番外編 聖地を巡る旅

猿田彦神社 伊勢旅行記7

投稿日:

内宮から徒歩で10分ぐらいの場所にある、道開きの神様 猿田彦大神のお祭りされている猿田彦神社。そして芸能の神様 天宇受賣命がお祭りされている佐瑠女神社。強力なパワースポットとして有名ですよね。お伊勢参りの際にはここにも是非立ち寄って下さい。(本来は内宮参拝の前にここです)

猿田彦神社と佐瑠女神社

おかげ横丁とおはらい町 伊勢神宮旅行記6

伊勢神宮参拝のあとはおはらい町、おかげ横丁で食べ歩き!内宮入口から800m続く石畳の道には土産物屋や飲食店がずらりと軒を連ねています。赤福のところを曲がればおかげ横丁。古き良き街並みで食べ歩きするのは ...

続きを見る

伊勢神宮旅行記6からのつづきです

おはらい町を抜けたところに猿田彦神社がある。道開きの神様。方位除けや交通安全にも強い。昔、天孫降臨の際に瓊瓊杵尊の道案内をしたのが猿田彦大神。後にタクシーの運転手さんに聞いたのだけど白い光が使えたのは天照大御神と猿田彦大神だけなのだそうだ。天孫降臨の話はコレがわかりやすい ひむか神話街道

猿田彦神社

日本神話は物語としておもしろい。もう少し突き詰めて、実際はこういう意味だってのを調べると色んな説があって謎過ぎる。ロマン感じるよね。日本のルーツは未だによく分かってないらしい。

猿田彦神社

ここの社も立派な造り。青紫の幕がまたかっこいい。

猿田彦神社 古殿地

古殿地。昔、御神座あった場所。十二支が刻まれている。自分の干支の文字に手を当てて祈るといいそうだ。

猿田彦神社

ご挨拶させて頂き、猿田彦大神に自分の道についての決意などを報告した。

この旅から帰ってしばらくすると、ベトナムにいる古い友人から電話があって海外に行こうという話がきた。あー、そういう事なんだなと思った。今、実際に東南アジアで暮らしている。しんどい事ももちろんあるけど、基本的には来て良かったなぁと思う。色んな事の歯車がカチッと嵌まって回り始めた気がする。ありがたい事ですね。

道開きってのが俺にはありがたい。開きたい道があるから。経営の神と詠われた松下幸之助さんも猿田彦大神を信仰してたそうだ。鈴鹿に椿大神社っていう猿田彦大神の神社があって、そこには松下幸之助神社もある。翌年の夏に椿大神社に行くことになるのだが、そこも強力な場所だった。誰にでもわかるパワースポットだと思う。

佐瑠女神社

ここには、佐瑠女神社もある。猿田彦大神の奥様、天宇受売命が祀られている。芸能の神様。ミュージシャンや俳優になりたい方にはおすすめですね。縁結びのご利益があるとされているので恋したい女子も参拝するといいと思う。神様がいい相手と巡り合わせてくれるかもよ?特定の◯◯君◯◯さんとどうこうなりたいとかそういうのはだめらしいけど。自分に合った誰かとの縁をと願うのが正解だそうだ。それはなんか分かる気がする。

たから石やさざれ石

猿田彦神社 たから石

たから石。船の形をしてる。宝船に見たてた石の上に蛇=財運!これは縁起がいいですな!

猿田彦神社 たから石

猿田彦神社 さざれ石

さざれ石。これ成長してるらしい。石が成長って…。なんかパワーありそう。

猿田彦神社 さざれ石

今回は行かなかったけど、神社の裏に神田があってそこの景色はとても良い。特に夏から秋はキレイだと思う。お伊勢参りの際は二見興玉神社と猿田彦神社にも参拝するべし!!

