水納島ビーチ




2015 真夏の沖縄に半年滞在! 本部 瀬底島・水納島 沖縄 海遊び!

水納島で海水浴!  沖縄北部旅行8

投稿日:

水納島は海水浴にも最高の場所。マリンアクティビティも充実しています。遊泳区域も広めでゆっくりと泳ぐことができますよ。

水納島で海水浴!まずはモンスターでぶん回されるとこから!

水納島ボートシュノーケル
水納島でボートシュノーケル! 沖縄北部旅行 7

水納島でボートシュノーケルしてきました。水納島からすこし沖にいくと超絶美しい珊瑚の海が広がっています。沖縄北部旅行の中でも心に残るシーンでした。 水納島の海でボートシュノーケル からの続きです 水納島 ...

続きを見る

からの続きです

ボートシュノーケルから戻り、マーメイドのメニューを見る我ら。おっさん二人がバナナボートで中学生よりキャッキャするのとかネタとしておもろそうw

なんやかんやで我らが選んだのはアクティビティの中で一番しんどいと思われる「モンスター」。
ただの丸ですよ?落ちないようにとかそういう配慮は一切なし!腕の力だけでひたすら耐えるっていう苦行のような乗り物w 
これでひたすらマリンジェットに引きずり回される。

水納島 モンスター

始めて10秒で後悔した。何?このしんどさ。バカなの?
右に左にぶん回される度に落ちそうになる。トップスピードでガーって行ったかと思うと、ちょっとゆっくりになって、油断した所でいきなり全力疾走!「うっぎゃーーーーぁあ!!」ってなる。
緩急つけてこられるとガチでキツイんですけど。実際は数分だと思うが1時間ぐらいに感じた。
なんとか二人共海に落ちることなく生還。マジできつかったー。腕の筋肉がブルブル震えてる。マリンジェットの操縦士曰く「100%落とす気でやった」らしいw でしょうねw

これにより私は右肘の広範囲に傷ができ、教祖様はなんと足の爪が剥がれたwww 如何に過酷なアクティビティかよく分かると思う。
みんな1回やってみたらいいと思う。そして後悔すればいいと思うw 楽しかったけど。

今度はフツーに海水浴

さすがに疲れた。フツーに海水浴しよ。海でぷかぷか浮いてよ。

水納島ビーチ

水納島ビーチ

水納島のビーチは遊泳区域が広く、透明度も高い。透明すぎて水深がまったくわからない。余裕で足届くだろって思ったらめっさ深かったりする。深さが分からんのって意外とテンパる。泳ぎ続けると意外としんどい。ラッコ状態になっとこ。

水納島ビーチ

水納島ビーチ

教祖様はバタフライでガンガン泳いでいる。私はしんどいので仰向けになってふわふわと浮いてるだけw

水納島ビーチ

水納島ビーチ

ラッシュガードとかTシャツ着てた場合、空気いれると浮力が増すので便利。ラッコみたいな感じで漂っていられる。

水納島の裏側に行ってみよう!

オリオンビール

ふやけそうなので1回海から上がって島を探索する。ビールがうまいねぇ。

水納島

その形からクロワッサンアイランドと呼ばれる水納島。島の裏側、つまりクロワッサンの先端の方を見に行こう。

水納島

学校や雑貨屋もあるらしい。

水納島

10分ぐらいで反対側の海が見えてきた。

水納島

ね?クロワッサンみたいな形でしょ?これがクロワッサンの先端か。こっち側は綺麗な海!って感じじゃないんだな。干潟みたいになってる。

水納島

島を横断した我らは再びビーチに戻ってしばらく遊んだ。

水納島ビーチ

水納島ビーチ

16:00になったので帰る準備をする。シャワーが修学旅行生で行列になっていた。

オリオンビール

オリオンを飲みながら高速船が来るのを待つ。定刻通り16:30に高速船はやってきた。

水納島 船着場

水納島 船

行きと違って今回は席を確保出来た。帰りはゆっくりしたいからね。どーでもいいけどこの1日でめっさ焼けたなぁ。

0625112

0625113

無事、渡久地港に戻りました。楽しかった!水納島!また来るぜ!

そして腹の出てきた我が同胞達へ

ぽっちゃりお腹
海での体型カバーにラッシュガード

1 ラッシュガードとは一体なんなのか?2 便利な格安ラッシュガード3 太って海を諦めた人が多いので紹介してみた ラッシュガードとは一体なんなのか? ラッシュガードは元々はサーファーが海で身体を守るため ...

続きを見る


悪いこと言わねーからコレ持ってけ。ポケットあるとリアルに便利だから。

本部町 海邦丸で海鮮ディナー 沖縄北部旅行9

本部の海人料理海邦丸でビールとうまい海鮮をたっぷりと食べてきました。 1 本部町の海人料理海邦丸で新鮮な海鮮を2 海邦丸で海鮮ディナー 本部町の海人料理海邦丸で新鮮な海鮮を からの続きです 宿に戻った ...

続きを見る

次は居酒屋で飲んだっくれます



このブログの1ページを使って無料でPRしませんか?

