人気の沖縄離島観光 旅行 真夏の沖縄に半年滞在! 石垣島・八重山一人旅 西表島 那覇・石垣島 ゲストハウス巡り

西表島 民宿マリウドに宿泊!

投稿日:

マリウドは西表島の民宿。亜熱帯のジャングルやバラス島やピナイサーラの滝など大自然を楽しむための島。マリウドは西表島を遊びつくせる民宿でした。残念ながら初日は二日酔いでフラッフラでしたが、二日目以降は西表島をガッツリ楽しむことができました!

西表島 民宿マリウド 1泊¥5000(個室・相部屋/夕食付き)

西表島の民宿マリウドに宿泊

石垣島 激安ゲストハウス こねくと

石垣島 こねくとは1泊1,300円(ドミトリー)の激安ゲストハウス。みんなでワイワイゆんたくなどを求めている旅人には良さそうなタイプの宿です。 このページの目次1 ゲストハウス こねくと(旧サンダルハ ...

続きを見る

からの続きです

八重山ひとり旅も2週間が過ぎました。今日からは西表島に旅立ちます。西表島ではマリウドという民宿に泊まりツアーなどに参加する予定。

しかし、旅立つ日の朝、俺は重度の二日酔になっていました。歩行すら困難なレベル(笑)

こんな事で西表島の大自然を楽しむ事が出来るのでしょうか?

201510291

フラっフラしながら石垣島の離島ターミナルへ。

1歩進む度に胃から色々込み上げてくるし、頭は常にキリキリと痛みます。できれば揺れる高速船には乗りたくない...。

しかし、民宿に予約を入れてしまったし、当日キャンセルする訳にはいかないですからね。

離島ターミナルからいつも通り八重山観光でチケットを買い高速船に乗りました。

201510292

「船酔いしたら完全に終わりだな。寝るしかないね。

船が出港。揺れる度に胃に響きます。この時は、書いてる今思い出しても吐き気がするぐらいしんどかった。

なんとか無理やり眠って、ハッと気が付くと西表島上原港に到着していました。

西表島に到着

上原港についたら民宿マリウドに電話しましょう。しばらくすると港まで車で向かえに来てくれます。

iriomote

201510293

送迎車がやってきたので乗り込みました。

初めて見る西表島。上原港の周りは割りと普通に整備されていました。イメージしてた、THE秘境って感じではありません。

西表島は沖縄県内では沖縄本島の次に大きな島。そしてその9割が亜熱帯の深い森。

ピナイサーラの滝をカヤックで見に行くとか、バラス島っていう珊瑚の島でシュノーケル(浅いからダイビング向きじゃない)とか、星砂の浜とか、夜空の天の川を見るみたいな、ホント大自然を遊ぶ為の場所。

小さな頃からTVなどでその秘境っぷりを見て密かに憧れていた島。

本来ならもっとウキウキしたり、ワクワクしたはずですが、今のオレの中にあるのは吐きそうと寝たいの2つだけでした。

残念で仕方がない...。こんなはずでは…。

201510295

上原港から坂を上がっていくとマリウドの看板があります。そこから数百メーターで民宿マリウドに到着。

201510296

マリウドは山というか丘?の上にあります。

広い平屋の建物。民宿に売店も付いていて各種飲料や菓子やアイス、タバコなどが売られています。

コンビニなどない島なのでこれは便利。上原港まで行くとスーパーなどがありますが地味に遠いんですよね。

201510297

マリウドの敷地内にはヤギもいました。めっちゃかわええ。

2015102912

2015102911

2015102910

広い庭から海も見渡せます。ここからの景色はめっちゃ良かったですね。ハンモックもあるので、ゆっくり昼寝するのには最高のロケーションではないでしょうか。

晴れてたら絶景だろうなぁ。

201510299

チェックインして部屋へ。各部屋には魚の名前がついていました。うちの部屋はロウニンアジ。

まりうどは1人1部屋ではなく、相部屋になる事もありますが、今日は1人。明日は相部屋になるそうです。俺はそういうのは平気かな。

2015102914

それにしても、この部屋かなり広いですね。8畳ぐらいかな?これでご飯が付いて5000円なら安いのではないでしょうか?

2015102915

壁には色々なツアーの広告が貼ってありました。

バラスやピナイサーラの滝ツアーなどなど。個人的には海人ツアーが気になるところ。

海人ツアーは、奥西表で釣りをしたりシュノーケルしたり1日がっつり海を遊ぶ的なツアー。これはおもしろそう。

しかし、今はとりあえずクーラーを効かせて寝ます。二日酔いは、アセトアルデヒドという毒性の強い物質を全て分解、排出するまでひたすら耐えるしかないのです。割りとマジでシャレにならない具合の悪さ。

昨日の夜は飲み過ぎました。どのくらい飲んだかも不明なレベル。ひたすら泡盛だけを飲んでいた気がします。多分1本空けてるはず。

今日は一人だし、死にそうだし、とにかく寝よ。起きたら回復してますように!

