久米島 人気の沖縄離島観光 旅行 沖縄 海遊び!

久米島 はての浜ツアーに参加してみた!

久米島といえば、はての浜。真っ白な砂だけでできた小さな島。久米島バードアイランドのツアーで「東洋一美しい」と言われる、はての浜に上陸してきました。さらに沖合にある珊瑚の美しいポイントでシュノーケルも。久米島は、イーフビーチやはての浜といった、砂地のビーチが有名なので、珊瑚礁のイメージがあまりありませんが、実際行ってみると珊瑚もかなりきれいな島でした。

久米島の最重要観光スポット はての浜に行ってみよう!

はての浜&シュノーケルツアー

はての浜ツアー バードアイランド
〒901-3152 沖縄県島尻郡久米島町字鳥島387-2
TEL:080-1741-1378
はての浜上陸&シュノーケルツアー 5,000円
はての浜上陸プラン 3,500円
バードアイランドのはての浜ツアー詳細
久米島 観光スポット巡り!おばけ坂・ヤジャーガマ・宇江城城跡など!

久米島は那覇から100kmほど離れた場所にある大型の離島。久米島は、見どころ満載の島。観光する楽しみが詰まった島です。海も山も揃った贅沢な時間を過ごせます。東洋一美しいと言われる「はての浜」の海だけで ...

続きを見る

からの続きです

はての浜は久米島から5km離れた場所にある、巨大な島のようになった砂浜。前の浜(メーヌ浜)・中の浜(ナカノ浜)・果ての浜(はての浜)の3つの砂浜の総称です。真っ白な砂浜以外何もないので、美しい海と空を360度見渡せます。

はての浜

船

海

熱帯魚

はての浜を上からみたらこんな感じ(※この空撮動画めっちゃきれいでした)。はての浜は「CMやPV撮影などでもよく使われている」というのも納得ですね。久米島の砂は真っ白でほんと美しい。釣りバカ日誌11でハマちゃんが、漂着した無人島もここです。

今回は「はての浜ツアー バードアイランド」というショップの「はての浜上陸&シュノーケルツアー」という半日ツアーで極上の景色を見に行ってきました。

まずは泊フィッシャリーナに向かいましょう

車内

今回の久米島滞在は兼城港側にある民宿糸数を拠点にしています。港から、はての浜ツアーの船が出る泊フィッシャリーナ(イーフビーチの方)まではけっこー距離があるんですよね。

しかし今回お世話になるバードアイランドは車で送迎してくれます。これ、すっげー助かりますね。

朝8:00過ぎにバードアイランドの車が迎えにきました。他のツアー参加者と挨拶などしながら20分程度ドライブ。ひとり旅の人は、こういう時に、軽くコミュニケーションを取っておくと、ツアー中「なんかしらんけど、俺だけぼっちじゃん…」といった気まずい思いをせずに済みます。

不測の事態に陥った時にも、早めに気づいてもらえる気がする。「あっ、あの人見当たらない!流されてる!」とか。

泊フィッシャリーナ

イーフビーチホテルなどでツアー参加者をピックアップして、イーフビーチの隣りにある、泊フィッシャリーナへ。ここから、はての浜へ行く船が出ています。

船

ツアーの注意事項などを確認して、勇太丸という船に乗り込みます。今回の参加者は、けっこーな人数ですね。家族連れやカップル、ひとり旅の女子などなど。

はての浜ツアー スタート!!

港

船が出港。まず最初に「はての浜上陸のみ」のお客さんを、はての浜まで連れて行くそうです。

こういうツアーの船が出る瞬間は、慣れきった今でも楽しいですな。どんな景色が待っているのやら。

奥武島

要注意船で移動する際、水しぶきがかなりかかります。スマートフォンやカメラなどを持っていく場合、防水機能は必須です。もしくは防水用のケース、ハウジングなどに入れて持っていった方が良いでしょう。海外ブランドのシムフリーモデルや、格安シムとセットになっているスマートフォンは、非防水が多いので要注意です!※HUAWEI、OPPO、フリーテル、ASUSのZENFONEなどはほとんどの機種が非防水です。

