伊勢神宮 内宮

番外編 聖地を巡る旅

伊勢神宮ひとり旅 春のお伊勢参り

投稿日:

伊勢神宮へひとり旅。恒例となったお伊勢参りへ行ってきました。二見興玉神社、外宮、内宮へ参拝しそのまま大阪へ。大阪最大の神社、住吉大社も参拝してきました。参拝の旅はひとり旅が1番。誰にも気を使うことなく、静かな時間が過ごせます。ひとり旅は自分自身と向き合えるいい時間にもなりますよ。年に一度ぐらいは出かけてみては?

お伊勢参りの起点 二見興玉神社へ

伊勢神宮ひとり旅 伊勢市で立ち呑み

伊勢神宮への旅行。久しぶりに行ってきました。東京から伊勢神宮、伊勢から九州までのひとり旅になります。今回は伊勢市に宿泊。気軽に入れる立ち飲み屋 岡田酒店で晩酌。趣のある内装に各地の地酒、さらにウツボや ...

続きを見る

からの続きです

二見興玉神社
伊勢神宮参拝の前に参拝する神社。道開きの神様と五穀豊穣の神様、そして海の神様を祭っている。有名な夫婦岩などもここにある。5月~7月は夫婦岩から昇る朝日を見ることができる。
御祭神
猿田彦大神
宇迦御魂大神
龍宮社 綿津見大神
アクセス
JR参宮線 二見浦駅から徒歩15分 伊勢市~二見浦 料金 時間

伊勢神宮ひとり旅二日目。朝6時に起きた俺は、二見浦へ向かった。伊勢神宮参拝はまずは二見興玉神社での禊からなのだ。

伊勢市駅 朝

こういうのもひとり旅だと好きなようにいけるので良い。人が多いと、外宮と内宮だけ参拝して帰ろうとか、朝早いのはダメだとか、アレが食いたいだとか色々言い出すし気を使ってクソ面倒なのだ。

二見浦駅
神社巡りの旅はひとり旅か、友達2人ぐらいで行くのがいいと思う。見たいモノもじっくり見ることが出来るし、参拝もしっかりと出来るし、その場所の神聖な空気をゆっくり感じる事が出来る。沖縄など、はっちゃける為に行く場所は団体やカップルなどで行った方が楽しいと思うが、参拝の旅は少人数で、趣味の合う人間と行くのをお勧めする。

二見浦

早朝の海は気持ちがいい。沖縄にいるときも午前中から泳ぎに行くのが多かった。海が澄んでいて単純にきれいなのだ。

海

海と鳥居

夫婦岩

早朝の二見浦はマジで誰もいない。神社につくと神主さんが拝殿の扉を開けている最中であった。

二見興玉神社

道開きの神様、猿田彦大神様と五穀豊穣の神、宇迦御魂大神様、二柱の神々に海外から無事日本に帰ってこれた事、仕事が順調な事など報告しておいた。

夫婦岩

夫婦岩は日の大神と、海中にある興玉神石への鳥居。男岩、女岩を注連縄で繋いである。男岩は高さ9m、女岩は高さ4mで、注連縄の長さは35mもある。

5月~7月の早朝に来るとちょうど夫婦岩の間から日が昇るそうだ。写真は3月の日の出。

海と朝日

二見興玉神社

二見興玉神社の先には龍宮社がある。この橋を渡ったところ。海を治める綿津見大神様にも御挨拶。沖縄に行くと海遊びがメインになる。毎回、無事に楽しく遊べている事に対してありがたやーと感謝。

海

太陽が完全に昇りきったようだ。朝の海はとてつもなく清々しい。穢れが消えていくような気になる。

さて、二見浦で禊がすんだら外宮、そして内宮の順で参拝する。二見浦の駅まで戻って時刻表を見ると電車がしばらく来ない。仕方がないので伊勢市までタクシーで戻った。

伊勢シティホテル

伊勢シティホテルをチェックアウトし外宮へ向かう。

伊勢神宮 外宮へ

神宮 外宮 豊受大神宮
衣食住の神様、豊受大御神をお祭りする外宮。正式には豊受大神宮。
アクセス
JR 近鉄 伊勢市駅から徒歩10分。駅の改札を出たら参道になっている。

伊勢神宮 外宮参拝の順序や詳細な情報はこの記事にまとめてあるので参拝に行く人は見るといいかも。

伊勢神宮 外宮 豊受大神宮へ 伊勢旅行記4

お伊勢参りはまずは伊勢神宮 外宮 豊受大神宮から!衣食住、そして産業の神様 豊受大御神様をお祀りする、伊勢神宮 外宮、豊受大神宮への参拝してきました。 1 伊勢神宮 外宮 豊受大神宮へ2 伊勢神宮 外 ...

