瀬底大橋

本部 瀬底島・水納島 沖縄本島 真夏の沖縄に半年滞在!

瀬底大橋を歩いて渡ろう! 沖縄北部旅行

瀬底大橋は沖縄本島と瀬底島を結ぶ橋。沖縄北部の重要な観光スポットです。車でぶっ飛ばすと最高なこの瀬底大橋をあえて徒歩で渡ってやりました。橋の上から見る海は絵の具を溶かしたような水色でそれはそれは美しかった。なお、かなりの高さになるので高所恐怖症の方は車で渡ることをおすすめします。

 瀬底大橋を目指してひたすら歩く!

沖縄北部 本部町の居酒屋 一番座でスッポン料理!

沖縄北部の本部町。一番座という居酒屋はスッポンが店内の至る所にいるお店。店内を見てるだけでもけっこう楽しいお店です。海で遊ぶパワーをつけるのにはスッポンいいですね。活きのいいスッポンを美味しく頂いてき ...

続きを見る

沖縄北部旅行記3からのつづきです

沖縄北部の旅2日目の朝。今日は瀬底島や水納島に行って海を満喫する予定です。

瀬底大橋も歩きで攻略してやろうと思います。徒歩で渡ったというのは、あまり聞きませんが瀬底大橋にはちゃんと歩道があるようです。車で一瞬で駆け抜けるよりは楽しめそうな気がします。

瀬底島

6:00に目が覚めて、外にでると昨日とは違いきれいに晴れていました。

よっしゃ!これなら海で遊び回れるね!!

本部町

この旅の同行者、鳥野郎氏を起こして海に行く用意をさせました。出発は、早ければ早いほうがいいに決まってます。

ちょっと早すぎないっすか?まだ6時ですよ??
まぁ、そう言うなよ。いろんな島で泳ぎ回りたじゃん?

去年も北部にくる予定だったのだけど、猛烈な台風に直撃されて来れませんでした。俺はそのリベンジに燃えているのです(笑)

オリオンビール

恒例の目覚めのオリオン。昨日結構飲んだはずですが意外と平気。二日酔いもなし。飲んでたのが泡盛だからかな?
※海に行く前はお酒はやめときましょう。この時は浮かれすぎてました。

晴れた日の本部町 景色めっちゃいい感じ

ブラブラと散歩しつつ瀬底大橋の方へ向かいます。

水納島

昨日は曇っていたので見えませんでしたが、晴れていれば水納島が肉眼で見えます。水納島、意外と近い。

瀬底島

瀬底島は目と鼻の先に見えます。晴れるとやっぱ海の色がちがってめっちゃいい感じ。昨日は灰色にしか見えませんでした(笑)

ハイビスカス

昨日の夜、暗闇の中を歩いた道、国道449号を再び進んで行きます。本部大橋という青い大きな橋を渡り本部の町へ。

太陽出てると景色いいですね!昨日と全然違う!
遠くに見える瀬底大橋も絵になるね。心も晴れてきた!

瀬底大橋の手前にある、本部大橋(青い橋)を渡ろうとすると、溝にヤドカリがいました。ここかなり高い場所なんですが、どーやってここまで上がってきたのでしょうか?

ヤドカリ

本部大橋を越え、本部の町の方に着くと、昨日の夜見かけたお店がもう開いていました。ファミリーショップともよせというお店。

06255

えー。まだ7:00だよ?昨日も夜中まで開いてたし。
今日はさんざん歩きそうですね。クロックスタイプのサンダルを買おう。

ファミリーショップともよせでは文房具からマリングッズまで幅広く販売しています。朝早くから夜遅くまで開いているので、何か必要なものがあったら利用するといいでしょう。

瀬底大橋

名護方面に向かってさらに歩を進めると、瀬底大橋がはっきり見えてきました。近くで見ると結構でかいですね。想像以上。

瀬底大橋

瀬底大橋を歩いて渡っちゃおう!

歩くこと20分ぐらいで、ようやくたどり着いた瀬底大橋!

瀬底大橋

やっとお前を攻略できるなっ!1年待ったぜ!

瀬底大橋

これが正面から見た瀬底大橋。瀬底大橋には歩道があります。ちゃんと歩きや自転車でも渡れるようになっていました。

瀬底大橋

瀬底大橋は全長762mだって。1kmないんだね。10分もかからず渡れそう。
鳥野郎
結構、傾斜ありますね。上の方は景色よさそう。

瀬底大橋

さて、そっそく瀬底大橋を歩いて渡ってみましょう。両側に海が広がっています。景色はサイコー!!

