カンボジア移住記

アンコールワットの旅 カンボジア旅行記

アンコールワットはカンボジアで最も有名な観光スポット。カンボジアを知らなくてもアンコールワットは聞いた事があるって人もいるのでは?夕陽に照らされた世界遺産アンコールワットを見に行ってきました。まさに東南アジアな雰囲気で、それはそれは美しい景色でした。

アンコールワット カンボジアの象徴

この記事は前回のタ・プローム遺跡の旅の続きになります

タプローム遺跡行ってきた カンボジア旅行記

カンボジア、シェムリアップの有名な遺跡「タプローム遺跡」に行ってきました。映画トゥームレイダーの撮影場所としても有名ですね。ガジュマルの木と石が織り成す不思議な、神秘的な美しさがある遺跡です。アンコー ...

続きを見る

アンコールワット

カンボジア シェムリアップの寺院
世界遺産にも登録されているアンコール遺跡群で最も有名な遺跡
アンコール遺跡群 入場料は2017年2月から値上がりしました
※これでこの辺のアンコール遺跡は全部周れます。ベンメリアやコーケーなどは別途チケットが必要です。
1日券 20$→2017/02/01より37$
3日券 40$→2017/02/01より62$
1週間 60$→2017/02/01より72$
残念ながら2017年2月より大幅値上げに。1日券だと倍になりました。アンコール遺跡群を見に行くときは朝から行って1日で回ったほうがいいですね。

今回は、シェムリアップ周辺の有名な遺跡をまわっています。

タ・プローム遺跡を後にした俺は、カンボジア最大の観光名所、アンコール遺跡群で最も有名な寺院「アンコールワット」に向かいました。

アンコールワット

トリップアドバイザーの「日本人が行ってよかった観光地」で3年連続No1に輝いたアンコールワット。

日本人にも大人気の観光地です!

長い年月眠り続けたかつての王都 アンコールワット。世界的に有名な遺跡は、実際どんなものでしょうか?期待が高まります!

アンコールワットは、有名な観光スポットですが、クメールの人々にとっては、聖なる場所。かつてのアンコール王朝の王都であり、仏教・ヒンズー教の寺院です(時代によって信仰が違う)。

アンコールワットの中央の塔は須弥山をイメージしてるらしく、王様がヴィシュヌ神と繋がる為の場所だったそうです。

そのため、有名な壁画などはほぼヒンズー教の神話を描いています。見に来る時は、マハーバーラタやラーマーヤナなど、ヒンズーの神話の内容を頭に入れておくと、より楽しめると思います。

アンコールワット壁画

要注意なのが服装です!アンコールワットは聖なる寺院なので、露出の多い服で行くのはやめた方がいいです!女子はスカートでいくのもやめたほうがいいですね。スカートで行くと第三回廊の階段を登れません!

そして、アンコールワットを見に行くなら早朝か、午後~夕方がおすすめだそうです。西向きに建てられているので、午前中は写真を撮ると逆光になる的な。朝日や夕日の時間帯が最高みたいですね!

アンコールワットの歴史(ざっくり)

アンコールワットは、かつては東南アジアの中でも最も栄えた場所。

アンコールワット

9世紀から東南アジアの中心として栄華を極めたクメール王朝の王都。一時はインドシナ半島の大半を支配していたそうです。

しかしタイに攻められ、1431年にクメール王朝は南に追いやられました。

そこから100年以上放置されたアンコールワットやアンコールトム…。

201663

シェムリアップの周辺には、未だに全貌が明らかになってない遺跡や、見つかってない遺跡がゴロゴロあるそうです。多分こういう時代に作られたんだろうなぁ。

そこから100年以上が過ぎた、1550年ごろ、時の国王が廃墟と化したアンコールワットを再発見し復興します。

しかし、またしてもタイに攻められ、クメール王朝は再びアンコールの地を追いやられてしまいました。

そこからは、王都というよりは聖なる場所として、寺院として信仰されていたようです。

因みに、フランスの博士、アンリ・ムーオがアンコールワットを再発見したとか、国民のほとんどが「何それ?うちの国にそんなのあったの?」という状態だったとか言われてますが、実際にはそんなことはなく、クメールの人々はアンコールの存在を語り継いでいたそうです。

