古座間味ビーチ

座間味島 観光旅行 真夏の沖縄に半年滞在!

古座間味ビーチに行ってみよう! 座間味 2

投稿日:

座間味を代表するビーチ古座間味。ケラマブルーを満喫すべく、座間味港から徒歩で古座間味ビーチまでいってきました。座間味港から古座間味ビーチまでのルートと、我らが宿泊先、民宿 船頭殿をご紹介します。

古座間味に行く前に 民宿 船頭殿にチェックイン!

クイーンざまみ
慶良間ブルーにLet`s go!!! 座間味 1

那覇から1時間程度でいける離島慶良間諸島。2014年に国立公園に指定された、沖縄屈指の透明度を誇るケラマブルーの海を求めて旅してきました。オッサン二人で旅する座間味旅行記の始まりです。 このページの目 ...

続きを見る

座間味旅行記1からの続きになります

初めて来る座間味島。右も左もわかりませんが、とりあえず港からまっすぐ延びるメインストリートらしき道を進みます。

船頭殿

今回の宿「船頭殿」(コレでセンドウロンって読むらしい)はそのメインストリート沿いにあり割りと簡単にみつけられました。一泊朝食付きで4899円。安い!ってか、座間味の民宿は予約取るのが大変でした。座間味って人気あるんですね。

船頭殿は想像以上に新しい宿でした。宿の奥さんも親切でいい感じの宿。

船頭殿

これが客室。部屋は特に何もない和室ですが清潔。男二人旅なのでなんの問題もありません。素晴らしいじゃないかっ!

海に興味のない女子と来るならしんどいかもしれませんが。部屋に風呂トイレはないです。共同のトイレとでかい風呂がある感じ。

船頭殿

座間味民宿 船頭殿 宿泊プランはこちら
沖縄県島尻郡座間味村座間味104 TEL 098-987-2016

荷物を置いて、一息ついたところで、宿の奥さんに「とりあえず、古座間味で泳いできたら?きれいだよ」と提案されました。

初めてくる場所の観光に関しては、自分たちであーだこーだ考えるより、地元の人の言うことに従った方が間違いないでしょう。我らは言われるがまま古座間味ビーチへ行くことにしました。

しかしここで致命的な問題が発覚しました。

あっ!オレ水着一式、宜野湾に忘れた…。どうしよう…。

「これはもう買うしかないっすね」「てか、どこで売ってんだろ?」などと二人で問答をしていると、宿の奥さんが「お客さんの置いていった水着」を貸してくれました。ありがたいですねぇ。

人が使った水着?だから何だ?俺は履くぜ。

座間味での買い物は105ストアーが便利

古座間味ビーチに行く前に、座間味のメインストリートの商店などを把握することにしました。コンビニもない島だからこいういうの大事。どこで何が買えるかはある程度把握しておかないと。

メインストリートを奥に進むと105ストアーという大きな商店があります。

105ストアー

コンビニとスーパーの中間な感じのお店です。ここが座間味で一番デカい店ですね。7:00から22:00まで開いてます。通常の食料品に加え、BBQ用の食材や道具など、割りとなんでも売っています。困った時は105ストアーですね。さっそくサザンスターを購入しました(笑)

105ストアー

サザンスター

とりあえず人生初の沖縄離島に乾杯だねっ!!
キー坊
座間味ステキ!ビールも美味いっすね!
※海で泳ぐ前はビールなどは飲まない方がいいですよ

ここから港の方へ進むと小嶺商店と座間味売店という商店もあります。とりあえずこの3つを覚えておけば困ることはなさそうです。

初めて行く人は便利な座間味の詳細MAPを見ておいたほうがいいかも。これがあると、座間味での買い物や飲食では困りません。

なるほど。港に向かって左に行くと古座間味ビーチで右に行くと阿真ビーチか。だいたい把握できた。
キー坊
では古座間味ビーチに行ってみましょう!

