カンボジア移住記

カンボジアへ 出国から入国まで

東南アジア、カンボジアのシェムリアップに移住しました。シェムリアップはアンコールワットなどのある町です。今回は、リーズナブルな中国東方航空の飛行機でカンボジアに向かいました。上海での乗り継ぎもカンボジアの入国手続きなども含めて不安でしたがなんとかやってきました。一人で海外にいくのはハードル高そうですが意外となんとかなります。

オレちょっとカンボジアに移住してくるわ

11月の下旬、俺は福岡国際空港に降り立ちました。半年間の沖縄の旅を終えて今日からはカンボジアへ。しかも、普通に旅しに行くのではなく、移住。

これまでの人生でも、海外に行く事は何度かありましたが、乗り継ぎがあるのは初めて。ついでに一人で海外にいくのも初めて。

別府の景色

旅立つにあたり、事前にwebで入念にカンボジア入国手続きのやり方を調べましが果たして大丈夫でしょうか…。というか、海外に出るの自体久しぶり。

特に上海での乗り継ぎがプレッシャーかな。そして、乗り継ぎがうまくいっても、カンボジアで入国拒否などされたらかなり本気で困るなぁ…。というかそもそも飛行機そんなに好きではない…。

不安要素はいくらでも出てきますが「とりあえず行ってみないとわからない」という事で腹をくくりました。

福岡空港国際ターミナル

福岡からカンボジアまでの飛行機は安いものを探した結果、中国東方航空の上海経由の便にしました。片道4万円。ちなみに往復で買うともっと割安になります。だいたい往復で5万~6万円で買えます。

手っ取り早く、安い海外航空券を探す時は「スカイスキャナーの航空券比較」←これが便利です。いろんな会社の安い便がまとめて見られます。

カンボジアまで安く行きたいという場合は、中国東方航空か、ベトナム航空で探すといいと思います。エアアジアの方が安いんですが(片道2万円台)クアラルンプール経由で遠回りになるんですよねぇ。他社乗り継ぎも、経由地での手続きがとてつもなく面倒なのであまりおすすめしません。

旅程表

飛行機代は、おかんが「あたしが出すから!」と出してくれました。返そうとしても受け取りません。

「いや、俺もうすぐ40のオッサンなんですけど…。どっちかっていうと親孝行したいお年頃なんだが…。」とは思いましたが、でも、まぁ、ありがたいですね。幾つになっても親はありがたい。

親父もスーツケースを買い直してくれたり、空港まで連れて行ったりしてくれました。ホントありがたいね。

出国する前に必ずやっておく事

  • 空港の銀行でUSDにいくらか両替しておく。俺はとりあえず200$両替しました。
  • 入国関連の書類の書き方をスマホで画面キャプチャーしておく→電波が無くても見れるから。
  • 横4cm✕縦6cmの写真を必ず取っておく。

これをやってないと着いてから色々と面倒な事になります。実際行ってみて確かにって思いましたね。

余裕があるならビザも先に取っておいた方がいいかも。カンボジアは空港で手続きすると最初はビジネスビザくれないので。

手荷物も重さ超えてるとお金を取られるので、チケットを取る前に重さと金額がどのくらいか調べておいたほうがいいと思います。

受託手荷物規定と超過料金

福岡空港国際ターミナル

とりあえず、搭乗手続きを終わらせようとチェックインカウンターへ。

国際線に乗るの自体が数年振りだし、乗り継ぎは初めてだけど、まぁ、何とかなるだろと思ったら、早速出国前にアクシデントに見舞われました(笑)

「帰りのチケットがない場合、入国拒否される可能性がある。最悪そのまま日本に戻される可能性もあるが、それでもいいのか?うちは責任持ちませんけど?」的な事を偉い人に説明されました。

なるほど。ちょっと前に先輩が片道航空券で普通に入国したので多分大丈夫でしょう。そういう訳で、誓約書みたいなやつにサインをして搭乗口へ向かいました。これで入国拒否されたら笑うしかないですね。

