無人島

慶良間諸島 座間味 沖縄 海遊び! 真夏の沖縄に半年滞在!

古座間味と無人島 座間味 7

投稿日:

大潮の干潮時だけ繋がる座間味と無人島。なんかスゴくない?見てみたくない?ちょうど今日は大潮。我々はその奇跡的な景色を見に古座間味ビーチに行ってきました。

大潮の干潮だから出来る!古座間味から見える無人島のそばまで歩いて行ってきた!の前に阿真ビーチ

座間味ダイビング
初めてのダイビング!からのカメラ壊れる! 座間味 6

座間味の阿真ビーチ沖で齢40になろうかというオッサンがダイビングデビュー。とてつもなく美しい海底。水面から差す太陽の光。その全てを記録したカメラをぶっ壊してきましたww そして滅多に見ることのできない ...

続きを見る

座間味旅行記6からのつづきです

ダイビングデビューを華麗に?果たした我らはさっきまでいた阿真ビーチに戻る。亀いるかもしれないし阿真ビーチでは泳いだことないし。

マリリン像

阿真ビーチへ

途中でヤドカリをたくさんみた。かわいい。

やどかり

やどかり

そして阿真ビーチ到着。

阿真ビーチ

ここキャンプ場なんだよね。いいよなぁ。こんなところでキャンプとか。¥300だって。クーラーないのはしんどいけど。バンガローならクーラー付きか。一棟一泊21000円也。5人までいけるらしい。一人4000円ならありだな。海ガメのいるビーチでキャンプして夜はBBQとか。さいこーじゃん?

阿真キャンプ場

阿真キャンプ場

cp

阿真ビーチ

阿真ビーチ

大潮の干潮だからか。水全然ないんですけどwwww
遊泳区域の端まで歩いていけちゃうぜ!実際、歩いて端まで行ったった。

さすがにこれでは遊べない。
こういう時も座間味はすげぇ!座間味は便利!なぜなら古座間味まで行けば普通に泳げる。

大潮の干潮だから出来る!古座間味から見える無人島のそばまで歩いて行ってきた!

さっそく古座間味に。あー、そういえば大潮の干潮だとでっかい無人島と道が繋がるとか聞いた事がある。
実際行ってみると、少し時間が遅かったのか繋がってはいなかった。でも相当近くまでいけるっぽい。

確かに繋がってたっぽいね
キー坊
泳いでも余裕で行けそうですね
こんだけ細いってことは流れめっちゃ速いでしょ。多分死ぬよ

ギリギリのところまで歩いて行ってみた。普段は船の航路で行けないので大潮の干潮ならではの景色。

安室島

安室島

古座間味ビーチ

あー、ここにいるのがキー坊ではなくて素敵な女の子なら良かったのに…。ま、お互い様だけどな。

071639

昼飯にソーキと三枚肉の丼を食ってチャージ。炭水化物とタンパク質。今の我らには必要な栄養素。ずーっと泳いでるとリアルにフラフラする。こまめな水分補給と栄養補給は大事。
レンタルショップ比嘉でシュノーケルセットを借りて、「うっきゃーっ」とか言いながら古座間味ビーチに飛び込む!

古座間味ビーチ

古座間味ビーチ

本日もよく澄んでいて魚がよく見える。さすが慶良間ブルー。

古座間味ビーチ

古座間味ビーチ

古座間味ビーチ

古座間味ビーチ

古座間味ビーチ

古座間味ビーチ

古座間味ビーチ

古座間味ビーチ

我らが「アイツ」と呼んでいた白い魚。アジの仲間らしい。食えるのかな?

古座間味ビーチ

また、気が付けば17:00。比嘉の車に乗って船頭殿に戻る。因みに昨日も今日も車には同じ白人のファミリーが乗っていた。子供がめっさかわいかったな。
本日も「海」したっ!明日こそは海ガメを見にいこ。

そして腹の出てきた我が同胞達へ
悪いこと言わねーからコレ持ってけ。ラッシュガード。ポケットあるとリアルに便利だから。背中も焼けない。そして夏まで30秒ドローインスロトレ。ガチで効くらしい。スロトレは成長ホルモン出て若返る的な?やっといて損はないと思う。

那覇からもお手軽に慶良間の海を楽しめます!1日体験ダイビングで慶良間の海を満喫!

公安委員会指定優良店による 那覇発 慶良間1日体験ダイビング&シュノーケリングツアー10000円

まる1日ケラマ諸島のキレイな海で遊ぶコトができる体験ダイビング&スノーケルのツアーです。公安委員会指定優良店のツアーなので安心。那覇市内のホテルまで送迎もOK昼食付きのプランになります。トイレ・シャワー・更衣室なども完備した大型船で行く慶良間の海!体験ダイビングとシュノーケル、合計7時間のツアーで10000円は安すい!!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でkishoooをフォローしよう!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でkishoooをフォローしよう!