沖縄本島、慶良間、石垣、あとは伊勢周辺などで宿や飲食店などなどを営む皆様にこの沖縄旅行ブログの1ページお貸しします。広告費をかけたくない方に書いて貰えるといいかなと思っております。

ロストバゲージ(荷物紛失)された俺がいうから間違いない。悪いことは言わないから旅行は保険付きクレカで決済しとけ!!マジで

ロストバゲージとか破損とかありえない。空港や家に送った荷物は普通に届くと思ってる皆様こんにちは。クロ◯コにも中国◯◯航空にも荷物をなくされた俺です。割りと真面目にこういうことはあります。だって、何処そこ行きってシール貼ってるだけですからね。失くなった時、壊れた時に後悔しても遅いです。保険付きのカードで決済しておけば損害を簡単に保証してくれます。海外旅行保険がついてる物は多いのですが国内の旅行保険がないものがおおいんですよね。国内旅行保険も付いた、その他よく使うであろうサービスとも相性のいい旅行保付きカードを一枚は持っておいた方がいいかと存じます。※最新記事やオススメ記事、関連記事などの一覧、SNSのシェアボタンはこの下です↓

国内旅行でも最高1,000万円の旅行損害保険の付いたリクルートカード じゃらんやホットペッパー利用時にもポイントがガッツリ付きます

マスター、VISA、JCBの3つ国際ブランドから選択可能。旅行損害保険 海外旅行:最高2,000万円(利用付帯) 国内旅行:最高1,000万円(利用付帯)。荷物の損害もこの中に含まれます。ショッピング保険国内・海外:年間200万円がついた便利なカード。旅行でよく使う、じゃらんやホットペッパー利用時にカード決済すればポイントがザックザクたまるスグレモノ。国内旅行保険はついてないカードが多いんですよね。国内旅行用にもこの一枚!年会費も永久に無料のオススメカードです!!リクルートが運営なので何かと使う機会はありそうですね。ホットペッパーのグルメやビューティーなんかは普段でもよく使うのではないでしょうか。

海外旅行・国内旅行傷害保険最大1000万携行品損害も15万~100万まで!安心のブランドJALカード

今ならAmazonギフト券も11000円分貰えるJALカード。携行品損害もついたこちらのカードは普通からプラチナまでランクがあり受けられるサービスが違うのですが、正直普通カードで充分な気がします。アメックスにしなければ年会費も初年度無料、二年目からも2160円です。アメックスにすると年会費6480円ですが空港ラウンジが使えたり特典もありますが。JALの飛行機に乗る度にマイルがたまるオトクなカード。学生専用のJALカードnaviなどもあり幅広い方にお使いいただけるカードでしょう。飛行機に乗る回数が多い方にはこちらのカードがおすすめです。

よくよまれている記事はこちら

カクレクマノミ 1

慶良間はクマノミの数が多くビーチで簡単に出会えます。朝の阿波連ビーチでハマクマノミ、クマノミ、カクレクマノミと3種類のクマノミを発見しました。那覇から船で1時間。お手軽にクマノミが見たい人には最適なビ ...

アオウミガメ 2

沖縄の慶良間諸島 座間味島はウミガメと普通に遭遇できます。ケラマカヤックセンターのシーカヤックとシュノーケリングでアオウミガメとタイマイに遭遇。その後、阿真ビーチでもアオウミガメに遭遇しました。 1 ...

ビーチサイドコンドミニアム 3

沖縄中部の主要観光地 北谷。ビーチサイドコンドミニアムは北谷のアラハビーチの真ん前にあるコンドミニアム。部屋の作りは豪華でジャグジーもあるのに安い。今年はいつものツインではなく2LDKの大型の部屋に宿 ...

西表島の青珊瑚 4

民宿マリウドの海人ツアーは朝から晩までがっつりと西表島の海を楽しむためのツアーです。西表島は青珊瑚が多く、とてつもなく美しい海で遊べます。秘境の村として有名な船浮のもっとずっと先にある西表島の最西端の ...

青の洞窟 5

青の洞窟は恩納村 真栄田岬にある洞窟。光の屈折により洞窟内が青く光るところ。世界でも数か所しかない特殊な場所。ダイビングスポットとしても有名ですが、青い光はシュノーケリングじゃないとちゃんと見えないそ ...

伊勢神宮 内宮 6

天照大御神をお祀りする神宮の内宮、皇大神宮へ参拝してきました。 この旅の目的、三種の神器の1つ八咫鏡のある皇大神宮。宇治橋を渡れば別世界が広がっています。 一生に一度はお伊勢参りといわれる日本人のここ ...

ビーチタワー BBQ 7

北谷のリゾートホテル、ザ・ビーチタワーの1Fに入ってるチュラティーダ。シーサイドテラスでのBBQは食べ放題飲み放題で4200円。海でたっぷり遊んだ後、飲んで食べて楽しい夜を過ぎしてきました。サンセット ...

-2015 真夏の沖縄に半年滞在!, 本部 瀬底島・水納島, 沖縄 海遊び!

Copyright© 朝梟の旅行ブログ , 2017 AllRights Reserved.