BBQ




便利な情報系 沖縄 グルメ!

沖縄 バーベキューをビーチでやろう

投稿日:

沖縄でバーベキュー!旅行でもビーチパーリーやっちゃおう!沖縄はバーベキューのできる設備の整ったビーチが多数あります。現地の人はビーチパーリーといって週末などによくビーチでのバーベキューを行っています。家族や仲間との旅行でこれをやらないのはもったいない。青い海を見ながらのバーベキューのできるビーチをご紹介します。

沖縄 バーベキューのできるビーチ

夏といえば海と肉の季節。沖縄には海もバーベキューも両方楽しめる一挙両得なビーチが多数存在します。昔から思ってたんですが、旅行で沖縄に来た人でビーチでのバーベキューをやる人ってあんまいないんですよね。これはマジでもったいない。

ちょっと目を閉じて超リアルに想像してみてくださいよ。

真夏のビーチで飲むよく冷えたオリオンビール。たまにプシーっとかいいながらジュウジュウと焼けていく肉汁のしたたるステーキ。そして目の前はエメラルドグリーンの海。

ビール

BBQ

海

ヤバくないですか?

旅行客は感動すること間違いなしのビーチパーリー。旅行先だからこそやりたいバーベキュー。観光スポットを北から南までぐるっと一周するより多分楽しいと思います。

今回は旅行客が拠点にすると思われる那覇周辺、中部の宜野湾や北谷でバーベキューのできるビーチを集めてみました。"旅行で来た観光客が気軽にサクッとバーベキューできるビーチ"特集です。

どこも人気のある場所なのでやると決めたら予約は早めにしておいた方がいいですね。直前だとだいたいお断りされます。

バーベキューやるならここ おすすめビーチ

那覇周辺 バーベキューにおすすめなビーチ

豊崎美らSUNビーチ

豊崎美らSUNビーチは豊見城市の豊崎海浜公園にあるビーチです。沖縄旅行の定番ビーチですね。バーベキューは10:00~20:00までやってます。

那覇空港から1番近いビーチとしても有名。車で15分。バスでも簡単にいけます。

豊崎美らSUNビーチはとにかく広い。バーベキューブースも広く快適。しっかりと管理されたビーチなので安全性も高くなにかと便利。旅行客もわんさかいるところです。

アウトレットモールあしびなーも近いので行く人は多いかもしれません。アウトレットモールあしびなーは普通に安いので帰りに寄るといいかも。だいぶ前に、ここでリーバイスのパンツとVANSの靴買いました。

<料金とか食材の事>

人数は5名以上~になります。ちゅらSUNビーチは安いです。テント(5~20名用)とコンロのセットが6500円。ビールサーバーは淡麗があって4650円/7Lとこれまた安い。5人でも2230円/1人+食材代でいけますね。因みにオリオンは7200円10Lです。

食材は持ち込み不可。コースから選ぶ形です。Aコースが肩ロース、焼き鳥、ウィンナー、野菜、カットコーンで1100円/1人。豪華なEコースは沖縄和牛、アグー、エビ、ホタテなどもついて2600円/1人です。手ぶらで行った場合も合計で3330円~バーベキューが楽しめます。

予約は3日前まで。ですが人気のあるビーチなので早めに申し込みした方がいいでしょう。
公式サイトからFAX用紙をダウンロードして書いて送ります。電話やネット予約はできないので注意。

波の上うみそら公園 波の上ビーチ

沖縄旅行の拠点となる町、那覇。国際通りや首里城をはじめ旅行客が常に溢れている場所。そんな那覇にもバーベキュー可能なビーチがあります。

あまり知られてませんが那覇にも波の上に泳げるビーチがあるんです。波の上うみそら公園は国際通りなどのある中心街からも近く手軽に行けます。2017年よりリゾートマジックというBBQパークがオープンしました。

あずまや風のガゼボサイト、かまくらのようなドームサイト、ソファーでゆっくり寛ぎながらBBQができるシーサイドサイトの3つの洒落たBBQサイトを持ち、なんというか、ちょっと高級なバーベキューが楽しめます。図書館やカフェなども併設しています。

ちょっと前までこんなのなかったんですけどね…。ビーチ周辺でやさぐれたおっさん衆が昼間っから酒飲んでるとこ(俺も昼間っからここでビール飲んでた)ってイメージだったのですが、いつの間にかラグジュアリーな雰囲気漂う場所になっていました。国際通りや久茂地で居酒屋やレストランに行くのもいいですが、海を見ながらいい肉を食べることも検討してみては?