続きを見る

伊勢神宮 外宮 参道

伊勢神宮 外宮 入口

いつもと変わらない景色。なんかまた来れてよかったと思う。

伊勢神宮 外宮 入口

伊勢神宮 外宮 鳥居

外宮では海外にいる間も、衣食住に困ることなく生活する事が出来た事を報告し、御礼を述べた。

伊勢神宮 内宮へ

神宮 内宮 皇大神宮
日本人の総氏神、高天原の最高神、太陽の神様、天照大御神を祭る内宮。
アクセス
外宮からバスで15分。料金 五十鈴川駅から徒歩20分。
猿田彦神社
道開きの神 猿田彦大神をお祀りする神社。内宮に行く前に参拝する。
アクセス
外宮からバスで10分。料金 五十鈴川駅から徒歩15分。

伊勢神宮 内宮参拝の順序や詳細な情報はこの記事にまとめてあるので参拝に行く人は見るといいかも。

宇治橋
伊勢神宮 内宮 皇大神宮 伊勢旅行記5

天照大御神をお祀りする神宮の内宮、皇大神宮へ参拝してきました。 この旅の目的、三種の神器の1つ八咫鏡のある皇大神宮。宇治橋を渡れば別世界が広がっています。 一生に一度はお伊勢参りといわれる日本人のここ ...

