知念商会 オニササ

人気の沖縄離島観光 旅行 沖縄 グルメ! 真夏の沖縄に半年滞在! 石垣島 石垣島・八重山一人旅

オニササ 石垣島のB級グルメ

石垣島にはオニササという食べ物があるんですが、どんなものか想像つきますか?俺が想像したよりも遥かにB級グルメでした。ジャンクな美味さがたまらないオニササ。石垣島に来たら食べてみてください。

石垣名物 B級グルメ・オニササ

元祖オニササ 知念商会
〒907-0004 沖縄県石垣市登野城1249−18
TEL:0980-82-9664
営業時間 7:00~20:00
雨の石垣島
雨の石垣島 ユーグレナモールで食べ歩き

台風の近づく石垣島。今日は朝から雨。やる事がなさすぎてユーグレナモールというアーケード内をブラブラしました。八重山ソバや、カフェでぜんざいなど、とにかく食べて怠惰に過ごしました。雨の石垣島では食べるに ...

続きを見る

からの続きです

石垣島には台風が近づいています。ここ数日は雨が降り続く予報。しかし、今日、朝目が覚めると何故か雨が止んでいました。

201510221

まだまだ曇ってはいますが、とりあえず外には出られます。

とりあえず朝食に、昨夜ネットを見てて気になった、石垣島オリジナルのB級グルメメニューを食べに行く事にしました。

その名も「オニササ」。すげー強そうな名前。

オニギリとササミでオニササ。具として中に入っているとかではなく、ドーンとデカいフライがおにぎりに乗っかっている石垣島のB級グルメ。知念商会というスーパーが開発したそうです。

オニササはココストアでも売っていますが、正直そんなにうまくないんですよね。ポーク玉子おにぎりの方がうまかった。

しかし、元祖 知念商会のオニササはうまいという口コミを見たので気になっていました。場所もそこまで遠くないようなので行ってみる事にしました。

元祖オニササの知念商会(スーパー)へ

今泊まっている「美ら宿」からすぐの郵便局前の大きな道県道87号線を、八重山農林高等学校のある方角(730記念碑などの逆方向)に進みます。海側じゃなくて山側に向かって行く感じ。15分ぐらい、ひたすらとにかく真っ直ぐ。

小学校やらCOCOストアーを何個か越えると知念商会が見えてきました。かなりしっかりした建物。外には元祖オニササののぼり。

知念商会

おぉ、これが噂のオニササの店か...。

噂のオニササをいざ実食!

知念商会の中に入ると、店の真ん中のショーケースにずらりとササミフライや色々な種類の揚げ物、ハンバーグ、そして味の違うおにぎりが陳列されています。

しかし、オニササというものは売ってません。

他の人の買い物を盗み見すると、どうやらナイロン袋に好きな味のおにぎり(のり玉、鮭、鰹など)を入れて、そこにササミフライやポーク天ぷらなど好きな揚げ物を入れて握り潰すとオニササになるっぽい。

色々な味の調味料、マヨネーズなどから好みの味付けをしたら完成。レジに持っていってお会計。早速、俺もやってみました。

石垣島 オニササ

のり玉おにぎりと、こんがり揚がったササミフライの間に醤油とマヨネーズを入れて完成。こういうのは醤油マヨかソースマヨでしょ?絶対うまいはず。

石垣島 オニササ

握り潰すと、もはやおにぎりと言うよりは巨大な握り寿司みたいですね。ササミフライ寿司。回転寿司屋ならやりそう(笑)

石垣島 オニササ

あんぐりと大口を開けてかぶりつきます。

あっ、これヤベぇ。

オニササは、おにぎりとササミフライと醤油マヨネーズで出来ているのでウマイに決まってるんだけど、思った以上のクオリティ。

しかもボリューミー。ササミフライが香ばしくて最高。ちょい焦げてるぐらいがうまい。

これで1個160円。コンビニのポーク玉子おにぎりがだいたい200円なのでコスパは高いと思います。これと野菜ジュースでそこそこ栄養のある飯になるよね。タンパク質、脂質、糖質がまとめて摂れます。

オニササが気に入った俺は翌日も朝から知念商会に行ってオニササを食べました。けっこうハマる味。地味に食いたくなる味。

オニササ

チーズハンバーグ

知念商会では、ササミフライだけではなく、ハンバーグやら天ぷらなども売っています。小腹が減ったときにすごく役に立つ店だと思います。

ココストアー

オニササ1個だけだと、ちょっと足りないので帰りにCOCOストアーでベーコンとチーズのマフィンを追加しました。3日に1回ぐらいのペースでこれ食ってます。めっちゃうまい。

ココストアー マフィン

ココストアー マフィン

これ、温めて食べるとそのへんのハンバーガー屋より余裕でうまい。満足しました。さすがに満腹。

宮良川のヒルギ林(マングローブ)を見に行く

朝食を取った俺は完全に暇になってしまいました。台風で1日潰れると思っていたので全くのノープラン。

数日は激しい雨が降り続くだろうと思っていたのですが。調べてみると、なんと、台風は消滅したそうです。消滅って。意味不明。

寝る前に我らが総氏神、天照大御神に祈ったのが通じたのかも知れません。なんにしろラッキー。台風はもう来ない!

