伊豆大島

伊豆大島のゲストハウス KOIZUMI めっちゃ楽しい!

伊豆大島で宿泊先をお探しならゲストハウスKOIZUMIがおすすめです!ゲストがゲストをもてなす宿というコンセプトがしっくり来る、旅人同士が楽しく交流できる宿でした。じゃらんや楽天トラベルには広告など出していませんが、「リピーターだけで予約が埋まってしまう」というのも納得の楽しいゲストハウスですよ!

伊豆大島 ゲストハウス KOIZUMI

ゲストハウス KOIZUMI

バックパッカーが集まる伊豆大島のゲストハウス

  • 所在地 〒100-0101 東京都大島町元町2-13-17
  • TEL 04-9927-5433
  • 公式サイト http://gh-koizumi.com/
  • 1泊 4,500円/1人
伊豆大島 霧の三原山を登ってきた!

3月の末、伊豆大島へ三原山トレッキングへ行ってきました。三原山頂上バス停から火口まで歩き、テキサスルートで裏砂漠を抜け、椿祭りの行われている大島公園へ。元町港から反対の大島公園まで島を横断するルートで ...

続きを見る

からの続きです。

3月の末、伊豆大島へ三原山トレッキングの旅へ行ってきました。今回の宿泊先は元町港にあるゲストハウスKOIZUMI。

今回のメインイベント「三原山登山」は霧に包まれ何も見えませんでしたが、夜はゲストハウスのゲスト達と大変楽しい時間をすごす事ができました。

KOIZUMIはバックパッカーなどが集まるゲストハウスです。ゲストがゲストをもてなすという、全く知らない旅人同士が仲良くなれる場所。沖縄離島もそういうゲストハウスが多かったですね。

立地もよく、伊豆大島で最も栄えている元町港から徒歩10分。商店やスーパー、居酒屋なども近くにあり便利な場所です。※伊豆大島にはコンビニなどはありません。スーパーも19時ぐらいには閉まります。買い物するならお早めに!

元町港

元町港からゲストハウスKOIZUMIに行くときは、海を背にして右の方、大島観光協会などがある方にひたすら進んでいきます。道なりに5分ぐらい行くと、Book Tea Bedというゲストハウスが見えてきます。その先の交差点を右に。そこからまた5分ぐらい行くとハリカという店が見えるのでそこを、また右に入ります。

元町港

そうすると、路地の奥の方にゲストハウスKOIZUMIが見えてきます。

ゲストハウスKOIZUMI

これが今回の旅の宿「ゲストハウスKOIZUMI」です。ぱっと見は普通の民家ですね(笑)

ゲストハウスKOIZUMI

自動販売機

このエントランスには自動販売機が設置されています。ビールやチューハイなども買えます。伊豆大島にはコンビニがないので、夜ちょっと飲みたいという時はここで買うといいでしょう。

離島はじゃらんや楽天トラベルで予約できない宿が多い

伊豆大島も沖縄離島と同じで、楽天トラベルやじゃらんには広告を出していないところが多く、探すのに一苦労しました。伊豆大島で一番大きなホテル、大島温泉ホテルですら自社サイトからしか予約出来ません。

海

Book Tea Bedという洒落たゲストハウスなどは、じゃらんや楽天で予約できますが、ドミトリー以外は満室になっている事が多いですね。

離島に行く場合、googlemapで付近のホテルやゲストハウスを検索し、公式サイトを持っているところから良さそうな場所を探すのが手っ取り早いと思います。今回もそのやり方で、ゲストハウスKOIZUMIを見つけました。

ゲストハウスKOIZUMI

ゲストハウスKOIZUMIは公式サイトからメールか電話で予約できます。

超広い30畳のリビング

ゲストハウスKOIZUMIのエントランスを入ると、広い空間が広がっています。

リビング

約30畳の広々リビングというかホール。壁一面に宿泊者からのメッセージが書かれています。

リビング

ここは雑魚寝のドミトリーにも使用されます。今日は6人ぐらいがここで寝る予定だそうです。「THE・離島のゲストハウス」ですね。

この奥にダイニングキッチンがあります。いつも誰かしらいて写真は撮れませんでしたが、ダイニングも広めで清潔でした。

ゲストハウス KOIZUMIの客室

俺たちの部屋は2Fの個室でした。4.5畳ぐらいの広さに、布団セットとテーブルというシンプルな部屋。寝るだけなら全く問題なしですね。布団もきれいでした。これで1人1泊 4,500円です。個室で4,500円なら、安いのではないでしょうか。ちなみにリビングで雑魚寝だったら3,500円です。