続きを見る

宇治橋 鳥居

猿田彦神社へ参拝し、二見興玉神社と同じく、猿田彦大神様に自分の思う道を開いていけてる事を報告。そして内宮へ。

日本は春休み期間らしくやたらと人が多かった。特に若い女子大生風の集団がキャッキャしていた。

伊勢神宮 内宮

宇治橋は早朝の日の出が有名で、それはそれは美しいのだが、青空の鳥居もなかなかのものだと思う。

宇治橋

因みに早朝来るとこういう景色を見ることが出来る。めっちゃ神々しい感じになってこれはおすすめ。

宇治橋

宇治橋

宇治橋を渡り正宮へ向かって進んでいく。伊勢の空気はいつ来ても澄んでいて、とてつもなく落ち着く。

内宮 鳥居

内宮 正宮

天照大御神様に無事に日本に帰り着いた事などを報告し、毎日問題もなく生きていけていることに感謝した。

内宮 荒祭宮

荒祭宮、風日祈宮と別宮へ参拝し、無事、生きて帰ってこれたお礼参りを終えた。こういう節目節目に参拝するの大事だと思う。

おはらい町・おかげ横丁で食べ歩き

お伊勢参りに来た時の定番となったおはらい町、おかげ横丁での買い食い。食べ歩き。

おはらい町

おかげ横丁

おはらい町、おかげ横丁も女子大生らしき集団がやたら多かった。

キャッキャしとるのぉ…

豚捨

毎度おなじみとなった豚捨のコロッケを頬張る。おかげ横丁に来たら必ず食べる物。

コロッケ

あー。やっぱうめーなー。

次におはらい町の1番端っこにある店で皮揚げを食べる事にした。前から1回食ってみたいと思っていたのだ。

かわあげ

店頭にかわあげが置いてあるのだが、めっちゃうまそうなんだよな。

おはらい町 かわあげ

小洒落た店内。休憩するにはちょうどいい。トイレなんかもきれいだった。

おはらい町 ビールとかわあげ

店内でビールを飲みながらむしゃむしゃとガッついた。揚げた鶏皮に甘辛いタレが染みていてビールによく合う。

はぁーー。しみじみ美味いわぁ。

旅先で昼間から飲むビール程うまいものはない。めっちゃいい気分。お伊勢参りの参拝後の楽しみだ。

月読宮

今日も天気が良かった。今のところ、伊勢神宮参拝は100%晴れ。曇りとかもなく、完全に晴れ。ありがたいことこの上ない。

伊勢市駅

いつもなら、ここから東京に戻るのだが、今回はいつもと違い、ここから近鉄大阪線に乗り大阪、上本町へ向かう。

伊勢市から大阪上本町 近鉄線の旅

伊勢市から大阪まで2時間半で行けるとは知らなかった。普通電車で1800円。特急は3120円かかるが1時間40分で着く。

近鉄線

俺は関西で生まれ、ある程度の歳まで過ごしたが、上本町は全く用事がない町だった。多分、人生で初めて行く気がする。

そういえば、この電車は途中で忍者で有名な伊賀を通る。

伊賀は昔、小学生にもなってなかった頃、親父に連れられて来た事がある。俺は小さい頃、さすがの猿飛、忍者服部くんなどのアニメがかなり好きだった。その本拠地に行くのか!!と興奮していたような記憶がある。地理的な位置関係がこの歳になってやっとわかった。

近鉄線 駅

知らない街を電車で通り抜けていくと、旅している実感がわくね。

世界中どこまでいっても町があって、そこで暮らす人がいて。なんか毎回不思議な気持ちになる。

梅田のカプセルホテルは快適すぎた

カプセルイン大阪
1泊¥2777~
住所 大阪府大阪市北区堂山町9-5 電話 06-6314-2100
URL http://www.umedasauna-newjapan.jp/

上本町に着くと、もう暗くなり始めていた。ここから難波まで出て、地下鉄御堂筋線で梅田へ。堂山町にあるカプセルイン大阪に泊まる。

梅田

カプセルイン大阪は、カプセルホテル第1号という由緒正しきカプセルホテルなのだ。

カプセルイン大阪

世界初のカプセルホテルか。すげぇな。

因みに、俺はこの時知らなかったが、この堂山町という土地は、東京でいうと新宿2丁目的な場所だった。西日本で最も有名なそういう場所だそうだ。そして、ここからちょいと歩けば兎我野町という、大人のための歓楽街があるらしい。宿泊している間は全く気が付かなかった。

大阪

後日、大阪北部出身の知り合いから話を聞くまで全く知らんかった。世の中、パッと見のイメージだけではわからない事が多い。むしろ、この商店街は店が多くて便利だなぁなどと思っていたが、なっかなかDEEPな場所だったようだ。

カプセルホテル

しかし、カプセルイン大阪はかなり快適。カプセル内も広々。銭湯やサウナなども充実していて、普通に過ごしやすい。

カプセルホテル

カプセルホテル

これで3000円切るんなら全然ありだと思う。中途半端なビジネスホテルより、よっぽど気分よく過ごせるはず。

さて、久しぶりの大阪の夜。たこ焼きと串カツぐらいは食っておきたい。完全に観光客と化した俺は、近くにあった”いっとく”でサクッと1杯やる事にした。

串カツ

関西来たらコレだろ。串カツやっぱうめえな。

まだまだ食えるし飲めるな。カプセルイン大阪の隣にあるカリトロでたこ焼きを食べる事にした。

カリトロ

大阪のたこ焼き屋ってビールとか置いてるとこがマジで最高。この組み合わせもめっちゃ合うんだよな。生中とたこ焼き6個のセットで800円。

タコ焼き

ふはははははっ。マジで幸せ。ビバ大阪!