雨が止んで外に出られるようにはなりましたが、八重山離島に行くなら晴れてからがいいな。今日はやめとこう。

近場でなんかあるかな?とGoogle先生に聞いてみると、宮良川のマングローブ林が近いから行ったらいいとの事。じゃー今日はそこに行ってみるか。

宮良川は空港行きのバスで行ける場所。ここでも2000円のバス5日間フリーパスの威力炸裂する事に。

バスに関しては完全に元を取ったと思います。なんだかんだ乗りまくりました。

宮良川ヒルギ林

宮良川バス停で降りて、橋を渡り階段を降りるとヒルギ林。ヒルギというのは一般的にはマングローブと呼ばれている植物のこと。

橋の上から見ると、確かに水の中に木がギッシり生えています。

宮良川 ヒルギ林

宮良川 ヒルギ林

宮良川 ヒルギ林

階段で川まで降りる事ができます。

宮良川 ヒルギ林

宮良川 ヒルギ林

宮良川 ヒルギ林

今日はさすがに誰もいません。天気悪いしね。

川に近づくと、小さなカニがそこら中にいました。ちょっと近寄るとみんなでサッと巣に潜ってしまいます。

宮良川 ヒルギ林

今日の宮良川は天気も悪く、ちょっと肌寒いけど、夏の間はカヌー、カヤックで川下りすると楽しいだろうね。10月でも晴れていれば綺麗だろうなぁ。

宮良川 ヒルギ林

宮良川 ヒルギ林

30分ぐらいぼけーっと一人、景色を眺めてマイナスイオン浴びまくり。俺はこんなところでひとりで何をやっているのだろうか…。

さすがに虚しくなってきたのでバスターミナルへ向かいました。こういう時は夕方からビールでも飲んで漫画読んで寝るのが1番。

あじ小屋でちょい飲み

バスターミナルに戻ると17:00。バスを降りると雨が降ってきました。

このまま宿に帰るのも癪なので、今日もハッピーアワーやってる店を探して軽く飲もうかな。

美崎町をうろうろして、あじ小屋という居酒屋に腰を落ち着けました。

石垣島 あじ小屋

メニューを広げると、めっちゃ既視感。

海人ダイニング TARAJIと同じ系列みたいですね。メニューは微妙に違うけど、90%ぐらいは同じ。ま、いっかー。安いし。

ビールとエビマヨ

ビールとエビマヨ、焼き鳥、塩焼きそばを注文してちびちびと飲みました。

エビマヨ

焼き鳥

塩焼きそば

こっちの焼きそばって沖縄そばの麺なんですよね。すげー腹いっぱいになります。

ビールと焼きそばで腹いっぱいになった俺は宿に戻りました。

天気予報を確認すると明日は晴れの予報。台風消滅の効果絶大。やっと離島に行けそうですね。この数日、天気悪くて気分もジメジメしていたのでありがたい。

明日は小浜島に行ってみたいと思います。

思い出を最高画質で撮るなら?防水デジカメの決定版!?

やっぱりニコン。クールピクスシリーズの最新作Nikon デジタルカメラ COOLPIX W300。これ単体で30Mまで潜れるという驚異的な耐水性を持つコンパトデジカメです。36000円~38000円と値段は正直高めだけど、スマホのカメラでは撮ることのできない超高画質で写真を残せます!リコーのカメラが壊れたので今年はこれ買います。
Nikon デジタルカメラ COOLPIX W300
沖縄旅行ブログ 朝梟の沖縄旅行記
小浜島 大岳(うふだき)に登ってきた 八重山離島巡り

八重山の離島、小浜島を旅してきました。石垣島から高速船にのり小浜島へ。小浜島は自転車でも回れる小さな島。レンタサイクルを借りて起伏の激しい島を爆走してきました。まずは八重山の島々を見渡せる大岳(うふだ ...

続きを見る

次は小浜島

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でasafukuoをフォローしよう!

沖縄 那覇 激安ゲストハウス 10選!安くてキレイな宿に泊まろう!

沖縄一人旅や少人数グループでの旅行ならゲストハウスがお薦めです。特に那覇はドミトリーなら1000円以下で宿泊可能なゲストハウスも多数存在します。個室もホテルや旅館に比べ安く使えるので"少しでも安く旅行 ...

続きを見る

激安防水アクションカム5選 想像以上に使えます

防水のアクションカメラは沖縄旅行でのダイビング、雪山でのスノボやスキーなどで大活躍する「動画を撮るための小さなカメラ」です。アクションカメラ、アクションカムとかウェアラブルカメラなどと呼ばれています。 ...

続きを見る

ラッシュガードで体型カバー!気楽に海を楽しもう!

このページの目次1 ラッシュガードって一体なんなの?2 3000円~5000円ぐらいで買える 便利な格安ラッシュガード3 太って海を諦めた人が多いので紹介してみました ラッシュガードって一体なんなの? ...

