真夏の沖縄に半年滞在! 那覇・石垣島 ゲストハウス巡り

那覇大綱挽は大迫力!!

投稿日:

偶然にも那覇の大綱挽に遭遇した

本日もゲストハウス・グラン那覇に滞在。コンビニにおにぎりを買いにふらっと外に出ると町が騒々しい。露店も出ている。

那覇大綱挽の58号線

何事じゃあっ!って周りを見渡すと那覇大綱挽のPOPが目に入った。あー!猪に聞いた事あるわ。エイサー祭りと那覇の大綱挽が沖縄では有名な祭りって。58号線でやるんだ。那覇グランドから徒歩1分の場所が祭りの開催場所であった。

沖縄県内には綱引きによってその年の吉凶を占うという風習が各地に残るが、那覇の綱挽は1600年代から行われていたとされる。

17世紀、那覇が首里の外港としての地位を確立すると、西村、東村、若狭町村、泉崎村の「那覇四町」が成立した。そうした中、四町が東西に分かれてみーんな(女綱)とをぅーんな(男綱)をかぬち棒でつなぎ、東西に分かれて綱を引き合うという「那覇四町大綱」(ナーファユマチウーンナ)が定着したとみられる。その後、那覇の発展とともに周辺の村々も加わるようになって琉球王国の国家的催事となり、1812年には「那覇綱挽規模帳」が作成されてルールが明確化。祝賀行事としてだけでなく、薩摩藩や清からの使節の歓迎行事としても行われるようになった。wikipediaより

だそうだ。エイサー祭りは行く気満々で行ったが、綱引きに関しては何も調べてなかった。すげー偶然。これは何かの縁ですな。午後から始まるらしいので近くで見てみよう。

那覇大綱挽スタート

那覇大綱挽の58号線

那覇大綱挽の58号線

午後になり再び外に出ると58号線は大混雑していた。こんな集まるのか。綱デカっ!
さすがギネス認定を受けた世界一の大綱なだけはある。全長186メートル、総重量40.22トン、綱直径1.58メートル、手綱数236本、挽き手1.5万人、参加人数27.5万人だそうだ。規模デカすぎw

那覇大綱挽

久茂地の交差点が綱の中心になるようだ。綱引きの準備が進んでいく。

201510105

大将同士が綱の中心部で「支度」と呼ばれる、歴史上の人物に扮して見得を切りあうイベントが始まる。戦国時代の「やーやーわれこそは」的なやつね。かっこよろしいじゃないですか。

那覇大綱挽 大新城親方

那覇大綱挽 大新城親方

201510108

沖縄の歴史知ってるとこういうのも、もっとおもろいんだろうね。モチーフになってる話の内容がわかって。無学なオレは何のことやらさっぱりわからぬまま、ただ「うおおー」と唸っていた。

201510109

2015101010

中央のデッカい綱の枝の部分が配られていく。これを持ってみんなで引っ張るようだ。あの巨大な綱をどーやって引っ張るのか疑問だったが、そういう事ね。那覇大綱挽は誰でも参加出来るのがいいところ。

そして遂に綱引きスタート!無駄にテンション上がりますね。

2015101011

「あーいや!」「はーいやっ!」みたいな掛け声と「ピーッ・ピッ!」ってホイッスルが鳴り響く。そのリズムに合わせてガンガン綱を引っ張る。鈴や太鼓の音がデカくて迫力あるなー。

2015101013

2015101014

十分ぐらいの戦いの末、我らが(たまたまそっち側にいただけ)東軍が勝利を収めた。なんか知らんけど勝った。気分いいわ。ウオォォーっ!!ってみんなでなってる。こういうのって、なんか連帯感生まれますね。

那覇大綱挽 勝った

引っ張ってる人、米軍兵士が結構多かった。そら強えーわ。ガタイ良すぎw国籍や民族を超えてはしゃげる祭りはいいですね。

2015101016

そして、綱引きが終わってからも、手綱を貰う為に人がめっちゃ集まっていた。幸せを呼ぶ縁起物として持って帰れるそうだ。しかし…綱引き並の争奪戦ですなww

那覇大綱挽が終わった58号

2015101018

全てをひん剥かれた綱ww中身はこういう風になってたのか。この後クレーン数台を使って運ばれていった。なんだろう、なんか切ない。

那覇大綱挽の綱

俺もありがたく手綱を頂いた。現在は猪邸に飾られているそうだ。

2015101020

あーおもろかった。今年は祭りやお盆など、沖縄の文化に参加出来てよかったなぁ。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でkishoooをフォローしよう!



よくよまれている記事はこちら

渡嘉敷 阿波連ビーチ 1

渡嘉敷の慶良間ブルーな海で1日ひたすら遊ぶ。これって実に贅沢な1日じゃありませんか?渡嘉敷島の阿波連ビーチでシュノーケリングしてきました。そして展望台からの絶景と夕方の美しい空をたっぷりと満喫してきた ...

BBQ 2

沖縄でバーベキュー!旅行でもビーチパーリーやっちゃおう!沖縄はバーベキューのできる設備の整ったビーチが多数あります。現地の人はビーチパーリーといって週末などによくビーチでのバーベキューを行っています。 ...

キッチン 3

沖縄に長期で滞在したい場合シェアハウスが便利です。リビングやキッチンなどをみんなで共用する暮らしは出会いも会って楽しいものです。マンスリーやウィークリーマンションよりも割安です。一般的な賃貸物件と違い ...

4

石垣島といえば沖縄離島の中でも人気のある島。八重山諸島の中心になる島。今回は石垣島をメインに竹富、小浜、西表などを3週間ほど旅行してきました。石垣島ひとり旅、まずは那覇空港からJTAの飛行機で石垣島へ ...

5

阿嘉島の北浜ビーチは慶良間でも飛び抜けた透明度を誇る珊瑚の美しいビーチです。北浜と書いてニシハマビーチとかニシバマとか読みます。個人的には那覇から気軽にいけるビーチの中では北浜ビーチが最強だと思います ...

アオウミガメ 6

沖縄の慶良間諸島 座間味島はウミガメと普通に遭遇できます。ケラマカヤックセンターのシーカヤックとシュノーケリングでアオウミガメとタイマイに遭遇。その後、阿真ビーチでもアオウミガメに遭遇しました。 1 ...

宇治橋 7

天照大御神をお祀りする神宮の内宮、皇大神宮へ参拝してきました。 この旅の目的、三種の神器の1つ八咫鏡のある皇大神宮。宇治橋を渡れば別世界が広がっています。 一生に一度はお伊勢参りといわれる日本人のここ ...

-真夏の沖縄に半年滞在!, 那覇・石垣島 ゲストハウス巡り

Copyright© 朝梟の旅行ブログ , 2018 AllRights Reserved.