この、ひとり旅の夜の飲み食いはマジで楽しいのだ。昔はひとりで居酒屋とかちょっとな…などどひるんでいたが、馴れてしまえばどうということはない。缶よりジョッキで飲むビールのほうが圧倒的に気分が盛り上がる。

こうしてひとり旅の夜はまた更けていった。

大阪 住吉大社へ

住吉大社
御祭神
第一本宮 底筒男命
第二本宮 中筒男命
第三本宮 表筒男命
第四本宮 神功皇后
アクセス
南海本線 住吉大社駅から徒歩5分

翌日、朝早くに起きて支度をした。本日は住吉大社に参拝をしてから神戸へ向い、フェリーに乗って九州まで行く。明日は早朝に大分港に着いて、そのまま車で熊本まで行く予定だ。

梅田

四ツ橋線で住之江公園駅まで向かう。本当は南海本線で行った方が早いのだけど、昔よく行った住之江公園駅を久しぶりに見たかったのだ。

住之江公園駅からは長居公園通りを長居の方向へ15分程度。途中から左に入って住吉公園を抜けてゆくと住吉大社に着く。

公園

ちなみに南海本線の住吉大社駅で降りれば住吉大社まで徒歩5分もかからない場所に出るので、旅行で行く人はこちらを使った方がいいと思う。南海難波駅から乗れば9分。210円で行ける。

住吉大社駅

住吉大社は昔、大阪にいた頃に初詣でよく行った。新年早々、太鼓橋で転けないようかなり気を付けて行った記憶がある。うちの長男のお宮参りも住吉大社だった。

住吉大社

うわー。めっちゃ懐かしいなぁー。

太鼓橋

大晦日~元旦のここは、東京でいうと明治神宮や東京大神宮みたいな状態になる。いつも時間をずらして夜中の3時ぐらいに初詣に行っていた。3時でもまだ人は多く、この太鼓橋を渡る時はかなり慎重になった記憶がある。

地上と天上を結ぶ虹がモチーフらしく、見るのには大変美しい橋。渡る時は注意が必要。手すりがあるので端を歩くのがベストだと思う。神社全般的にそうだけど真ん中は神様の通る道だし。

太鼓橋

太鼓橋を渡ると手水舎があるので手と口を清める。

住吉大社

角鳥居の向こう側は本殿。住吉大社は本殿が四宮あってかなり独特。正面から入ると、まず第三本宮があり、その横に第四本宮。第一本宮~第三本宮までは住吉三神をお祀りしていて、第四本宮は神功皇后をお祀りする宮になっている。

住吉大社

第三本宮の奥に第二本宮、さらに奥に第一本宮と住吉三神の宮が並んでいる。参拝順序は特に決まってないそうだが、第一本宮~第四本宮を順に回るのがいいらしい。

住吉大社

住吉大社

それぞれの宮をまわり、我が子が健やかに育ってきた事に感謝を申し述べた。

ありがとうございます。

住吉大社は海や航海の安全などでも知られる神社。海によく行く人も参拝すると良いと思う。

授与所で長男の為にお守りを頂いておいた。産土参りをした神社のお守りは強力に守ってくれる気がする。幾つになっても子供は子供。なんだかんだ心配なのだ。

フェリーで九州へ

フェリー サンフラワー
商船三井の運営する関西と四国や九州を結ぶ大型フェリー。船内には大浴場などもある。瀬戸内海を通るので明石海峡大橋や瀬戸大橋の夜景などを間近で見ることが出来る。夜出港し翌日の朝、目的地に着く。寝てる間に移動が出来るので便利。当り前だが、高速バスよりは寝心地は遥かにいい。
神戸 大分 料金 8100円~ 19:00発 翌06:20着(金土は時間が変わるので注意)
http://www.ferry-sunflower.co.jp/

さて、ここから神戸へ向かい、サンフラワーというフェリーで大分港まで船旅。船旅は昔から無駄に好きだ。因みに大阪南港からもサンフラワーは出ているのだが、これは別府に行くそうだ。

ハルカス

天王寺にいる知り合いのところでちょっとした用事を済ませてJRで神戸へ。

神戸

何の迷いもなくメリケンパークの先、オリエンタルホテルへと向かった。

飛鳥

あれ?サンフラワーじゃなくて飛鳥?世界一周する豪華客船?

