番外編 聖地を巡る旅

北口本宮冨士浅間神社と新屋山神社

投稿日:

北口本宮冨士浅間神社と金運神社として有名な新屋山神社への参拝の旅。北口本宮冨士浅間神社は富士山の北側、山梨県富士吉田にある神社。1900年の歴史を持ち、富士登山の出発点になっています。凛とした力強い空気で清々しい気持ちになれる神社です。新屋山神社は大山祇神を始めたくさんの神々を祭る神社で、奥の宮は富士山のなかにある山の気の満ちた場所。どちらも富士山に来た際には是非とも参拝して欲しい神社です。

北口本宮冨士浅間神社

北口本宮冨士浅間神社
山梨県富士吉田市上吉田5558 TEL:0555-22-0221

吉田うどん
富士 吉田うどん 玉喜亭

富士山神社巡りの二日目、河口湖から富士山駅へ。玉喜亭で富士吉田名物の吉田うどんを食べてきました。 1 河口湖から富士山駅へ2 富士山駅へ機関車トーマスで行く3 吉田うどん 玉喜亭 河口湖から富士山駅へ ...

続きを見る

からの続きです

お腹いっぱいになった我々は北口本宮冨士浅間神社へと向かう。武田信玄公ゆかりの神社。

北口本宮冨士浅間神社 参道

元々は富士山の噴火を鎮めるために建てられた。なのでご祭神は木花咲耶姫。火の燃え盛る中で瓊々杵命の子を出産したという火にはめっぽう強い神様。

富士山の周りにある神社を始め、全国の浅間神社は木花咲耶姫を祭っている。富士山頂にある神社も木花咲耶姫が祭神。

父親が山の神、大山祇神だからというのもあるのかもしれない。山の神の子で火にも負けないなら富士を鎮める力もあるだろうというところだろうか。

北口本宮富士浅間神社 鳥居

ここの鳥居は鉄で出来ていて富士山と書いてある。見た目めちゃくちゃ強そう。女神を祭っているような雰囲気ではない。

参道

もともとは過酷な修行をしていた場所らしく凛とした空気なのだ。富士信仰の本拠地ですからね。富士講の人たちは何日も断食したり不眠を貫いたり、何度も富士山を登ったりといった苦行を行っていたそうだ。

大司氏
断食、不眠…厳しい修行ですねぇ… 

俺は修行とか無理だなー。 

昔まるまると太っていた俺はダイエットの一環としてやった事があるが断食は7日が限界だった。水以外は一切口にしないというやり方だったのだけど、1週間でがっつり痩せたというかやつれた。二度とやりたくないレベルでひもじかった。そしてやたらと眠かった。確実に痩せるけどあんまりおすすめはできない。そもそも修行の断食は目的が違うし。

木

森

個人的にはこの空気が好きなんだけど、毎回ピリッとする。富士宮にある富士本宮浅間神社はこういう感じではなく、もっと優しい雰囲気。同じ神様を祭っていても空気は全く違う。

北口本宮浅間神社が陰で富士山本宮浅間神社が陽の気とかいうのも分かるような気がする。

北口本宮浅間神社に参拝

鳥居

参道を突き進むと見えてきた、日本最大の木造鳥居。

日本最大 木造鳥居

随神門をくぐると拝殿が見える。

北口本宮冨士浅間神社 拝殿

ここはかなり古い建物で味があってすげー好き。 木の感じが歴史を感じて、なんというかめちゃくちゃ落ち着く。

北口本宮冨士浅間神社 境内

巨大な天狗=大山祇神がどーんと正面にあって迫力がある。猿田彦大神と大山祇神は天狗として書かれることが多いね。邪気が祓われる感じがする。俺などは普段邪気及び煩悩の塊なのでちょっとビビる。昨年から海外に移住したり色々ありましたがなんとか無事に帰ってこれましたといった内容の事を報告し感謝を述べた。

