慶良間の旅 渡嘉敷旅行記

渡嘉敷・座間味の旅 渡嘉敷旅行記1

投稿日:

今年は慶良間を旅します。まずは那覇で2泊。久々の那覇の夜、100円オリオンビールのぼんぢりや、麺や偶 もとなりなどで暴飲暴食してきました。

ピーチで沖縄へ

7月の中旬、沖縄へと向かった。今年は渡嘉敷島、座間味島と慶良間を満喫する。宮古島、阿嘉島、久米島、波照間島などは来年以降の楽しみに取っておく。

渡嘉敷は最近取引の始まった会社の社長が沖縄行った事ないし行きたい!というので、どうせなら離島に連れていこうって企画。因みに会うのは初。いきなり旅行とか…

座間味は阿真ビーチで家族でキャンプをする。息子に海ガメを見せてやりたい。8月は大司氏と神社参拝の旅。今回は富士山へ浅間神社、新屋山神社に参拝しにいく。今年の旅はそんな感じ。

20160725

福岡空港からピーチの飛行機で那覇へと向かう。ピーチはほんと安い。手っ取り早く安い航空券を探す時はスカイスキャナーの航空券比較←これが便利。国内も海外もだいたいこれでサクッと調べている。

ピーチ飛行機

今回は晴天だった。また台風が来るんじゃないかと思ったが今回は大丈夫。これは幸先いいな。

ピーチ飛行機

ピーチ飛行機

久しぶりの那覇空港はカラリと晴れて蒸し暑い。これぞ沖縄の日差し。

普段住んでるカンボジアの日差しほどではないがやっぱり南国だよなぁ。

那覇空港

モノレールで県庁前まで行き、去年も世話になったゲストハウス グラン那覇へチェックインする。

めっちゃ清潔!GRAND那覇(グラン那覇) 沖縄格安ゲストハウス

那覇で手軽に泊まれるゲストハウスをおさがしの皆様、久茂地の"グラン那覇"はいかがでしょう?ドミトリーメインですが2015年に出来たばかりで清潔な上に設備も充実しています。ドミで"サクッと一晩寝るだけ" ...

続きを見る

俺だけ一足先に沖縄入りした。

普天間宮とイオンモールライカムへ

普天間

普天間宮は熊野権現と琉球古神道神を祀る神社。去年もお世話になったので参拝しておいた。

普天間宮

そこから10分ぐらいかな?沖縄市方面に向かって行くと巨大なイオンモール ライカムがある。ここに知り合いがいるので会いに行った。

イオンモールライカム

8ヶ月ぶりに猪(沖縄の知人)にあった。

コイツは元々カンボジアに行こうといい出したヤツ。

最後に会った時、3月まで金を貯めてからそっち行くわ!と言ってた猪。

オレとカンボジア行こう!ASEANビジネスはこれから熱い!キリッ

という説得に応じて、俺と雅氏は先にカンボジア入りしたわけだが、肝心の言い出しっぺが来なかったww

金貯めたらスグ行くわと言ってたが、原チャリを購入したとこぐらいから雲行きが 怪しいなぁと思っていた。その金もったいなくね?と。そして遂に

次は車の免許取り直して車買いたいんだブー

みたいな事を言いだしたので、雅氏とコレは多分来ないスネという話になった。

結果やっぱ来なかったw これはさすがに素でビックりした。

猪の熱く語る未来に共感したから、カンボジアまでいったんだけど…。温厚な雅氏がこっちは仕事までやめて来たのになんだコレ!!って激怒していたww

カンボジアへ 出国から入国まで

カンボジアのシェムリアップに移住しました。初めて行く東南アジア。上海での乗り継ぎもカンボジアの入国手続きなども含めて不安でしたがなんとかやってきました。一人でいくのってハードル高そうですが意外となんと ...

続きを見る

猪に海外もおもしれーよみたいな話をサラッとしてから帰った。

クソ野郎には違いないが、元気そうだったし、安定した仕事をしているようなので、まあよかったかな。

今年も100円オリオンのぼんぢりやで飲んだっくれる

カンボジアにいる間、ラーメン屋に次いで行きたくて仕方なかったのが居酒屋。

カンボジアにあるのは基本バーで正直そんなにうまくないのでいかない。

珍しく酒もほとんど飲まずにすごしていた。おかげですこぶる健康になったが。

ぼんじりや

今日は久しぶりに1人でしみじみやったろと思い去年も訪れた100円オリオンビールのぼんぢりやで飲むことにした。無駄遣いは出来ないので。

ぼんじtりや
100円で生ビールが飲める店! 那覇「ぼんぢりや本店」

いつでも100円で生ビールが飲める! 「ぼんぢりや本店」で飲んだっくれてきた 久茂地には数えきれない程の居酒屋がある。グラン那覇の周りも居酒屋ばかり。しかし、俺はわざわざ県庁前まで歩いて行った(5分ぐ ...