廃墟にはなってましたが、聖なる場所として、その存在は知ってたんですね。

アンコールワット 女神

その後、シェムリアップがフランス領になり、修復工事が進んだようですが、カンボジアが独立してからは、クメール・ルージュの本拠地となり、内戦時は大変だったようです。

そういった激動の時代を越え、アンコールワットは1992年に世界遺産に登録されました。そこからは一気に修復が進み、現在に至ると。

どこまでホントかはわかりませんが、まさに栄枯盛衰な場所ですな。無常観。

アンコールワットに到着

タプローム遺跡から、トゥクトゥクで走ること数分。少しづつアンコールワットの西参道が見えてきました。

基本的にアンコールワットへは、西参道から入ります。

アンコールワットへの道

タ・プロームの枯れ切った感じとは全然違い、アンコールワットの堀には、たっぷり水がありました。

アンコール遺跡群は近くにあっても雰囲気がそれぞれ違うのも面白いところ。

アンコールワットのお堀

日本もそうだけど、城の守りはお堀の水ってみんな同じ発想なのね。

アジアの文化は色々と似てて面白いですね。色んな交流があって各地の文化が広がっていったのでしょう。

アンコールワットのお堀

アンコールワットの入り口の周りは飲食店(屋台的なやつ)が集まっています。

屋台で焼いてる肉類と、アンコールビールの組み合わせはめちゃくちゃ美味いのでちょっと心惹かれますなぁ…。まぁ、今回はそんな時間はないので、また次回かな。

クメール料理

時間がある人は、ここで軽くご飯を食べるのもいいのではないでしょうか。

よっしゃ行くか!いざアンコールワットへ!

これがカンボジア最大の名所 アンコールワット!!

とりあえず、初めて行く人の為に簡単なアンコールワットの見取り図を作りました。これでもある程度は場所を把握できると思います。

見どころとされているのが、第一回廊に描かれた乳海撹拌とマハーバーラタ、ラーマーヤナ、そして第三回廊・中央塔などでしょうか。

俺は全く予習などせずにフラっと行ったので、どこに何があるのかさっぱり分かりませんでしたが(笑)

アンコールワットのナーガ像

ここがアンコールワットの西参道の入口。アンコールワットの入口は巨大なナーガ像に護られています。

ナーガはビシュヌ神の寝床になったり、仏陀を護ったりしてる蛇の神様。

ナーガ像はシェムリアップのいたるところで見ることが出来ますが、ここのが1番かっこいいかな。

アンコールワットのナーガ像

このデザインのセンスは好きですね。THE・アジア。めっちゃ強そう。首7つもあるし。

西参道から西塔門へ

巨大なナーガ像のある入口からアンコールワットの敷地内に入ります。

とにかくこの参道をひたすら真っすぐ進めばアンコールワットの本体にたどり着きます。

アンコールワット正門

参道の先には門が見えます。これだけでもかなりの迫力。写真では伝わりにくいと思いますが、想像してたより、全然規模がでかいですねー。

一瞬これがアンコールワットの本体(中央塔)かと思いました。

アンコールワット正門のナーガ像

お堀を抜け、西塔門に辿り着くまでもかなり距離。お堀といっても、日本の一流河川の河口みたいなサイズですな。

アンコールワット正門

この西塔門を抜けると、やっと初めて、webやTVでよく見るアンコールワットの本体が見えてきます。まっすぐに進み、門を抜けましょう。

アンコールワット正面から

門の内側は、まさに絵に書いたような東南アジアの景色が広がり、神秘的な雰囲気が立ち込めてます。ようやく、アンコールワット中央塔も見えてきました。

ここまでもかなり距離があったけど、中もめっちゃ広いねぇ…。どこまで続いてんだ…。

アンコールワット

参道はけっこー長く、トータル10分ぐらいかかりました。ハイヒールや革靴、サンダルではなく、スニーカーで行くことをおすすめします。

アンコールワット中央塔

明日からクメール正月だからかな?入り口には、金色の階段がかけられていました。これはけっこうレアな景色じゃないですかね。

ちょうどカンボジアは明日から新年。※カンボジアでは元旦と旧正月とクメールの正月と3回も正月を祝います。今回はクメール正月。

なぜか分からないけど、最近はこういう何かの区切りの日に、毎回神仏系のところにいます。伊勢神宮やプレアヴィヒア、そして今回はアンコールワット。

意図しなくても節目節目でそういう場所にいるのは、ありがたい事なんでしょうねぇ。

アンコールワット中央塔

金色の上に向かう階段とか、なんか縁起いいよね。神縁、仏縁は大事にしようと思う今日このごろ。

さて、いい気分になった所で、いよいよアンコールワット内部へと入って行きます。

アンコールワット 第一回廊~十字回廊

テラスから中に入ると、装飾の豪華さにいきなり圧倒されます。

天井までぎっしりとレリーフで埋めつくされています。天井の細工もかなり細かいですね。

アンコールワット 天井

アンコールワットに入ってすぐに現れるのが第一回廊です。

第一回廊は、中央塔に向かって右側の壁面にマハーバーラタ、左側にラーマーヤナが描かれています。アンコールワットの見どころのひとつです!