<料金とか食材の事>

人数は基本4名以上で。セットはアメリカンスモークステーキ、シュラスコポーク、ビア缶チキンなどオサレに調理された肉が出てきます。食材付きの場合、場所など含めて料金は1人5000円ぐらいかかりますが、それに見合った設備と肉ですね。飲み放題は別で4時間1500円。

シェードサイトなら食材持ち込みも可能です。近所にマックスバリューがあるのでそこで買うのもありかも。肉は大量に売ってます。場所だけの場合は2000円から利用出来ます。

予約はRESORT MAGICサイトからネット予約できます。3日前の18:00までに予約が必要です。

沖縄中部 バーベキューにおすすめなビーチ

宜野湾 トロピカルビーチ

宜野湾のコンベンションセンターの前にあるトロピカルビーチ。各種イベントもよく行われているところ。奥に見えるカラフルなテントがBBQスペース。

旅行客も多く訪れるビーチです。個人的にも初めて沖縄で泳いだのがここでした。その後も事あるごとにここに来て運動がてら泳ぎに来ていました。遊泳区域の広さもあるし、満潮時にはそれなりに深くなります。

地元の人がよくバーベキューをしているビーチですが、設備もしっかりしていて旅行客にもおすすめです。バナナボートなどのマリンアクティビティもありますし、周辺にはコンベンションシティという巨大な商業施設などがあり便利な場所です。

非常に人気があるビーチなので予約は早めにした方がいいですね。実際電話すると分かりますが、繋がりにくいです。

<料金とか食材の事>

食材の持ち込みは不可ですがここの食材セットは量多いので問題なく楽しめると思います。

はごろもセット(牛カルビ220g/チキンもも正肉80g/ウインナー2本/カット野菜100g)1600円~トロピカルセット2300円まで4タイプ選べます。追加オプションも充実しています。ビールサーバーが10Lで7,500円。

場所代としてはテント込みのシングルベンチ(15~20名)5,000円、ダブルベンチ(20~25名)8,000円と機材レンタルが2000円です。なので7000円をみんなで割る感じですね。ビール飲むなら14500円。あとは食材セット料金。10名ぐらいいると安くなりますね。最低5名はいないときついでしょう。

BBQ の予約は希望日の2カ月前の1日から。7月30日にやりたいなら5月1日には予約可能です。
予約は電話して空席確認後、公式サイトからFAX用紙をダウンロードして書いて送る。ネット予約できないので注意。

北谷 サンセットビーチ

サンセットビーチ

巨大なモール、アメリカンビレッジなどがある沖縄中部の要、北谷町。そのアメリカンビレッジの先にあるのがサンセットビーチ。その名の通り夕日がとても美しく見えるビーチです。

人工のビーチですが景観はとてもよく常に人は多い場所。デートスポットとしても人気。近くに温泉などもあり至れり尽くせりの場所ですね。完全な観光用のビーチですが米軍関係者や地元の人がよくBBQをやっています。

サンセットビーチ

北谷周辺に宿を取る人も多いと思います。恩納村や砂辺でダイビングなどをやって、次の日はサンセットビーチでまったりBBQなんていいんじゃないでしょうか。サンセットビーチは22:00まで営業しているのもいいところ。夕日が差す時間から夜まで飲むなどいいのではないでしょうか。

きれいな夕日とビールって響き、ムダに興奮しませんか?個人的にも夕方に夕日を見ながらビールを飲んで黄昏れるなんてのをよくやりました。雰囲気のいい場所です。

<料金とか食材の事>

食材は持ち込み不可でコースから選ぶ形になります。セット料金に食材と場所、機材の料金が含まれていて分かりやすいのがいいところ。

20人以上ならスペシャルパーティープラン 3000円/1人で牛ロース100g、ハラミ80g、スペアリブ80gその他、野菜、鶏、豚、ウインナーや焼きそばに生ビールサーバ10Lがついてきます。

そしてここのいいところは1人~でもBBQできるコースがあるとこころ。2時間飲み放題+プチBBQプランが4000円/1人。これけっこう便利ですよね。生ビール、泡盛はもちろんハイボールや各種カクテルなどが飲み放題で牛リブステーキ、骨付きカルビ、豚バラ、鶏モモ肉、粗挽きウィンナーに野菜盛りがついてきます。

BBQ の予約は希望日の2カ月前の1日から。7月30日にやりたいなら5月1日には予約可能です。
予約はネットから仮予約できます。空いていれば本予約に進む形ですね。

北谷 アラハビーチ

アラハビーチはアメリカンビレッジから南に少し行ったところにあるビーチ。歩いて15分ぐらい。よく、ここの真ん前にあるビーチサイドコンドミニアムに泊まってバーベキューしました。

晴れていると海の色がとてもきれいでいいところ。遊泳区域はちょっと狭いですが、周りの公園は広く解放感があります。テントも広くバーベキューブースも広々しています。

BBQ

トロピカルビーチなどに比べ人が少ないのもいいところ。のんびりやりたい人にはおすすめです。

<料金とか食材の事>

一日限定先着5組ですが食材持ち込みOKのブースがあります。周辺にはサンエーハンビータウンがあり、食材やビールの調達は簡単です。食材持ち込みブースは1日5000円。その他テントなどのレンタル料が8500円とか。5人なら1人2700円ぐらいですね。あとは好きな食材と飲みのもを買って行く感じです。平成29年から色々と変更があったようです。