座間味 うりずん
座間味 居酒屋うりずん 座間味 8

観光客より島の人の集まる居酒屋うりずんで飲んできました。島の人達との談笑もそこそこ盛り上がり、いい夜をすごすことが出来ました。とにかく料理コスパがいい。ボリュームがあるのに安くて普通にうまい。友達数人 ...

続きを見る

次は小料理屋うりずんで飲みます

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でkishoooをフォローしよう!

激安防水アクションカム5選 想像以上に使えます

防水のアクションカメラは沖縄旅行でのダイビング、雪山でのスノボやスキーなどで大活躍する「動画を撮るための小さなカメラ」です。アクションカメラ、アクションカムとかウェアラブルカメラなどと呼ばれています。 ...

続きを見る

ぽっちゃりお腹
海での体型カバーにラッシュガード

1 ラッシュガードとは一体なんなのか?2 便利な格安ラッシュガード3 太って海を諦めた人が多いので紹介してみた ラッシュガードとは一体なんなのか? ラッシュガードは元々はサーファーが海で身体を守るため ...

続きを見る

足元がクッソ快適なTevaのサンダルをご紹介

サンダルは夏の必需品。沖縄旅行でも当然大活躍する、快適すぎるテバのサンダル ハリケーンをご紹介します。値段もそこそこしますが、履き心地が最高。個人的にも使っている、もう手放せないアイテムです。夏の足元 ...

続きを見る

BBQ
沖縄 バーベキューをビーチでやろう

沖縄でバーベキュー!旅行でもビーチパーリーやっちゃおう!沖縄はバーベキューのできる設備の整ったビーチが多数あります。現地の人はビーチパーリーといって週末などによくビーチでのバーベキューを行っています。 ...

続きを見る

那覇のラーメン屋
沖縄 ラーメン おすすめの店

沖縄 那覇でラーメンを食べるならこの店は外せない!そんなお店をご紹介します。沖縄でラーメン?と思う人も多いと思いますが、実力のあるラーメン屋も多数出店しているエリアなんです!沖縄ソバもすきだけど、やっ ...

続きを見る

派遣で働く
沖縄で働くなら!おすすめは派遣のお仕事!

沖縄で働くのであれば、派遣会社に登録して「販売のお仕事」で働くのがおすすめです。よく問題視される沖縄の賃金。しかし派遣の場合は賃金も高めです。沖縄在住だけど仕事がない、沖縄で働きながらダイビングしたい ...

続きを見る

長期の旅行や出張の友。マジで便利な初期費用、解約手数料無しのwifiルータ!

初期費用、解約手数料無し、申込の際に本人確認書類は原則必要なしのwi-fi東京のルータ。WEBからの簡単申し込みで翌日にはレンタルが可能の。即日発送も対応。ルータを返すのもポストに投函するだけと簡単。長期の場合、日額216円~と料金的にも問題ない。部屋にwifiないらしい…。そんな時確実に活躍する。

よくよまれている記事はこちら

渡嘉敷 阿波連ビーチ 1

渡嘉敷の慶良間ブルーな海で1日ひたすら遊ぶ。これって実に贅沢な1日じゃありませんか?渡嘉敷島の阿波連ビーチでシュノーケリングしてきました。そして展望台からの絶景と夕方の美しい空をたっぷりと満喫してきた ...

2

那覇国際通り周辺は居酒屋やバーなど飲食店の宝庫。観光客向けの沖縄居酒屋を始め、ありとあらゆるジャンルの飲食店が乱立しています。東京で居酒屋を経営している友人329と共に国際通り周辺の居酒屋めぐりをして ...

キッチン 3

沖縄に長期で滞在したい場合シェアハウスが便利です。リビングやキッチンなどをみんなで共用する暮らしは出会いも会って楽しいものです。マンスリーやウィークリーマンションよりも割安です。一般的な賃貸物件と違い ...

4

石垣島といえば沖縄離島の中でも人気のある島。八重山諸島の中心になる島。今回は石垣島をメインに竹富、小浜、西表などを3週間ほど旅行してきました。石垣島ひとり旅、まずは那覇空港からJTAの飛行機で石垣島へ ...

5

阿嘉島の北浜ビーチは慶良間でも飛び抜けた透明度を誇る珊瑚の美しいビーチです。北浜と書いてニシハマビーチとかニシバマとか読みます。個人的には那覇から気軽にいけるビーチの中では北浜ビーチが最強だと思います ...

アオウミガメ 6

沖縄の慶良間諸島 座間味島はウミガメと普通に遭遇できます。ケラマカヤックセンターのシーカヤックとシュノーケリングでアオウミガメとタイマイに遭遇。その後、阿真ビーチでもアオウミガメに遭遇しました。 1 ...

宇治橋 7

伊勢神宮の内宮は、天照大御神をお祀りする日本有数の聖地。内宮は正式には皇大神宮といいます。 宇治橋を渡れば別世界が広がっています。 一生に一度はお伊勢参りといわれる日本人のこころの故郷、伊勢神宮。あな ...

-慶良間諸島 座間味, 沖縄 海遊び!, 真夏の沖縄に半年滞在!

Copyright© 朝梟の旅行ブログ , 2018 AllRights Reserved.