カンボジア移住記

タプローム遺跡行ってきた カンボジア旅行記

カンボジア、シェムリアップの有名な遺跡「タプローム遺跡」に行ってきました。映画トゥームレイダーの撮影場所としても有名ですね。ガジュマルの木と石が織り成す不思議な、神秘的な美しさがある遺跡です。アンコールワットとは、また違った魅力があります。カンボジア旅行に来たならここは外せませんね。

アンコール遺跡群 タプロームのガジュマルを見に行こう

カンボジアの観光と言えばアンコール遺跡群の見学です。というか、カンボジアは「遺跡の国」のイメージしかないと思います。アンコールワットやアンコールトム、タプロームなどの巨大な遺跡の数々は必見です。

201647

誰もがカンボジアで思い浮かべるのは、こんな感じの東南アジアらしい景色だと思います。

にもかかわらず俺はカンボジアに来てからの数ヶ月、一切そういう場所にはいかず日々を過ごしてきました。今滞在している家は、アンコールワットまでバイクで15分で行ける距離にあるんですが…。数ヶ月前、国境の遺跡、プレアヴィヒアで遺跡デビューはしましたが、近くにある遺跡は「いつでもいっかー」ってなるんですよねぇ。

プレアヴィヒア寺院 天空の遺跡 カンボジア旅行記

プレアヴィヒア遺跡はカンボジアとタイの国境、ダンレック山脈にある遺跡。元々はヒンズー教の寺院でしたが、現在は仏教の寺院になっています。アンコールワットのあるシェムリアップから、車で3時間ほど走った場所 ...

続きを見る

しかし、最近になって、とあるブティックホテルの「ツアー用の写真」を撮りにいく必要が出てきました。これはいい機会と思い、近所のアンコール遺跡群を見に行くことに。今回はアンコールワットとタプロームを見に行きます。

アンコール遺跡のチケットを買いに販売所へ

TUKUTUKUからの景色

まずはトゥクトゥク(バイクタクシー)に乗りチケットを買いに行きます。アンコール遺跡のチケットは遺跡の入り口ではなく、少し離れたところにあるチケット販売所で購入します。

このトゥクトゥクという乗り物は割とすきですね。快適だし風を感じられます。こっちのバイクや車は30~40km程度しか出さないので怖さもあまりないのです。

アンコールワットへの道

先月までカンボジアは熱季という日本でいうところの夏でした。気温も47℃を記録するなど、現地人でも今年は異常と言う猛暑でした。家にはクーラーもなかったので、割とマジで死ぬんじゃないかと思いましたね。今はある程度暑さもおさまり、観光にはちょうどいい季節。風が気持ちいい。

カンボジアに旅行に来る場合、11月の終わり~3月頭の乾季と呼ばれる時期がおすすめですね。3月~5月は熱季になるのでやめといた方がいいです。

アンコール遺跡 チケット売り場

ここが遺跡のチケットを販売しているところ。早朝5:00から開いてます。朝から遺跡を見に行けますね。ここは、近くに美術館やプサー(市場)があって賑やかな場所です。

アンコール遺跡 チケット売り場

早速チケットを購入。外国人は20$の入場料が必要になります。(※ちなみに遺跡は17時以降は入場無料になります。とはいえ遺跡は広いので昼間から行かないと回りきれないよね。)

アンコール遺跡群 入場料は2017年2月から値上がりしました

※これでこの辺のアンコール遺跡は全部周れる。ベンメリアやコーケーなどは別途チケットが必要

1日券 20$→2017/02/01より37$
3日券 40$→2017/02/01より62$
1週間 60$→2017/02/01より72$

このチケット1枚でこの辺の遺跡は周れます。チケットを発行する時、顔写真を撮られるので、思ったより時間がかかりましたが、無事発券できました。

今回はアンコールワットとタ・プロームの2つの遺跡ですが、シェムリアップにはまだまだ沢山の遺跡があります。アンコールトムのバイヨンなどはまた次回かな。バイヨンの4面の仏像は最後のお楽しみにとっておきます。

ガジュマルの樹と石が織りなす神秘の遺跡 タ・プロームへ

チケット販売所から、トゥクトゥクでぶっ飛ばすこと15分。遺跡の入場ゲートをくぐると森になっていました。

おぉ!なんかそれっぽくなってきた!!

TUKTUK

森の中を進んで行くと、いきなり開けた場所に出ました。屋台が並んでいます。

タプローム遺跡入口

なるほど、ここがタ・プロームの入り口かー。

タ・プローム遺跡に入場!