スマートフォンを水没させると、甚大なダメージを被る事になります。買い直すのも高額な上に、旅の間の連絡手段もなくなってしまいます。人によっては飛行機のチェックインにも支障がでますよね。とにかく気をつけましょう。

久米島と海

段々と巨大な砂浜が見えてきました。昨日、比屋定バンタから見ていたので、何となく位置やサイズ感は分かっていましたが、近くで見るとめっちゃデカいですねぇ。

はての浜

はての浜は前の浜・中の浜・果ての浜の3つの砂浜で出来ています。観光客がツアーで上陸するのは中の浜だそうです。

船着き場

朝のはての浜(中の浜)に到着。はての浜上陸プランのみのお客さんは、ここで船を降ります。

中の浜

シュノーケルありの人達はそこから、更に沖合のポイントに移動します。シュノーケルを楽しんだ後、はての浜に上陸しのんびり過ごすというスケジュールになっています。

※はての浜上陸プランでも、はての浜遊泳区域でのシュノーケルの際使用するマスクフィンは無料でレンタル出来ます。

はての浜の沖合でシュノーケル

海と珊瑚

やっさんポイントバードアイランドのはての浜ツアーで行けるシュノーケルポイントです。大きな珊瑚が生えていて、熱帯魚が集まる場所です。はての浜の周辺の海の中より全然キレイだと思います。

はての浜から行くこと10分程度。はての浜の沖合、リーフギリギリの場所に到着。

久米島 シュノーケル

ここはやっさんポイントと呼ばれる場所。船から撒き餌をすると大量に魚が集まってきました。さっそく飛び込んでみましょう。

スズメダイ

スズメダイやベラなどが、ちょっと引くぐらい集まっています(笑)

スズメダイ

マジで団子みたいになってますね(笑)。ここの魚達は、人間がいるとそこにもワラワラと集まってきます。

熱帯魚

真顔でグイグイ迫って来ます。この距離感(笑)

おっ、エサの時間か!オレにもくれー!はよくれー!

といった事を思っているんでしょうねぇ。人を恐れるとかいう感覚はもはやないのでしょう。

珊瑚

海の中には、巨大な黄色い珊瑚がいくつもありました。その周りをスズメダイなどがヒラヒラと舞っています。

珊瑚

ここに生えてる珊瑚はマジで立派。巨大。魚たちも住みやすいんじゃないかな。

はての浜ツアー シュノーケル

はての浜ツアー 珊瑚と熱帯魚

久米島の海

朝の柔らかい光が海に差し込んで、いい感じ。海の中も穏やか。めっちゃ平和。

珊瑚と朝日

そういえば今回はニコンのクールピクスデビューの日でした。去年、防水カメラを海の藻屑にして(3度目)買い直しました。けっこーブレるのと、水中用モードで撮ると赤みがちょっと強いけど、まぁまぁ使い勝手は良かったですね。30Mまではハウジング無しで行けるそうです。3万円ちょっとで買えます。とりあえずこのカメラには数年は頑張ってもらいたいですね。 Nikon COOLPIX W300

大きな珊瑚の塊から少し離れたところにも、ところどころに黄色い珊瑚が生えていました。

枝珊瑚

こっち側もきれい!やっさんポイントけっこーすげーなぁ

スズメダイ

やっさんポイントは泳げない人や子供でも楽しく遊べると思います。流されるような心配もなさそうです。※時期や天候にもよると思いますが。

珊瑚と熱帯魚

やっさんポイントでシュノーケリングを存分に楽しんだ後は、いよいよ久米島最大の観光名所はての浜に上陸します。

東洋一美しいといわれる はての浜に上陸

海とはての浜

はての浜が近づいてくると海の底が透けて見えます。かなり浅いですね。きれいなんだけど底擦りそう(笑)

中の浜

この辺の海は超遠浅なので、干潮になると(特に大潮の日)船が出せなくなる事もあるそうです。潮が満ちてくるまでリアルに帰れなくなります。

出発時刻に参加者が集まらず、出発が遅れその間に干潮に…といったことは割とマジであるようです。上陸したら、出発する時刻をよく確認しておいた方がいいですね。実際、この日も危なく出発できなくなるところでした(笑)。

