2015 真夏の沖縄に半年滞在! 宜野湾で暮らす日々

首里城に行ってみよう

投稿日:

那覇の観光名所、世界遺産の首里城。山の上にある真っ赤な城は存在感があってきれいでした。入場料¥820。楽しむ要素はあまりありませんが古い沖縄の歴史を知ることのできる場所です。城内部の作りは豪華絢爛。是非中まで入ってみてください。琉球王朝時代の空気を感じる事ができますよ。

那覇空港国際ターミナルから首里城へ

本日も7:00に起床。ホームステイ先の猪(沖縄の知り合い)家のリビングはバタバタとしている様だ。11:00の飛行機で猪の兄がベトナム、ハノイへ帰るので最後の荷物チェックなどをしている。

国道330を南下して那覇空港国際ターミナルへ。那覇から宜野湾は車だと思ったほど離れていない。初めて来たときは土地勘が無さすぎて、どこを走っているのかすら全く分からなかったが、最近は、距離感も含め、朧気ながら地理が分かるようになってきた。

那覇空港

06202

猪の兄貴を見送って、猪は車を降り那覇にスロットを打ちに消えた。私はギャンブルは興味ない。暇だし、せっかくだから今まで行った事が無かった場所に行こうと思った。

首里城。沖縄には何度も来てるけど、だいたいスルーしてきた場所。現地民やタクシーの運ちゃんなどがだいたい口をそろえて「あんま行く価値ないよ」と言う場所。

海もそうだけど、身近に在りすぎるとなんとも思わなくなるのであろう。個人的にはあの赤い城は是非見ておきたかった。猪の後輩にハイエースで首里城まで送って貰った。

いざ!世界遺産首里城へ!

龍澤通りで降ろしてもらい、円覚寺を抜けて首里城へ。あれ?これ正門じゃなさそうだな。守礼門から入りたかったのだがまあいいや。

首里城

首里城

観光客がわらわらと流れ込んでくる方にいくと守礼門があった。世界遺産の石碑もあった。

首里城

首里城が世界遺産になったのは2000年。割りと最近の話。というか、そもそも今の首里城も1992年に立て直されたものだそうだ。沖縄戦で焼失したあとはしばらく大学のキャンパスになっていたそうだ。

首里城

山の上にそびえる、城壁。勝連で見たのと同じ感じだな。本土の城とはやっぱ違う。何て言うか、丸っこい。曲線で構築されてる感じ。ちょっと優しい感じ?

東京出る前に、皇居に行ったのだけれど本土の城は角ばっている気がする。どちらも美しい建造物ではあるが。

首里城

06208

歓会門から中に入ると赤い城が見えてきた。山の上にあるので景色がいいな。もっと晴れてればよかったのだが。

06209

奉神門をくぐろうとすると、入場券が必要との事。あー。そういうやつか。800円ぐらいとられた。城を完全に建て直すのに金がかかるんだろうな。

奉神門

奉神門を抜けるとTVでよく見かける赤い広場に出た。昔はここで皆が王にひれ伏していたのであろう。

あれが正殿か。中に入れるようだ。

首里城 正殿

琉球王に暫く世話になりますねと頭を下げてから南殿から内部へ。写真禁止なのでただ、ただ、じっくりと見て回った。この正殿の奥は現在も立て直してる最中で立ち入り禁止だった。

赤と金と黒で彩られた豪華な造りだった。色々な装飾が中国っぽいけど日本のも入っていてかなり独特。城というよりは神社とかの造りに近い気がする。

琉球王朝の歴史なども分かりやすく展示されている。1429年から1879年までの450年間続いた王朝。第二次対戦前にも何回も焼失してたのが意外だった。室町時代から栄えてきた琉球王朝か。歴史あるなぁ。中国の支配下にあるように見えて実際は徳川幕府の従属国というなんとも難しい立ち位置で外交などを行っていたようだ。廃藩置県後は沖縄県になる。

062012

琉球王=太陽の化身って考え方だったようだ。日本神話と被るとこが結構多い。根本的な何かは繋がってる気がする。

北殿まで見て回り、久慶門から外に。

062013

ぐるっと回って首里杜館を抜けて徒歩で坂を下りた。

ま、なんというか1回は見とくべき場所かな。琉球王朝の歴史はなかなか勉強になった。

58号線
首里城から宜野湾まで歩いて帰ってみた

首里城を見物した帰り、暇だった私は宜野湾まで徒歩で歩いてみました。車でしか通った事がなかった場所を歩くと色々な発見があって楽しいものです。が炎天下5時間ほどかかり人によっては熱中症などにかかる可能性も ...

続きを見る

次は首里城から宜野湾まで徒歩でかえった話



このブログの1ページを使って無料でPRしませんか?

