座間味島 観光旅行 沖縄 海遊び! 沖縄離島 慶良間諸島

座間味 日帰りの旅 古座間味ビーチで遊ぼう!

那覇から日帰りで座間味島に遊びに行ってみました!座間味は国立公園となった慶良間諸島の島のひとつ。慶良間への日帰りというと、距離的に渡嘉敷島に行く人が多いのですが、座間味も充分日帰り可能です!昼間は美しい古座間味ビーチたっぷり泳いで、夜は那覇の居酒屋で楽しいひととき。これは旅行の1日に組み込みやすいスケジュールだと思います!

那覇から日帰りで座間味島へ!

那覇 波の上 気軽にリゾート気分を楽しめる場所!

那覇に宿泊する時、国際通り周辺に宿を取る人が多いと思いますが、那覇で宿泊するなら波の上エリアがおすすめです!うみそら公園には那覇唯一の泳げるビーチ「波の上ビーチ」や、沖縄総鎮守「波上宮」などの観光スポ ...

続きを見る

からの続きです

那覇~座間味日帰りスケジュール

今回は那覇泊港から座間味まではフェリーざまみで、帰りは高速船クイーンざまみを利用しました。

10:00 那覇泊港からフェリーざまみ (片道 2,120円)
12:00 座間味港到着
12:20 村営バスで古座間味ビーチへ (片道 300円)
12:30 古座間味ビーチを満喫 (約4時間)
16:25 村営バスで座間味港へ (片道 300円)
17:00 座間味港から高速船クイーンざまみ (片道 3,140円)
18:10 泊港到着 国際通りの居酒屋へ

座間味島は那覇から50kmほど離れた場所にある、比較的行きやすい沖縄離島です。

珊瑚と魚

那覇からフェリーで2時間。高速船なら1時間で到着します。座間味の海は「世界が恋する海」とも言われる、美しい慶良間ブルーの海。透明度も高く、珊瑚やウミガメなどを簡単に見ることができるんですね。

座間味海ガメ
阿真ビーチ シュノーケリングで海ガメ発見! 座間味の旅

座間味の阿真ビーチは満潮の時間帯に海ガメがエサを食べに現れます。ダイビングでもなんでもなく、普通のビーチで海ガメに会えるってすごくないですか?足の届くところで野生の海ガメと泳げますよ。沖縄離島でもビー ...

続きを見る

珊瑚と魚
古座間味ビーチで海水浴

古座間味ビーチは座間味でも1番人気のかなり遊べるビーチです。座間味の港からバスで5分。こっちにはウミガメには滅多に会えませんが、程よい深さがあり美しい珊瑚やクマノミなどを見ることができます。座間味屈指 ...

続きを見る

今回は、20年ぶりに沖縄にやって来たおっさん、大司氏に「沖縄の海」を体感してもらおうという事で、那覇から日帰りで座間味に行くことにしました。

古座間味ビーチでたっぷりと泳いで頂きましょう。古座間味ビーチは手軽に珊瑚や熱帯魚を見ることができるビーチです。沖縄本島だと、ツアーなどを利用して、少し沖に出ないと見られない景色が、ビーチで普通に見られます。

古座間味ビーチ

そういうわけで、今日は珊瑚礁の海で泳いでもらいます!
大司氏
泳ぐのは十数年ぶりですねぇ…。気を引き締めて行きたいと思います。

フェリーざまみで座間味島まで行きます

朝9:00に波の上のホテルからとまりんへ向かい、早速日帰り座間味の旅に出発しました。

とまりんでの乗船券の買い方などはこちらを参考に。

フェリーとかしきやフェリーざまみなど とまりんでの乗船券の買い方

フェリーや高速船の予約は電話するのが早いし確実です。座間味村役場那覇出張所 TEL:098-868-4567

フェリーざまみ

行きはフェリーざまみで2時間ほどかけて座間味まで行きます。

泊港

俺たちは甲板でダラダラしながら過ごす事にしました。船内は涼しいけど景色がイマイチなんですよね。

海

今日も波は穏やかで、海が鏡のようになっています。

島

この、雲を映した海は、リアルにその目で見て欲しいですねぇ。晴れた日の慶良間までの船旅はマジで最高です。

阿嘉島

1時間半ほどで、経由地の阿嘉島に到着。ここから30分ぐらいで座間味に到着します。

阿嘉島は来年あたり、また行きたいところですね。北浜ビーチというビーチがめっちゃキレイです。座間味とはまた違った魅力がある島かな。

ここ鹿とかいるんですよ。海もきれいっすね。
大司氏
ほほう。ここもいつか行ってみたいですねぇ

座間味に到着! バスで古座間味ビーチへ!