トゥクトゥクを止めて、一人で遺跡に入ります。トゥクトゥクのドライバーは基本入り口で待ってる感じですね。遺跡に入ってすぐのところに係員がいるので、さっき買ったチケットを見せて進んでいきます。

タプローム遺跡入口

タ・プロームTa Prohm クメール語:តាព្រហ្ម)は、カンボジアにある、アンコール遺跡群と呼ばれる多くの寺院や宮殿などの遺跡群の内のひとつで、12世紀末に仏教寺院として建立され、後にヒンドゥー教寺院に改修されたと考えられている遺跡。創建したのは、クメール人の王朝、アンコール朝の王ジャヤーヴァルマン7世。

ガジュマルによる浸食が激しい。三重の回廊に覆われた遺跡には、文字通り樹木が食い込んでいる。あまりの酷さにインド政府はタ・プロームの修復計画を発表した(インドはタ・プロームの修復を担当している)。しかし、現在ここで議論が沸き起こっている。熱帯の巨大な樹木は遺跡を破壊しているのか、それともいまや遺跡を支えているのかという議論である。2006年10月現在、この遺跡の修復方針をめぐって、ユネスコを中心とした活発な議論が継続中である。
Wikipediaより

タ・プロームは遺跡がガジュマルの樹に侵食されて、いつまで保つか、わからないという特殊な遺跡。映画トゥームレイダーの撮影地としても有名な場所です。

タプローム遺跡入口

入り口から、遺跡まではちょっと距離がありました。進行方向が分からないので、他の旅行者が歩いていく方向に着いていきます。

タプローム遺跡 入口

タプローム遺跡入口

遺跡の入り口から既にガジュマルの樹が見えます。遺跡自体はパッと見けっこう小さいですね。もっとでかいかと思ってました。

タプローム遺跡

タプローム遺跡

タプローム遺跡

有名なガジュマルの木を発見

遺跡の中に入ると、写真でよく見る、有名なガジュマルの木がいきなりドーンとありました。

タプローム遺跡の木

おおーーーー!!これか!!!近くでみると迫力あるじゃん!!

タプローム遺跡の木

タプローム遺跡の木

もうほんとラピュタの世界そのまんま。ここが空に浮いてても違和感全くないですねぇ。単純にかっこいいというか、美しい。

タプローム遺跡の木

タプローム遺跡の木

樹の生命力に圧倒されますね。荒廃しきった遺跡と、生命のごちゃまぜになった美しさ。これはなかなか見ることが出来ない景色。

タプローム遺跡の木

タ・プローム遺跡の内部へ

木を後にして、奥へ進んで行くと回廊などがあります。完全にぶっ壊れてますね。瓦礫の山。THE・廃墟。この枯れた感じはすきかも。

タプローム遺跡

タプローム遺跡

タプローム遺跡

アンコールワットや、プレアヴィヒアのような整備された感じではないですね。めっちゃ荒廃した感じ。

タプローム遺跡の木

このへんとかダンジョンの入り口にしか見えません。何かを封印してる場所とかそういう感じ。ここからRPGのモンスターが出てきても違和感ないかな…。そりゃ映画でも使われるわけですね。

タプローム遺跡

リアルな話ここはオーパーツ的なものがあるそうです。この時は知りませんでしたが、タプロームには、当時存在し得ない恐竜の形のレリーフなどがあるそうです。

【オーパーツ世界探訪】12世紀に恐竜と暮らしていた「異次元の地」があった? 古寺院遺跡タ・プロームの謎!! 

タプローム遺跡

入り口のガジュマルだけではなく、内部もがっつりガジュマルの木に侵食されてますね。こっちのはかなりデカいです。

ちなみに、こういう感じの場所って、正体不明の虫とかめっちゃいそうじゃないですか?でも虫のたぐいはほぼ見かけませんでした。

タプローム遺跡

木だけではなく、彫刻も美しいので、じっくり見る価値がありますね。

タプローム遺跡

もっとゆっくり眺めていたいところですが、そろそろ太陽が傾いてきました。アンコールワットへ向かわなければ。トゥクトゥクへと戻りました。

樹木と遺跡の美しい融合タ・プローム。カンボジアにきた際は、この遺跡は見ておいた方がいいと思います。

アンコールワットへつづく

アンコールワットの旅 カンボジア旅行記

アンコールワットはカンボジアで最も有名な観光スポット。カンボジアを知らなくてもアンコールワットは聞いた事があるって人もいるのでは?夕陽に照らされた世界遺産アンコールワットを見に行ってきました。まさに東 ...

続きを見る

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でasafukuoをフォローしよう!

沖縄 那覇 激安ゲストハウス 10選!安くてキレイな宿に泊まろう!

沖縄一人旅や少人数グループでの旅行ならゲストハウスがお薦めです。特に那覇はドミトリーなら1000円以下で宿泊可能なゲストハウスも多数存在します。個室もホテルや旅館に比べ安く使えるので"少しでも安く旅行 ...

続きを見る

激安防水アクションカム5選 想像以上に使えます

防水のアクションカメラは沖縄旅行でのダイビング、雪山でのスノボやスキーなどで大活躍する「動画を撮るための小さなカメラ」です。アクションカメラ、アクションカムとかウェアラブルカメラなどと呼ばれています。 ...

続きを見る

ラッシュガードで体型カバー!気楽に海を楽しもう!

このページの目次1 ラッシュガードって一体なんなの?2 3000円~5000円ぐらいで買える 便利な格安ラッシュガード3 太って海を諦めた人が多いので紹介してみました ラッシュガードって一体なんなの? ...