まりうどの晩ご飯はかなり豪華!

少し眠って目が覚めると辺りは暗くなっていました。

晩飯の時間が近づいて来ましたが、未だに胃は全く機能してないし、吐き気は治まらない状態(笑)

でもお金払ったし!無理でも食う!

2015102916

食堂に行くと沢山の人で賑わっていました。

10月末でもこんなに人泊まってるのか

波照間から来たねーちゃんやら、ダイビングしに来た人、家族連れや仲良さそうな夫婦などなど。食べる前にちょっとみんなで喋りました。こういう雰囲気いいですね。※重度の二日酔いじゃなければ。

今日は一人旅の女子がめっちゃ多いようです。海外でもそうですが、一人旅って野郎より女子の方が多いんだよね。女子の方が肝が据わってる気がします。

2015102917

やってきたお膳には刺身と肉、炊きたての米。ボリュームもあるし、めっちゃうまそう。スタッフさんが、何がどういう料理か、何処で採れた魚かなどを説明してくれます。

しかし、今の俺は弱りきった胃が食べ物を全く受け付けない状態。

ご飯やおかずの味はとてもいいのは分かるのですが、食ったそばから吐き出しそう。みんな飯を食ってるところでリバースする可能性もありヒヤヒヤしました。

あー勿体ない。勿体ない。

ちなみに、マリウドは生ビール(有料)もあるし泡盛は飲み放題(無料)です。

本来なら心踊り「まじサイコーだわ」などとほざいているところですが、今の俺にとっては拷問。人が飲んでるのを見ても胃がキリキリします。泡盛は飲みやすいが故にマジで危険ですね。

明日こそはちゃんとご飯味わいたい。いい気分でビールを飲みたい。リベンジしなければ。

そういえば今日はハロウィン

無理やり飯を食べて、そくささと食堂をあとにした俺は外の空気を吸いに出ました。

まりうどの前には車が停まっていて、ライトが煌々と光っていました。そして、その前に仮装した子供達がわらわら。

なんだコレ?かわいらしい。

2015102919

子供たちは「とりっくおあとりーと!」などと大声でワメいています。

あぁ、そういえばハロウィンの時期か

子供たちは音楽に合わせて、かわいらしく踊って、宿のスタッフや宿泊客から御菓子を貰って去って行きました。なんか気分がほっこりしました。

2015102918

さて、明日までには完全に二日酔いを回復させなければ。当然、今日は酒を一滴も飲まずに泥のように眠りました。

海人ツアーに申し込み

翌日目が覚めると、跡形もなくアルコールが消え失せていました。胃も完全に回復。

昨日は深刻な二日酔いで何も出来ませんでしたが、今日こそはツアーとかで楽しく遊んでやる!!

ご飯も美味しく食べてやる!!やっとまともに動けます。健康まじで大事。

意気揚々と食堂に行くと本日のツアーの募集をしていました。さっそく俺は昨日から目を付けておいた海人ツアーの申し込みをしました。

海人ツアー超楽しみ。

西表島 民宿マリウド
URL http://iriomote.mariud.com/

TEL:0980-85-6578
〒907-1541 沖縄県八重山郡竹富町字上原984-14

思い出を最高画質で撮るなら?防水デジカメの決定版!?

やっぱりニコン。クールピクスシリーズの最新作Nikon デジタルカメラ COOLPIX W300。これ単体で30Mまで潜れるという驚異的な耐水性を持つコンパトデジカメです。36000円~38000円と値段は正直高めだけど、スマホのカメラでは撮ることのできない超高画質で写真を残せます!リコーのカメラが壊れたので今年はこれ買います。
Nikon デジタルカメラ COOLPIX W300
西表島の青珊瑚
西表島の海を遊び倒す!!マリウドの海人ツアーに参加してきた!!

西表島は青珊瑚が多く、とてつもなく美しい海で遊べます。西表島の民宿マリウドの海人ツアーは朝から晩までがっつりと、その美しい奥西表の海を楽しむツアー。秘境の村として有名な船浮のもっとずっと先にある西表島 ...

続きを見る

次は海人ツアーへ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でasafukuoをフォローしよう!

激安防水アクションカム5選 想像以上に使えます

防水のアクションカメラは沖縄旅行でのダイビング、雪山でのスノボやスキーなどで大活躍する「動画を撮るための小さなカメラ」です。アクションカメラ、アクションカムとかウェアラブルカメラなどと呼ばれています。 ...

続きを見る

ぽっちゃりお腹
海での体型カバーにラッシュガード

このページの目次1 ラッシュガードって一体なんなの?2 3000円~5000円ぐらいで買える 便利な格安ラッシュガード3 太って海を諦めた人が多いので紹介してみました ラッシュガードって一体なんなの? ...

続きを見る

足元がクッソ快適なTevaのサンダルをご紹介

サンダルは夏の必需品。沖縄旅行でも当然大活躍する、快適すぎるテバのサンダル ハリケーンをご紹介します。値段もそこそこしますが、履き心地が最高。個人的にも使っている、もう手放せないアイテムです。夏の足元 ...

