ラーメン




沖縄 グルメ!

那覇 ラーメン おすすめの名店

投稿日:

沖縄 那覇でラーメンを食べるならこの店は外せない!そんなお店をご紹介します。沖縄ソバもすきだけど、やっぱりラーメンが食べたいって人多んじゃないでしょうか?今回は旅行記ではなく沖縄 那覇のラーメン情報をお届けします。

沖縄 那覇のラーメンについて

俺は一昨年の夏、半年ほど沖縄に滞在していた。その半分ぐらいは那覇にいたんだけど美味いラーメン屋がなかなか見つからず割りと困った。那覇の繁華街はラーメン屋より沖縄ソバ屋が圧倒的に多い。観光地なので当たり前だけど。ソーキソバもすきだけどラーメンも食いてーよと思っていた。

沖縄といえば沖縄ソバ!分厚いステーキ!激安大盛の食堂!なんだけど、飲んだあとはやっぱりラーメンが食べたくなる。東京にいるときは週に最低でも三回は家系ラメーンとか魚介系ラーメン(特に煮干し系)を食って生きてきた。白飯と同じレベルのソウルフード。そういうわけで地元民に聞いてちょっとづつ美味いラーメン屋を発掘していった。

醤油ラーメン

沖縄は探せば色んなジャンルのレベルの高いラーメンが食べられる場所だった。味のしっかりとした名店が数多く存在する。那覇では沖縄オリジナルな塩ラーメンをはじめ、家系や六厘舎系の濃厚魚介つけ麺などを食べることも出来るし、黒烏龍茶必須の二郎系もある。ちょっと場所は変わるが北谷と、ライカムに京都の魁力屋が入ってたりもする。

そもそも塩と豚が美味い沖縄。ラーメンを作ったらそら美味いに決まってるだろうとは思っていた。沖縄ソバも濃いところのは豚骨だし。そんな沖縄のラーメンだが、まずは皆が訪れる那覇で食べられる美味いラーメンを紹介しようと思う。

ここはマジで美味かった 那覇でおすすめのラーメン屋

地元の人間に教えてもらったジャンルの違う人気ラーメン屋を3軒。人によってジャンルの好き嫌いはあると思うので。魚介豚骨系、家系、サッパリ系の中でもここはマジで美味かったというラーメン屋をピックアップしてみた。

滞在時はラーメンの記事を書くつもりが一切無かったのでまともな写真など撮ってなかった。しかし、沖縄でいいラーメン屋ある?などと聞かれることが増えたので記事にする。写真は次回訪れた時に撮り直すがとりあえず先に店だけ紹介しておく。

濃厚な魚介系つけ麺が美味すぎる 三竹寿本店

まずは濃厚な魚介豚骨つけ麺の代表 三竹寿。煮干しの魚粉出汁と豚骨のコクがコレでもかと効いたこってり系のスープ。

昔、宜野湾の愛知にホームステイしていた時、三竹寿の宜野湾店で初めて食べて沖縄でもこんな美味いつけ麺くえるんかと衝撃を受けた。その三竹寿の本店がおもろまちと古島の中間ぐらいの真嘉比という場所にある。那覇の中心部からはちょっと外れるけど食べに行く価値大あり。今度古島の駅前アクロスプラザに移転するらしい。古島駅前になれば旅行者でも気軽に行けるかもね。

三竹寿のつけ麺のつけダレは濃厚でトロッとしている。自家製のコシのある太麺によく絡み、なんともいえない煮干しの良い香りとコクのある豚の旨味が口中いっぱいに広がる。つけ麺のたれはしょっぱい中にほんのちょっと感じる甘みと酸味がいいですね。ちなみに三竹寿の麺は自家製麺で宜野湾店は製麺機などが置いてある。初めて見たときは何かと思いましたね。

三竹寿はまぜそばも有名なんだけど、やっぱりつけ麺を食べて欲しい。

個人的には味玉と辛エビをつけ麺にトッピングし、ニンニクと魚粉をちょっと足して食べるのが好き。辛エビの出汁と辛味はかなり効く。この組み合わせは極上に美味く、大盛を食べた後、スープでご飯2杯ぐらいは軽く食べられる。昼はご飯無料なんだけど、つけダレがほんとによく合う。そして毎回満腹で動けなくなる。

