宜野湾で暮らす日々 沖縄本島 真夏の沖縄に半年滞在!

首里城に行ってみよう

那覇の観光名所、世界遺産の首里城。山の上にある真っ赤な城は存在感があってきれいでした。入場料820円。楽しむ要素はあまりありませんが古い沖縄の歴史を知ることのできる場所です。城内部の作りは豪華絢爛。是非中まで入ってみてください。琉球王朝時代の空気を感じる事ができますよ。

沖縄の象徴 首里城へ

首里城は全焼したため現在は見に行けません2019年10月末に首里城は火事で全焼してしまいました…。非常に残念です。在りし日の首里城を御覧ください。
現在、那覇市では沖縄のシンボル「首里城」再建支援プロジェクトで寄付を受付ております。首里城がまた見たいと思う方は寄付してみてはいかがでしょう?

沖縄長期滞在も数日が過ぎました。本日も7:00に起床。とても規則正しい生活ですね。健康的。

今日こそは首里城に行ってみたいと思います。沖縄には何度も来てるけど、今までスルーしてきたんですよね。

首里城

首里城は沖縄の象徴的な城。2000円札に描かれているのも首里城です。

しかし、首里城に行きたいと言うと、沖縄出身の知り合いなどが、だいたい「あんま行く価値ないよ」と言う場所なんですよね…。珊瑚礁の海もそうだけど、身近に在りすぎるとなんとも思わなくなるのでしょう。しかし、個人的にはあの赤い城は是非見ておきたいところです。

この4年後、首里城は火事で全焼してしまいました。今思うと、この時見に行っておいてよかった…。

那覇空港国際ターミナルから首里城へ

那覇空港

今日は、ホームステイ先の宜野湾から那覇空港まで人を見送りに行きます。現在ホームステイしている猪(沖縄の知り合い)の兄が、普段住んでいるベトナムに帰る日なんですね。見送りが終わったら、そのままモノレールで首里城まで行く予定。

空港からだとモノレールで直行できるので好都合。モノレールで那覇空港から首里城まで行く場合は、首里行きに乗ってだいたい30分ぐらいで行けます。運賃は330円。

06202

見送りが終わると、猪はスロットを打ちに那覇の町に消えて行きました。→結果めちゃくちゃ負けて帰った(笑)

いざ!世界遺産 首里城へ!

首里城まではモノレールで行こうかと思っていましたが、後輩がハイエースで送ってくれました。

龍澤通りというところで降ろしてもらい、円覚寺を抜けて、いざ首里城へ。

首里城

守礼門から入りたかったのですが、このルートだとちょっと違う場所から入る感じですね。横から入る感じかな?

首里城

観光客がわらわらと流れ込んでくる方にいくと、守礼門がありました。世界遺産の石碑もここにあります。

首里城

首里城が世界遺産になったのは2000年。割りと最近の話です。※正確に言うと首里城そのものというより、沖縄に点在する城跡全部で世界遺産「琉球王国のグスク及び関連遺産群」になります。

首里城

今の首里城は、1992年~現在まで60年近くかけて立て直されたものだそうです。沖縄戦で焼失したあとは、しばらく大学のキャンパスになっていたとか。

首里城

山の上にそびえる城壁。勝連で見たのと同じ感じですね。本土の城とはやっぱ違う感じ。何て言うか、丸っこい。曲線で構築されてる感じ。城だけどちょっと優しい感じかな?戦いに特化した造りではなさそう。

