伊豆大島

伊豆大島 東京の離島を旅してきたよ

3月の末、伊豆大島を旅してみました。東京の離島、伊豆七島最大の島。竹芝桟橋からジェット船「セブンアイランド」に乗り伊豆大島へ。あいにくの悪天候でしたが、三原山トレッキングや椿祭りを見てきました。べっ甲寿しやクサヤなど、伊豆大島の特産品もしっかり味わい、なかなか楽しい旅になりました。浜松町から1時間45分で行けるので、関東在住の方にはおすすめです。

伊豆大島 伊豆七島最大の島へ

伊豆大島

東京都の離島 伊豆大島。東京都大島町。
見どころ 三原山・裏砂漠・地層切断面・大島公園
名物 椿油・べっ甲寿司・クサヤなど

暖かくなってきた3月の下旬、伊豆大島を旅する事になりました。沖縄離島の旅もいいけど「東京にも島あるんだよな…。行ってみるか」というわけで伊豆大島。

ジェット船

べっ甲寿司

三原山

クサヤ

椿

富士山

伊豆大島とか三原山とかいう単語はよく聞きますが、一回も行ったことがない場所。東京に何年も住んでいる人でも、そういう人多いんじゃないでしょうか?

伊豆七島は、そのうち行ってみたいと思っていた場所でした。その入り口として伊豆大島が最適みたいですね。ちょうど、椿祭りというお祭りが開催されているらしいので、それも楽しみ。

そのうち、御蔵島で「イルカと泳ぐ」とかもやってみたいね

そんなわけで、俺たちは朝8:00に浜松町の駅に集合しました。伊豆大島に行く場合、竹芝ふ頭からフェリーやジェット船で行くのが一般的なのです。

今回の伊豆大島の旅の相棒は、沖縄の旅にもよく一緒に行った鳥(顔が猛禽類系)氏。

めっちゃ久しぶりですねー。旅するの4年ぶりぐらいですね。

竹芝

竹芝客船ターミナルまでは浜松町駅から徒歩約8分。駅から海の方に向かって歩いていくだけ。意外と分かりやすいかな。

竹芝

竹芝とか人生で初めてきました。浜松町からスグですね。
それはともかく、くっそ寒い…。昨日までめちゃめちゃ暑かったのに。

前日までは春の到来を感じる暖かい日が続いていたのですが、何故か本日に限って空は禍々しく曇り、気温は8℃…。

山に登ってたら暑くなるだろうと、ヒートテックのTシャツに、ナイロンのパーカーのみで来た俺は、この後めちゃめちゃ後悔する事になります(笑)

伊豆大島へのアクセスは東海汽船のジェット船が便利!

東京~伊豆大島 ジェット船の料金

料金は時期によって変動しますが、だいたい片道7,000円~8,000円です。料金表はこちら

伊豆大島までは、東海汽船のジェット船で向かいます。セブンアイランドという名前のカラフルなかわいらしい船。

ジェット船

ジェット船は普通の船と違い、強力なエンジンで海水を吹き出し、船体を浮かせ海の上を走っていくというか、飛んでいくという優れもの。

竹芝から伊豆大島まで、通常のフェリーなら6時間かかる距離ですが、ジェット船なら1時間45分で着いてしまうんですね。

竹芝客船ターミナル

竹芝客船ターミナルに入ると、右手に受付窓口があります。

ここで乗船券を発券してもらいましょう。予約番号を伝えるだけなので簡単です。予約方法はこちら

今回はネットで予約しておきました。ネット予約できるのは便利ですね!※ネット予約の場合、先払いでクレジットカード決済のみです。

竹芝客船ターミナル

今回はネット予約の割引で片道6,130円になりました。時期的に観光客が少ないのもあるのか、ちょっと安いみたいですね。

竹芝客船ターミナル

ジェット船は、飛行機並みに持込手荷物制限があります。身の回り品(リュックとかバッグ系)と手荷物2個まで(2つ合わせて三辺の和が120cm以下かつ、総重量20kg以下まで)など、かなり細かく決まっています。