客室

部屋もきれいだし、エアコンもあるし問題ありませんね。
ホームページの写真よりいい感じだね。広さも充分あるしな。

客室

2Fには定員2名~6名までの個室が何部屋かありました。洗面所やトイレ、シャワーも2Fにあります。

洗面台

ドライヤーなども備え付けてあります。トイレも広く、作りがおしゃれ。

トイレ

弘法浜が近いので夏は最高かも

ゲストハウスKOIZUMIは伊豆大島でも最大のビーチ、弘法浜まで徒歩1分です。今回は3月下旬の旅なので、海に入れるシーズンではありませんでしたが、夏は観光客で賑わいます。

弘法浜

ここからは、晴れていれば富士山が拝めます。伊豆大島から富士山が見えるとは聞いていましたが、肉眼でこんなにハッキリ見えるとは。この景色、実際に見ると感動します。

富士山

富士山を遥かに望み、振り返れば三原山。そして広がる大海原。なかなか贅沢な景色ですね!

三原山

ここ夏の海シーズンは最高だろなー。水着ギャル見ながらビール飲みたい。
最高でしょうけど、ウチの嫁にフルボッコにされますね…。

夜は居酒屋 よっちゃんで飲んだっくれましょう!

伊豆大島 やきとり よっちゃん
東京都大島町元町1丁目1
営業時間 18:00~23:00

昼間、霧の三原山登山に疲れ果てた俺たちは「せめておいしいお酒でも飲むか!」と言うことで、オーナーにおすすめの居酒屋を聞いてみました。いくつかの候補の中から選んだ、やきとりよっちゃん。ゲストハウスの壁にもよっちゃんサイコーなどと書かれていました。

よっちゃんは元町港の方に歩いていく途中にあります。大島観光協会の近くです。

やきとり よっちゃん

これは…居酒屋っていうか、屋台かな?
鳥野郎
危険なニオイがプンプンしますね…

よっちゃんの外観は、正直かなり入りにくい感じですね。ここ入って大丈夫か?島の人専用じゃないの?的な。ローカルな居酒屋は入る時ハードルが高いんですよねぇ。まぁ、KOIZUMIのオーナーに、席も取ってもらったので問題ないでしょう。

やきとり よっちゃん

中に入って見ると、中もなかなか年季の入った造りになっていました。火鉢があって暖かい。

すでに島の人が何人か集まって飲んでいました。メニューを見る限り、よっちゃんの料金は一般的な居酒屋の価格ですね。安くもないけど高くもないって程度。

ビール

よっちゃんはお通しが豪華です。豚汁やフキみたいなやつの煮物、マカロニサラダと、これだけでもお腹一杯になる人いるんじゃないだろうかという量。

お通し

お通しで豚汁???まぁ、めっちゃ美味いけど
鳥野郎
寒いんでありがたいですね。せっかく、やきとり屋なので串なんかも頼んでみましょう

ビールを一杯飲み終わる頃、KOIZUMIのオーナーもやってきて、島の人達と共にお酒を飲むことに。こういうのもゲストハウスならではのノリですね。ホテルなどに泊まると、こういうおもしろハプニングはありませんからね。

ゲストハウスKOZUMIに宿泊している、名古屋からきた登山とバイクが趣味のおにーちゃんも来て、みんなでしょうもない話で盛り上がります。こういうの結構楽しい。

牛串

牛串がやってきました。めっちゃでかい(笑)。味はまぁ、普通に牛肉の味です。普通に美味い。

イカ焼き

おすすめされたイカ焼きもボリューム満点でした。お酒飲む時はイカ食べるといいらしいですよ。イカはタウリンが豊富なので肝臓の働きを助けます。次の日残りにくくなる的な。