杉と神社

北口本宮冨士浅間神社

向かって右手に御朱印やお守りなどを頂く場所がある。我々もありがたく御朱印を頂戴した。

本宮への参拝を済ませた我々は拝殿の周りをぐるっと回ってみる。

冨士太郎杉

樹齢1000年以上といわれる冨士太郎杉。その反対側には冨士夫婦檜。

そして、ここでものすごくびっくりしたのが日光の大黒様が本殿の裏にいるというところ。日光二荒山の大黒様=大国主命には個人的に何かとお世話になっている。ついこの前沖縄から帰った次の日に日光に行ってきた。スピスピした話になるのであまり詳しい事は言わんがここに参拝したあとはガチで色んな事が起こる。割と本気で現世的な具体的な事も叶えて貰ってきた。まさか富士山にいらっしゃられるとは思わなんだ。なんか神縁的なものを感じずにはいられない。当然、いつもありがとうございますとご挨拶させて頂いた。

東京という場所は富士山から日光への龍脈の気を集めるような作りになっているらしいが、意外とほんとかもなーと思う。まぁ知らんけど。

富士 吉田登山口

更に奥へ進むと祖霊舎があり、そこからが富士山吉田口。

ここから富士山登れるんか… 

大司氏
富士講の人たちはここから富士山の山頂までいくんですねぇ 

大司氏とは山奥にある三峯神社、奥の宮まで登山したりしてきた。正直ちょっとウズウズするが日本で最も高い山、霊峰富士山に挑む装備ではないな。吉田ルートも富士スバルライン五合目まで上りそこから登山するそうだ。

今回はそこまで行かなかったというか、知らなかったのだけど、この先に大塚丘という場所があって日本武尊命と浅間大神が祭られているそうだ。

北口本宮冨士浅間神社 参道

やっぱりここの空気はピリッとして凛としてていいですね。富士山に登る人は1回ここで禊をしてから登るといいと思う。

金運神社として有名な新屋山神社へ

新屋山神社
〒403-0006 山梨県富士吉田市新屋1230 新屋山神社
電話: 0555-24-0932
公式サイト http://www.yamajinja.jp/

 

新屋山神社

我々はそのまま徒歩で新屋山神社へ。奥の宮が金運神社として有名な神社。北口本宮冨士浅間神社から旧鎌倉往環を山中湖方面へ向かって徒歩で10分ぐらい。ローソンが右手に見えてくるのでそこを右に入っていくとすぐにある。

ほんとかどうかは知らないが、なんでも船井総研の船井さんがお金に困ったらここに行けと言ったとかなんとか。

まずは本宮へ参拝する。ここは入口の鳥居から雰囲気があって好き。とりあえず凄そう。

新屋山神社 本宮

ここは大山祇神様、その一族を始めたくさんの神々を祭っている。

新屋山神社

前回来た時から年収が上がったとか、宝くじが当たったとかはないけど、海外にいても食うに困らず生きてこれた。その御礼を述べる。前回来た時は玉串拝礼をさせて頂いた。作法がわからず多少テンパったのを覚えている。今回は普通に参拝。

新屋山神社 本宮

本宮での参拝を終えた我々は奥の宮へと向かった。

新屋山神社 奥の宮へ

ここから奥の宮まではタクシーでひたすら裏の山道を上って行く。奥の宮は富士山の中にあるのだ。

かなり距離があるので、だいたい往復で8000円ぐらいはかかるが行った方がいいと思う。車で来てる人はそのまま山道を上がっていけば着く。

新屋山神社 奥の宮

奥の宮は本宮の雰囲気とは打って変わってピリッとした感じ。全然違う神社みたい。山の気が満ちてる感じ。

富士山

大司氏はここは初めて来たのだが

大司氏
これはまた凄い場所ですねぇ… 

とつぶやいて呆然としていた。

前回来た時も今回も霧に包まれていて幻想的な空間になってる。前回は結構人が多く、みんな熱心に祈っていた。雰囲気的に経営者が多いんだろうなと思った覚えがある。

本日は開いてなかったが参拝しておいた。御礼参り大事。前回来てからの事、その御礼、この先の予定などをざっくりと報告した。願った訳ではないが、なんだかんだ前回来た時に、こうなったらいいなーと漠然と思っていた事が現実になってきている。全くもってありがたい事この上ないですね。