下品な言い方だがマジでくっそうめえ。

店主は六厘舎で修行していたそうだ。六厘舎はピークタイムを過ぎてても40分~50分とか軽く待たされるがそれでも東京駅地下に食べに行ってた。その流れを組んだオリジナルつけ麺 三竹寿。納得の味。ラーメン屋の乱立する東京でもこのレベルのつけ麺は簡単に出会えないのではないだろうかと思う。こってり魚介豚骨系が好きな人なら最高の店。

三竹寿 真嘉比本店
〒902-0068 沖縄県那覇市真嘉比2丁目1−6
TEL 098-887-4433
営業時間 11:30-21:30
定休日 不定休

つけめん並盛(180g) 中盛(230g)750円
つけめん大盛(300g)は850円
まぜそば並盛、中盛は650円
トッピングの味玉100円辛エビが50円などなど。

週替りのラーメンが絶品 国際通りの琉球チルダイ

家系ラーメン武蔵屋の流れを組むラーメン屋 琉球チルダイ。

琉球チルダイは"「愛が溢れるこだわりラーメン」と 「聖なる気だるさ」がテーマの本格派変態ラーメン店"という謎のキャッチフレーズがしっくりとくる愛すべき1軒。チルダイというのは沖縄方言でだるいという意味。本格派変態ラーメン店だが味は正統派の本物。

国際通り沿い、牧志なので旅行者が飲んだ後に行くのには最適な店なんじゃないかな。ハピナハとか吉本の隣にA&Wがあるんだけどそこの通りを入ってすぐ。A&Wの奥に黒い看板が見えると思う。店内も広く家族連れや団体でも問題ない。

ここは長期で那覇にいるとき家系ラーメンが食いたくてたまらず探し回って発見した店。長期で滞在している人や住んでる人には沖縄で家系ラーメンが食べられるのは嬉しいところだと思う。

家系ラーメンは関東圏の人にはおなじみの豚骨醤油のこってりしたラーメン。横浜の吉村家を源流とし、麺はストレートの太麺でほうれん草と海苔がたっぷりとが入ってるのが特徴。吉村家は並ぶのしんどいけど独特の香ばしい匂いがたまらんよね。個人的には家系は味玉入りの麺かため味濃いめ油ふつうで食べるのがすき。武蔵屋は池袋西口店に飲んだついでによく行ってた。沖縄も小禄に武蔵屋そのものがあったのだけど閉店してしまった。

琉球チルダイは一般的な家系ラーメン屋とはかなり違う。豚骨醤油の家系ラーメンだけではなく、あっさりしたちゅら塩ラーメンと週ごとにかわる店主の創作ラーメンを提供している。むしろ週替りの限定ラーメンのなかに横浜家系が入ってるような感じ。新潟煮干しラーメンの日もあれば熊本豚骨ラーメンの日もある。納豆スムージーつけ麺の時もある。納豆スムージーってまさに創作ですな。

関東からの旅行客は家系そのものは何度も食べているだろうからちゅら塩ラーメンがおすすめ。ちゅら塩ラーメンは沖縄の塩を使った中細麺の塩ラーメン。透き通ったスープは豚や鶏、かつおなどのうまみが溶け出していて美味い。沖縄は塩系の物はだいたい美味い。塩ソフトクリームとか毎日でも食える。

そして琉球チルダイの限定ラーメンは旅行者のちょっとした旅のイベントとしてもいいんじゃなかろうか。沖縄リピートの楽しみの1つにはなると思う。去年は納豆つけ麺だったよねーみたいな話で行きの飛行機内で盛り上がれるような気はする。

公式のtwitterでその時の週替り創作ラーメンを見ることができるのでチェックしていくといいと思う。

週替りのラーメンはかなりのこだわりを感じる。麺や具材なども毎回そのラーメンにあった最適なものを仕入れて使用しているそうだ。かなりぶっ飛んだジャンルのラーメンでも今のところハズレたことはない。

基本的にボリューミー。肉肉しい濃厚なラーメンやちょっと変わったラーメンをがっつり食べたいときにはここだと思う。というか国際通り付近で飲んだあと満足できるラーメン屋はここしかないと思う。いつも開いてるといいんだけどね。