東京を出る前に、皇居に行ったのですが、本土の城は角ばってますね。いかにも要塞っぽくて強そう。

06208

歓会門から中に入ると赤い城が見えてきます。振り返ると那覇の町が見渡せます。首里城は山の上にあるので景色がいいですね。

06209

もっと晴れていればよかったのですが。今日は方角によってどんよりとした曇り、方角によって晴れといった感じです。沖縄の天気はこういうの多いですね。

奉神門から首里城正殿へ

奉神門

人の流れに着いていって、奉神門をくぐろうとすると、入場券が必要との事。820円を払って中に入ります。城を完全に建て直すのにお金がかかるんでしょうねぇ。

奉神門

奉神門を抜けると、TVでよく見かける赤い広場に出ます。昔、皆が王にひれ伏していた場所です。

首里城 正殿

ちなみに、元々の首里城の瓦は赤ではなく、灰色だったそうですよ。

金色の龍

首里城 装飾

あれが正殿か。中に入れるみたいだなぁ。とりあえず行っとくか。

首里城の内部へ

今は亡き琉球王達に敬意を払い「暫く沖縄でお世話になりますね」と頭を下げてから南殿から内部へ。

首里城

まだ完成しきっていない首里城の内部を、じっくりと見て回りました。
※この時は、全面撮影禁止でしたが、知り合いが2018年に行ったところ撮影出来たそうなので、もらった写真を貼っときます。

龍 椅子

首里城の内部は赤と金と黒で彩られた豪華な造りになっています。色々な装飾が中国っぽいけど日本のも入っていてかなり独特。

城というよりは神社とかの造りに近い気がします。

台

王冠

この正殿の奥は現在も立て直してる最中で立ち入り禁止でした。この奥の方は、歴代琉球王のお墓になってるみたいですね。

琉球王朝の歴史なども分かりやすく展示されています。1429年から1879年までの450年間続いた王朝。室町時代から栄えてきた琉球王朝。歴史ありますね。琉球王=太陽の化身って考え方だったようです。

062012

昔の沖縄は、中国の支配下にあるように見えて、実際は徳川幕府の従属国という、なんとも難しい立ち位置で外交などを行っていたそうです。

そして、意外ですが首里城は第二次対戦前にも何回も焼失してたそうです。→これから4年後、2019年10月末にまたしても火事で全焼してしまいました…。

首里城外観

北殿まで見て回り、久慶門から外に出ます。ぐるっと回って首里杜館を抜けて徒歩で坂を下りました。

出口

062013

今回はサラッと見て回りましたが、なんというか1回は見とくべき場所でした。琉球王朝の歴史はなかなか勉強になりました。

58号線
首里城から宜野湾まで歩いて帰ってみた

首里城を見物した帰り、暇だった俺は宜野湾まで徒歩で歩いてみました。車でしか通った事がなかった場所を歩くと色々な発見があって楽しいものです。が炎天下5時間ほどかかり人によっては熱中症などにかかる可能性も ...

続きを見る

次は首里城から宜野湾まで徒歩でかえった話

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でasafukuoをフォローしよう!

沖縄 那覇 激安ゲストハウス 10選!安くてキレイな宿に泊まろう!

沖縄一人旅や少人数グループでの旅行ならゲストハウスがお薦めです。特に那覇はドミトリーなら1000円以下で宿泊可能なゲストハウスも多数存在します。個室もホテルや旅館に比べ安く使えるので"少しでも安く旅行 ...

続きを見る

激安防水アクションカム5選 想像以上に使えます

防水のアクションカメラは沖縄旅行でのダイビング、雪山でのスノボやスキーなどで大活躍する「動画を撮るための小さなカメラ」です。アクションカメラ、アクションカムとかウェアラブルカメラなどと呼ばれています。 ...

続きを見る

ラッシュガードで体型カバー!気楽に海を楽しもう!

このページの目次1 ラッシュガードって一体なんなの?2 3000円~5000円ぐらいで買える 便利な格安ラッシュガード3 太って海を諦めた人が多いので紹介してみました ラッシュガードって一体なんなの? ...

続きを見る

足元がクッソ快適なTevaのサンダルをご紹介

サンダルは夏の必需品。沖縄旅行でも当然大活躍する、快適すぎるテバのサンダル ハリケーンをご紹介します。値段もそこそこしますが、履き心地が最高。個人的にも使っている、もう手放せないアイテムです。夏の足元 ...

続きを見る

沖縄 バーベキューをビーチでやろう!BBQにおすすめのビーチはここ!

沖縄でバーベキュー!旅行でもビーチパーリーやっちゃおう!沖縄はバーベキューのできる設備の整ったビーチが多数あります。現地の人はビーチパーリーといって週末などによくビーチでのバーベキューを行っています。 ...

続きを見る

那覇のラーメン屋
沖縄 那覇のラーメン屋 おすすめの店をピックアップ!