続きを見る

足元がクッソ快適なTevaのサンダルをご紹介

サンダルは夏の必需品。沖縄旅行でも当然大活躍する、快適すぎるテバのサンダル ハリケーンをご紹介します。値段もそこそこしますが、履き心地が最高。個人的にも使っている、もう手放せないアイテムです。夏の足元 ...

続きを見る

沖縄 バーベキューをビーチでやろう!BBQにおすすめのビーチはここ!

沖縄でバーベキュー!旅行でもビーチパーリーやっちゃおう!沖縄はバーベキューのできる設備の整ったビーチが多数あります。現地の人はビーチパーリーといって週末などによくビーチでのバーベキューを行っています。 ...

続きを見る

那覇のラーメン屋
沖縄 那覇のラーメン屋 おすすめの店をピックアップ!

沖縄 那覇でラーメンを食べるならこの店は外せない!そんなお店をご紹介します。沖縄でラーメン?と思う人も多いと思いますが、実力のあるラーメン屋も多数出店しているエリアなんです!沖縄ソバもすきだけど、やっ ...

続きを見る

キッチン
沖縄 シェアハウスを集めてみた

沖縄に長期で滞在したい場合シェアハウスが便利です。リビングやキッチンなどをみんなで共用する暮らしは出会いも会って楽しいものです。マンスリーやウィークリーマンションよりも割安です。一般的な賃貸物件と違い ...

続きを見る

長期の旅行や出張の友。マジで便利な初期費用、解約手数料無しのwifiルータ!

初期費用、解約手数料無し、申込の際に本人確認書類は原則必要なしのwi-fi東京のルータ。WEBからの簡単申し込みで翌日にはレンタルが可能の。即日発送も対応。ルータを返すのもポストに投函するだけと簡単。長期の場合、日額216円~と料金的にも問題ない。部屋にwifiないらしい…。そんな時確実に活躍する。

人気の観光・旅行記事はこちら!

アオウミガメ 1

沖縄の慶良間諸島 座間味島はウミガメと普通に遭遇できます。沖縄でウミガメと泳ぎたい!だったら座間味でしょう!今回はケラマカヤックセンターのシーカヤックとシュノーケリングでアオウミガメとタイマイに遭遇。 ...

2

沖縄観光では定番中の定番、最も有名な観光スポット美ら海水族館へ!沖縄バスのバスツアーで行ってきました。ジンベエザメやマンタの泳ぐ黒潮の海をはじめ、美ら海水族館、海洋博公園にはたくさんの見所がありました ...

渡嘉敷 阿波連ビーチ 3

渡嘉敷島の阿波連ビーチは那覇から日帰りでも行ける極上のビーチ。その阿波連ビーチでシュノーケリングしてきました。渡嘉敷の慶良間ブルーな海で1日ひたすら遊ぶ。これって実に贅沢な1日じゃありませんか?そして ...

4

那覇国際通り周辺は居酒屋やバーなど飲食店の宝庫。観光客向けの沖縄居酒屋を始め、ありとあらゆるジャンルの飲食店が乱立しています。居酒屋を経営している(現在はラーメン屋に転身)友人と共に国際通り周辺の居酒 ...

川平湾 5

川平湾は石垣島を代表する超絶景スポット。石垣島の観光用ポスターにもよく使われています。海の色がちょっと異常なレベルで美しい場所。流れが激しく遊泳禁止ですがグラスボートで海の中を見ることができます。青い ...

6

石垣島といえば沖縄離島の中でも人気のある島。八重山諸島の中心になる島。今回は石垣島をメインに竹富、小浜、西表などを3週間ほど旅行してきました。石垣島ひとり旅、まずは那覇空港からJTAの飛行機で石垣島へ ...

7

阿嘉島の北浜ビーチは慶良間でも飛び抜けた透明度を誇る珊瑚の美しいビーチです。北浜と書いてニシハマビーチとかニシバマとか読みます。個人的には那覇から気軽にいけるビーチの中では北浜ビーチが1番きれいな気が ...

宇治橋 8

伊勢神宮の内宮は、天照大御神をお祀りする日本有数の聖地。内宮は正式には皇大神宮といいます。 宇治橋を渡れば別世界が広がっています。 一生に一度はお伊勢参りといわれる日本人のこころの故郷、伊勢神宮。あな ...

9

沖縄中部の離島、津堅島。中城湾に浮かぶ小さな島。別名キャロットアイランドと呼ばれる、人参畑の広がる"のどかな島"に日帰りで行ってきました。そこまで観光化されていない、知る人ぞ知る島といったところです。 ...

西表島の青珊瑚 10

西表島は青珊瑚が多く、とてつもなく美しい海で遊べます。西表島の民宿マリウドの海人ツアーは朝から晩までがっつりと、その美しい奥西表の海を楽しむツアー。秘境の村として有名な船浮のもっとずっと先にある西表島 ...

-カンボジア移住記

Copyright© 朝梟 旅ブログ , 2019 AllRights Reserved.