本部 瀬底島・水納島 沖縄 海遊び! 真夏の沖縄に半年滞在!

瀬底ビーチでシュノーケル 新防水カメラの水中デビュー

投稿日:

前回防水カメラを失くした瀬底ビーチにリベンジ!新型カメラの水中デビュー!

木曜館の超ドカ盛り飯を食って若干吐きそうになりながらも瀬底ビーチへ向かう。

2015091519

昔は憧れた瀬底大橋も慣れきってしまった。特に感動もない。

2015091518

瀬底ビーチはまだまだ観光客が多い。沖縄は基本10月末までは泳げる。

2015091520

早速、WG-4GPSを持って海に入ってみる。

2015091521

あー、思ったよりちゃんと撮れるな。ただブレる回数が前のより多い気がする。
マーメイドモード(水中撮影モード)だと無駄に明るすぎる気がするが。

2015091522

2015cm4

2015091527

2015091524

2015cm6

ま、ちょっと濁りのある海中でこのくらい撮れればいっか。17000円だったし。今日の瀬底ビーチは魚が少ないな。

2015091525

雲が少しづつ流れている。もうすぐ晴れそうな感じ。正直ちょっと寒くなってたしちょうどいい。

2015091526

ここからは伊江島も水納島もよく見える。

2015cm5

2015091528

2015091529

帰る頃にはしっかりと晴れた。もうちょい早い時間に晴れたら良かったんだけどね。

泳いだ後のビールは最高

2015091530

道の駅許田で一休みする。行きも帰りもここで一休みすると時間、距離、共にちょうどいいと思う。
程よく疲れや眠気がとれる。ここはソフトクリームがうまい。

道の駅で第一位らしいが、基準がわからんよな。ソフトクリームは確実にうまいが。

2015091532

58号をぶっ飛ばし宜野湾へ。ぐすくー台所って店で1杯飲む。泳いだ後はビール。絶対ビール。

2015091533

2015091534

ここも安くていいんだよね。料理出てくるの遅いけど。猪とカンボジアに行ってからの事などを語りなんだかんだ、そこそこ飲んだ。


夏の沖縄で泳ぐなら!これおすすめ!
AQA ベガライト&サミードライスペシャル ¥3884

1個持っとくと便利。海水ほとんど入ってこないスノーケル。マスクのフィット感もいい感じ。毎回レンタルだと意外と高くつくんだよね。


ついでにこれも。個人的に1番楽やった足ヒレ。
AQAドルフィンカラー¥ 1,524 - ¥ 5,994  

安いけど個人的には1番好き。ラバーだから履き心地は抜群だし、これだとギリ歩ける。
気軽なシュノーケリングにピッタリ。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でkishoooをフォローしよう!



よくよまれている記事はこちら

渡嘉敷 阿波連ビーチ 1

渡嘉敷の慶良間ブルーな海で1日ひたすら遊ぶ。これって実に贅沢な1日じゃありませんか?渡嘉敷島の阿波連ビーチでシュノーケリングしてきました。そして展望台からの絶景と夕方の美しい空をたっぷりと満喫してきた ...

2

那覇国際通り周辺は居酒屋やバーなど飲食店の宝庫。観光客向けの沖縄居酒屋を始め、ありとあらゆるジャンルの飲食店が乱立しています。東京で居酒屋を経営している友人329と共に国際通り周辺の居酒屋めぐりをして ...

キッチン 3

沖縄に長期で滞在したい場合シェアハウスが便利です。リビングやキッチンなどをみんなで共用する暮らしは出会いも会って楽しいものです。マンスリーやウィークリーマンションよりも割安です。一般的な賃貸物件と違い ...

4

石垣島といえば沖縄離島の中でも人気のある島。八重山諸島の中心になる島。今回は石垣島をメインに竹富、小浜、西表などを3週間ほど旅行してきました。石垣島ひとり旅、まずは那覇空港からJTAの飛行機で石垣島へ ...

5

阿嘉島の北浜ビーチは慶良間でも飛び抜けた透明度を誇る珊瑚の美しいビーチです。北浜と書いてニシハマビーチとかニシバマとか読みます。個人的には那覇から気軽にいけるビーチの中では北浜ビーチが最強だと思います ...

アオウミガメ 6

沖縄の慶良間諸島 座間味島はウミガメと普通に遭遇できます。ケラマカヤックセンターのシーカヤックとシュノーケリングでアオウミガメとタイマイに遭遇。その後、阿真ビーチでもアオウミガメに遭遇しました。 1 ...

宇治橋 7

天照大御神をお祀りする神宮の内宮、皇大神宮へ参拝してきました。 この旅の目的、三種の神器の1つ八咫鏡のある皇大神宮。宇治橋を渡れば別世界が広がっています。 一生に一度はお伊勢参りといわれる日本人のここ ...

-本部 瀬底島・水納島, 沖縄 海遊び!, 真夏の沖縄に半年滞在!

Copyright© 朝梟の旅行ブログ , 2018 AllRights Reserved.