ジェットスター

はじめに

はじめに このブログについて

投稿日:

これはダメなおっさんの旅の記録です

朝梟の旅行記を読み、関心を持ってここへ来てくれた皆様ありがとうございます。

ここでは簡単にこのブログについて、そして"俺"というおっさんについて話したいと思います。

このブログは、沖縄本島をはじめ、石垣や西表、慶良間諸島などの離島巡りやカンボジア移住についてや、元々の趣味であった神社仏閣巡りなど旅行全般を扱っています。

内宮 朝日

アオウミガメ

朝梟という呼びにくい名前ですが、これは、かつては同じ職場に所属する、池袋で朝まで飲んだっくれて、ひたすらくだをまくダメなオッサンの集まりの名前でした。

朝まで池袋で飲んだくれ→朝池袋→朝袋→これは「とある植物」を連想するからやめよう→結果「朝梟」と命名されたどーしようもない飲んだっくれ集団。

これがベースになっています。イケフクロウみたいで覚えやすなみたいな。
※因みに、イラストレーターで朝梟さんってめっちゃ絵のうまい北欧の方がいるのだけど、無関係です。

今ではみんな、それぞれの道を行くようになり、ほとんど関わらなくなった人も多くなりましたが、個人的にこの名前は気に入っているので使い続けています。朝も梟も縁起よさそうなので。

今では健康第一という事で酒などほぼ飲まなくなってしまいましたが、当時はほぼ毎日のようにみんなで飲んで、めちゃくちゃな毎日を過していました。

週に2日ぐらいは朝日を拝んでいた気がします。道端で寝る事などもたまにありました。今は体力的に無理ですね。

「朝梟 旅行ブログ」はそういった、しょうもないクズなおっさん共の色々な旅をまとめたブログです。一体何の役にたつのか、誰が読んで得をするのかまったくもって不明ですが、こんな下らない雑文ブログでも長くつづけると愛着が湧いてきます。今後も毎年更新して行こうと思っています。

因みに、これを書くようになったのは、自分達が旅行を企画する時に参考になるものが少なかったからです。

自分達が沖縄に行く時、ネットで情報を調べると、当時全盛だったまとめサイト、キュレーションサイトばかりが上位にありました。そこでは当たり障りのない情報は簡単に得られるけど、実際行くと違うといった事が多かったんですよね。

で、結局リアルに行った人達のブログを参考にするようになりました。

沖縄の青い海の写真などはよく見ますが、沖縄にいけばどこでもそうなっている訳ではなく、珊瑚礁も場所によって全然違います。まとめサイトではあんまりよく分からなかった部分がブログだとリアルに書いてあって、ダメな部分などもよく分かりました。

実際に旅行に行った先では、こういう生の情報が何よりも役に立つと心底思う事が多々ありました。

個人的に、いずれ家業の旅行系の仕事をやる可能性もあり、旅行取扱管理者の国家資格を取ったついでに、自分もそういう役に立つ旅行記を書いてみようかと思いこのブログを書き始めました。

沖縄に行くようになった理由

そもそも俺は旅行などしない人生を送ってきました。家業が旅行系の仕事だったのですが、当時仲の悪かった(今は仲良くしてます)父親に対する反発もあり、全く興味がなかったですね。旅より思い出より"買える物"の方を大事にしていました。

今では沖縄の海に行く事が当たり前の行事になりましたが、当時は「暑い場所とか無理だわ。アホか。」といった感覚でした。

そういう旅行と全く無縁だった"俺"が自ら沖縄に行くようになったのは、沖縄産の獰猛な猪(30代後半のおっさん)と東京で知り合った事が発端でした。

こいつは当ブログでもちょいちょい出てきます。

俺がいた職場に入ってきた猪。最初はお互い気に入らない奴だなと事あるごとに揉めていたのですが、飲んだ時に腹を割って話をしてみるといい奴で意気投合しました。

それからは夜な夜な猪と東京で一緒に遊び回っていました。そんなある日、実家の都合で猪が沖縄に戻る事に。

猪がいなくなって数ヶ月、とある居酒屋で飲んでいた俺と、旅の道連れとして何度も借り出される事になる「教祖氏」。※教祖氏は酔っ払った時に部下に対して、仕事とは!みたいな、ありがたいお説教、演説などを長々とするので教祖と呼ばれるようになりました。

