ビール

宜野湾で暮らす日々 沖縄 グルメ! 沖縄本島 真夏の沖縄に半年滞在!

ローカルな沖縄居酒屋とキングタコス

投稿日:

宜野湾のローカル居酒屋で酒盛りしてきた!

成田から那覇に着いた俺と猪(沖縄出身 30代のおっさん)。俺はここから数ヶ月、猪の家にホームステイします。

那覇空港には猪の母、通称「ヒロちゃん」が迎えに来ていました。猪母ヒロちゃんは、婆ちゃんの看病をしに浦添の病院にいかねばならないそうです。俺たちはひとまず車で浦添まで送ってもらいました。

那覇

少し待つと猪の後輩が迎えに来てくれる手はずになっています。

俺たちは浦添にあるアホほどデカいメイクマンを覗いたり、リサイクルショップをぶらぶらしたりして、しばし時間を潰しました。リサイクルショップの中はアキバと化していました。

フィギアこんなにあるのか。服もアホほど沢山あるし安いなぁ…。

沖縄で過ごす間の服はこういうとこで安く買ったらいいかもしれないですね。めちゃくちゃ汗まみれになるし500円とかでTシャツいっぱい買っとくといいかも。

浦添

しばらくすると俺たちの前に黒い軽自動車が止まりました。猪の後輩が到着したようです。

車に乗り込み、猪宅がある宜野湾へ。猪の後輩は昔、東京に住んでいたらしく、そういった話で盛り上がりました。

猪宅に到着。家は思った以上に広く、いい感じ。隣に居酒屋が何軒かあります。

さっそくだが、飲みに行こう!

基本、沖縄の飲み屋は全部オリオンだと思っていたけど、地元の人しか来ない場所はそうでもないみたいですね。のどごし生、淡麗とかしかないですね。それってビールですらないんですが。3人とも淡麗を注文しました。

「Let`s!アルこーるるるるぅ!」
「YES!アルこーるるるるぅ!」

淡麗

つまみも、THE 沖縄なものはほぼないかな。ゴーヤチャンプルーぐらいか。泡盛はいっぱいありました。

やっぱり国際通りのような観光地とはメニューなどはかなり違いますね。

ゴーヤチャンプルー

泡盛 龍

俺たちは猪との出会いやら、今までの事、高校時代の猪の話などなど、どーでもいい話で盛り上がり、泡盛ゴールド龍を1本空けて、そのまま地元のスナックへ行く事に。

沖縄のスナック

1対1で知らない若い子と喋らなければならないキャバとかは個人的にはしんどい場所。「なんでお金払って知らない人に気を使わなければならないのか?」と毎回思っていました。

スナックは程よい距離感ですね。ガールズバーが流行ってきたのもそういう理由じゃないでしょうか?

カウンターごしにおねーさんと皆でふつーに飲むだけ。こういうのは気楽。「おねーさん」は彼等を昔から見てきたようで、昔話に花を咲かせていました。

なんやかんや周りにいた地元のお客さん達と昭和の曲を歌うカラオケの会になり、皆で楽しく歌い飲みました。「内地の人ね?」ってセリフを何回も聞いた気がします。地元の人はなんというか、気楽に話せる人が多かったかなぁ。フワッとしてて気楽。

ゴールド龍をまた1本空けたところで今日は解散。結構飲みましたね。

キングタコス

帰りにキングタコスを見つけました!酒は飲んだが食べ物はほとんど食べていません。こりゃ、食うしかないな。

中に入るとテーブルなどが一切ありません。テイクアウト専門店ですね。

キングタコス

フタ閉まらない程の特盛の野菜チーズのタコライス680円を購入。

キングタコス

その辺の道端でムシャムシャ食ってやりましたよ。噂のキングタコス。

この歳で「道端で飯」をやると思ってなかったな…

キングタコスのタコライス、味はめっちゃいい!美味い!

濃厚な味付けの肉。そしてチーズ。でも野菜がアホほど入っているので後味はサッパリ。THE ジャンクな味。こういうの大好き。

こりゃ、おそらく何回も来るな。間違いなく。

キングタコス

キングタコス 完食

腹一杯になって猪邸にフワフワしながら帰り、泥のように眠りました。沖縄生活は1日目から濃かったなぁ…。

彩食酒蔵 桜花 愛知店
〒901-2206沖縄県宜野湾市愛知299
098-892-5034

キングタコス長田店
〒901-2211 沖縄県宜野湾市 宜野湾3丁目1−1
098-893-0286

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でasafukuoをフォローしよう!

激安防水アクションカム5選 想像以上に使えます

防水のアクションカメラは沖縄旅行でのダイビング、雪山でのスノボやスキーなどで大活躍する「動画を撮るための小さなカメラ」です。アクションカメラ、アクションカムとかウェアラブルカメラなどと呼ばれています。 ...

続きを見る

ぽっちゃりお腹
海での体型カバーにラッシュガード

このページの目次1 ラッシュガードって一体なんなの?2 3000円~5000円ぐらいで買える 便利な格安ラッシュガード3 太って海を諦めた人が多いので紹介してみました ラッシュガードって一体なんなの? ...