沖縄 那覇でラーメンを食べるならこの店は外せない!そんなお店をご紹介します。沖縄でラーメン?と思う人も多いと思いますが、実力のあるラーメン屋も多数出店しているエリアなんです!沖縄ソバもすきだけど、やっ ...

続きを見る

キッチン
沖縄 シェアハウスを集めてみた

沖縄に長期で滞在したい場合シェアハウスが便利です。リビングやキッチンなどをみんなで共用する暮らしは出会いも会って楽しいものです。マンスリーやウィークリーマンションよりも割安です。一般的な賃貸物件と違い ...

続きを見る

長期の旅行や出張の友。マジで便利な初期費用、解約手数料無しのwifiルータ!

初期費用、解約手数料無し、申込の際に本人確認書類は原則必要なしのwi-fi東京のルータ。WEBからの簡単申し込みで翌日にはレンタルが可能の。即日発送も対応。ルータを返すのもポストに投函するだけと簡単。長期の場合、日額216円~と料金的にも問題ない。部屋にwifiないらしい…。そんな時確実に活躍する。

人気の観光・旅行記事はこちら!

アオウミガメ 1

沖縄の慶良間諸島 座間味島はウミガメと普通に遭遇できます。沖縄でウミガメと泳ぎたい!だったら座間味でしょう!今回はケラマカヤックセンターのシーカヤックとシュノーケリングでアオウミガメとタイマイに遭遇。 ...

2

沖縄観光では定番中の定番、最も有名な観光スポット美ら海水族館へ!沖縄バスのバスツアーで行ってきました。ジンベエザメやマンタの泳ぐ黒潮の海をはじめ、美ら海水族館、海洋博公園にはたくさんの見所がありました ...

渡嘉敷 阿波連ビーチ 3

渡嘉敷島の阿波連ビーチは那覇から日帰りでも行ける極上のビーチ。その阿波連ビーチでシュノーケリングしてきました。渡嘉敷の慶良間ブルーな海で1日ひたすら遊ぶ。これって実に贅沢な1日じゃありませんか?そして ...

4

那覇国際通り周辺は居酒屋やバーなど飲食店の宝庫。観光客向けの沖縄居酒屋を始め、ありとあらゆるジャンルの飲食店が乱立しています。居酒屋を経営している(現在はラーメン屋に転身)友人と共に国際通り周辺の居酒 ...

川平湾 5

川平湾は石垣島を代表する超絶景スポット。石垣島の観光用ポスターにもよく使われています。海の色がちょっと異常なレベルで美しい場所。流れが激しく遊泳禁止ですがグラスボートで海の中を見ることができます。青い ...

6

石垣島といえば沖縄離島の中でも人気のある島。八重山諸島の中心になる島。今回は石垣島をメインに竹富、小浜、西表などを3週間ほど旅行してきました。石垣島ひとり旅、まずは那覇空港からJTAの飛行機で石垣島へ ...

7

阿嘉島の北浜ビーチは慶良間でも飛び抜けた透明度を誇る珊瑚の美しいビーチです。北浜と書いてニシハマビーチとかニシバマとか読みます。個人的には那覇から気軽にいけるビーチの中では北浜ビーチが1番きれいな気が ...

宇治橋 8

伊勢神宮の内宮は、天照大御神をお祀りする日本有数の聖地。内宮は正式には皇大神宮といいます。 宇治橋を渡れば別世界が広がっています。 一生に一度はお伊勢参りといわれる日本人のこころの故郷、伊勢神宮。あな ...

9

沖縄中部の離島、津堅島。中城湾に浮かぶ小さな島。別名キャロットアイランドと呼ばれる、人参畑の広がる"のどかな島"に日帰りで行ってきました。そこまで観光化されていない、知る人ぞ知る島といったところです。 ...

西表島の青珊瑚 10

西表島は青珊瑚が多く、とてつもなく美しい海で遊べます。西表島の民宿マリウドの海人ツアーは朝から晩までがっつりと、その美しい奥西表の海を楽しむツアー。秘境の村として有名な船浮のもっとずっと先にある西表島 ...

-宜野湾で暮らす日々, 沖縄本島, 真夏の沖縄に半年滞在!

Copyright© 朝梟 旅ブログ , 2019 AllRights Reserved.