いつも通り、池袋北口で飲みながら色々と話してるうちに、猪はどうしているかなぁという話になりました。

「そういえば沖縄だけは人生で行ったことがないな…。1回行ってみるか。」それが長く続く沖縄への旅のはじまりでした。

記念すべき第一回沖縄の旅

しかし、記念すべき第1回沖縄の旅は、なかなか酷いものになりました。

2011年の10月「久しぶりに猪にも会いたいし、沖縄行ったことないから行ってみようぜ!」と、私と友人の教祖氏らは那覇空港に降り立ちました。東京は寒くなりはじめていましたが、沖縄は暖かくというかむし暑く、緯度の違いを肌で感じました。

俺達はこれから始まる旅にワクワク胸を踊らせていたのですが…

滞在中の3日間、我々がやった事と言えば、那覇の居酒屋、松山のキャバクラとカラオケにひたすら連れて行かれただけっていう…。

しかも何故か猪の分も全額こっちが負担する事に。「オレはぁっ!!わざわざ貴重な時間を割いて案内してんだよっ!だからお前らおごれよ!」みたいな事を真顔で言ってたのはちょっとビビりました。

今思うと、自分達でろくにリサーチもせず、地元民だからという理由で猪に観光案内を頼んだのが間違いだったのでしょう。彼が常軌を逸したアホなのは充分理解していたというのに。

猪は猪なりに気を使って楽しませようとしてくれたんだろうとは思いますが、普段東京で働いてる人間的には「沖縄美人」よりも「碧い空と煌めく海」が見たかった…。

キャバクラのおねーちゃんは確かに可愛かったけど、そういう問題ではなくて。しかも沖縄のキャバのおねーちゃんってだいたい沖縄の子じゃないし。年末の新宿となんら変わらないだろコレと。

今なら、那覇の辻や松山に飲んだり遊んだりを目的に来沖する人もたくさんいると分かるけど、当時は心底ガッカりしましましたね。

翌年の夏、我々は自らでリサーチし、旅のプランを作成しリベンジの旅に出て、そこでやっと一般的に言う沖縄を満喫することができました。

沖縄旅行 2012
大型の台風が接近 沖縄旅行記1

沖縄に旅立つ予定の我々。旅行前日になり超大型の台風が接近している事を知りました... 1 楽しいプランニング2 最大級の台風が沖縄に 楽しいプランニング 昨年10月の雪辱を晴らすため、俺はちゃんと計画 ...

続きを見る

1回目の沖縄の旅があまりにも酷かった事もあり「情報は大事だな」と心底思った俺は自分で旅して出会った、いい場所についての情報を書いて行くことにしました。それが、このブログです。

書いてるおっさんについて

幼少期から中学まで

俺は、1970年代の終わりの方でこの世に生まれ、大阪の堺市でスクスクと育ちました。割りと大人しい扱いやすい子供だったようです。

その後、親父の仕事の関係で西宮に移り、小学生を過ごします。この時はめっちゃ平和だったなー。毎日楽しかった気がする。

そこから、また親父の仕事の関係で九州へ引っ越す事になりました。

当時、かなり肥っていたのと、関西弁を話すのもあってか、ここではなんだかわかりませんが、めっちゃイジメられました。

あんまり思い出したくないですね。同窓会などには多分一生出ないでしょう。

それもあって、言葉は標準語しか話さないようになりました。高校に入ってからはダイエットにはげみ2ヶ月で15kgの減量をしました。

高校時代

高校に入ってからも学校というものがとにかく嫌いで学校にいかずサボっていた結果、2年生の時に留年しました。そのまま辞めてしまうつもりでしたが親や学校の先生の説得もあり、しばらく休んで4月から復帰する事にしました。