続きを見る

足元がクッソ快適なTevaのサンダルをご紹介

サンダルは夏の必需品。沖縄旅行でも当然大活躍する、快適すぎるテバのサンダル ハリケーンをご紹介します。値段もそこそこしますが、履き心地が最高。個人的にも使っている、もう手放せないアイテムです。夏の足元 ...

続きを見る

沖縄 バーベキューをビーチでやろう!BBQにおすすめのビーチはここ!

沖縄でバーベキュー!旅行でもビーチパーリーやっちゃおう!沖縄はバーベキューのできる設備の整ったビーチが多数あります。現地の人はビーチパーリーといって週末などによくビーチでのバーベキューを行っています。 ...

続きを見る

那覇のラーメン屋
沖縄 那覇のラーメン屋 おすすめの店をピックアップ!

沖縄 那覇でラーメンを食べるならこの店は外せない!そんなお店をご紹介します。沖縄でラーメン?と思う人も多いと思いますが、実力のあるラーメン屋も多数出店しているエリアなんです!沖縄ソバもすきだけど、やっ ...

続きを見る

派遣で働く
沖縄で働くなら!おすすめは派遣のお仕事!

沖縄で働くのであれば、派遣会社に登録して「販売のお仕事」で働くのがおすすめです。よく問題視される沖縄の賃金。しかし派遣の場合は賃金も高めです。沖縄在住だけど仕事がない、沖縄で働きながらダイビングしたい ...

続きを見る

長期の旅行や出張の友。マジで便利な初期費用、解約手数料無しのwifiルータ!

初期費用、解約手数料無し、申込の際に本人確認書類は原則必要なしのwi-fi東京のルータ。WEBからの簡単申し込みで翌日にはレンタルが可能の。即日発送も対応。ルータを返すのもポストに投函するだけと簡単。長期の場合、日額216円~と料金的にも問題ない。部屋にwifiないらしい…。そんな時確実に活躍する。

人気の観光・旅行記事はこちら!

アオウミガメ 1

沖縄の慶良間諸島 座間味島はウミガメと普通に遭遇できます。沖縄でウミガメと泳ぎたい!だったら座間味でしょう!今回はケラマカヤックセンターのシーカヤックとシュノーケリングでアオウミガメとタイマイに遭遇。 ...

2

沖縄観光では定番中の定番、最も有名な観光スポット美ら海水族館へ!沖縄バスのバスツアーで行ってきました。ジンベエザメやマンタの泳ぐ黒潮の海をはじめ、美ら海水族館、海洋博公園にはたくさんの見所がありました ...

渡嘉敷 阿波連ビーチ 3

渡嘉敷島の阿波連ビーチは那覇から日帰りでも行ける極上のビーチ。その阿波連ビーチでシュノーケリングしてきました。渡嘉敷の慶良間ブルーな海で1日ひたすら遊ぶ。これって実に贅沢な1日じゃありませんか?そして ...

4

那覇国際通り周辺は居酒屋やバーなど飲食店の宝庫。観光客向けの沖縄居酒屋を始め、ありとあらゆるジャンルの飲食店が乱立しています。居酒屋を経営している(現在はラーメン屋に転身)友人と共に国際通り周辺の居酒 ...

キッチン 5

沖縄に長期で滞在したい場合シェアハウスが便利です。リビングやキッチンなどをみんなで共用する暮らしは出会いも会って楽しいものです。マンスリーやウィークリーマンションよりも割安です。一般的な賃貸物件と違い ...

6

石垣島といえば沖縄離島の中でも人気のある島。八重山諸島の中心になる島。今回は石垣島をメインに竹富、小浜、西表などを3週間ほど旅行してきました。石垣島ひとり旅、まずは那覇空港からJTAの飛行機で石垣島へ ...

7

阿嘉島の北浜ビーチは慶良間でも飛び抜けた透明度を誇る珊瑚の美しいビーチです。北浜と書いてニシハマビーチとかニシバマとか読みます。個人的には那覇から気軽にいけるビーチの中では北浜ビーチが1番きれいな気が ...

宇治橋 8

伊勢神宮の内宮は、天照大御神をお祀りする日本有数の聖地。内宮は正式には皇大神宮といいます。 宇治橋を渡れば別世界が広がっています。 一生に一度はお伊勢参りといわれる日本人のこころの故郷、伊勢神宮。あな ...

9

竹富島は石垣島から船で15分程度で行ける島。水牛がゆっくりと歩いているのどかな島です。赤瓦の古民家が建ち並び、ハイビスカスやブーゲンビリアが咲く竹富島をレンタサイクルでぐるっと1周。星砂のあるカイジ浜 ...

西表島の青珊瑚 10

西表島は青珊瑚が多く、とてつもなく美しい海で遊べます。西表島の民宿マリウドの海人ツアーは朝から晩までがっつりと、その美しい奥西表の海を楽しむツアー。秘境の村として有名な船浮のもっとずっと先にある西表島 ...

-宜野湾で暮らす日々, 沖縄 グルメ!, 沖縄本島, 真夏の沖縄に半年滞在!

Copyright© 朝梟の旅行ブログ , 2019 AllRights Reserved.