ラーマーヤナについて

この叙事詩は、ラーマ王子が、誘拐された妻シーターを奪還すべく大軍を率いて、ラークシャサの王ラーヴァナに挑む姿を描いている。ラーマーヤナの意味は「ラーマ王行状記」。

現代でも、ラーマーヤナは、絵画、彫刻、建築、音楽、舞踏、演劇、映画など多くの分野で、インドのみならず、当時同じサンスクリット圏であり古くからインド文化を取り入れてきた東南アジア一円に深く浸透し影響力を持っており、王権を強調するその内容は、支配階級のみならず、民衆の間でも広く親しまれている。

ラーマーヤナ解説 Wikipedia

マハーバーラタについて

物語は世界の始まりから始まる。その後、物語はパーンダヴァ族とカウラヴァ族(この二つを合わせてバラタ族(バーラタ))の争いを軸に進められ、物語の登場人物が誰かに教訓を施したり、諭したりするときに違う物語や教典などが語られるという構成で、千夜一夜物語と似た構成になっているが、大きな相違点としてパーンダヴァ王家とカウラヴァ王家の争いの話自体が語られる物語であることがあげられる。 数々の宗教書も『マハーバーラタ』の物語の登場人物をして語らせることも多く、『バガヴァッド・ギーター』は著名な部分であり、宗教上、特に重視されている。

マハーバーラタ解説 Wikipedia

どちらも、めちゃくちゃ長い物語ですが、あらすじだけ、ざっくり読んでおくといいと思います。

アンコールワット 回廊

…しかし予習なしで行った俺は、全く何の場面を描いているかわかりませんでした。どの回廊のどのレリーフを見ても「うわー!なにこれすっごい!」と1人で唸るだけでした(笑)

単独で行く場合、本とかネットで最低限予習はしておいた方がいいでしょう。ある程度の知識を付けてから行った方が100倍楽しめると思います。

アンコールワット解説で分かりやすかったサイト 遺跡ときどき猫

アンコールワット 彫刻

ていうか、現地のオプショナルツアーなんかを使うと、もっと分かりやすいと思う。

オプショナルツアーは、色々ありますが、日本人が行くならクロマーツアーズを利用するといいと思います。スタッフ日本人多いですし。(※日本人がよく泊まるクロマーヤマトゲストハウスを運営してるところです。)

半日のツアーで、車&日本語ガイド付きで20ドル~、トゥクトゥク使用なら12ドル~とか。日本語ガイド付きでこの料金なら安いと思います!

アンコールワット 彫刻

モチーフの意味合いはサッパリわかりませんが、彫刻は全体的にとても細かく美しいですねぇ。クメール建築の最高傑作といわれるだけありますね。ホント勉強してからくればよかった…。

俺は、今どの回廊にいるのかすら把握できない状態だったので、とりあえず中国人の旅行団体の後を歩いていきました。

中国人団体にはガイドがいるので、何を言ってるかは全く不明ですが、とりあえず進行方向だけは分かります(笑)

アンコールワット 沐浴

ここは沐浴するとこだったそうです。当時は水が溜まってたんですかね。

そういえば、ホントかどうかは知りませんが、昔のアンコールワットは金ピカ仕様だったそうです。

千体仏の間

回廊を横切るとすぐ右側に千体仏の間があって仏様が祀られています。熱心に祈っている人がかなりいました。

アンコールワット 千本仏の間

ひとまず仏像の皆様に「これこれこうでカンボジアで暮らしてます。どうぞよろしく」と挨拶をしておきました。

この辺に1632年にアンコールワットに訪れた日本人、森本右近太夫の書跡があります。左側の柱を見ていくとあるそうです。

アンコールワット 千本仏の間

因みに、このまわりにたくさんの仏像があるのですが(だから千体仏)クビから上が破壊されている仏様が多いんですよね。

これは、全てポルポトの内戦時に壊されたそうです。あまり細かくは触れませんが、この国は1993年までは内戦で混乱していました。今もその爪痕はいたる所に残っています。

第三回廊・中央塔の周り

アンコールワット 夕日

第二回廊を抜けて、第三回廊の方まで来ました。周りをみるともうすぐ日が暮れそう。

夕日が美しいですねぇ。めっちゃ東南アジアっぽい景色。リアルにめっちゃキレイでした!