伊豆大島に行くときは、あまり大きな荷物は持っていかない方が良さそうです。

伊豆大島までジェット船でレリゴー

ジェット船

俺たちを乗せた、ジェット船「セブンアイランド 友号」が出港しました。

最初はゆっくりですが、船が浮いて来るとかなりのスピード。この海の上を飛んでる感じはちょっと楽しいですね。

セブンアイランド

伊豆大島は房総半島と伊豆半島のちょうど真ん中あたりにある島。東京湾と相模湾を抜けて行った先にあります。

この日まで全く知りませんでしたが、東京湾周辺にはクジラやイルカなどが大量にいるらしく、稀に衝突事故も発生するとか。実際、航海中何度か減速して進んでいました。

東京湾

東京湾って意外と自然豊かだったんだな…
東京でクジラかー。冬の沖縄にいるイメージしかなかった。

東京湾

天気がよかったらもっと船旅を楽しめたかもしれません。ちょっと景色が灰色すぎますね(笑)

伊豆大島に到着 岡田港からバスで元町港へ

1時間45分の航海を終えて、ジェット船が伊豆大島、岡田港に到着しました。

大島

伊豆大島には岡田港と元町港という2つの港があって、波の状態によって発着する港が毎日変わります。

ほぼ70%は岡田港ですが、たまに元町港になることもあります。行きはいいのですが、帰りはどちらの港から船が出るのかチェックしておいたほうがいいでしょう。

伊豆大島 岡田港

これが伊豆七島最大の島、大島かー。灰色だなー。
感動よりも「寒い」しかないですね

伊豆大島 岡田港

今回は伊豆大島の繁華街、元町港にあるゲストハウスに宿泊します。岡田港から元町港へはバスで向かいます。

1番乗り場で待つこと10分。黄色いバスがやってきました。

バス

伊豆大島のバスは、時刻表などを見るとかなり複雑ですが、実際に島に着いてみると、そこまでややこしくなかったかな。

大島公園ラインのバスに乗れば岡田港から元町港に行けます。

岡田港~元町港 バス 大島バス

料金:360円 所要時間:約20分

伊豆大島 元町港に到着

20分ほどバスに揺られて元町港に到着。岡田港とは雰囲気がちょっと違いますね。ゲストハウスやホテルなどはこの元町港の方に集中しています。

元町港

ここが元町港のメインストリート。お土産屋さんなどが並んでいます。

初めていく場所では、最初にコンビニや商店、スーパーなどの場所を把握しておくと滞在中かなり便利です。

ちょっとウロウロしてみましたが、スーパーが何軒かありました。ちょっとした買い物はスーパーですればよさそう。コンビニは一切ありませんでした。

元町港

元町港の中にも入ってみましたが、閑散としておりました。

ここにはトイレがあるので、覚えておくと便利かも。いざという時は元町港のトイレ。

元町港

元町港からは三原山が見えました。

あれが三原山か。めちゃめちゃ雲が立ち込めてるな…。
雲の中を登山ですかね。それより腹減りました。

元町港には飲食店がいくつかあります。とりあえず三原山登山の前に、伊豆大島名物のべっこう寿司を食べてみることにします。

かあちゃんで食べる「伊豆大島名物 べっこう寿司」

かあちゃん
大島町元町1-17-9 TEL:04992-2-1127
営業時間:10:30-15:00 定休日:火曜日

べっ甲寿司とは、唐辛子醤油に漬けた白身魚の刺し身を使った寿司の事。

ピリッと辛く、後を引く味だとか。なんとなく味の想像は付きますが実際どうなんでしょう?

伊豆大島 かあちゃん

元町港から歩くこと1分。「かあちゃん」というお店で食べることにしました。なかなかインパクトのある店名と外観。

伊豆大島 かあちゃん

店内に入るとサイン色紙が壁中に貼ってありました。けっこー有名なお店だったようです。

席は、カウンター席と座敷があります。カウンターの前には生簀があって伊勢海老がうじゃうじゃいました。

俺たちはカウンターに座ってとりあえずビールを注文。

ビール

まぁ、やっぱこうなるよね。どんだけ寒くてもビール(笑)
何いってんすか、アルコールで体を温めるんですよッ!