福岡空港国際ターミナル

中国東方航空の飛行機でカンボジアに向けて出発

中国東方航空の飛行機

先ずは上海まで一時間ちょっとのフライト。良く晴れていていい景色。

カンボジアへ出発

中国東方航空は安いけど、機内は想像したのと違って結構キレイでした。国際線の機体は良いものを使っているようです。中国の国内線はカオスらしいですが。

中国東方航空の飛行機 機内

高度を上げて、安定すると、機内食を配り始めます。中国東方航空の飛行機は、安い割りに機内食が付いています。

CAもみな中国人なので、何を言ってるか全く分かりませんが、無事に飯にありつけました。

中国東方航空 機内食

中国東方航空 機内食

おかずの味は結構良かったですね。魚の煮物みたいなヤツで(上海カンボジア間はチキンのクリーム煮だった)普通にうまい。ただ、米の匂いが日本のと違ってなかなか強烈。食えなくはないけど、美味いって感じではないかな。

上海上空

機内食を食べ終わると、飛行機は高度を下げ始めます。中国が見えて来ました。上海めっちゃ近いですね。東京から沖縄まで行くのより早い(笑)

上海浦東国際空港

上海浦東国際空港

上海空港に無事に到着。人生初の中国です。

第1の関門上海空港での乗り継ぎ

ビビっていた乗り継ぎも、実際やってみるとめっちゃ簡単でした。あっけなくてびっくり。

上海浦東国際空港 到着

上海に着いたら、とりあえず皆に着いて行き、出口の方へ向かいます。

少し歩くとTransferと書いてる案内板が出ています。そこに乗り継ぎ用の受け付けがあるので、航空券とパスポートを見せて、荷物チェックするだけ。めっちゃ簡単。

だいたい向こうで、こうしろあーしろと言ってくれます(英語だけどだいたい分かる範囲)。あとは自分の乗るゲートで待つだけ。同じ航空会社で乗り継ぎする場合は、中国への入国手続きなども必要ありません。

※カンボジアから日本に帰る時は、夜中に中国に着く関係で1度中国への入国が必要になります。日をまたぐフライトの場合、入国手続きが必要なんですね。

そして、これが「航空会社が違う便で乗り継ぎする」場合は、手続きがめちゃくちゃ大変になるそうです。カンボジアへ行く際は、同じ航空会社を乗り継ぎして行く事をおすすめします。

上海浦東国際空港 ターミナル内

上海での待ち時間が4時間近くあるので、売店で青海ビールを買って飲んでダラダラ過ごす事にしました。

上海は日本語通じるし、日本円で支払うのもOKなお土産屋があって助かりますね。

青島ビール

搭乗口で待っていると、英語でアナウンスがあって、よくよく聞いてみると俺の乗るやつは何かトラブルがあって、出発が遅れる、搭乗口も変わるようです。うわ。めんどくさ。

こういう事はよくあるそうなので、アナウンスには耳を傾けておいた方がいいですね。乗る便の番号だけ覚えとけば、アナウンスがあったら分かります。

上海浦東国際空港

上海浦東国際空港 出発口

結局、1時間近く遅れての出発になりました。

ここから4時間近くのフライトかぁ。ネットの書き込みなどを見ると、中国東方航空は、日本から中国までは普通。LCCより快適だけど、中国から他の国に行く便はカオスというのが多かったんですよねぇ。実際、どんな感じなんでしょう?

シェムリアップへ

上海までの飛行機は、日本人や白人などが結構いましたが、上海からシェムリアップへの飛行機は99%中国人でした。俺以外はみんな中国人(笑)

機体自体は、サイズは小さいけど、きれいなものでした。座席も窮屈ではありません。

離陸し、シートベルト着用サインが消えると、みんな立ち上がって通路でめっちゃ喋ったり、酔っ払ったオッサンらが歌ったりし始めます。確かにカオス。

なんと言うか、良く言えば陽気、悪く言えばうるさい。個人的には見てるだけで暇しないのでおもろかったけど、うるさいのが苦手な人には苦痛かもなぁ。飛行機怖いって人は、気が紛れるのでいいと思います。シーンとしてるほうが怖いよね。

シェムリアップへの飛行機 夜景

隣の席の夫婦もなんやかんや親切にしてくれました。わざわざipadで見てるドラマ?とかをこっちにも見せてくれたり(ドラマの内容は全く分からんかったが)CAとの間に入って飲み物やら頼んでくれたり。