続きを見る

足元がクッソ快適なTevaのサンダルをご紹介

サンダルは夏の必需品。沖縄旅行でも当然大活躍する、快適すぎるテバのサンダル ハリケーンをご紹介します。値段もそこそこしますが、履き心地が最高。個人的にも使っている、もう手放せないアイテムです。夏の足元 ...

続きを見る

沖縄 バーベキューをビーチでやろう!BBQにおすすめのビーチはここ!

沖縄でバーベキュー!旅行でもビーチパーリーやっちゃおう!沖縄はバーベキューのできる設備の整ったビーチが多数あります。現地の人はビーチパーリーといって週末などによくビーチでのバーベキューを行っています。 ...

続きを見る

那覇のラーメン屋
沖縄 那覇のラーメン屋 おすすめの店をピックアップ!

沖縄 那覇でラーメンを食べるならこの店は外せない!そんなお店をご紹介します。沖縄でラーメン?と思う人も多いと思いますが、実力のあるラーメン屋も多数出店しているエリアなんです!沖縄ソバもすきだけど、やっ ...

続きを見る

キッチン
沖縄 シェアハウスを集めてみた

沖縄に長期で滞在したい場合シェアハウスが便利です。リビングやキッチンなどをみんなで共用する暮らしは出会いも会って楽しいものです。マンスリーやウィークリーマンションよりも割安です。一般的な賃貸物件と違い ...

続きを見る

長期の旅行や出張の友。マジで便利な初期費用、解約手数料無しのwifiルータ!

初期費用、解約手数料無し、申込の際に本人確認書類は原則必要なしのwi-fi東京のルータ。WEBからの簡単申し込みで翌日にはレンタルが可能の。即日発送も対応。ルータを返すのもポストに投函するだけと簡単。長期の場合、日額216円~と料金的にも問題ない。部屋にwifiないらしい…。そんな時確実に活躍する。

人気の観光・旅行記事はこちら!

アオウミガメ 1

沖縄の慶良間諸島 座間味島はウミガメと普通に遭遇できます。沖縄でウミガメと泳ぎたい!だったら座間味でしょう!今回はケラマカヤックセンターのシーカヤックとシュノーケリングでアオウミガメとタイマイに遭遇。 ...

2

沖縄観光では定番中の定番、最も有名な観光スポット美ら海水族館へ!沖縄バスのバスツアーで行ってきました。ジンベエザメやマンタの泳ぐ黒潮の海をはじめ、美ら海水族館、海洋博公園にはたくさんの見所がありました ...

渡嘉敷 阿波連ビーチ 3

渡嘉敷島の阿波連ビーチは那覇から日帰りでも行ける極上のビーチ。その阿波連ビーチでシュノーケリングしてきました。渡嘉敷の慶良間ブルーな海で1日ひたすら遊ぶ。これって実に贅沢な1日じゃありませんか?そして ...

4

那覇国際通り周辺は居酒屋やバーなど飲食店の宝庫。観光客向けの沖縄居酒屋を始め、ありとあらゆるジャンルの飲食店が乱立しています。居酒屋を経営している(現在はラーメン屋に転身)友人と共に国際通り周辺の居酒 ...

川平湾 5

川平湾は石垣島を代表する超絶景スポット。石垣島の観光用ポスターにもよく使われています。海の色がちょっと異常なレベルで美しい場所。流れが激しく遊泳禁止ですがグラスボートで海の中を見ることができます。青い ...

6

石垣島といえば沖縄離島の中でも人気のある島。八重山諸島の中心になる島。今回は石垣島をメインに竹富、小浜、西表などを3週間ほど旅行してきました。石垣島ひとり旅、まずは那覇空港からJTAの飛行機で石垣島へ ...

7

阿嘉島の北浜ビーチは慶良間でも飛び抜けた透明度を誇る珊瑚の美しいビーチです。北浜と書いてニシハマビーチとかニシバマとか読みます。個人的には那覇から気軽にいけるビーチの中では北浜ビーチが1番きれいな気が ...

宇治橋 8

伊勢神宮の内宮は、天照大御神をお祀りする日本有数の聖地。内宮は正式には皇大神宮といいます。 宇治橋を渡れば別世界が広がっています。 一生に一度はお伊勢参りといわれる日本人のこころの故郷、伊勢神宮。あな ...

9

沖縄中部の離島、津堅島。中城湾に浮かぶ小さな島。別名キャロットアイランドと呼ばれる、人参畑の広がる"のどかな島"に日帰りで行ってきました。そこまで観光化されていない、知る人ぞ知る島といったところです。 ...

西表島の青珊瑚 10

西表島は青珊瑚が多く、とてつもなく美しい海で遊べます。西表島の民宿マリウドの海人ツアーは朝から晩までがっつりと、その美しい奥西表の海を楽しむツアー。秘境の村として有名な船浮のもっとずっと先にある西表島 ...

-人気の沖縄離島観光 旅行, 沖縄 グルメ!, 真夏の沖縄に半年滞在!, 石垣島, 石垣島・八重山一人旅

Copyright© 朝梟 旅ブログ , 2019 AllRights Reserved.