俺の記憶ではオリエンタルホテルからサンフラワーが出ていたはずなのだが、目の前に停泊しているのは豪華客船の飛鳥。

どういう事だよと調べてみると、サンフラワーは乗り場が六甲アイランドに変わったそうだ。まじかよ。

まぁ、時間的には余裕があるので問題はない。フェリー専用のバスは住吉駅からでているそうだ。バスは三宮ではなく住吉駅か御影駅発なので注意。

住吉は昔、友達が住んでいてよく遊んだ場所なのでムダに懐かしい。住吉駅から六甲アイラインドへ向かった。

サンフラワー

ツーリストという二等の雑魚寝の部屋にしたのだが、今日は俺と老夫婦だけで、ほぼ貸切であった。春休みシーズンなのに客少なすぎるだろ。

サンフラワー

出航してしばらくすると明石海峡大橋が見えてくる。明石海峡大橋や瀬戸大橋の真下をくぐって行けるのもフェリーならでは。

明石海峡大橋

明石海峡大橋

フェリーで行く関西から九州の旅は時間の流れがゆったりとしていて、かなりおすすめなので、1度は旅して欲しい。

大分港

朝6:20に大分港についた。ここからこのまま熊本まで行く。旅はなかなか終わらない。カンボジア、シェムリアップから帰国し、そのまま、ずっと移動し続けている。

なんだかんだ旅が好きなのだなぁと最近しみじみと思う。

旅メモ

神社での参拝や作法ちゃんとわかりますか?

伊勢神宮に行く前に、基本的な作法は覚えておいたほうがいいでしょう。基本は2礼2拍手1礼(これも場所によって違う)ですが、そういうことだけではなく神社にはルールがたくさんあります。

せっかく参拝に行くのなら、神様に好かれたほうがいいですよね?そういう訳で、旅に出る前に簡単に調べてからいきましょう。

しかし、礼儀作法のコンテンツは難解なものが多く、途中で読み疲れます。そこで、漫画です。田中ひろみの神社に行こう! ~イチからわかる参拝案内~は全編漫画でわかりやすいと思います。楽しく読んでいるうちに、基本的な礼儀作法、神話についてなどを覚えられますよ。神話や、それにまつわる解釈などを知るとより旅が、日常の参拝が楽しくなります。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でkishoooをフォローしよう!



よくよまれている記事はこちら

渡嘉敷 阿波連ビーチ 1

渡嘉敷の慶良間ブルーな海で1日ひたすら遊ぶ。これって実に贅沢な1日じゃありませんか?渡嘉敷島の阿波連ビーチでシュノーケリングしてきました。そして展望台からの絶景と夕方の美しい空をたっぷりと満喫してきた ...

2

那覇国際通り周辺は居酒屋やバーなど飲食店の宝庫。観光客向けの沖縄居酒屋を始め、ありとあらゆるジャンルの飲食店が乱立しています。東京で居酒屋を経営している友人329と共に国際通り周辺の居酒屋めぐりをして ...

キッチン 3

沖縄に長期で滞在したい場合シェアハウスが便利です。リビングやキッチンなどをみんなで共用する暮らしは出会いも会って楽しいものです。マンスリーやウィークリーマンションよりも割安です。一般的な賃貸物件と違い ...

4

石垣島といえば沖縄離島の中でも人気のある島。八重山諸島の中心になる島。今回は石垣島をメインに竹富、小浜、西表などを3週間ほど旅行してきました。石垣島ひとり旅、まずは那覇空港からJTAの飛行機で石垣島へ ...

5

阿嘉島の北浜ビーチは慶良間でも飛び抜けた透明度を誇る珊瑚の美しいビーチです。北浜と書いてニシハマビーチとかニシバマとか読みます。個人的には那覇から気軽にいけるビーチの中では北浜ビーチが最強だと思います ...

アオウミガメ 6

沖縄の慶良間諸島 座間味島はウミガメと普通に遭遇できます。ケラマカヤックセンターのシーカヤックとシュノーケリングでアオウミガメとタイマイに遭遇。その後、阿真ビーチでもアオウミガメに遭遇しました。 1 ...

宇治橋 7

天照大御神をお祀りする神宮の内宮、皇大神宮へ参拝してきました。 この旅の目的、三種の神器の1つ八咫鏡のある皇大神宮。宇治橋を渡れば別世界が広がっています。 一生に一度はお伊勢参りといわれる日本人のここ ...

-番外編 聖地を巡る旅

Copyright© 朝梟の旅行ブログ , 2018 AllRights Reserved.