メニュー

こちらがメニュー。目当てのべっ甲寿司の他にも「磯ラーメン」や「クサヤ」など気になって仕方ないものが色々とあります。まぁ、この辺は次回の楽しみかな。

べっ甲寿司

ビールを飲みながら待つこと数分。運ばれてきたべっ甲寿司と伊勢海老入の味噌汁。思ったより豪華!これで1000円なら納得できますね。

めっちゃきれいな飴色だなー。てっかてかしてる。確かにべっ甲っぽい。
寿司もきれいですけど、味噌汁の存在感がパないっすね。

ちなみに、べっ甲というのは、タイマイというウミガメの甲羅の加工品の事です。工芸品や装飾品などでよく使われています。ただ、そのせいでタイマイは絶滅しかけてたんですよね…。タイマイは沖縄の慶良間諸島に行くと高確率で出会えます。

べっ甲寿司

味、予想してたやつとちょっと違うな。甘みがあってめちゃ美味い。生臭さもないね。
もっと辛いかと思ったんですけど、ちょっとピリッとくるぐらいですね。しかしこれは美味い。

べっ甲寿司は、単純に美味いですね。普通の寿司より好きかも。

鳥氏はこの味にがっつりハマったらしく、帰りに「べっ甲用の醤油」を大量に購入しておりました。今も、たまに自家製べっ甲丼とドヤ顔の写真などを送りつけてきます。

ゲストハウス

腹一杯になった俺たちは、ゲストハウスにチェックインして荷物を置いて、三原山登山に出発しました。

伊豆大島 霧の三原山を登ってきた!

3月の末、伊豆大島へ三原山トレッキングへ行ってきました。三原山頂上バス停から火口まで歩き、テキサスルートで裏砂漠を抜け、椿祭りの行われている大島公園へ。元町港から反対の大島公園まで島を横断するルートで ...

続きを見る

次は霧に包まれた三原山を登山します。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でasafukuoをフォローしよう!

沖縄 那覇 激安ゲストハウス 10選!安くてキレイな宿に泊まろう!

沖縄一人旅や少人数グループでの旅行ならゲストハウスがお薦めです。特に那覇はドミトリーなら1000円以下で宿泊可能なゲストハウスも多数存在します。個室もホテルや旅館に比べ安く使えるので"少しでも安く旅行 ...

続きを見る

激安防水アクションカム5選 想像以上に使えます

防水のアクションカメラは沖縄旅行でのダイビング、雪山でのスノボやスキーなどで大活躍する「動画を撮るための小さなカメラ」です。アクションカメラ、アクションカムとかウェアラブルカメラなどと呼ばれています。 ...

続きを見る

ラッシュガードで体型カバー!気楽に海を楽しもう!

このページの目次1 ラッシュガードって一体なんなの?2 3000円~5000円ぐらいで買える 便利な格安ラッシュガード3 太って海を諦めた人が多いので紹介してみました ラッシュガードって一体なんなの? ...

続きを見る

足元がクッソ快適なTevaのサンダルをご紹介

サンダルは夏の必需品。沖縄旅行でも当然大活躍する、快適すぎるテバのサンダル ハリケーンをご紹介します。値段もそこそこしますが、履き心地が最高。個人的にも使っている、もう手放せないアイテムです。夏の足元 ...

続きを見る

沖縄 バーベキューをビーチでやろう!BBQにおすすめのビーチはここ!

沖縄でバーベキュー!旅行でもビーチパーリーやっちゃおう!沖縄はバーベキューのできる設備の整ったビーチが多数あります。現地の人はビーチパーリーといって週末などによくビーチでのバーベキューを行っています。 ...

続きを見る

那覇のラーメン屋
沖縄 那覇のラーメン屋 おすすめの店をピックアップ!

沖縄 那覇でラーメンを食べるならこの店は外せない!そんなお店をご紹介します。沖縄でラーメン?と思う人も多いと思いますが、実力のあるラーメン屋も多数出店しているエリアなんです!沖縄ソバもすきだけど、やっ ...