持ち込みブースなら凝ったアウトドアクッキングがしたい人は存分に腕をふるえます。こういうとき調理系の仕事してる人が1人でもいるとめちゃめちゃいいんですよね。東京でBBQするときは、だいたいそういう人がいて毎回変わった物が食べられて面白かったんですよねぇ。ホイル系とかも凝っててやたら美味かった気がします。

もちろん食材セットもありますが、持ち込みではない一般用BBQプランの場合、食材注文が15名からになります。アラハセットが1900円で牛ロース、豚バラ、ウインナー、炭火焼鳥、そば、野菜、おにぎりなどがついてきます。

アラハビーチも予約は必須。特に土日は混むので早めに予約しておくことをおすすめします。

BBQ の予約は希望日の2カ月前の1日から。7月30日にやりたいなら5月1日には予約可能です。
予約は電話して空席確認後、公式サイトからFAX用紙をダウンロードして書いて送る形です。ネット予約できないので注意。

総評

色々なビーチをご紹介しましたが、総合的に見て、団体だったら設備が充実していて、人も多く賑やかな豊崎美らSUNビーチ、宜野湾のトロピカルビーチが観光客にはおすすめです。少人数なら北谷のサンセットビーチですね。

因みにこういうビーチには綺麗な珊瑚礁とかはないので、色の綺麗な普通の海水浴場と思っといた方がいいです。珊瑚とか熱帯魚とかは素面の時にツアーなどで見るのが確実です。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でkishoooをフォローしよう!



PIC UP! 沖縄旅行で役に立つ記事


防水アクションカメラが1万円以下!使える激安防水ムービー5選
これ1台でダイビングやスノボで高画質の動画撮影が可能!便利なウェアラブルカメラが6000円~1000円前後で販売されてのでご紹介します!4K対応モデルなども今は安いんですよねぇ。

沖縄、那覇で美味しいラーメンが食べたいならここ!
ランチや飲んだ後のしめに沖縄ソバもいいけどラーメンも。沖縄のラーメン屋は意外とレベルが高いんです。家系も魚介豚骨も当然のようにありますし、沖縄オリジナルメニューもかなりの美味さですよ!

沖縄リゾートバイトをお考えなら!リゾバ求人をまとめました
ただの沖縄旅行じゃつまらない!リゾートバイトや派遣のお仕事でガッツリ長期滞在を実現してみませんか?リゾートバイトは新たな仲間との出会いもあるでしょう。若い人にはおすすめですよ。

よくよまれている記事はこちら

カクレクマノミ 1

慶良間はクマノミの数が多くビーチで簡単に出会えます。朝の阿波連ビーチでハマクマノミ、クマノミ、カクレクマノミと3種類のクマノミを発見しました。那覇から船で1時間。お手軽にクマノミが見たい人には最適なビ ...

アオウミガメ 2

沖縄の慶良間諸島 座間味島はウミガメと普通に遭遇できます。ケラマカヤックセンターのシーカヤックとシュノーケリングでアオウミガメとタイマイに遭遇。その後、阿真ビーチでもアオウミガメに遭遇しました。 1 ...

ビーチサイドコンドミニアム 3

沖縄中部の主要観光地 北谷。ビーチサイドコンドミニアムは北谷のアラハビーチの真ん前にあるコンドミニアム。部屋の作りは豪華でジャグジーもあるのに安い。今年はいつものツインではなく2LDKの大型の部屋に宿 ...

西表島の青珊瑚 4

民宿マリウドの海人ツアーは朝から晩までがっつりと西表島の海を楽しむためのツアーです。西表島は青珊瑚が多く、とてつもなく美しい海で遊べます。秘境の村として有名な船浮のもっとずっと先にある西表島の最西端の ...

青の洞窟 5

青の洞窟は恩納村 真栄田岬にある洞窟。光の屈折により洞窟内が青く光るところ。世界でも数か所しかない特殊な場所。ダイビングスポットとしても有名ですが、青い光はシュノーケリングじゃないとちゃんと見えないそ ...

伊勢神宮 内宮 6

天照大御神をお祀りする神宮の内宮、皇大神宮へ参拝してきました。 この旅の目的、三種の神器の1つ八咫鏡のある皇大神宮。宇治橋を渡れば別世界が広がっています。 一生に一度はお伊勢参りといわれる日本人のここ ...

ビーチタワー BBQ 7

北谷のリゾートホテル、ザ・ビーチタワーの1Fに入ってるチュラティーダ。シーサイドテラスでのBBQは食べ放題飲み放題で4200円。海でたっぷり遊んだ後、飲んで食べて楽しい夜を過ぎしてきました。サンセット ...

-便利な情報系, 沖縄 グルメ!

Copyright© 朝梟の旅行ブログ , 2017 AllRights Reserved.