座間味

2時間の航海を経て、座間味島に到着!座間味に来るのは2年ぶりですが、特に変わってなさそう。

座間味港から古座間味ビーチまでは村営バスで行きます。歩いても20分ぐらいですが、日帰りの場合は時間が惜しいので、今回はバス。

105ストアー

何か買うものがあったら、バスに乗る前に、105ストアーで買っておきましょう。105ストアーは座間味最大の商店で品揃えが豊富です。

バスの時刻になったら、港に戻ります。バスは1時間に1本ぐらいしか出てないので、乗り遅れないように!

バス

座間味港から古座間味への村営バス
片道¥300で所要時間5分~10分
時刻表はこちら

古座間味ビーチ入り口

古座間味ビーチに到着!入り口でバスを降りて、ビーチに降りていきます。

古座間味ビーチ 遊泳区域が縮小してた…

古座間味ビーチ 全景

これが古座間味ビーチ。天気は微妙ですが、やっぱり慶良間ブルーの美しい海。

しかし、前回来た時と何かが違う…。一番人がうじゃうじゃいるはずのエリアにだれもいない…。

游泳区域

調べてみると、古座間味ビーチの珊瑚はここ数年で弱ってきたらしく、しばらく休ませることになったそうです。だから游泳区域が縮小してるんですね。

そういうわけで、珊瑚は触らないように、踏んだりしないよう大事にしましょうね。そして通常の日焼け止めの成分は、珊瑚に非常によろしくないそうです。日焼け止めも珊瑚に優しいものを使いましょう。サンゴに優しい日焼け止め(2パックで1430円)。海に行く時はこれを使うといいと思います。

現在、この青く塗ったエリアは遊泳禁止になっています。このあたりが珊瑚が多く一番きれいなエリアなんですが、珊瑚が弱ってるんなら仕方ない。休ませて何年後かに復活してくれる事を願いましょう。

※2019年は遊泳区域はある程度広がったみたいです。2019年の游泳エリアはこちら

海

あのへんが一番きれいなんですけど、これは仕方ないですね。
大司氏
ゆっくり休ませて、また見に来ましょう。
まぁ、とりあえず、海に入ってみましょうかね。

着替える場所

水着に着替える場所は、売店の横にあります。ここの入り口にコインロッカーもあります。

まぁ、俺たちは、いちいち着替えるのが面倒なので、最初から水着+ラッシュガード+サンダルで行きましたが。これが一番楽です。※帰りに着る服とタオルは忘れないように!

ソーキそば

この横にある売店では、ソーキそばや丼などを販売しています。お昼にお腹が減ってきたらここで食べましょう。ソーキそばはけっこー美味いですよ。ちなみにビールなどのアルコール類は売ってません。

古座間味ビーチで泳いでみましょう

レンタルショップでシュノーケルセット(1000円)を借りて、さっそく海に入ってみます。大司氏は今回の為にシュノーケルとマスクが一体化した、最新鋭のシュノーケルマスクを持参して来ました。どんだけ気合はいってるんですかね(笑)

シュノーケルマスク

こんなやつ。このタイプは鼻から普通に呼吸ができます。視界も広くて、カメラも取付可能。しかも3000円ぐらいで買えるそうです。

なんすかこれ?なんか、スゴそう…。

ただ、これ一回借りてみましたが、普通のシュノーケルセットに慣れてる人には、すっげー使いにくいと思う…。感覚が違いすぎて変な感じ。

シュノーケルマスク

大司氏
ふはははははっ!これは視界良好ですよっ!息もしやすい!

海

なんか気に入ったみたいで良かったです。おっさん今日はご機嫌ですね(笑)

※古座間味ビーチは、いきなり数m深くなります。浮き輪とか、ライフジャケットを借りていくことをおすすめします。

とりあえず遊泳可能区域で遊んでみる

現在の遊泳可能区域にも、ちょいちょい珊瑚の塊があって、ここでスズメダイの群れなどを見ることができます。

ビーチ全景

上から見た時に、黒く見えるところが岩と珊瑚の塊です。ざっくり場所を覚えて行ってみましょう。

珊瑚と魚

珊瑚と魚

こういうやつが、所々にポツンとあるので探してみてください。この2つの根には、魚いっぱいいました。

小さな魚

大型の魚はいませんが、これはこれでめっちゃきれいです。沖縄本島のビーチではなかなか見ることができない景色ですよね。

珊瑚と魚

近くで見るとこんな感じ。THE・沖縄の海じゃないですか?