古座間味ビーチへ徒歩で向かう

zamamimap

港の周りの集落から古座間味ビーチに行く場合、一度、山側に行ってから下りていきます。

座間味港

港の海に向かって左方向にちょっと行くと標識が見えます。ここを更に左に。山に向かって歩いて行きます。

古座間味

ビーチにいくはずなのに山に向かって歩くって…。道あってんのかな?

古座間味へ

坂を上がって行くと髪の毛ずぶ濡れのギャルなどとすれ違いました。方向はあってるようですね。

古座間味へ

この坂を上がりきったところにまた標識があります。ここを標識の指す方向に曲がります。

古座間味へ

今度は坂を下っていきます。ここからの眺めもとてもいいですね。海と無人島が見えます。

古座間味へ

坂を下りきったところに、この看板があります。所要時間20分程度でした。※港から出ているバスにのれば5分で着きます。

ようやくついた古座間味ビーチ!

古座間味へ

キー坊
これが古座間味ビーチですか!コレが慶良間ブルーなんすね!めっちゃきれい!

古座間味ビーチ

沖縄本島の海と全く色が違います。初めて見る離島の海。想像以上でした。

古座間味ビーチ

人もそれほど多くなくのびのびと遊べそうですね。さっそく泳いでみます!

旅の友におすすめ!激安で30m防水・アクセサリーも充実の高画質カメラSJCAMのSJ4000

色々なサイトを見て回った結果、画質も価格も高得点を叩き出したSJ4000。1920*1080 30fps等の動画撮影、8MPの写真撮影が可能なカメラです。¥7000~¥10000程度で販売されています。Goプロとの比較も見ましたが個人的にはこっちの映りの方が明るくて好みでした。防水ハウジングケース、自転車用マウント、ヘルメットマウントベースなども標準装備!これはリアルに自分用に購入ました。現在も旅先で大活躍しています。
古座間味ビーチ
古座間味ビーチで遊んじゃおう! 座間味 3

沖縄本島に飽きたという方、離島、座間味の海はいかかでしょう?座間味島、ケラマブルーの古座間味ビーチはしっかり遊べる深さのあるビーチ。今年は海を満喫したいと思っている人にはお薦めのビーチです。オッサン二 ...

続きを見る

次は古座間味ビーチの海の中へ!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でasafukuoをフォローしよう!

激安防水アクションカム5選 想像以上に使えます

防水のアクションカメラは沖縄旅行でのダイビング、雪山でのスノボやスキーなどで大活躍する「動画を撮るための小さなカメラ」です。アクションカメラ、アクションカムとかウェアラブルカメラなどと呼ばれています。 ...

続きを見る

ぽっちゃりお腹
海での体型カバーにラッシュガード

このページの目次1 ラッシュガードって一体なんなの?2 3000円~5000円ぐらいで買える 便利な格安ラッシュガード3 太って海を諦めた人が多いので紹介してみました ラッシュガードって一体なんなの? ...

続きを見る

足元がクッソ快適なTevaのサンダルをご紹介

サンダルは夏の必需品。沖縄旅行でも当然大活躍する、快適すぎるテバのサンダル ハリケーンをご紹介します。値段もそこそこしますが、履き心地が最高。個人的にも使っている、もう手放せないアイテムです。夏の足元 ...

続きを見る

沖縄 バーベキューをビーチでやろう!BBQにおすすめのビーチはここ!

沖縄でバーベキュー!旅行でもビーチパーリーやっちゃおう!沖縄はバーベキューのできる設備の整ったビーチが多数あります。現地の人はビーチパーリーといって週末などによくビーチでのバーベキューを行っています。 ...

続きを見る

那覇のラーメン屋
沖縄 那覇のラーメン屋 おすすめの店をピックアップ!

沖縄 那覇でラーメンを食べるならこの店は外せない!そんなお店をご紹介します。沖縄でラーメン?と思う人も多いと思いますが、実力のあるラーメン屋も多数出店しているエリアなんです!沖縄ソバもすきだけど、やっ ...

続きを見る

派遣で働く
沖縄で働くなら!おすすめは派遣のお仕事!