この期間に半年ほどバイトをして、密かにバイクの免許を取得しました。

留年して、学校に復帰してからの学年は周りに恵まれ楽しく過ごせました。ホントにいいやつばかりになったんですよね。

俺が留年した年上だからとみんな気を使ってるわけでもなく、普通に仲良くしてくれました。留年してからの友達は今でも連絡を取ったりします。あの学年でなければ修学旅行など絶対行かなかったでしょうし、体育祭などの行事も参加しなかったと思います。

未だに、仕事などでしんどい事があって折れたとしても、それは必ずいい結果に繋がると思っています。挫折は別に悪い事ではないと知りました。

専門学校から社会人

高校を出た後は、とある専門学校に通い、卒業と共に昔いた大阪へ。なんやかんや、関西は気が楽。

大阪で5年過ごし、いい加減飽きたなと思い24歳で上京しました。

上京してからは派遣で販売の仕事をやって生計を立てていました。販売は割りと好きで、自分にあっていたのでしょう。とある、みんなよく使っている商品の販売で日本1になったりもしました。

数年後、その販売をやっていた数名で会社を始めました。社長は俺より年下ですが、大変頭の切れる人物で、今ではその会社は年商10億を軽く越える立派な企業になっています。

沖縄旅行や伊勢神宮に行くようになったのも、この頃からです。

10年近くいたその会社を海外移住する時に辞めました。会社の設立から大きく成長していくところまで全て見ることが出来たのはいい経験になりました。

現在

そして、現在はカンボジア、沖縄、東京を行ったり来たりしながら好きなように生きています。やっと気楽に、自分の生きたいように生きていけるようになった気がします。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でkishoooをフォローしよう!



よくよまれている記事はこちら

渡嘉敷 阿波連ビーチ 1

渡嘉敷の慶良間ブルーな海で1日ひたすら遊ぶ。これって実に贅沢な1日じゃありませんか?渡嘉敷島の阿波連ビーチでシュノーケリングしてきました。そして展望台からの絶景と夕方の美しい空をたっぷりと満喫してきた ...

BBQ 2

沖縄でバーベキュー!旅行でもビーチパーリーやっちゃおう!沖縄はバーベキューのできる設備の整ったビーチが多数あります。現地の人はビーチパーリーといって週末などによくビーチでのバーベキューを行っています。 ...

キッチン 3

沖縄に長期で滞在したい場合シェアハウスが便利です。リビングやキッチンなどをみんなで共用する暮らしは出会いも会って楽しいものです。マンスリーやウィークリーマンションよりも割安です。一般的な賃貸物件と違い ...

4

石垣島といえば沖縄離島の中でも人気のある島。八重山諸島の中心になる島。今回は石垣島をメインに竹富、小浜、西表などを3週間ほど旅行してきました。石垣島ひとり旅、まずは那覇空港からJTAの飛行機で石垣島へ ...

5

阿嘉島の北浜ビーチは慶良間でも飛び抜けた透明度を誇る珊瑚の美しいビーチです。北浜と書いてニシハマビーチとかニシバマとか読みます。個人的には那覇から気軽にいけるビーチの中では北浜ビーチが最強だと思います ...

アオウミガメ 6

沖縄の慶良間諸島 座間味島はウミガメと普通に遭遇できます。ケラマカヤックセンターのシーカヤックとシュノーケリングでアオウミガメとタイマイに遭遇。その後、阿真ビーチでもアオウミガメに遭遇しました。 1 ...

宇治橋 7

天照大御神をお祀りする神宮の内宮、皇大神宮へ参拝してきました。 この旅の目的、三種の神器の1つ八咫鏡のある皇大神宮。宇治橋を渡れば別世界が広がっています。 一生に一度はお伊勢参りといわれる日本人のここ ...

-はじめに

Copyright© 朝梟の旅行ブログ , 2018 AllRights Reserved.