沖縄本島、慶良間、石垣、あとは伊勢周辺などで宿や飲食店などなどを営む皆様にこの沖縄旅行ブログの1ページお貸しします。広告費をかけたくない方に書いて貰えるといいかなと思っております。

ロストバゲージ(荷物紛失)された俺がいうから間違いない。悪いことは言わないから旅行は保険付きクレカで決済しとけ!!マジで

ロストバゲージとか破損とかありえない。空港や家に送った荷物は普通に届くと思ってる皆様こんにちは。クロ◯コにも中国◯◯航空にも荷物をなくされた俺です。割りと真面目にこういうことはあります。だって、何処そこ行きってシール貼ってるだけですからね。失くなった時、壊れた時に後悔しても遅いです。保険付きのカードで決済しておけば損害を簡単に保証してくれます。海外旅行保険がついてる物は多いのですが国内の旅行保険がないものがおおいんですよね。国内旅行保険も付いた、その他よく使うであろうサービスとも相性のいい旅行保付きカードを一枚は持っておいた方がいいかと存じます。※最新記事やオススメ記事、関連記事などの一覧、SNSのシェアボタンはこの下です↓

国内旅行でも最高1,000万円の旅行損害保険の付いたリクルートカード じゃらんやホットペッパー利用時にもポイントがガッツリ付きます

マスター、VISA、JCBの3つ国際ブランドから選択可能。旅行損害保険 海外旅行:最高2,000万円(利用付帯) 国内旅行:最高1,000万円(利用付帯)。荷物の損害もこの中に含まれます。ショッピング保険国内・海外:年間200万円がついた便利なカード。旅行でよく使う、じゃらんやホットペッパー利用時にカード決済すればポイントがザックザクたまるスグレモノ。国内旅行保険はついてないカードが多いんですよね。国内旅行用にもこの一枚!年会費も永久に無料のオススメカードです!!リクルートが運営なので何かと使う機会はありそうですね。ホットペッパーのグルメやビューティーなんかは普段でもよく使うのではないでしょうか。

海外旅行・国内旅行傷害保険最大1000万携行品損害も15万~100万まで!安心のブランドJALカード

今ならAmazonギフト券も11000円分貰えるJALカード。携行品損害もついたこちらのカードは普通からプラチナまでランクがあり受けられるサービスが違うのですが、正直普通カードで充分な気がします。アメックスにしなければ年会費も初年度無料、二年目からも2160円です。アメックスにすると年会費6480円ですが空港ラウンジが使えたり特典もありますが。JALの飛行機に乗る度にマイルがたまるオトクなカード。学生専用のJALカードnaviなどもあり幅広い方にお使いいただけるカードでしょう。飛行機に乗る回数が多い方にはこちらのカードがおすすめです。

よくよまれている記事はこちら

カクレクマノミ 1

慶良間はクマノミの数が多くビーチで簡単に出会えます。朝の阿波連ビーチでハマクマノミ、クマノミ、カクレクマノミと3種類のクマノミを発見しました。那覇から船で1時間。お手軽にクマノミが見たい人には最適なビ ...

アオウミガメ 2

沖縄の慶良間諸島 座間味島はウミガメと普通に遭遇できます。ケラマカヤックセンターのシーカヤックとシュノーケリングでアオウミガメとタイマイに遭遇。その後、阿真ビーチでもアオウミガメに遭遇しました。 1 ...

ビーチサイドコンドミニアム 3

沖縄中部の主要観光地 北谷。ビーチサイドコンドミニアムは北谷のアラハビーチの真ん前にあるコンドミニアム。部屋の作りは豪華でジャグジーもあるのに安い。今年はいつものツインではなく2LDKの大型の部屋に宿 ...

西表島の青珊瑚 4

民宿マリウドの海人ツアーは朝から晩までがっつりと西表島の海を楽しむためのツアーです。西表島は青珊瑚が多く、とてつもなく美しい海で遊べます。秘境の村として有名な船浮のもっとずっと先にある西表島の最西端の ...

青の洞窟 5

青の洞窟は恩納村 真栄田岬にある洞窟。光の屈折により洞窟内が青く光るところ。世界でも数か所しかない特殊な場所。ダイビングスポットとしても有名ですが、青い光はシュノーケリングじゃないとちゃんと見えないそ ...

伊勢神宮 内宮 6

天照大御神をお祀りする神宮の内宮、皇大神宮へ参拝してきました。 この旅の目的、三種の神器の1つ八咫鏡のある皇大神宮。宇治橋を渡れば別世界が広がっています。 一生に一度はお伊勢参りといわれる日本人のここ ...

ビーチタワー BBQ 7

北谷のリゾートホテル、ザ・ビーチタワーの1Fに入ってるチュラティーダ。シーサイドテラスでのBBQは食べ放題飲み放題で4200円。海でたっぷり遊んだ後、飲んで食べて楽しい夜を過ぎしてきました。サンセット ...

-2015 真夏の沖縄に半年滞在!, 宜野湾で暮らす日々

Copyright© 朝梟の旅行ブログ , 2017 AllRights Reserved.