海のツアーに参加する時は、Gショックなど防水の時計を持っていると大変便利です。個人的に最近はシチズン プロマスターシリーズの時計を海専用にしてます。3万円以下で買えますが200M防水で、ソーラー充電。クォーツなので重量もないし、泳いでて邪魔くさくないですね。手入れもほぼ不要で割と便利。夏の間はかなり重宝します。

CITIZEN PROMASTER エコ・ドライブ マリンシリーズ

船着き場

はての浜(中の浜)に到着!昼前だとさすがに船も人も増えていました。

はての浜

360°ひたすら砂浜だけが続く景色。日陰など、どこにもありません(笑)。夏のはての浜は灼熱です。

女子や色白の人は、日焼け止めを必ず塗っておきましょう。ノーガードだとシミになったり、火傷したりしそう。俺はこの時ノーガードだったため、12月過ぎても肌が黒かったですねぇ。真皮まで焼けてんだろうなぁ。

はての浜

はての浜から見る久米島。ネットでよく見る景色。この景色が一番はての浜っぽい。

肉眼で見ると、おおーー!ってなりますよ!割とマジで感動

はての浜

はての浜は、船着き場の反対側の景色が特にきれい。多分こっち側は遠浅ではなく、深さがあるのでしょう。薄い水色から濃い青になっていくグラデーションがきれい。

はての浜

ただこっち側は泳げません。遊泳禁止の場所は眺めるだけにしておきましょう。リアルに海の藻屑になってしまう可能性があります。

はての浜にはトイレや売店もあるよ

はての浜 トイレ

この中の浜にはトイレがあります。長時間のツアーでトイレがあるのは、ありがたいですね!しかし、簡易の工事現場でよく見るタイプのトイレなので、清潔さなどは期待しない方がいいと思います。

パラソル

そして、中の浜には売店もあります。パラソルなども貸し出しています。強烈な日差しに疲れた人は借りるといいかも(はての浜は巨大な砂浜なので、日陰がありません)。

はての浜はマリンアクティビティも充実してます!

マリンスポーツ

はての浜でもバナナボートやマーブルなど、定番のマリンアクティビティが楽しめるようです。

ジェットスキー

個人的にあんまりこういうのは乗りませんが、見ている限りめっちゃ楽しそうでした。

バナナボート

こういうのは、団体だと楽しいんだよなぁ…。おっさん一人で乗っても虚しくなるだけだな…

マーブル

こういったオプショナルプランは、ツアーに含まれているところが多いので、ツアーを申し込む際に聞いてみるといいでしょう。

はての浜で泳いでみる

魚

せっかくなので、はての浜でも軽く泳いでみました。※イーフビーチやはての浜は、遠浅の真っ白な砂がきれいなビーチですが、観光客がイメージする「珊瑚がわんさか生えてる海」ではありません。

景色は最高だけど、海の中は正直そこまで「美しい!!」って感ではないかな。まぁ、砂浜だし。

砂浜

ていうか、沖縄本島もそうですが、普通のビーチで珊瑚礁の海を見ることは、ほぼ出来ません。ツアーでちょっと沖合に出ればいくらでもありますが。その辺のビーチに珊瑚がワサワサ生えてる慶良間や八重山のような場所は稀です。

はての浜ツアーでシュノーケルするなら、ちょっと沖合まで行ってくれるショップを選んだ方が良さそうですね。

はての浜の周りには、その昔、瀬底島で戦ったムラサメモンガラがいっぱいいました。彼らは縄張り意識が強く、夏の産卵期にその領地に踏み込むと、めちゃめちゃ怒ります。

ムラサメモンガラ

↑こーゆーやつです。5年前ぐらいに瀬底島で追い回されました(笑)

しかし、はての浜のモンガラ達は「縄張りに入ってきったら許さんぞ!」みたいな雰囲気はありませんでした。人間=倒すべき敵ではなく、餌をくれる生き物という認識なんでしょうねぇ。実に平和です。