瀬底大橋

朝からビール片手に瀬底大橋を歩いて渡っている俺たち。完全に頭悪そうですが、この解放感はなかなか味わえないですね。めっちゃ気分いい。

瀬底大橋

ここが瀬底大橋の頂点です。ここらへんは、風がめちゃくちゃ吹いていて気持ちがいいのですが、グラグラ揺れます。

けっこー高さあるね。揺れるし高所恐怖症の人はちょっとしんどいかも。
鳥野郎
風やばいっすね。帽子被って来てたら海の藻屑になるところでした

瀬底大橋

歩いて渡ると好きなように写真が撮れるし、変わっていく景色を充分楽しめますね。

瀬底大橋

瀬底島が近づくにつれて、海の色がどんどん変わってきます。絵の具を溶かしたみたいな色。

なにこれ、海の色やばー!めっちゃきれいじゃん!

瀬底大橋

橋を渡り、瀬底島が近づいてくると、右手にビーチが見えてきます。かなり人がいてキャッキャしています。あれが、この後泳ぎに行く予定のアンチ浜ですね。

瀬底大橋

俺たちは無事、瀬底大橋を徒歩で渡りきりました。変な達成感(笑)。

朝ごはんはポーク玉子おにぎり

瀬底大橋を徒歩で渡りきった俺たちは、道端で簡単な朝食を取りました。ローソンで買った「ポーク玉子おにぎり」。

ポークおにぎり

ポークとかスパムと呼ばれるハム的なやつと、玉子とシーチキンのおにぎり。

ポークおにぎり

普段からむしゃむしゃ食べていると「確実に太る」危険な食べ物ですが、とにかく美味いのです。超絶高カロリーですが、歩きまわったり泳いだりする時には最適な食べ物ですね。

さて、瀬底島に着いたし、さっそくアンチ浜で泳いでみましょう!

旅の友におすすめ!激安で30m防水・アクセサリーも充実の高画質カメラSJCAMのSJ4000

色々なサイトを見て回った結果、画質も価格も高得点を叩き出したSJ4000。1920*1080 30fps等の動画撮影、8MPの写真撮影が可能なカメラです。¥7000~¥10000程度で販売されています。Goプロとの比較も見ましたが個人的にはこっちの映りの方が明るくて好みでした。防水ハウジングケース、自転車用マウント、ヘルメットマウントベースなども標準装備!これはリアルに自分用に購入ました。現在も旅先で大活躍しています。
アンチ浜とムラサメモンガラの襲撃 沖縄北部旅行

"ムラサメモンガラ噛む"などのキーワードで検索してきた皆様こんにちは。瀬底島でモンガラに追い回されてきた俺です。彼らはテリトリーを侵さないようにしておけば、あまり気にしなくても大丈夫ですが、巣の周りで ...

続きを見る

次はアンチ浜でシュノーケル

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でasafukuoをフォローしよう!

沖縄 那覇 激安ゲストハウス 10選!安くてキレイな宿に泊まろう!

沖縄一人旅や少人数グループでの旅行ならゲストハウスがお薦めです。特に那覇はドミトリーなら1000円以下で宿泊可能なゲストハウスも多数存在します。個室もホテルや旅館に比べ安く使えるので"少しでも安く旅行 ...

続きを見る

激安防水アクションカム5選 想像以上に使えます

防水のアクションカメラは沖縄旅行でのダイビング、雪山でのスノボやスキーなどで大活躍する「動画を撮るための小さなカメラ」です。アクションカメラ、アクションカムとかウェアラブルカメラなどと呼ばれています。 ...

続きを見る

ラッシュガードで体型カバー!気楽に海を楽しもう!

このページの目次1 ラッシュガードって一体なんなの?2 3000円~5000円ぐらいで買える 便利な格安ラッシュガード3 太って海を諦めた人が多いので紹介してみました ラッシュガードって一体なんなの? ...

続きを見る

足元がクッソ快適なTevaのサンダルをご紹介

サンダルは夏の必需品。沖縄旅行でも当然大活躍する、快適すぎるテバのサンダル ハリケーンをご紹介します。値段もそこそこしますが、履き心地が最高。個人的にも使っている、もう手放せないアイテムです。夏の足元 ...

続きを見る

沖縄 バーベキューをビーチでやろう!BBQにおすすめのビーチはここ!