古座間味ビーチ

この海の中に入る光の感じがめっちゃ好き。当然ですが、実際に見てる景色はもっときれいです。

珊瑚と魚

古座間味ビーチ 海の中

スズメダイ

クマノミとイソギンチャク

子供に大人気のクマノミとイソギンチャクもいます。

珊瑚礁

シュノーケルマスク

大司氏は、ブランクはありますが、もともと泳ぐのは得意で、深いのも全然平気な人。今日はとても楽しそうにしていました。深いのが怖いタイプの人は古座間味より、阿真ビーチで遊ぶといいかもしれません。

世界が恋する海 座間味の実力はやっぱすげえ

スズメダイ

ビーチのちょっと左側にある、この珊瑚。ここにも、スズメダイがびっしり。

珊瑚

スズメダイ

ほんときれいですね。

今回はFUJIFILMの防水カメラXP130で撮影しました。2万円で買える割にしっかり撮れます。まぁ、この後、色々あって夏の終わりと共にこのカメラはぶっ壊れたのですが…。

しょうがないので来年用にNikonのCOOLPIX W300を購入しました。これで撮影するのも楽しみです。

珊瑚とスズメダイ

どうすか?初めての沖縄の海は?いい感じっしょ?
大司氏
いやはや、これはいい体験をさせて頂いておりますよ。

座間味の海

さすがは世界が恋する海 座間味。遊泳区域が狭くなっても充分楽しめますね!

白い珊瑚

なんだかんだ4時間近く泳いで、そろそろバスが来る時間。高速船に乗り遅れると、とてつもなく面倒な事になります。

そろそろ上がりましょう。着替えたらちょうどいい時間になりそうです。
大司氏
そうですね。しかし、本当に素晴らしい時間でしたねぇ…。また来たいですね!

魚

海底

遊泳区域が元通りになったら、また来たいと思います。※2019年はある程度広がったみたいです。2019年の游泳エリアはこちら

那覇宿泊の日帰り座間味、とてもおすすめです。昼は離島ののどかな感じと、きれいな海を楽しんで、夜は久茂地や松山の沖縄居酒屋で飲む。THE・沖縄旅行って感じがすると思います。「那覇と美ら海水族館」みたいな定番に飽きた人は、是非行ってみてください。

夕方16時過ぎ 那覇に帰ります

バス

座間味港へ向かうバスがやって来ました。古座間味ビーチは17時ぐらいまで遊べますが、高速船に乗る人は16:25のバスがリミットです。(時期によるので確認した方がいいですね)

バス

帰りは高速船クイーンざまみで那覇まで帰ります。高速船だと1時間で那覇に着きます。マジで高速です。

クイーンざまみ

泳いでそこそこ疲れているので、帰りの船ではぐっすり眠って過ごしました。

泊港

夕日の沈む頃、那覇泊港に到着しました。さて、これから国際通りの居酒屋にくりだします。絶対ビールが美味いはず(笑)

那覇居酒屋巡りと全島エイサー祭り

那覇に住む友人が結婚することになり、そのお祝いに居酒屋をはしごして飲んだっくれてきました。翌日は沖縄の一大イベント「全島エイサー祭り」&「オリオンビアフェスト」。今年はBEGINのライブもあります!も ...

続きを見る

次は那覇、牧志で飲んだっくれます

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でasafukuoをフォローしよう!

沖縄 那覇 激安ゲストハウス 10選!安くてキレイな宿に泊まろう!

沖縄一人旅や少人数グループでの旅行ならゲストハウスがお薦めです。特に那覇はドミトリーなら1000円以下で宿泊可能なゲストハウスも多数存在します。個室もホテルや旅館に比べ安く使えるので"少しでも安く旅行 ...

続きを見る

激安防水アクションカム5選 想像以上に使えます

防水のアクションカメラは沖縄旅行でのダイビング、雪山でのスノボやスキーなどで大活躍する「動画を撮るための小さなカメラ」です。アクションカメラ、アクションカムとかウェアラブルカメラなどと呼ばれています。 ...

続きを見る

ラッシュガードで体型カバー!気楽に海を楽しもう!

このページの目次1 ラッシュガードって一体なんなの?2 3000円~5000円ぐらいで買える 便利な格安ラッシュガード3 太って海を諦めた人が多いので紹介してみました ラッシュガードって一体なんなの? ...

続きを見る

足元がクッソ快適なTevaのサンダルをご紹介

サンダルは夏の必需品。沖縄旅行でも当然大活躍する、快適すぎるテバのサンダル ハリケーンをご紹介します。値段もそこそこしますが、履き心地が最高。個人的にも使っている、もう手放せないアイテムです。夏の足元 ...

続きを見る

沖縄 バーベキューをビーチでやろう!BBQにおすすめのビーチはここ!