富士急ハイランド バス停

今回の最大の目的だった富士山の神社へのお礼参りを無事に済ませた我々は富士急ハイランドまでまた歩き、そこから高速バスに乗り東京へと戻った。

沖縄とはタイプの違う、いい夏の旅になったと思う。

昔から思っていたのだが、こういう神社仏閣巡りをする時は、ちょっとスピスピした感覚で行った方がいいと思う。その方が単純に楽しい。単純に建物を見るよりは、なにかしらの人を超えた存在がそこにいるかもと思った方がワクワクするじゃん。

伊勢神宮の旅などでも、俺と大司氏だけがテンション爆上がりで周りのやつらシラーっとしてるような事はよくある。それでは旅の楽しみ10分の1だろと毎回思う。食べ物とかしか楽しめないってのは悲しいではないかと。そのへんは人それぞれだけど。

現実的に困り果ててから神社に参る人も多いが、そういうんじゃなくて、普段からいつもありがとうございます。無事に生きてますみたいな感覚でちょくちょく参拝してる方がずっといいんじゃないかと思う。



PIC UP! 沖縄旅行で役に立つ記事


防水アクションカメラが1万円以下!使える激安防水ムービー5選
これ1台でダイビングやスノボで高画質の動画撮影が可能!便利なウェアラブルカメラが6000円~1000円前後で販売されてのでご紹介します!4K対応モデルなども今は安いんですよねぇ。

沖縄、那覇で美味しいラーメンが食べたいならここ!
ランチや飲んだ後のしめに沖縄ソバもいいけどラーメンも。沖縄のラーメン屋は意外とレベルが高いんです。家系も魚介豚骨も当然のようにありますし、沖縄オリジナルメニューもかなりの美味さですよ!

沖縄リゾートバイトをお考えなら!リゾバ求人をまとめました
ただの沖縄旅行じゃつまらない!リゾートバイトや派遣のお仕事でガッツリ長期滞在を実現してみませんか?リゾートバイトは新たな仲間との出会いもあるでしょう。若い人にはおすすめですよ。

よくよまれている記事はこちら

カクレクマノミ 1

慶良間はクマノミの数が多くビーチで簡単に出会えます。朝の阿波連ビーチでハマクマノミ、クマノミ、カクレクマノミと3種類のクマノミを発見しました。那覇から船で1時間。お手軽にクマノミが見たい人には最適なビ ...

アオウミガメ 2

沖縄の慶良間諸島 座間味島はウミガメと普通に遭遇できます。ケラマカヤックセンターのシーカヤックとシュノーケリングでアオウミガメとタイマイに遭遇。その後、阿真ビーチでもアオウミガメに遭遇しました。 1 ...

ビーチサイドコンドミニアム 3

沖縄中部の主要観光地 北谷。ビーチサイドコンドミニアムは北谷のアラハビーチの真ん前にあるコンドミニアム。部屋の作りは豪華でジャグジーもあるのに安い。今年はいつものツインではなく2LDKの大型の部屋に宿 ...

西表島の青珊瑚 4

民宿マリウドの海人ツアーは朝から晩までがっつりと西表島の海を楽しむためのツアーです。西表島は青珊瑚が多く、とてつもなく美しい海で遊べます。秘境の村として有名な船浮のもっとずっと先にある西表島の最西端の ...

青の洞窟 5

青の洞窟は恩納村 真栄田岬にある洞窟。光の屈折により洞窟内が青く光るところ。世界でも数か所しかない特殊な場所。ダイビングスポットとしても有名ですが、青い光はシュノーケリングじゃないとちゃんと見えないそ ...

伊勢神宮 内宮 6

天照大御神をお祀りする神宮の内宮、皇大神宮へ参拝してきました。 この旅の目的、三種の神器の1つ八咫鏡のある皇大神宮。宇治橋を渡れば別世界が広がっています。 一生に一度はお伊勢参りといわれる日本人のここ ...

ビーチタワー BBQ 7

北谷のリゾートホテル、ザ・ビーチタワーの1Fに入ってるチュラティーダ。シーサイドテラスでのBBQは食べ放題飲み放題で4200円。海でたっぷり遊んだ後、飲んで食べて楽しい夜を過ぎしてきました。サンセット ...

-番外編 聖地を巡る旅

Copyright© 朝梟の旅行ブログ , 2017 AllRights Reserved.