ちょっと大型の、ゴマモンガラ風の白いやつ(たぶんキヘリモンガラってやつ)もいましたが、これも特に戦う気はないようでした。呑気なもんです。

ゴマモンガラ

↑ゴマモンガラはこういうやつ。デカイのですぐわかります。これの白っぽいのがキヘリモンガラ。

はての浜のモンガラ達は好戦的ではないようですが、仮に、彼らがヤル気満々の場合、戦闘力はとてつもなく高いので注意が必要です。噛まれるとマジで血だらけになります。見かけても、近づいたり、おちょくったりせず、静かにその場を離れたほうが良いと思います。

ちなみにキヘリモンガラは、食べると大変美味いそうです。まぁ、カワハギだもんね。

はての浜 海水浴

はての浜で過ごす、ゆっくりとした贅沢な時間。日々のストレスが解消されていきます。

普段ストレスフルな環境にいる人は、夏の数日こういう日があると、精神衛生上いいのではないでしょうか?混雑したショッピングモールで買い物してるよりは満たされる気がします。

勇太丸

さて、船に乗って次の場所へ向かいましょう。

畳石の向こう側で泳ぐ

モーター

干潮が近づいてきました。船が出せるギリギリのところで、はての浜を出発。

船

もうちょっと遅かったら帰れなくなってるところだったそうです(笑)

奥武島

浅くなった海をゆっくりと進んでいきます。次は畳石のちょっと沖の方へ行くそうです。

バーデハウス

昨日来た奥武島のバーデハウスが見えてきました。ちょうど畳石から見ていた海で泳ぐようですね。

海水浴

この辺は完全な砂地です。歩くと砂がムニュムニュしてスゲー気持ちいいんですな。景色もよくてこれはこれでGOOD。

しばらくここで泳いでから泊フィッシャリーナへ戻りました。半日でも色々楽しめる充実したツアーでした。5000円でこの内容ならかなり満足。

泊フィッシャリーナ

前々からいつか行きたいと思っていた、はての浜。遂に行くことができました。久米島に来たらここはハズせないというのは分かりますね。

美しい景色以外何もない。それが最高に贅沢だよね。

忙しい毎日に追われ、クタクタになっている人は、有給などを使って来てみては?きっと心が解放されますよ。

バードアイランドのはての浜ツアー詳細

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でasafukuoをフォローしよう!

沖縄 那覇 激安・格安ゲストハウス 10選!安くてキレイな宿に泊まろう!

沖縄一人旅や少人数グループでの旅行ならゲストハウスがお薦めです。特に那覇はドミトリーなら1000円以下で宿泊可能なゲストハウスも多数存在します。個室もホテルや旅館に比べ安く使えるので"少しでも安く旅行 ...

続きを見る

激安防水アクションカム5選 想像以上に使えます

防水のアクションカメラは沖縄旅行でのダイビング、雪山でのスノボやスキーなどで大活躍する「動画を撮るための小さなカメラ」です。アクションカメラ、アクションカムとかウェアラブルカメラなどと呼ばれています。 ...

続きを見る

ラッシュガードで体型カバー!気楽に海を楽しもう!

夏の海で活躍するラッシュガード!強烈な紫外線から肌を守ってくれる上に、体型もカバーしてくれます。ダイエットが間に合いそうにない人は試してみては?日焼け防止や虫よけになるし、着たまま泳ぐことも出来るので ...

続きを見る

足元がクッソ快適なTevaのサンダルをご紹介

サンダルは夏の必需品。沖縄旅行でも当然大活躍する、快適すぎるテバのサンダル ハリケーンをご紹介します。値段もそこそこしますが、履き心地が最高。個人的にも使っている、もう手放せないアイテムです。夏の足元 ...

続きを見る

沖縄 バーベキューをビーチでやろう!BBQにおすすめのビーチはここ!

沖縄でバーベキュー!旅行でもビーチパーリーやっちゃおう!沖縄はバーベキューのできる設備の整ったビーチが多数あります。現地の人はビーチパーリーといって週末などによくビーチでのバーベキューを行っています。 ...

続きを見る

那覇のラーメン屋
沖縄 那覇のラーメン屋 おすすめの店をピックアップ!