アンコールワット 女神

壁には無数の女神が彫刻されています。デバターというそうです。アンコール遺跡に彫刻されている女神はみんな美人。

アンコールワット 中央祠堂

これが第三回廊と中央塔。この裏側から階段で中に入れます。

アンコールワット 中央祠堂

この辺は、どこをみても細かい彫刻で飾られています。なんか一瞬日光東照宮の陽明門を思い出しました。

アンコールワット 中央祠堂入口

この第三回廊の階段は、神仏に対しての敬意をはらうために、自然と頭が下がるように急傾斜になってるそうです。

この階段は、よく転落事故がおこっているので、注意が必要です!

アンコールワット 中央祠堂入口

俺が第三回廊の階段の下まで来た時には、もう入れない時間になっていました。残念。

まぁ、いつでもこれるし今回は登らなくてもいっかー。またそのうちだな。

ちなみに、第三回廊の階段を上がると、こういう景色が見えるようです。キレイですね!

第三回廊からの眺め

一通り見て回った俺はトゥクトゥクへと戻りました。

アンコールワット 夕日

夕日に染まるアンコールワット。ほんと絵に描いたような東南アジアの景色。

アンコールワットの参道

アンコールワットは1時間ぐらいあればざっくりとは見て回れます。

細かいところまで見るのであれば、2~3時間あるといいのではないでしょうか。

行ってよかった!アンコールワット!

今回のアンコール遺跡群巡りは、大した知識もない状態で一人で見て回っただけでしたが、来た甲斐はありました。けっこーマジで感動しました。

カンボジアの象徴なだけはありますね。パワースポットってやつですね。なんか変に満たされました。

201666

帰りはひたすらまっすぐに進むだけ。家まで15分程度。

シェムリアップに来て数ヶ月スルーしてきたアンコールワットですが、実際に行ってみて良かったですねぇ。素直にいい経験になったと思います。

カンボジア最大の名所、世界的に有名な遺跡、アンコールワット。一度はその目で見てみては?

カンボジアに行く時は、簡単な英語を覚えていくと楽です!

カンボジアは英語が通じる国!通貨もUSDが普通に使えます(笑)

クメール語というカンボジアの言語もありますが、これはカンボジア人同士が話す時に使ってますね。外国人と話す時は、だいたいみんな英語を話します。

東南アジアはヨーロッパからの旅行者が多い場所ですが、だいたいみんな英語でコミュニケーションしてました。

クメール語は教材も少なく、かなり難解なので、まずは簡単な英語を覚えて行くといいと思います。旅行で行くときは、簡単なフレーズを覚えるだけでも困る回数が激減しますね。

旅の英会話伝わるフレーズ集 この本は旅行でよくあるシーンのフレーズばかりなので、使いやすいはず。カタカナでの読み方も書いてあるので、分かりやすいと思います(カタカナ読みでもギリギリ通じる場合が多い)。

もしくは、ポケトークなどの翻訳機があると便利だと思います。これは買わなくても、レンタル出来るので手軽ですね!
ポケトーク
Wi-Fiなしで126の国や地域ですぐ使える!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でasafukuoをフォローしよう!

沖縄 那覇 激安ゲストハウス 10選!安くてキレイな宿に泊まろう!

沖縄一人旅や少人数グループでの旅行ならゲストハウスがお薦めです。特に那覇はドミトリーなら1000円以下で宿泊可能なゲストハウスも多数存在します。個室もホテルや旅館に比べ安く使えるので"少しでも安く旅行 ...

続きを見る

激安防水アクションカム5選 想像以上に使えます

防水のアクションカメラは沖縄旅行でのダイビング、雪山でのスノボやスキーなどで大活躍する「動画を撮るための小さなカメラ」です。アクションカメラ、アクションカムとかウェアラブルカメラなどと呼ばれています。 ...

続きを見る

ラッシュガードで体型カバー!気楽に海を楽しもう!

このページの目次1 ラッシュガードって一体なんなの?2 3000円~5000円ぐらいで買える 便利な格安ラッシュガード3 太って海を諦めた人が多いので紹介してみました ラッシュガードって一体なんなの? ...

続きを見る

足元がクッソ快適なTevaのサンダルをご紹介

サンダルは夏の必需品。沖縄旅行でも当然大活躍する、快適すぎるテバのサンダル ハリケーンをご紹介します。値段もそこそこしますが、履き心地が最高。個人的にも使っている、もう手放せないアイテムです。夏の足元 ...

続きを見る

沖縄 バーベキューをビーチでやろう!BBQにおすすめのビーチはここ!