日中の政治的な色々は置いといて、個人レベルでは普通に良い人達でした。

シェムリアップへの飛行機 夜景

どこを飛んでるかも全くわかりませんが、たまに見える夜景がきれい。

3時間ほど経つと、飛行機が高度を下げ始めました。真っ暗な森と、巨大な湖が見えてきます。神秘的で美しい。

これが、カンボジアか…。上から見ても、明らかに日本の景色とは違いますねぇ。この時は「これがトンレサップ湖かー」と思っていましたが、飛行機から見えるのは西バライという人工の湖です。

カンボジア到着! 第2の関門 入国審査の書類系

到着する前に、飛行機の中で入国カードとか税関の書類を書いておきます。シェムリアップが近くなると、CAさんが配ってくれるので受け取りましょう。

これは、書き方をググって、キャプチャーを撮っておいたほうがいいですね。

キャプチャーなら電波がなくても関係ないのです。海外にしょっちゅう行ってる知り合いが言ってたので、使いそうな情報は片っ端からキャプチャーを撮っておいたのですが、ガチのマジで助かりました。くっそ便利。

書類系は何回か書いてると、書き方が分かってくるけど、いきなりだったらキツいですね。周りの中国人達もみんなで教え合っていました。

カンボジア入国カードの書き方

カンボジア入国カードの書き方

カンボジア 入出国書類の書き方 このサイトは細かく説明を書いてくれてるしPDFでもダウンロード出来るのでほんとに助かります。アンコールワットなどを見に来る人は読んどいたほうがいいと思います。

11時間の長い移動を経て、夜中のカンボジア、シェムリアップに到着です!時差は2時間です。

シェムリアップ空港

生まれてはじめて来たカンボジア。ムワッと蒸し暑く、東南アジアに来たという実感が湧いてきますね。

シェムリアップ空港

ここから入国審査になります。一緒の便で来た中国人や、その直後に到着した韓国人団体の行く方にとりあえずついて行きます。

シェムリアップ空港

シェムリアップ空港 ビザ申請

ビザ申請の用紙を、スマホでお手本を見ながら書いて、ビザの申請カウンターに並びます。これもキャプチャー撮っておいた方がいいですね。空港はwi-fiがあるだろうなどと油断してはいけません。wi-fiはあってもまともに繋がらないと思ったほうがいいですね。

カンボジア ビザ申請

カンボジア 入出国書類の書き方

ビザの申請カウンターは、人がいっぱい並んでるからすぐ分かります。入国用の建物に入って右側。写真の右側にあるカウンター。ビザの申請用紙と写真を渡して数分待つと呼ばれます。

基本やりとりは英語ですが、なんとか理解できる程度のものです。日本を出る前に、英語での入国カウンターでのやりとりをまとめたサイトなどを軽く見ておくといいでしょう。だいたいなんとかなります。これが分かりやすかったですね→ 入国審査で使える英語表現とテクニック

ビジネスビザを申請したけど、噂通り旅行用の30日のビザでした。検問みたいなところで指紋と顔写真を取って、カンボジア入国!!

因みにビジネスビザを取得すると、その期間内であればこの手続は大幅にカットされます。めっちゃ簡単になります。

初めてのカンボジア!アンコールの町シェムリアップ!

夜中のシェムリアップ空港から外に出ます。ここから、シェムリアップのメインになる町までは結構距離があるようです。

カンボジアに一足先に移住した先輩の雅氏が、TukTukというバイクタクシーで空港まで迎えに来てくれていました。これから、ひとまずは雅氏の家で暮らす事になります。

空港からシェムリアップの町までは、だいたいTukTukかタクシーで行く感じですね。とりあえず乗ってホテルの名前などを伝えれば連れて行ってくれます。タクシーは空港の出口を出てすぐ左側に受付があります。

TukTukの場合はボッタクられないように先に料金聞いたほうがいいです。俺が乗る時はだいたい10$~15$ぐらいでした。シェムリアップはボッタクリはそこまでないそうですが、一応気をつけて。