沖縄 那覇でラーメンを食べるならこの店は外せない!そんなお店をご紹介します。沖縄でラーメン?と思う人も多いと思いますが、実力のあるラーメン屋も多数出店しているエリアなんです!沖縄ソバもすきだけど、やっ ...

続きを見る

キッチン
沖縄 シェアハウスを集めてみた

沖縄に長期で滞在したい場合シェアハウスが便利です。リビングやキッチンなどをみんなで共用する暮らしは出会いも会って楽しいものです。マンスリーやウィークリーマンションよりも割安です。一般的な賃貸物件と違い ...

続きを見る

長期の旅行や出張の友。マジで便利な初期費用、解約手数料無しのwifiルータ!

初期費用、解約手数料無し、申込の際に本人確認書類は原則必要なしのwi-fi東京のルータ。WEBからの簡単申し込みで翌日にはレンタルが可能の。即日発送も対応。ルータを返すのもポストに投函するだけと簡単。長期の場合、日額216円~と料金的にも問題ない。部屋にwifiないらしい…。そんな時確実に活躍する。

人気の観光・旅行記事はこちら!

アオウミガメ 1

沖縄の慶良間諸島 座間味島はウミガメと普通に遭遇できます。沖縄でウミガメと泳ぎたい!だったら座間味でしょう!今回はケラマカヤックセンターのシーカヤックとシュノーケリングでアオウミガメとタイマイに遭遇。 ...

2

沖縄観光では定番中の定番、最も有名な観光スポット美ら海水族館へ!沖縄バスのバスツアーで行ってきました。ジンベエザメやマンタの泳ぐ黒潮の海をはじめ、美ら海水族館、海洋博公園にはたくさんの見所がありました ...

渡嘉敷 阿波連ビーチ 3

渡嘉敷島の阿波連ビーチは那覇から日帰りでも行ける極上のビーチ。その阿波連ビーチでシュノーケリングしてきました。渡嘉敷の慶良間ブルーな海で1日ひたすら遊ぶ。これって実に贅沢な1日じゃありませんか?そして ...

4

那覇国際通り周辺は居酒屋やバーなど飲食店の宝庫。観光客向けの沖縄居酒屋を始め、ありとあらゆるジャンルの飲食店が乱立しています。居酒屋を経営している(現在はラーメン屋に転身)友人と共に国際通り周辺の居酒 ...

5

久米島は那覇から100kmほど離れた場所にある大型の離島。久米島は、見どころ満載の島。観光する楽しみが詰まった島です。海も山も揃った贅沢な時間を過ごせます。東洋一美しいと言われる「はての浜」の海だけで ...

6

石垣島といえば沖縄離島の中でも人気のある島。八重山諸島の中心になる島。今回は石垣島をメインに竹富、小浜、西表などを3週間ほど旅行してきました。石垣島ひとり旅、まずは那覇空港からJTAの飛行機で石垣島へ ...

7

阿嘉島の北浜ビーチは慶良間でも飛び抜けた透明度を誇る珊瑚の美しいビーチです。北浜と書いてニシハマビーチとかニシバマとか読みます。個人的には那覇から気軽にいけるビーチの中では北浜ビーチが1番きれいな気が ...

宇治橋 8

伊勢神宮の内宮は、天照大御神をお祀りする日本有数の聖地。内宮は正式には皇大神宮といいます。 宇治橋を渡れば別世界が広がっています。 一生に一度はお伊勢参りといわれる日本人のこころの故郷、伊勢神宮。あな ...

9

那覇から日帰りで座間味島の古座間味ビーチに遊びに行ってみました!座間味は国立公園となった慶良間諸島の島のひとつ。慶良間への日帰りというと、距離的に渡嘉敷島に行く人が多いのですが、座間味も充分日帰り可能 ...

西表島の青珊瑚 10

西表島は青珊瑚が多く、とてつもなく美しい海で遊べます。西表島の民宿マリウドの海人ツアーは朝から晩までがっつりと、その美しい奥西表の海を楽しむツアー。秘境の村として有名な船浮のもっとずっと先にある西表島 ...

-久米島, 人気の沖縄離島観光 旅行, 沖縄 海遊び!

Copyright© 朝梟 旅ブログ , 2020 AllRights Reserved.