続きを見る

カウンターに座る。周りには一人で飲んでる人がかなりいた。

1人でも気楽に入れる居酒屋っていいね。

ぼんじりや 100円ビール

久しぶりのオリオンジョッキ。これが100円で飲めるってのはありがたい事だと思う。

ぼんじりや ゴーヤチャンプルー

ゴーヤチャンプルやら天ぷらなどを頼みしみじみ味わいながら久しぶりの居酒屋時間を過ごす。

オリオンを2杯飲んでから黒霧水割りに切り替えた。芋焼酎も久しぶりに飲んだがしみじみと美味かった。やっぱり日本の酒はうまい。

ぼんじりや 天ぷら

日本にいた頃はなんとも思ってなかったが、これはやっぱり至福のひとときだと思う。

結構食って飲んだが会計は1900円。安い!

久しぶりの居酒屋で気分がよくなった俺は調子にのって"麺や偶 もとなり"というこってりラメーンの店に行き更にムシャムシャと胃袋の限界まで食べた。

麺や偶 もとなりのラーメン

スープが濃くてうまい。日本のラーメンって本当に素晴らしいですね。さすがに腹一杯でもう動けない…。たまにはこういう日があってもいいだろ。

麺や偶 もとなり 久茂地店

沖縄県那覇市銘苅180-1 TEL:098-862-0401

さて、ここから今年の沖縄の旅がまたはじまる。明日は今回の旅の同行者達がやってくる。

ご存知ですか?本島拠点の旅でもお手軽に慶良間の海を楽しむ事ができます

那覇からもお手軽に!那覇発 慶良間のシュノーケリングツアー!本島では見ることができない感動の海へ!

本島滞在のあなたも那覇発の慶良間1日シュノーケリングなら気軽に慶良間の海がたのしめます!ミシュラン二ツ星エリアで3ポイント回遊の1日ツアーで7000円~とお値打ちです。写真撮影も無料サービス。那覇のホテルまでの送迎も無料です!口コミも高評価でした!

国際通り島唄居酒屋 金城でRyutyのライブ 渡嘉敷旅行記2

沖縄観光の定番、島唄居酒屋でライブを見ながらのオリオンビール。国際通りにある島唄ライブ居酒屋"かなぐすく"で楽しんできました。初めての沖縄旅行などで是非立ち寄ってみてください。沖縄っぽい空気が感じられ ...

続きを見る

次は島唄居酒屋金城で飲みます



PIC UP! 沖縄旅行で役に立つ記事など


防水アクションカメラが1万円以下!使える激安防水ムービー5選
これ1台でダイビングやスノボで高画質の動画撮影が可能!便利なウェアラブルカメラが6000円~1000円前後で販売されてのでご紹介します!4K対応モデルなども今は安いんですよねぇ。

沖縄、那覇で美味しいラーメンが食べたいならここ!
ランチや飲んだ後のしめに沖縄ソバもいいけどラーメンも。沖縄のラーメン屋は意外とレベルが高いんです。家系も魚介豚骨も当然のようにありますし、沖縄オリジナルメニューもかなりの美味さですよ!

沖縄リゾートバイトをお考えなら!リゾバ求人をまとめました
ただの沖縄旅行じゃつまらない!リゾートバイトや派遣のお仕事でガッツリ長期滞在を実現してみませんか?リゾートバイトは新たな仲間との出会いもあるでしょう。若い人にはおすすめですよ。

よくよまれている記事はこちら

カクレクマノミ 1

慶良間はクマノミの数が多くビーチで簡単に出会えます。朝の阿波連ビーチでハマクマノミ、クマノミ、カクレクマノミと3種類のクマノミを発見しました。那覇から船で1時間。お手軽にクマノミが見たい人には最適なビ ...

アオウミガメ 2

沖縄の慶良間諸島 座間味島はウミガメと普通に遭遇できます。ケラマカヤックセンターのシーカヤックとシュノーケリングでアオウミガメとタイマイに遭遇。その後、阿真ビーチでもアオウミガメに遭遇しました。 1 ...

ビーチサイドコンドミニアム 3

沖縄中部の主要観光地 北谷。ビーチサイドコンドミニアムは北谷のアラハビーチの真ん前にあるコンドミニアム。部屋の作りは豪華でジャグジーもあるのに安い。今年はいつものツインではなく2LDKの大型の部屋に宿 ...

西表島の青珊瑚 4

民宿マリウドの海人ツアーは朝から晩までがっつりと西表島の海を楽しむためのツアーです。西表島は青珊瑚が多く、とてつもなく美しい海で遊べます。秘境の村として有名な船浮のもっとずっと先にある西表島の最西端の ...

青の洞窟 5

青の洞窟は恩納村 真栄田岬にある洞窟。光の屈折により洞窟内が青く光るところ。世界でも数か所しかない特殊な場所。ダイビングスポットとしても有名ですが、青い光はシュノーケリングじゃないとちゃんと見えないそ ...

伊勢神宮 内宮 6

天照大御神をお祀りする神宮の内宮、皇大神宮へ参拝してきました。 この旅の目的、三種の神器の1つ八咫鏡のある皇大神宮。宇治橋を渡れば別世界が広がっています。 一生に一度はお伊勢参りといわれる日本人のここ ...

ビーチタワー BBQ 7

北谷のリゾートホテル、ザ・ビーチタワーの1Fに入ってるチュラティーダ。シーサイドテラスでのBBQは食べ放題飲み放題で4200円。海でたっぷり遊んだ後、飲んで食べて楽しい夜を過ぎしてきました。サンセット ...

-慶良間の旅, 渡嘉敷旅行記

Copyright© 朝梟の旅行ブログ , 2017 AllRights Reserved.