沖縄で働くのであれば、派遣会社に登録して「販売のお仕事」で働くのがおすすめです。よく問題視される沖縄の賃金。しかし派遣の場合は賃金も高めです。沖縄在住だけど仕事がない、沖縄で働きながらダイビングしたい ...

続きを見る

長期の旅行や出張の友。マジで便利な初期費用、解約手数料無しのwifiルータ!

初期費用、解約手数料無し、申込の際に本人確認書類は原則必要なしのwi-fi東京のルータ。WEBからの簡単申し込みで翌日にはレンタルが可能の。即日発送も対応。ルータを返すのもポストに投函するだけと簡単。長期の場合、日額216円~と料金的にも問題ない。部屋にwifiないらしい…。そんな時確実に活躍する。

人気の観光・旅行記事はこちら!

アオウミガメ 1

沖縄の慶良間諸島 座間味島はウミガメと普通に遭遇できます。沖縄でウミガメと泳ぎたい!だったら座間味でしょう!今回はケラマカヤックセンターのシーカヤックとシュノーケリングでアオウミガメとタイマイに遭遇。 ...

2

沖縄観光では定番中の定番、最も有名な観光スポット美ら海水族館へ!沖縄バスのバスツアーで行ってきました。ジンベエザメやマンタの泳ぐ黒潮の海をはじめ、美ら海水族館、海洋博公園にはたくさんの見所がありました ...

渡嘉敷 阿波連ビーチ 3

渡嘉敷島の阿波連ビーチは那覇から日帰りでも行ける極上のビーチ。その阿波連ビーチでシュノーケリングしてきました。渡嘉敷の慶良間ブルーな海で1日ひたすら遊ぶ。これって実に贅沢な1日じゃありませんか?そして ...

4

那覇国際通り周辺は居酒屋やバーなど飲食店の宝庫。観光客向けの沖縄居酒屋を始め、ありとあらゆるジャンルの飲食店が乱立しています。居酒屋を経営している(現在はラーメン屋に転身)友人と共に国際通り周辺の居酒 ...

キッチン 5

沖縄に長期で滞在したい場合シェアハウスが便利です。リビングやキッチンなどをみんなで共用する暮らしは出会いも会って楽しいものです。マンスリーやウィークリーマンションよりも割安です。一般的な賃貸物件と違い ...

6

石垣島といえば沖縄離島の中でも人気のある島。八重山諸島の中心になる島。今回は石垣島をメインに竹富、小浜、西表などを3週間ほど旅行してきました。石垣島ひとり旅、まずは那覇空港からJTAの飛行機で石垣島へ ...

7

阿嘉島の北浜ビーチは慶良間でも飛び抜けた透明度を誇る珊瑚の美しいビーチです。北浜と書いてニシハマビーチとかニシバマとか読みます。個人的には那覇から気軽にいけるビーチの中では北浜ビーチが1番きれいな気が ...

宇治橋 8

伊勢神宮の内宮は、天照大御神をお祀りする日本有数の聖地。内宮は正式には皇大神宮といいます。 宇治橋を渡れば別世界が広がっています。 一生に一度はお伊勢参りといわれる日本人のこころの故郷、伊勢神宮。あな ...

9

竹富島は石垣島から船で15分程度で行ける島。水牛がゆっくりと歩いているのどかな島です。赤瓦の古民家が建ち並び、ハイビスカスやブーゲンビリアが咲く竹富島をレンタサイクルでぐるっと1周。星砂のあるカイジ浜 ...

西表島の青珊瑚 10

西表島は青珊瑚が多く、とてつもなく美しい海で遊べます。西表島の民宿マリウドの海人ツアーは朝から晩までがっつりと、その美しい奥西表の海を楽しむツアー。秘境の村として有名な船浮のもっとずっと先にある西表島 ...

-座間味島 観光旅行, 真夏の沖縄に半年滞在!

Copyright© 朝梟の旅行ブログ , 2019 AllRights Reserved.