沖縄でバーベキュー!旅行でもビーチパーリーやっちゃおう!沖縄はバーベキューのできる設備の整ったビーチが多数あります。現地の人はビーチパーリーといって週末などによくビーチでのバーベキューを行っています。 ...

続きを見る

那覇のラーメン屋
沖縄 那覇のラーメン屋 おすすめの店をピックアップ!

沖縄 那覇でラーメンを食べるならこの店は外せない!そんなお店をご紹介します。沖縄でラーメン?と思う人も多いと思いますが、実力のあるラーメン屋も多数出店しているエリアなんです!沖縄ソバもすきだけど、やっ ...

続きを見る

キッチン
沖縄 シェアハウスを集めてみた

沖縄に長期で滞在したい場合シェアハウスが便利です。リビングやキッチンなどをみんなで共用する暮らしは出会いも会って楽しいものです。マンスリーやウィークリーマンションよりも割安です。一般的な賃貸物件と違い ...

続きを見る

長期の旅行や出張の友。マジで便利な初期費用、解約手数料無しのwifiルータ!

初期費用、解約手数料無し、申込の際に本人確認書類は原則必要なしのwi-fi東京のルータ。WEBからの簡単申し込みで翌日にはレンタルが可能の。即日発送も対応。ルータを返すのもポストに投函するだけと簡単。長期の場合、日額216円~と料金的にも問題ない。部屋にwifiないらしい…。そんな時確実に活躍する。

人気の観光・旅行記事はこちら!

アオウミガメ 1

沖縄の慶良間諸島 座間味島はウミガメと普通に遭遇できます。沖縄でウミガメと泳ぎたい!だったら座間味でしょう!今回はケラマカヤックセンターのシーカヤックとシュノーケリングでアオウミガメとタイマイに遭遇。 ...

2

沖縄観光では定番中の定番、最も有名な観光スポット美ら海水族館へ!沖縄バスのバスツアーで行ってきました。ジンベエザメやマンタの泳ぐ黒潮の海をはじめ、美ら海水族館、海洋博公園にはたくさんの見所がありました ...

渡嘉敷 阿波連ビーチ 3

渡嘉敷島の阿波連ビーチは那覇から日帰りでも行ける極上のビーチ。その阿波連ビーチでシュノーケリングしてきました。渡嘉敷の慶良間ブルーな海で1日ひたすら遊ぶ。これって実に贅沢な1日じゃありませんか?そして ...

4

那覇国際通り周辺は居酒屋やバーなど飲食店の宝庫。観光客向けの沖縄居酒屋を始め、ありとあらゆるジャンルの飲食店が乱立しています。居酒屋を経営している(現在はラーメン屋に転身)友人と共に国際通り周辺の居酒 ...

川平湾 5

川平湾は石垣島を代表する超絶景スポット。石垣島の観光用ポスターにもよく使われています。海の色がちょっと異常なレベルで美しい場所。流れが激しく遊泳禁止ですがグラスボートで海の中を見ることができます。青い ...

6

石垣島といえば沖縄離島の中でも人気のある島。八重山諸島の中心になる島。今回は石垣島をメインに竹富、小浜、西表などを3週間ほど旅行してきました。石垣島ひとり旅、まずは那覇空港からJTAの飛行機で石垣島へ ...

7

阿嘉島の北浜ビーチは慶良間でも飛び抜けた透明度を誇る珊瑚の美しいビーチです。北浜と書いてニシハマビーチとかニシバマとか読みます。個人的には那覇から気軽にいけるビーチの中では北浜ビーチが1番きれいな気が ...

宇治橋 8

伊勢神宮の内宮は、天照大御神をお祀りする日本有数の聖地。内宮は正式には皇大神宮といいます。 宇治橋を渡れば別世界が広がっています。 一生に一度はお伊勢参りといわれる日本人のこころの故郷、伊勢神宮。あな ...

9

沖縄中部の離島、津堅島。中城湾に浮かぶ小さな島。別名キャロットアイランドと呼ばれる、人参畑の広がる"のどかな島"に日帰りで行ってきました。そこまで観光化されていない、知る人ぞ知る島といったところです。 ...

西表島の青珊瑚 10

西表島は青珊瑚が多く、とてつもなく美しい海で遊べます。西表島の民宿マリウドの海人ツアーは朝から晩までがっつりと、その美しい奥西表の海を楽しむツアー。秘境の村として有名な船浮のもっとずっと先にある西表島 ...

-本部 瀬底島・水納島, 沖縄本島, 真夏の沖縄に半年滞在!

Copyright© 朝梟 旅ブログ , 2019 AllRights Reserved.