続きを見る

キッチン
沖縄 シェアハウスを集めてみた

沖縄に長期で滞在したい場合シェアハウスが便利です。リビングやキッチンなどをみんなで共用する暮らしは出会いも会って楽しいものです。マンスリーやウィークリーマンションよりも割安です。一般的な賃貸物件と違い ...

続きを見る

長期の旅行や出張の友。マジで便利な初期費用、解約手数料無しのwifiルータ!

初期費用、解約手数料無し、申込の際に本人確認書類は原則必要なしのwi-fi東京のルータ。WEBからの簡単申し込みで翌日にはレンタルが可能の。即日発送も対応。ルータを返すのもポストに投函するだけと簡単。長期の場合、日額216円~と料金的にも問題ない。部屋にwifiないらしい…。そんな時確実に活躍する。

人気の観光・旅行記事はこちら!

アオウミガメ 1

沖縄の慶良間諸島 座間味島はウミガメと普通に遭遇できます。沖縄でウミガメと泳ぎたい!だったら座間味でしょう!今回はケラマカヤックセンターのシーカヤックとシュノーケリングでアオウミガメとタイマイに遭遇。 ...

2

沖縄観光では定番中の定番、最も有名な観光スポット美ら海水族館へ!沖縄バスのバスツアーで行ってきました。ジンベエザメやマンタの泳ぐ黒潮の海をはじめ、美ら海水族館、海洋博公園にはたくさんの見所がありました ...

渡嘉敷 阿波連ビーチ 3

渡嘉敷島の阿波連ビーチは那覇から日帰りでも行ける極上のビーチ。その阿波連ビーチでシュノーケリングしてきました。渡嘉敷の慶良間ブルーな海で1日ひたすら遊ぶ。これって実に贅沢な1日じゃありませんか?そして ...

4

那覇国際通り周辺は居酒屋やバーなど飲食店の宝庫。観光客向けの沖縄居酒屋を始め、ありとあらゆるジャンルの飲食店が乱立しています。居酒屋を経営している(現在はラーメン屋に転身)友人と共に国際通り周辺の居酒 ...

川平湾 5

川平湾は石垣島を代表する超絶景スポット。石垣島の観光用ポスターにもよく使われています。海の色がちょっと異常なレベルで美しい場所。流れが激しく遊泳禁止ですがグラスボートで海の中を見ることができます。青い ...

6

石垣島といえば沖縄離島の中でも人気のある島。八重山諸島の中心になる島。今回は石垣島をメインに竹富、小浜、西表などを3週間ほど旅行してきました。石垣島ひとり旅、まずは那覇空港からJTAの飛行機で石垣島へ ...

7

阿嘉島の北浜ビーチは慶良間でも飛び抜けた透明度を誇る珊瑚の美しいビーチです。北浜と書いてニシハマビーチとかニシバマとか読みます。個人的には那覇から気軽にいけるビーチの中では北浜ビーチが1番きれいな気が ...

宇治橋 8

伊勢神宮の内宮は、天照大御神をお祀りする日本有数の聖地。内宮は正式には皇大神宮といいます。 宇治橋を渡れば別世界が広がっています。 一生に一度はお伊勢参りといわれる日本人のこころの故郷、伊勢神宮。あな ...

9

沖縄中部の離島、津堅島。中城湾に浮かぶ小さな島。別名キャロットアイランドと呼ばれる、人参畑の広がる"のどかな島"に日帰りで行ってきました。そこまで観光化されていない、知る人ぞ知る島といったところです。 ...

西表島の青珊瑚 10

西表島は青珊瑚が多く、とてつもなく美しい海で遊べます。西表島の民宿マリウドの海人ツアーは朝から晩までがっつりと、その美しい奥西表の海を楽しむツアー。秘境の村として有名な船浮のもっとずっと先にある西表島 ...

-伊豆大島

Copyright© 朝梟 旅ブログ , 2019 AllRights Reserved.