沖縄でバーベキュー!旅行でもビーチパーリーやっちゃおう!沖縄はバーベキューのできる設備の整ったビーチが多数あります。現地の人はビーチパーリーといって週末などによくビーチでのバーベキューを行っています。 ...

続きを見る

那覇のラーメン屋
沖縄 那覇のラーメン屋 おすすめの店をピックアップ!

沖縄 那覇でラーメンを食べるならこの店は外せない!そんなお店をご紹介します。沖縄でラーメン?と思う人も多いと思いますが、実力のあるラーメン屋も多数出店しているエリアなんです!沖縄ソバもすきだけど、やっ ...

続きを見る

キッチン
沖縄 シェアハウスを集めてみた

沖縄に長期で滞在したい場合シェアハウスが便利です。リビングやキッチンなどをみんなで共用する暮らしは出会いも会って楽しいものです。マンスリーやウィークリーマンションよりも割安です。一般的な賃貸物件と違い ...

続きを見る

長期の旅行や出張の友。マジで便利な初期費用、解約手数料無しのwifiルータ!

初期費用、解約手数料無し、申込の際に本人確認書類は原則必要なしのwi-fi東京のルータ。WEBからの簡単申し込みで翌日にはレンタルが可能の。即日発送も対応。ルータを返すのもポストに投函するだけと簡単。長期の場合、日額216円~と料金的にも問題ない。部屋にwifiないらしい…。そんな時確実に活躍する。

人気の観光・旅行記事はこちら!

アオウミガメ 1

沖縄の慶良間諸島 座間味島はウミガメと普通に遭遇できます。沖縄でウミガメと泳ぎたい!だったら座間味でしょう!今回はケラマカヤックセンターのシーカヤックとシュノーケリングでアオウミガメとタイマイに遭遇。 ...

2

沖縄観光では定番中の定番、最も有名な観光スポット美ら海水族館へ!沖縄バスのバスツアーで行ってきました。ジンベエザメやマンタの泳ぐ黒潮の海をはじめ、美ら海水族館、海洋博公園にはたくさんの見所がありました ...

渡嘉敷 阿波連ビーチ 3

渡嘉敷島の阿波連ビーチは那覇から日帰りでも行ける極上のビーチ。その阿波連ビーチでシュノーケリングしてきました。渡嘉敷の慶良間ブルーな海で1日ひたすら遊ぶ。これって実に贅沢な1日じゃありませんか?そして ...

4

那覇国際通り周辺は居酒屋やバーなど飲食店の宝庫。観光客向けの沖縄居酒屋を始め、ありとあらゆるジャンルの飲食店が乱立しています。居酒屋を経営している(現在はラーメン屋に転身)友人と共に国際通り周辺の居酒 ...

川平湾 5

川平湾は石垣島を代表する超絶景スポット。石垣島の観光用ポスターにもよく使われています。海の色がちょっと異常なレベルで美しい場所。流れが激しく遊泳禁止ですがグラスボートで海の中を見ることができます。青い ...

6

石垣島といえば沖縄離島の中でも人気のある島。八重山諸島の中心になる島。今回は石垣島をメインに竹富、小浜、西表などを3週間ほど旅行してきました。石垣島ひとり旅、まずは那覇空港からJTAの飛行機で石垣島へ ...

7

阿嘉島の北浜ビーチは慶良間でも飛び抜けた透明度を誇る珊瑚の美しいビーチです。北浜と書いてニシハマビーチとかニシバマとか読みます。個人的には那覇から気軽にいけるビーチの中では北浜ビーチが1番きれいな気が ...

宇治橋 8

伊勢神宮の内宮は、天照大御神をお祀りする日本有数の聖地。内宮は正式には皇大神宮といいます。 宇治橋を渡れば別世界が広がっています。 一生に一度はお伊勢参りといわれる日本人のこころの故郷、伊勢神宮。あな ...

9

沖縄中部の離島、津堅島。中城湾に浮かぶ小さな島。別名キャロットアイランドと呼ばれる、人参畑の広がる"のどかな島"に日帰りで行ってきました。そこまで観光化されていない、知る人ぞ知る島といったところです。 ...

西表島の青珊瑚 10

西表島は青珊瑚が多く、とてつもなく美しい海で遊べます。西表島の民宿マリウドの海人ツアーは朝から晩までがっつりと、その美しい奥西表の海を楽しむツアー。秘境の村として有名な船浮のもっとずっと先にある西表島 ...

-座間味島 観光旅行, 沖縄 海遊び!, 沖縄離島 慶良間諸島

Copyright© 朝梟 旅ブログ , 2019 AllRights Reserved.