沖縄でバーベキュー!旅行でもビーチパーリーやっちゃおう!沖縄はバーベキューのできる設備の整ったビーチが多数あります。現地の人はビーチパーリーといって週末などによくビーチでのバーベキューを行っています。 ...

続きを見る

那覇のラーメン屋
沖縄 那覇のラーメン屋 おすすめの店をピックアップ!

沖縄 那覇でラーメンを食べるならこの店は外せない!そんなお店をご紹介します。沖縄でラーメン?と思う人も多いと思いますが、実力のあるラーメン屋も多数出店しているエリアなんです!沖縄ソバもすきだけど、やっ ...

続きを見る

キッチン
沖縄 シェアハウスを集めてみた

沖縄に長期で滞在したい場合シェアハウスが便利です。リビングやキッチンなどをみんなで共用する暮らしは出会いも会って楽しいものです。マンスリーやウィークリーマンションよりも割安です。一般的な賃貸物件と違い ...

続きを見る

長期の旅行や出張の友。マジで便利な初期費用、解約手数料無しのwifiルータ!

初期費用、解約手数料無し、申込の際に本人確認書類は原則必要なしのwi-fi東京のルータ。WEBからの簡単申し込みで翌日にはレンタルが可能の。即日発送も対応。ルータを返すのもポストに投函するだけと簡単。長期の場合、日額216円~と料金的にも問題ない。部屋にwifiないらしい…。そんな時確実に活躍する。

人気の観光・旅行記事はこちら!

アオウミガメ 1

沖縄の慶良間諸島 座間味島はウミガメと普通に遭遇できます。沖縄でウミガメと泳ぎたい!だったら座間味でしょう!今回はケラマカヤックセンターのシーカヤックとシュノーケリングでアオウミガメとタイマイに遭遇。 ...

2

沖縄観光では定番中の定番、最も有名な観光スポット美ら海水族館へ!沖縄バスのバスツアーで行ってきました。ジンベエザメやマンタの泳ぐ黒潮の海をはじめ、美ら海水族館、海洋博公園にはたくさんの見所がありました ...

渡嘉敷 阿波連ビーチ 3

渡嘉敷島の阿波連ビーチは那覇から日帰りでも行ける極上のビーチ。その阿波連ビーチでシュノーケリングしてきました。渡嘉敷の慶良間ブルーな海で1日ひたすら遊ぶ。これって実に贅沢な1日じゃありませんか?そして ...

4

那覇国際通り周辺は居酒屋やバーなど飲食店の宝庫。観光客向けの沖縄居酒屋を始め、ありとあらゆるジャンルの飲食店が乱立しています。居酒屋を経営している(現在はラーメン屋に転身)友人と共に国際通り周辺の居酒 ...

川平湾 5

川平湾は石垣島を代表する超絶景スポット。石垣島の観光用ポスターにもよく使われています。海の色がちょっと異常なレベルで美しい場所。流れが激しく遊泳禁止ですがグラスボートで海の中を見ることができます。青い ...

6

石垣島といえば沖縄離島の中でも人気のある島。八重山諸島の中心になる島。今回は石垣島をメインに竹富、小浜、西表などを3週間ほど旅行してきました。石垣島ひとり旅、まずは那覇空港からJTAの飛行機で石垣島へ ...

7

阿嘉島の北浜ビーチは慶良間でも飛び抜けた透明度を誇る珊瑚の美しいビーチです。北浜と書いてニシハマビーチとかニシバマとか読みます。個人的には那覇から気軽にいけるビーチの中では北浜ビーチが1番きれいな気が ...

宇治橋 8

伊勢神宮の内宮は、天照大御神をお祀りする日本有数の聖地。内宮は正式には皇大神宮といいます。 宇治橋を渡れば別世界が広がっています。 一生に一度はお伊勢参りといわれる日本人のこころの故郷、伊勢神宮。あな ...

9

沖縄中部の離島、津堅島。中城湾に浮かぶ小さな島。別名キャロットアイランドと呼ばれる、人参畑の広がる"のどかな島"に日帰りで行ってきました。そこまで観光化されていない、知る人ぞ知る島といったところです。 ...

西表島の青珊瑚 10

西表島は青珊瑚が多く、とてつもなく美しい海で遊べます。西表島の民宿マリウドの海人ツアーは朝から晩までがっつりと、その美しい奥西表の海を楽しむツアー。秘境の村として有名な船浮のもっとずっと先にある西表島 ...

-カンボジア移住記

Copyright© 朝梟 旅ブログ , 2019 AllRights Reserved.