シェムリアップのトゥクトゥク

雅氏の家まで走っている途中で気づいたのですが、カンボジアの交通ルールはめっちゃ適当でカオス。よく事故らないよなと感心するレベル。信号とか殆どないし、車線逆走なども普通でした。軽くカルチャーショック。

シェムリアップ

20分ぐらいでシェムリアップの中心街に到着。TukTukを降ります。初めて見るシェムリアップの町は、想像してたよりはキレいな町でした。

ただ、町全体から慣れない匂いがしますね。その国その国によって匂いって違いますね。多分、発酵食品の匂いが違うからなんだと思いますが。東京も海外から来た人には醤油臭く感じるらしいからね。この匂いは2日ぐらいで慣れます。

そして、アスファルトより赤土の道の方が多いので、めっちゃ埃っぽい。これも2日ぐらいで慣れますが、最初はきつかったですね。

シェムリアップ バー

夜中のパブストリートやナイトマーケットなどを軽く見てから、雅氏の知り合いのやっているバーで再会を祝いました。

日本語ベラベラのカンボジア人や、日本人の女子大生とかもいて普通におもしろかったですね。

シェムリアップ バー

明日からどうなっていくのであろうか…。期待と不安でいっぱいですね。

沖縄の知人、猪の「ベトナムの次はカンボジアが熱い!ASEANビジネスはこれから伸びる!日本を出て世界で通用する人間になろう!」という話に乗ってから8ヶ月。なんやかんや現実になりました、あまりリアリティはないけど。

→言い出しっぺの猪はイザ土壇場になってカンボジアにビビったらしく、翌年になっても来ませんでしたが。この数ヶ月後、連絡すら取れなくなってビックリする事になります。まさかそんな事になるとは、この時は一切想像していませんでしたね。

重要事項のまとめ

  • アンコールワットのあるシェムリアップまではエアアジアか中国東方航空が安い。
  • 国際線の乗り継ぎは意外と簡単。行けばなんとかなる。
  • 入国の書類に関しては事前に情報収集する事。通信機器が使えない可能性を考慮してキャプチャーしておく。
  • 出国前にUSD両替と4✕6の写真は必ず撮っておく。
  • カンボジアに関しては空港でビジネスビザを申請しても最初は旅行用のしかくれない。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でasafukuoをフォローしよう!

沖縄 那覇 激安ゲストハウス 10選!安くてキレイな宿に泊まろう!

沖縄一人旅や少人数グループでの旅行ならゲストハウスがお薦めです。特に那覇はドミトリーなら1000円以下で宿泊可能なゲストハウスも多数存在します。個室もホテルや旅館に比べ安く使えるので"少しでも安く旅行 ...

続きを見る

激安防水アクションカム5選 想像以上に使えます

防水のアクションカメラは沖縄旅行でのダイビング、雪山でのスノボやスキーなどで大活躍する「動画を撮るための小さなカメラ」です。アクションカメラ、アクションカムとかウェアラブルカメラなどと呼ばれています。 ...

続きを見る

ラッシュガードで体型カバー!気楽に海を楽しもう!

このページの目次1 ラッシュガードって一体なんなの?2 3000円~5000円ぐらいで買える 便利な格安ラッシュガード3 太って海を諦めた人が多いので紹介してみました ラッシュガードって一体なんなの? ...

続きを見る

足元がクッソ快適なTevaのサンダルをご紹介

サンダルは夏の必需品。沖縄旅行でも当然大活躍する、快適すぎるテバのサンダル ハリケーンをご紹介します。値段もそこそこしますが、履き心地が最高。個人的にも使っている、もう手放せないアイテムです。夏の足元 ...

続きを見る

沖縄 バーベキューをビーチでやろう!BBQにおすすめのビーチはここ!

沖縄でバーベキュー!旅行でもビーチパーリーやっちゃおう!沖縄はバーベキューのできる設備の整ったビーチが多数あります。現地の人はビーチパーリーといって週末などによくビーチでのバーベキューを行っています。 ...

続きを見る

那覇のラーメン屋
沖縄 那覇のラーメン屋 おすすめの店をピックアップ!

