勝連城跡




2013.07.02 2013はみんなでキャッキャウフフ

勝連城を見学 沖縄旅行記17

投稿日:

阿麻和利の城を目指して

コザからうるま市に向けて横断。道も広く一本なので快適。運転の嫌いな教祖を気遣いゆっくりと進んで、具志川のイオンを通り抜けやって来ました!世界遺産勝連城跡!

070203

070204

普通の道にいきなりあるから危なく通りすぎるとこだった。周りは完全なる緑と山のみ。下から見上げると、思ってたより小さいめ。なんだ、普通だな。そう思いながら坂を上がっていくと…

めっちゃ絶景!海と空とか見飽きたはずなのに、それでも感動してしまう。

070210

うるまの海は青っていうより水色で、遠くに島々が見渡せる。海中道路もここから見えるのか。中城湾きれーだなぁ…。

070206

城の造りも確かに純和風のとまったく違う。
石の組み方が何となくヨーロピアンな感じ?四角い小さめな石を組み上げてて洒落てる。
昔は、ここに朱に塗られた城があったんだな。それはさぞかし美しい景色だったのだろうなぁ。
琉球王朝時代に阿麻和利が住んでいた場所。
東アジアとの貿易で栄えたかなりの強国だったそうだが、滅ぼされてしまう。

阿麻和利(あまわり、?-1458年)は15世紀の沖縄本島において、勝連半島を勢力下に置いた按司である。北谷間切屋良村(現・嘉手納町字屋良)出身。
史書によれば、悪政を強いる前城主の茂知附按司を倒して勝連城の按司となる。東アジアとの貿易を進め、大陸の技術などを積極的に取り入れた。勢いを増す阿麻和利に第一尚氏王統の第6代国王・尚泰久王は娘である百度踏揚を妻に娶らせ懐柔の策を取り、同王の娘婿の立場になった。当時琉球では麒麟児との評判が広まり、首里の尚氏は伯父である護佐丸の次に滅ぼす計画を練る。史書によれば首里城攻略を計画していたとされる中城城主の護佐丸を王の命令で攻め、忠誠のあかしとして自刃させた。 さらには阿麻和利自身が首里城攻略の野望を抱いたとされ、王府の疑いにより差し向けられた鬼大城(おにうふぐすく)の軍に攻め滅ぼされたとされているが城趾には大きな戦いの痕は見られない。
Wikipediaより

その時の話はけっこう悲しく、色々と考えてしまう。政略結婚とかどこでもあるんだね。

猪と勝連城

教「ちょっと上見て下さい」
私「…なんだ?あれ?あいつはアホなのか?」

天守閣っていうなかな?城の最上部をみると薄汚い猪が両手を広げてひとりタイタニックをやっている。

070208

猪は丸々太っているのに身軽。城壁の上にひょいと上がって満足そう。
てか、こんなに晴れているのに猪の周りだけめっちゃ禍々しく曇ってるww 逆に奇跡だろw

我らも最上部まで上がって周りを見渡すと絶景ですな。「勝連の周りの空気はいいですよ!」って沖縄出身の知り合いが言ってたけど、これは確かに良い。海、空、緑がすべて揃ってる。360度すべてが見渡せる場所。空が近いな。

070405

しばし数百年前のこの場所に思いを馳せてみる。我らが良い気分に浸っている横でキー坊は青い顔をして、高い高いと気色悪い声で唸っていた。本当に高い所が怖いんだな。

そして、これから勝連城跡に行く人もいっぱいいると思いますがここはスニーカーで行くべし。
女性はサンダルやら、ヒールやらで行くと大変な目に合います。
道がジャリだから。上まで行く気力を無くします。

070207

1時間ぐらいかな?世界遺産を堪能した我らは海中道路を目指して出発した。

世界遺産 勝連城跡
沖縄県うるま市勝連南風原3908
098-978-7373



このブログの1ページを使って無料でPRしませんか?