大島名物 くさやを食べてみる

そして伊豆大島名物も食べておかなければと、べっこうとクサヤも注文してみました。

べっこう

べっこうは、昼間食べたものより甘さがある感じ。店によって、また使う魚によって味がかなり違うようです。どっちのタイプもすき。

べっこうを食べていると、くさやが焼ける匂いが漂ってきました。例えにくい匂い、本当に独特な匂い。他の発酵食品とはジャンルが違いすぎるかなぁ…。強いて言うなら、動物園とかそういう感じの匂いかな。くさやに関しては、かなり警戒してましたが、別にそこまで言うほどの匂いじゃないかな。

くさやは、魚を「くさや液」という強烈な香りのする液に漬けてから干したもの。くさや液はバクテリアによって発酵した液で、このバクテリアの作り出す抗生物質のおかげで魚が腐らなくなるそうです。魚は、ムロアジの一種、アオムロやトビウオなどがよく使われます。今回はアオムロのくさや。

鳥野郎
これが噂のくさやですか。予想してたより美味そうっすね
肉厚のアジの塩焼きって感じだね

くさや

鳥野郎
ああっ!これは普通にうまいっすね!
言うほど、匂いないね。全然普通に食える。むしろ美味い

クサヤ

なんだかんだ、数分で「くさや」を完食してしまいました。

想定外に美味い。身の締まった、味の濃い魚の塩焼きに、ちょっと独特な匂いがついてる感じ。実際食べてみると匂いもそこまで気にならないですね。お酒を飲む人ならこれはいいアテになると思います。

よっちゃんのくさやは全然問題ありませんでしたが、くさやの香りは作るお店?工場?によって全く違うらしく、店によっては強烈な香りがするそうです。

島焼酎も飲んでみました。芋の「情け嶋」。黒霧島系の味かな。これは甘くて飲みやすいのでいくらでも飲めてしまうタイプですね。飲ん兵衛には危険なお酒です。

普段全く、透明なお酒(日本酒や焼酎など)は飲まない鳥野郎。しかし今日は「これは美味い」などとほざいて、麦焼酎をガブガブと飲んでいました。

やきとり よっちゃん

沖縄離島などもそうですが、こういった島の居酒屋では高確率で現地の人に話しかけられます。離島の居酒屋に慣れてない人や、お酒が飲めない人にはしんどいかもしれません。全く知らない人と絡むってハードル高いですよね。ただ、このノリは慣れてくると楽しいですし、その島のレアな情報などは大量に仕入れる事ができます。今日もなんだかんだ全く知らない人たちと愉快にお酒を飲むことができました。

鳥野郎
こういうのも島ならではですねぇ。
なんだこれ、超楽しいじゃねーか

かなり飲んで食って、お会計すると1人4000円でした。計算した限りではもっといってるはずだったのですが。まぁいっか。ラッキー。

よっちゃんは夏のシーズンになると、裏のテラスが開放され、海を見ながらお酒が飲めるようになります。

やきとり よっちゃん 外観

テラス

今日みたいにみんなで暖まりながら飲むのも楽しいけど、テラスで開放感を味わいながら飲むのも良さそうですね!

ウツボを刺し身で食べてみることに

居酒屋よっちゃんで飲んだっくれた俺たちがゲストハウスに戻ると、バーカウンター的な空間が開放されていました。

テーブル

飲食店ではないので、ゲストたちが自分たちで持ち寄ったお酒などを飲みながら語らう感じの場所ですね。

引き続き、俺たちおっっさん二人と、名古屋のにーちゃん、同じく名古屋から来た学生二人などで焼酎などを飲む事に。名古屋率高いな(笑)

大学などは春休みのシーズンなんですね。羨ましい。学校の先生や、東大生のサークルの人なども入れ替わり立ち替わりで、ちょっと顔を出して軽く飲んでいました。

日本酒

この旅の連れ、鳥野郎は普段飲まない透明なお酒をたらふく飲んで、なんかもういい感じに酔っ払っています。

オレが焼酎と思って飲んでたのは日本酒だった…だと?ふざけんな。もう一杯!
完全に、透明なお酒の力に飲まれてやがるな…。明日の朝はツラいと思うで…。

飲みながら談笑していると、KOIZUMIに宿泊している釣り人チームが戻ってきました。伊豆大島は釣り目的で来る人も多いんですね。

魚専用キッチンで彼らの釣り上げたウツボの解体ショーが始まりました。

ウツボ

ウツボは骨が硬い上に多く、捌くのが非常に難しいそうですが、この人達はウツボに慣れているらしく、手際よくびっくりするほど簡単に捌いていきます。

ウツボ

ウツボ

この釣り人チーム、IT系企業の社長と社員だそうです。趣味でここまで出来るってスゴい…。マジで板前さんかな?と思っていました(笑)