沖縄 那覇でラーメンを食べるならこの店は外せない!そんなお店をご紹介します。沖縄でラーメン?と思う人も多いと思いますが、実力のあるラーメン屋も多数出店しているエリアなんです!沖縄ソバもすきだけど、やっ ...

続きを見る

キッチン
沖縄 シェアハウスを集めてみた

沖縄に長期で滞在したい場合シェアハウスが便利です。リビングやキッチンなどをみんなで共用する暮らしは出会いも会って楽しいものです。マンスリーやウィークリーマンションよりも割安です。一般的な賃貸物件と違い ...

続きを見る

長期の旅行や出張の友。マジで便利な初期費用、解約手数料無しのwifiルータ!

初期費用、解約手数料無し、申込の際に本人確認書類は原則必要なしのwi-fi東京のルータ。WEBからの簡単申し込みで翌日にはレンタルが可能の。即日発送も対応。ルータを返すのもポストに投函するだけと簡単。長期の場合、日額216円~と料金的にも問題ない。部屋にwifiないらしい…。そんな時確実に活躍する。

人気の観光・旅行記事はこちら!

アオウミガメ 1

沖縄の慶良間諸島 座間味島はウミガメと普通に遭遇できます。沖縄でウミガメと泳ぎたい!だったら座間味でしょう!今回はケラマカヤックセンターのシーカヤックとシュノーケリングでアオウミガメとタイマイに遭遇。 ...

2

沖縄観光では定番中の定番、最も有名な観光スポット美ら海水族館へ!沖縄バスのバスツアーで行ってきました。ジンベエザメやマンタの泳ぐ黒潮の海をはじめ、美ら海水族館、海洋博公園にはたくさんの見所がありました ...

渡嘉敷 阿波連ビーチ 3

渡嘉敷島の阿波連ビーチは那覇から日帰りでも行ける極上のビーチ。その阿波連ビーチでシュノーケリングしてきました。渡嘉敷の慶良間ブルーな海で1日ひたすら遊ぶ。これって実に贅沢な1日じゃありませんか?そして ...

4

那覇国際通り周辺は居酒屋やバーなど飲食店の宝庫。観光客向けの沖縄居酒屋を始め、ありとあらゆるジャンルの飲食店が乱立しています。居酒屋を経営している(現在はラーメン屋に転身)友人と共に国際通り周辺の居酒 ...

川平湾 5

川平湾は石垣島を代表する超絶景スポット。石垣島の観光用ポスターにもよく使われています。海の色がちょっと異常なレベルで美しい場所。流れが激しく遊泳禁止ですがグラスボートで海の中を見ることができます。青い ...

6

石垣島といえば沖縄離島の中でも人気のある島。八重山諸島の中心になる島。今回は石垣島をメインに竹富、小浜、西表などを3週間ほど旅行してきました。石垣島ひとり旅、まずは那覇空港からJTAの飛行機で石垣島へ ...

7

阿嘉島の北浜ビーチは慶良間でも飛び抜けた透明度を誇る珊瑚の美しいビーチです。北浜と書いてニシハマビーチとかニシバマとか読みます。個人的には那覇から気軽にいけるビーチの中では北浜ビーチが1番きれいな気が ...

宇治橋 8

伊勢神宮の内宮は、天照大御神をお祀りする日本有数の聖地。内宮は正式には皇大神宮といいます。 宇治橋を渡れば別世界が広がっています。 一生に一度はお伊勢参りといわれる日本人のこころの故郷、伊勢神宮。あな ...

9

沖縄中部の離島、津堅島。中城湾に浮かぶ小さな島。別名キャロットアイランドと呼ばれる、人参畑の広がる"のどかな島"に日帰りで行ってきました。そこまで観光化されていない、知る人ぞ知る島といったところです。 ...

西表島の青珊瑚 10

西表島は青珊瑚が多く、とてつもなく美しい海で遊べます。西表島の民宿マリウドの海人ツアーは朝から晩までがっつりと、その美しい奥西表の海を楽しむツアー。秘境の村として有名な船浮のもっとずっと先にある西表島 ...

-カンボジア移住記

Copyright© 朝梟 旅ブログ , 2019 AllRights Reserved.