沖縄本島、慶良間、石垣、あとは伊勢周辺などで宿や飲食店などなどを営む皆様にこの沖縄旅行ブログの1ページお貸しします。広告費をかけたくない方に書いて貰えるといいかなと思っております。

ロストバゲージ(荷物紛失)された俺がいうから間違いない。悪いことは言わないから旅行は保険付きクレカで決済しとけ!!マジで

ロストバゲージとか破損とかありえない。空港や家に送った荷物は普通に届くと思ってる皆様こんにちは。クロ◯コにも中国◯◯航空にも荷物をなくされた俺です。割りと真面目にこういうことはあります。だって、何処そこ行きってシール貼ってるだけですからね。失くなった時、壊れた時に後悔しても遅いです。保険付きのカードで決済しておけば損害を簡単に保証してくれます。海外旅行保険がついてる物は多いのですが国内の旅行保険がないものがおおいんですよね。国内旅行保険も付いた、その他よく使うであろうサービスとも相性のいい旅行保付きカードを一枚は持っておいた方がいいかと存じます。※最新記事やオススメ記事、関連記事などの一覧、SNSのシェアボタンはこの下です↓

国内旅行でも最高1,000万円の旅行損害保険の付いたリクルートカード じゃらんやホットペッパー利用時にもポイントがガッツリ付きます

マスター、VISA、JCBの3つ国際ブランドから選択可能。旅行損害保険 海外旅行:最高2,000万円(利用付帯) 国内旅行:最高1,000万円(利用付帯)。荷物の損害もこの中に含まれます。ショッピング保険国内・海外:年間200万円がついた便利なカード。旅行でよく使う、じゃらんやホットペッパー利用時にカード決済すればポイントがザックザクたまるスグレモノ。国内旅行保険はついてないカードが多いんですよね。国内旅行用にもこの一枚!年会費も永久に無料のオススメカードです!!リクルートが運営なので何かと使う機会はありそうですね。ホットペッパーのグルメやビューティーなんかは普段でもよく使うのではないでしょうか。

海外旅行・国内旅行傷害保険最大1000万携行品損害も15万~100万まで!安心のブランドJALカード

今ならAmazonギフト券も11000円分貰えるJALカード。携行品損害もついたこちらのカードは普通からプラチナまでランクがあり受けられるサービスが違うのですが、正直普通カードで充分な気がします。アメックスにしなければ年会費も初年度無料、二年目からも2160円です。アメックスにすると年会費6480円ですが空港ラウンジが使えたり特典もありますが。JALの飛行機に乗る度にマイルがたまるオトクなカード。学生専用のJALカードnaviなどもあり幅広い方にお使いいただけるカードでしょう。飛行機に乗る回数が多い方にはこちらのカードがおすすめです。

よくよまれている記事はこちら

カクレクマノミ 1

慶良間はクマノミの数が多くビーチで簡単に出会えます。朝の阿波連ビーチでハマクマノミ、クマノミ、カクレクマノミと3種類のクマノミを発見しました。那覇から船で1時間。お手軽にクマノミが見たい人には最適なビ ...

アオウミガメ 2

沖縄の慶良間諸島 座間味島はウミガメと普通に遭遇できます。ケラマカヤックセンターのシーカヤックとシュノーケリングでアオウミガメとタイマイに遭遇。その後、阿真ビーチでもアオウミガメに遭遇しました。 1 ...

ビーチサイドコンドミニアム 3

沖縄中部の主要観光地 北谷。ビーチサイドコンドミニアムは北谷のアラハビーチの真ん前にあるコンドミニアム。部屋の作りは豪華でジャグジーもあるのに安い。今年はいつものツインではなく2LDKの大型の部屋に宿 ...

西表島の青珊瑚 4

民宿マリウドの海人ツアーは朝から晩までがっつりと西表島の海を楽しむためのツアーです。西表島は青珊瑚が多く、とてつもなく美しい海で遊べます。秘境の村として有名な船浮のもっとずっと先にある西表島の最西端の ...

青の洞窟 5

青の洞窟は恩納村 真栄田岬にある洞窟。光の屈折により洞窟内が青く光るところ。世界でも数か所しかない特殊な場所。ダイビングスポットとしても有名ですが、青い光はシュノーケリングじゃないとちゃんと見えないそ ...

伊勢神宮 内宮 6

天照大御神をお祀りする神宮の内宮、皇大神宮へ参拝してきました。 この旅の目的、三種の神器の1つ八咫鏡のある皇大神宮。宇治橋を渡れば別世界が広がっています。 一生に一度はお伊勢参りといわれる日本人のここ ...

ビーチタワー BBQ 7

北谷のリゾートホテル、ザ・ビーチタワーの1Fに入ってるチュラティーダ。シーサイドテラスでのBBQは食べ放題飲み放題で4200円。海でたっぷり遊んだ後、飲んで食べて楽しい夜を過ぎしてきました。サンセット ...

-2013.07.02, 2013はみんなでキャッキャウフフ

Copyright© 朝梟の旅行ブログ , 2017 AllRights Reserved.