みちひらき御朱印帳

ここで我々はなんとなく敷居が高そうなイメージがあってスルーしてきた御朱印帳を手に入れた。道開きの神社の御朱印帳ってなんか強力そう。

みちひらき御朱印帳

早速、猿田彦神社と佐瑠女神社の御朱印を頂いた。めっちゃかっこいい。手書きってのがありがたいよね。テンション上がるわ。日本のこういう文化は好きですねぇ。美しいものが多いよね。この後も色んな場所で大活躍している。神社ごとの特色があって見てるだけでも楽しいし、そこへ行った時の事を思い出す。超強力なお守りですね。

猿田彦神社 御朱印

佐瑠女神社 御朱印

参拝を済ませた我々は歩いて五十鈴川の駅へ向かう。この辺歩くの結構好きですね。夏は虫いっぱいいるけどな。

内宮から五十鈴川駅へ

内宮から五十鈴川駅 灯籠

外宮から内宮までずーっとあるこの灯籠。ダビデ紋。謎すぎる。諸説あるけど、実際は信奉団体が昭和に入ってから作ったもので神宮の管理物ではないらしい。でも、これはこれで見る価値あると思う。
※ほんとの神宮の神紋は花菱紋です。

五十鈴川駅

五十鈴川駅

近鉄の電車に乗り松坂へと戻った。年忘れに飲んだっくれることにしよう。

さぁ、あなたも伊勢神宮へ旅立ちましょう。伊勢神宮へのお得なツアーをご紹介します

お参りに行く前に予習しときましょう!おかげ横丁公式のガイドブック

伊勢神宮に行ったらはずせないのが、おはらい町にある「おかげ横丁」。赤福本店やうまい伊勢うどん、豚捨のコロッケなどがある昔ながらの街並み。おかげ横丁公式の伊勢神宮ガイドブックです。参拝のルールや神々の知識、別宮について、そしてグルメガイドも兼ねた一冊。お伊勢参りのお供にはこの一冊です。¥1080円とお安くなっております。

松阪 サラリーマン割烹彦兵衛 伊勢旅行記8

松坂にあるサラリーマン割烹"彦兵衛"で1杯飲んできました。庶民価格の料金で割烹の美味い肴と酒を楽しむことが出来ます。美味い海鮮が食べたい!松阪牛はもう食べた!という人は彦兵衛で1杯やってみてはいかがで ...

続きを見る

次はサラリーマン割烹で飲んだくれます

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でkishoooをフォローしよう!



よくよまれている記事はこちら

渡嘉敷 阿波連ビーチ 1

渡嘉敷の慶良間ブルーな海で1日ひたすら遊ぶ。これって実に贅沢な1日じゃありませんか?渡嘉敷島の阿波連ビーチでシュノーケリングしてきました。そして展望台からの絶景と夕方の美しい空をたっぷりと満喫してきた ...

BBQ 2

沖縄でバーベキュー!旅行でもビーチパーリーやっちゃおう!沖縄はバーベキューのできる設備の整ったビーチが多数あります。現地の人はビーチパーリーといって週末などによくビーチでのバーベキューを行っています。 ...

キッチン 3

沖縄に長期で滞在したい場合シェアハウスが便利です。リビングやキッチンなどをみんなで共用する暮らしは出会いも会って楽しいものです。マンスリーやウィークリーマンションよりも割安です。一般的な賃貸物件と違い ...

4

石垣島といえば沖縄離島の中でも人気のある島。八重山諸島の中心になる島。今回は石垣島をメインに竹富、小浜、西表などを3週間ほど旅行してきました。石垣島ひとり旅、まずは那覇空港からJTAの飛行機で石垣島へ ...

5

阿嘉島の北浜ビーチは慶良間でも飛び抜けた透明度を誇る珊瑚の美しいビーチです。北浜と書いてニシハマビーチとかニシバマとか読みます。個人的には那覇から気軽にいけるビーチの中では北浜ビーチが最強だと思います ...

アオウミガメ 6

沖縄の慶良間諸島 座間味島はウミガメと普通に遭遇できます。ケラマカヤックセンターのシーカヤックとシュノーケリングでアオウミガメとタイマイに遭遇。その後、阿真ビーチでもアオウミガメに遭遇しました。 1 ...

宇治橋 7

天照大御神をお祀りする神宮の内宮、皇大神宮へ参拝してきました。 この旅の目的、三種の神器の1つ八咫鏡のある皇大神宮。宇治橋を渡れば別世界が広がっています。 一生に一度はお伊勢参りといわれる日本人のここ ...

-番外編 聖地を巡る旅

Copyright© 朝梟の旅行ブログ , 2018 AllRights Reserved.