ウツボ 刺し身

これがウツボの刺し身。ウツボの干物になったものなら伊勢でよくたべますが、刺し身は人生で初めて食べました。白身の淡白な魚の味ですね。ただ、魚と違って、筋肉質すぎて歯ごたえがあり過ぎかな。美味しいゴムを食べているような感覚ですね。

こうして人生初の伊豆大島の夜は楽しく更けていきました。ゲストハウスKOIZUMIめっちゃ楽しかったー。次からも伊豆大島での拠点はここになると思います。

伊豆大島から東京へ

三原山

翌日起きると、昨日までの悪天候が嘘だったように晴れ渡っていました。本当なら今日三原山に登りたいところですが、フェリーが11:00に出るので時間的にムリですね。岡田港まで行かなければならないので、10時過ぎには出ないといけません。

富士山

今日は春らしい陽気で海も穏やか。富士山もハッキリ見えます。

海

次回はこういう天気の時に来ましょうね。三原山リベンジせねば。
沖縄も最初はこんな感じだったしなぁ…。次回は大丈夫だろ。

伊豆大島 バス

バスで元町港から岡田港まで向かいます。途中で大島桜が美しく咲いていました。

岡田港

岡田港に着くと、微妙な感じのユルキャラが迎えてくれました。なんかシュールで笑ってしまう(笑)。

岡田港

ローカルのこういうの嫌いじゃないですね(笑)

ジェット船

帰りもジェット船です。昼過ぎには浜松町に着く感じですね。

ジェット船

次は、よく晴れた日に、三原山登山に行きたいですねぇ。

東京の離島、伊豆大島の旅は三原山が濃霧で何も見えなかった事以外は満足できました。浜松町から1時間45分でいける自然豊かな島。今回は行きませんでしたが、伊豆大島は温泉も有名です。都内から「気軽にリフレッシュしに行ける場所」としては、最高なんじゃないでしょうか。

伊豆大島 東京の離島を旅してきたよ

3月の末、伊豆大島を旅してみました。東京の離島、伊豆七島最大の島。竹芝桟橋からジェット船「セブンアイランド」に乗り伊豆大島へ。あいにくの悪天候でしたが、三原山トレッキングや椿祭りを見てきました。べっ甲 ...

続きを見る

今回の伊豆大島の旅はこの記事から

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でasafukuoをフォローしよう!

沖縄 那覇 激安ゲストハウス 10選!安くてキレイな宿に泊まろう!

沖縄一人旅や少人数グループでの旅行ならゲストハウスがお薦めです。特に那覇はドミトリーなら1000円以下で宿泊可能なゲストハウスも多数存在します。個室もホテルや旅館に比べ安く使えるので"少しでも安く旅行 ...

続きを見る

激安防水アクションカム5選 想像以上に使えます

防水のアクションカメラは沖縄旅行でのダイビング、雪山でのスノボやスキーなどで大活躍する「動画を撮るための小さなカメラ」です。アクションカメラ、アクションカムとかウェアラブルカメラなどと呼ばれています。 ...

続きを見る

ラッシュガードで体型カバー!気楽に海を楽しもう!

このページの目次1 ラッシュガードって一体なんなの?2 3000円~5000円ぐらいで買える 便利な格安ラッシュガード3 太って海を諦めた人が多いので紹介してみました ラッシュガードって一体なんなの? ...

続きを見る

足元がクッソ快適なTevaのサンダルをご紹介

サンダルは夏の必需品。沖縄旅行でも当然大活躍する、快適すぎるテバのサンダル ハリケーンをご紹介します。値段もそこそこしますが、履き心地が最高。個人的にも使っている、もう手放せないアイテムです。夏の足元 ...

続きを見る

沖縄 バーベキューをビーチでやろう!BBQにおすすめのビーチはここ!

沖縄でバーベキュー!旅行でもビーチパーリーやっちゃおう!沖縄はバーベキューのできる設備の整ったビーチが多数あります。現地の人はビーチパーリーといって週末などによくビーチでのバーベキューを行っています。 ...

