと呼ばれる。

カンボジア ビザ申請

カンボジア 入出国書類の書き方

ビジネスビザを申請したけど、噂通り旅行用の30日のビザだった。検問みたいなとこで指紋と顔写真を取って、カンボジア入国!!

初めてのカンボジア!アンコールの町シェムリアップ!

シェムリアップのトゥクトゥク

雅氏がTukTukっていうバイクタクシーで空港まで迎えに来てくれた。雅氏の家まで走っている途中で気づいたが、カンボジアの交通ルールはめっちゃ適当でカオス。よく事故らないよな。信号とか殆どないし。

シェムリアップ

初めて見るシェムリアップの町は想像してたよりはキレいな町だった。くせーけど(これは2日ぐらいで慣れる)。その国その国によって匂いってちがうよなー。多分、発酵食品の匂いが違うからなんだと思うが。東京も海外から来た人には醤油臭く感じるらしいからね。そしてめっちゃ埃っぽい。アスファルトより赤土の道の方が多いからだな(これも2日ぐらいで慣れる)。

シェムリアップ バー

夜中のパブストリートやナイトマーケットなどを軽く見てから雅氏の知り合いのやっているバーで再会を祝った。日本語ベラベラのカンボジア人や日本人の女子大生とかもいて普通におもろかった。

シェムリアップ バー

明日からどうなっていくのであろうか…。

重要事項のまとめ

  • アンコールワットのあるシェムリアップまではエアアジアか中国東方航空が安い。
  • 国際線の乗り継ぎは意外と簡単。行けばなんとかなる。
  • 入国の書類に関しては事前に情報収集する事。通信機器が使えない可能性を考慮してキャプチャーしておく。
  • 出国前にUSD両替と4✕6の写真は必ず撮っておく。
  • カンボジアに関しては空港でビジネスビザを申請しても最初は旅行用のしかくれない。



このブログの1ページを使って無料でPRしませんか?

沖縄本島、慶良間、石垣、あとは伊勢周辺などで宿や飲食店などなどを営む皆様にこの沖縄旅行ブログの1ページお貸しします。広告費をかけたくない方に書いて貰えるといいかなと思っております。

ロストバゲージ(荷物紛失)された俺がいうから間違いない。悪いことは言わないから旅行は保険付きクレカで決済しとけ!!マジで

ロストバゲージとか破損とかありえない。空港や家に送った荷物は普通に届くと思ってる皆様こんにちは。クロ◯コにも中国◯◯航空にも荷物をなくされた俺です。割りと真面目にこういうことはあります。だって、何処そこ行きってシール貼ってるだけですからね。失くなった時、壊れた時に後悔しても遅いです。保険付きのカードで決済しておけば損害を簡単に保証してくれます。海外旅行保険がついてる物は多いのですが国内の旅行保険がないものがおおいんですよね。国内旅行保険も付いた、その他よく使うであろうサービスとも相性のいい旅行保付きカードを一枚は持っておいた方がいいかと存じます。※最新記事やオススメ記事、関連記事などの一覧、SNSのシェアボタンはこの下です↓

国内旅行でも最高1,000万円の旅行損害保険の付いたリクルートカード じゃらんやホットペッパー利用時にもポイントがガッツリ付きます

マスター、VISA、JCBの3つ国際ブランドから選択可能。旅行損害保険 海外旅行:最高2,000万円(利用付帯) 国内旅行:最高1,000万円(利用付帯)。荷物の損害もこの中に含まれます。ショッピング保険国内・海外:年間200万円がついた便利なカード。旅行でよく使う、じゃらんやホットペッパー利用時にカード決済すればポイントがザックザクたまるスグレモノ。国内旅行保険はついてないカードが多いんですよね。国内旅行用にもこの一枚!年会費も永久に無料のオススメカードです!!リクルートが運営なので何かと使う機会はありそうですね。ホットペッパーのグルメやビューティーなんかは普段でもよく使うのではないでしょうか。

海外旅行・国内旅行傷害保険最大1000万携行品損害も15万~100万まで!安心のブランドJALカード

今ならAmazonギフト券も11000円分貰えるJALカード。携行品損害もついたこちらのカードは普通からプラチナまでランクがあり受けられるサービスが違うのですが、正直普通カードで充分な気がします。アメックスにしなければ年会費も初年度無料、二年目からも2160円です。アメックスにすると年会費6480円ですが空港ラウンジが使えたり特典もありますが。JALの飛行機に乗る度にマイルがたまるオトクなカード。学生専用のJALカードnaviなどもあり幅広い方にお使いいただけるカードでしょう。飛行機に乗る回数が多い方にはこちらのカードがおすすめです。

よくよまれている記事はこちら

カクレクマノミ 1

慶良間はクマノミの数が多くビーチで簡単に出会えます。朝の阿波連ビーチでハマクマノミ、クマノミ、カクレクマノミと3種類のクマノミを発見しました。那覇から船で1時間。お手軽にクマノミが見たい人には最適なビ ...

アオウミガメ 2

沖縄の慶良間諸島 座間味島はウミガメと普通に遭遇できます。ケラマカヤックセンターのシーカヤックとシュノーケリングでアオウミガメとタイマイに遭遇。その後、阿真ビーチでもアオウミガメに遭遇しました。 1 ...

ビーチサイドコンドミニアム 3

沖縄中部の主要観光地 北谷。ビーチサイドコンドミニアムは北谷のアラハビーチの真ん前にあるコンドミニアム。部屋の作りは豪華でジャグジーもあるのに安い。今年はいつものツインではなく2LDKの大型の部屋に宿 ...

西表島の青珊瑚 4

民宿マリウドの海人ツアーは朝から晩までがっつりと西表島の海を楽しむためのツアーです。西表島は青珊瑚が多く、とてつもなく美しい海で遊べます。秘境の村として有名な船浮のもっとずっと先にある西表島の最西端の ...

青の洞窟 5

青の洞窟は恩納村 真栄田岬にある洞窟。光の屈折により洞窟内が青く光るところ。世界でも数か所しかない特殊な場所。ダイビングスポットとしても有名ですが、青い光はシュノーケリングじゃないとちゃんと見えないそ ...

伊勢神宮 内宮 6

天照大御神をお祀りする神宮の内宮、皇大神宮へ参拝してきました。 この旅の目的、三種の神器の1つ八咫鏡のある皇大神宮。宇治橋を渡れば別世界が広がっています。 一生に一度はお伊勢参りといわれる日本人のここ ...

ビーチタワー BBQ 7

北谷のリゾートホテル、ザ・ビーチタワーの1Fに入ってるチュラティーダ。シーサイドテラスでのBBQは食べ放題飲み放題で4200円。海でたっぷり遊んだ後、飲んで食べて楽しい夜を過ぎしてきました。サンセット ...

-番外編 カンボジア・アンコールの町

Copyright© 朝梟の旅行ブログ , 2017 AllRights Reserved.