琉球チルダイ
〒900-0013 沖縄県那覇市牧志 2-1-19
営業時間 11:30~22:00?時期によって違うので注意
定休日 不定休というか営業が土日メインでたまに平日みたいな感じ
ここに関してはtwitter見てから行くのが間違いないと思う。

ちゅら塩ラーメン 700円
豚骨醤油ラーメン 700円
週替りのラーメンは700円~800円ぐらい
オプションもその都度変わる

サッパリ系なら迷わず肉マースソバマサミへ

最後にあっさり系の極美味店 肉マースソバマサミ。マースというのは塩の事。

本気で暑い時にはこってりとしたスープはちょっとしんどい。そもそもさっぱりした味が好き。そういう人には、サッパリとした、しかし奥深い旨味のある肉マースソバマサミの塩ラーメンがおすすめ。

県庁前から国際通りをずーっとひたすら真っ直ぐ行って抜けたところが安里。肉マースソバマサミは安里十字路から徒歩3分くらいの場所にある。モノレールで安里の駅までいけばすぐつく。説明しにくいので地図を見て行ったほうがいいですね。

塩ラーメンのみのラーメン屋なんだけど、ラーメン屋の雰囲気ではなくちょっと洒落たレストランとかカフェ?のような雰囲気。

澄んだスープにチャーシューとネギ、カイワレ、ニンニクのシンプルな具材。沖永良部島の塩にワタリガニやアサリ、干し貝柱、干しエビ、スルメ、鰹節、その他多数の乾物類の出汁が効いた深い味わいの塩ラーメン。実際食べてる時は"なんだかわからないけどすんごい美味い出汁のでてるスープ"みたいな感じだったけど、相当な物の成分が溶け込んでるんですなぁ。ニンニクと油の香りが程よいアクセントになって食欲を掻き立てる。さっぱりだけど複雑なコクのあるスープは一度は食べて欲しい味。

メニューはシンプル。油の量であっさり、ふつう、こってりの並(800円)か小(700円)。もしくは塩たまごやわかめの入ったスペシャル(800円)。俺はふつうがすき。

ここは一組づつラーメンを作って、それを提供してから次の客の注文を聞くので、いつものように「おねがいしまーす」などと急かさずに食券を買ったら店主が注文を聞きに来るまでじっと待つ。

急かすと多分怒られるんじゃないかな。時間もかかるがその分丁寧に作られていてとにかく美味いので静かに待つ。例えば旅行者でちょっと空いた時間にラーメン食べたいとか、時間がない時はやめた方がいいですね。時間にゆとりがあるときにゆっくり味わって食べた方がいいと思う。

肉マースソバ マサミ
〒902-0067 沖縄県那覇市安里363 102号
TEL 098-884-1251
営業時間 11:30~売り切れまで
定休日 金曜日

あっさり、ふつう、こってり 並(800円)
あっさり、ふつう、こってり 小(700円)
スペシャル 塩味玉わかめチャシュー入り(800円)

沖縄も美味いラーメン屋はいっぱいある

初めて沖縄に来る人は色んな店の沖縄ソバを食べたほうがいいと思うけど、リピーターや長期滞在する人の場合は是非沖縄のラーメンを食べてみてほしい。かなりレベルが高いと唸ると思うので。

観光客が多いからというのもあるし、店が多いからというのもあって今回は那覇のラーメン屋を紹介してみた。中部の宜野湾や沖縄市などにも美味い店はあるんだけどそれはまた今度書こうと思う。



このブログの1ページを使って無料でPRしませんか?

沖縄本島、慶良間、石垣、あとは伊勢周辺などで宿や飲食店などなどを営む皆様にこの沖縄旅行ブログの1ページお貸しします。広告費をかけたくない方に書いて貰えるといいかなと思っております。

ロストバゲージ(荷物紛失)された俺がいうから間違いない。悪いことは言わないから旅行は保険付きクレカで決済しとけ!!マジで

ロストバゲージとか破損とかありえない。空港や家に送った荷物は普通に届くと思ってる皆様こんにちは。クロ◯コにも中国◯◯航空にも荷物をなくされた俺です。割りと真面目にこういうことはあります。だって、何処そこ行きってシール貼ってるだけですからね。失くなった時、壊れた時に後悔しても遅いです。保険付きのカードで決済しておけば損害を簡単に保証してくれます。海外旅行保険がついてる物は多いのですが国内の旅行保険がないものがおおいんですよね。国内旅行保険も付いた、その他よく使うであろうサービスとも相性のいい旅行保付きカードを一枚は持っておいた方がいいかと存じます。※最新記事やオススメ記事、関連記事などの一覧、SNSのシェアボタンはこの下です↓