続きを見る

那覇のラーメン屋
沖縄 那覇のラーメン屋 おすすめの店をピックアップ!

沖縄 那覇でラーメンを食べるならこの店は外せない!そんなお店をご紹介します。沖縄でラーメン?と思う人も多いと思いますが、実力のあるラーメン屋も多数出店しているエリアなんです!沖縄ソバもすきだけど、やっ ...

続きを見る

キッチン
沖縄 シェアハウスを集めてみた

沖縄に長期で滞在したい場合シェアハウスが便利です。リビングやキッチンなどをみんなで共用する暮らしは出会いも会って楽しいものです。マンスリーやウィークリーマンションよりも割安です。一般的な賃貸物件と違い ...

続きを見る

長期の旅行や出張の友。マジで便利な初期費用、解約手数料無しのwifiルータ!

初期費用、解約手数料無し、申込の際に本人確認書類は原則必要なしのwi-fi東京のルータ。WEBからの簡単申し込みで翌日にはレンタルが可能の。即日発送も対応。ルータを返すのもポストに投函するだけと簡単。長期の場合、日額216円~と料金的にも問題ない。部屋にwifiないらしい…。そんな時確実に活躍する。

人気の観光・旅行記事はこちら!

アオウミガメ 1

沖縄の慶良間諸島 座間味島はウミガメと普通に遭遇できます。沖縄でウミガメと泳ぎたい!だったら座間味でしょう!今回はケラマカヤックセンターのシーカヤックとシュノーケリングでアオウミガメとタイマイに遭遇。 ...

2

沖縄観光では定番中の定番、最も有名な観光スポット美ら海水族館へ!沖縄バスのバスツアーで行ってきました。ジンベエザメやマンタの泳ぐ黒潮の海をはじめ、美ら海水族館、海洋博公園にはたくさんの見所がありました ...

渡嘉敷 阿波連ビーチ 3

渡嘉敷島の阿波連ビーチは那覇から日帰りでも行ける極上のビーチ。その阿波連ビーチでシュノーケリングしてきました。渡嘉敷の慶良間ブルーな海で1日ひたすら遊ぶ。これって実に贅沢な1日じゃありませんか?そして ...

4

那覇国際通り周辺は居酒屋やバーなど飲食店の宝庫。観光客向けの沖縄居酒屋を始め、ありとあらゆるジャンルの飲食店が乱立しています。居酒屋を経営している(現在はラーメン屋に転身)友人と共に国際通り周辺の居酒 ...

川平湾 5

川平湾は石垣島を代表する超絶景スポット。石垣島の観光用ポスターにもよく使われています。海の色がちょっと異常なレベルで美しい場所。流れが激しく遊泳禁止ですがグラスボートで海の中を見ることができます。青い ...

6

石垣島といえば沖縄離島の中でも人気のある島。八重山諸島の中心になる島。今回は石垣島をメインに竹富、小浜、西表などを3週間ほど旅行してきました。石垣島ひとり旅、まずは那覇空港からJTAの飛行機で石垣島へ ...

7

阿嘉島の北浜ビーチは慶良間でも飛び抜けた透明度を誇る珊瑚の美しいビーチです。北浜と書いてニシハマビーチとかニシバマとか読みます。個人的には那覇から気軽にいけるビーチの中では北浜ビーチが1番きれいな気が ...

宇治橋 8

伊勢神宮の内宮は、天照大御神をお祀りする日本有数の聖地。内宮は正式には皇大神宮といいます。 宇治橋を渡れば別世界が広がっています。 一生に一度はお伊勢参りといわれる日本人のこころの故郷、伊勢神宮。あな ...

9

沖縄中部の離島、津堅島。中城湾に浮かぶ小さな島。別名キャロットアイランドと呼ばれる、人参畑の広がる"のどかな島"に日帰りで行ってきました。そこまで観光化されていない、知る人ぞ知る島といったところです。 ...

西表島の青珊瑚 10

西表島は青珊瑚が多く、とてつもなく美しい海で遊べます。西表島の民宿マリウドの海人ツアーは朝から晩までがっつりと、その美しい奥西表の海を楽しむツアー。秘境の村として有名な船浮のもっとずっと先にある西表島 ...

-伊豆大島

Copyright© 朝梟 旅ブログ , 2019 AllRights Reserved.