続きを見る

沖縄 バーベキューをビーチでやろう!BBQにおすすめのビーチはここ!

沖縄でバーベキュー!旅行でもビーチパーリーやっちゃおう!沖縄はバーベキューのできる設備の整ったビーチが多数あります。現地の人はビーチパーリーといって週末などによくビーチでのバーベキューを行っています。 ...

続きを見る

那覇のラーメン屋
沖縄 那覇のラーメン屋 おすすめの店をピックアップ!

沖縄 那覇でラーメンを食べるならこの店は外せない!そんなお店をご紹介します。沖縄でラーメン?と思う人も多いと思いますが、実力のあるラーメン屋も多数出店しているエリアなんです!沖縄ソバもすきだけど、やっ ...

続きを見る

派遣で働く
沖縄で働くなら!おすすめは派遣のお仕事!

沖縄で働くのであれば、派遣会社に登録して「販売のお仕事」で働くのがおすすめです。よく問題視される沖縄の賃金。しかし派遣の場合は賃金も高めです。沖縄在住だけど仕事がない、沖縄で働きながらダイビングしたい ...

続きを見る

長期の旅行や出張の友。マジで便利な初期費用、解約手数料無しのwifiルータ!

初期費用、解約手数料無し、申込の際に本人確認書類は原則必要なしのwi-fi東京のルータ。WEBからの簡単申し込みで翌日にはレンタルが可能の。即日発送も対応。ルータを返すのもポストに投函するだけと簡単。長期の場合、日額216円~と料金的にも問題ない。部屋にwifiないらしい…。そんな時確実に活躍する。

人気の観光・旅行記事はこちら!

アオウミガメ 1

沖縄の慶良間諸島 座間味島はウミガメと普通に遭遇できます。沖縄でウミガメと泳ぎたい!だったら座間味でしょう!今回はケラマカヤックセンターのシーカヤックとシュノーケリングでアオウミガメとタイマイに遭遇。 ...

2

沖縄観光では定番中の定番、最も有名な観光スポット美ら海水族館へ!沖縄バスのバスツアーで行ってきました。ジンベエザメやマンタの泳ぐ黒潮の海をはじめ、美ら海水族館、海洋博公園にはたくさんの見所がありました ...

渡嘉敷 阿波連ビーチ 3

渡嘉敷島の阿波連ビーチは那覇から日帰りでも行ける極上のビーチ。その阿波連ビーチでシュノーケリングしてきました。渡嘉敷の慶良間ブルーな海で1日ひたすら遊ぶ。これって実に贅沢な1日じゃありませんか?そして ...

4

那覇国際通り周辺は居酒屋やバーなど飲食店の宝庫。観光客向けの沖縄居酒屋を始め、ありとあらゆるジャンルの飲食店が乱立しています。居酒屋を経営している(現在はラーメン屋に転身)友人と共に国際通り周辺の居酒 ...

キッチン 5

沖縄に長期で滞在したい場合シェアハウスが便利です。リビングやキッチンなどをみんなで共用する暮らしは出会いも会って楽しいものです。マンスリーやウィークリーマンションよりも割安です。一般的な賃貸物件と違い ...

6

石垣島といえば沖縄離島の中でも人気のある島。八重山諸島の中心になる島。今回は石垣島をメインに竹富、小浜、西表などを3週間ほど旅行してきました。石垣島ひとり旅、まずは那覇空港からJTAの飛行機で石垣島へ ...

7

阿嘉島の北浜ビーチは慶良間でも飛び抜けた透明度を誇る珊瑚の美しいビーチです。北浜と書いてニシハマビーチとかニシバマとか読みます。個人的には那覇から気軽にいけるビーチの中では北浜ビーチが1番きれいな気が ...

宇治橋 8

伊勢神宮の内宮は、天照大御神をお祀りする日本有数の聖地。内宮は正式には皇大神宮といいます。 宇治橋を渡れば別世界が広がっています。 一生に一度はお伊勢参りといわれる日本人のこころの故郷、伊勢神宮。あな ...

9

竹富島は石垣島から船で15分程度で行ける島。水牛がゆっくりと歩いているのどかな島です。赤瓦の古民家が建ち並び、ハイビスカスやブーゲンビリアが咲く竹富島をレンタサイクルでぐるっと1周。星砂のあるカイジ浜 ...

西表島の青珊瑚 10

西表島は青珊瑚が多く、とてつもなく美しい海で遊べます。西表島の民宿マリウドの海人ツアーは朝から晩までがっつりと、その美しい奥西表の海を楽しむツアー。秘境の村として有名な船浮のもっとずっと先にある西表島 ...

-人気の沖縄離島観光 旅行, 真夏の沖縄に半年滞在!, 石垣島・八重山一人旅, 西表島, 那覇・石垣島 ゲストハウス巡り

Copyright© 朝梟の旅行ブログ , 2019 AllRights Reserved.