国内旅行でも最高1,000万円の旅行損害保険の付いたリクルートカード じゃらんやホットペッパー利用時にもポイントがガッツリ付きます

マスター、VISA、JCBの3つ国際ブランドから選択可能。旅行損害保険 海外旅行:最高2,000万円(利用付帯) 国内旅行:最高1,000万円(利用付帯)。荷物の損害もこの中に含まれます。ショッピング保険国内・海外:年間200万円がついた便利なカード。旅行でよく使う、じゃらんやホットペッパー利用時にカード決済すればポイントがザックザクたまるスグレモノ。国内旅行保険はついてないカードが多いんですよね。国内旅行用にもこの一枚!年会費も永久に無料のオススメカードです!!リクルートが運営なので何かと使う機会はありそうですね。ホットペッパーのグルメやビューティーなんかは普段でもよく使うのではないでしょうか。

海外旅行・国内旅行傷害保険最大1000万携行品損害も15万~100万まで!安心のブランドJALカード

今ならAmazonギフト券も11000円分貰えるJALカード。携行品損害もついたこちらのカードは普通からプラチナまでランクがあり受けられるサービスが違うのですが、正直普通カードで充分な気がします。アメックスにしなければ年会費も初年度無料、二年目からも2160円です。アメックスにすると年会費6480円ですが空港ラウンジが使えたり特典もありますが。JALの飛行機に乗る度にマイルがたまるオトクなカード。学生専用のJALカードnaviなどもあり幅広い方にお使いいただけるカードでしょう。飛行機に乗る回数が多い方にはこちらのカードがおすすめです。

よくよまれている記事はこちら

カクレクマノミ 1

慶良間はクマノミの数が多くビーチで簡単に出会えます。朝の阿波連ビーチでハマクマノミ、クマノミ、カクレクマノミと3種類のクマノミを発見しました。那覇から船で1時間。お手軽にクマノミが見たい人には最適なビ ...

アオウミガメ 2

沖縄の慶良間諸島 座間味島はウミガメと普通に遭遇できます。ケラマカヤックセンターのシーカヤックとシュノーケリングでアオウミガメとタイマイに遭遇。その後、阿真ビーチでもアオウミガメに遭遇しました。 1 ...

ビーチサイドコンドミニアム 3

沖縄中部の主要観光地 北谷。ビーチサイドコンドミニアムは北谷のアラハビーチの真ん前にあるコンドミニアム。部屋の作りは豪華でジャグジーもあるのに安い。今年はいつものツインではなく2LDKの大型の部屋に宿 ...

西表島の青珊瑚 4

民宿マリウドの海人ツアーは朝から晩までがっつりと西表島の海を楽しむためのツアーです。西表島は青珊瑚が多く、とてつもなく美しい海で遊べます。秘境の村として有名な船浮のもっとずっと先にある西表島の最西端の ...

青の洞窟 5

青の洞窟は恩納村 真栄田岬にある洞窟。光の屈折により洞窟内が青く光るところ。世界でも数か所しかない特殊な場所。ダイビングスポットとしても有名ですが、青い光はシュノーケリングじゃないとちゃんと見えないそ ...

伊勢神宮 内宮 6

天照大御神をお祀りする神宮の内宮、皇大神宮へ参拝してきました。 この旅の目的、三種の神器の1つ八咫鏡のある皇大神宮。宇治橋を渡れば別世界が広がっています。 一生に一度はお伊勢参りといわれる日本人のここ ...

ビーチタワー BBQ 7

北谷のリゾートホテル、ザ・ビーチタワーの1Fに入ってるチュラティーダ。シーサイドテラスでのBBQは食べ放題飲み放題で4200円。海でたっぷり遊んだ後、飲んで食べて楽しい夜を過ぎしてきました。サンセット ...

-沖縄 グルメ!

Copyright© 朝梟の旅行ブログ , 2017 AllRights Reserved.