座間味島 観光旅行 沖縄 海遊び! 沖縄離島 慶良間諸島

安慶名敷島(座間味の無人島) 絶景の海と珊瑚の森へ

慶良間諸島 座間味島のまわりには幾つかの無人島があります。座間味港から船で簡単にアクセスできる無人島「安慶名敷島(あげなしくじま)」に日帰りで行ってきました。世界が恋する慶良間ブルー、座間味の海を誰もいない無人島で味わう。不便だけど最高の贅沢です。カラフルな珊瑚や熱帯魚はもちろん、超ワイルドな珊瑚の森も楽しめる安慶名敷島。古座間味や阿真ビーチとは一味違う楽しみ方ができますよ!

座間味の無人島 安慶名敷島へ

新型コロナのパンデミックでほぼ外出できなかった2020年~2022年。俺は緊急事態宣言の合間をかいくぐって、密かに何度か沖縄に行ってました。世間の目などを多少気にして、今まで記事にしてなかったんですが、そろそろ解禁していきたいと思います。

今回の目的地は慶良間諸島 座間味にある無人島「安慶名敷島」です。これで、あげなしくじまと読みます。南北500メートルの小さな無人島。座間味から渡し船で約10分で行ける楽園。那覇から日帰りで行けます。

安慶名敷島

座間味には今までも何度も訪れていますが、無人島までは行ったことがありませんでした。安慶名敷島、嘉比島、安室島あたりは割と気軽にいけるみたいなので、是非とも行ってみたいところ。

沖縄離島の中でも屈指の美しさを誇る慶良間の海。そこに浮かぶ無人島なんて、10,000%綺麗な場所に決まってるじゃないですか。

珊瑚とスズメダイ

古座間味の前のデカい無人島「安室島」にするか、珊瑚がヤバいという「安慶名敷島」にするか迷いましたが、今回は安慶名敷島に行く事にしました。

珊瑚の森

安慶名敷のちょっと深いところにある珊瑚の森という場所に行ってみたいんですよね。参考→珊瑚の楽園(通称:珊瑚の森)を冒険 無人島「安慶名敷島」

しかし無人島はいつものように単独、ぼっちで行くのはちょっとリスクが高い場所。安慶名敷島は潮の流れも速いみたいだし、一歩間違えると誰にも気づかれる事無く海の藻屑と化してしまう可能性があります。

うっかり命を落としてしまうのはちょっと困るな…。できれば長生きしたい

というわけで、久しぶりに千代田インコ氏に強制的に休みを取らせ、成田から緊急事態宣言が解除されたばかりの沖縄へ。それー!

飛行機

那覇空港

千代田インコ
那覇空港変わってねーなぁ。沖縄来たのは5年前の水納島ぶりですね!今回も泳ぎましょう!飲んだっくれましょう!

安里のカプセルホテルに1泊し、翌日朝から高速船クイーンざまみで座間味島へ向かいます。

泊港

クイーン座間味

ちなみにこれ、水着とラッシュガード。普通の服とか着ていかない方がいいです。

クイーンざまみやフェリーざまみについては、こちらの記事で。

座間味 日帰りの旅 古座間味ビーチで遊ぼう!

那覇から日帰りで座間味島の古座間味ビーチに遊びに行ってみました!座間味は国立公園となった慶良間諸島の島のひとつ。慶良間への日帰りというと、距離的に渡嘉敷島に行く人が多いのですが、座間味も充分日帰り可能 ...

続きを見る

座間味に来るのは↑この時の日帰り古座間味満喫ツアー以来、2年ぶりです。

安慶名敷島へは無人島渡し 第三安清丸で!

座間味港のターミナルを出て左手を見ると、無人島行きの船「無人島渡し 第三安清丸」があります。安慶名敷島、嘉比島、安室島などへ渡してくれます。

無人島渡し 第三安清丸

黄色い看板が目印です。だいたい人は乗ってないので電話しましょう。すぐに駆けつけてくれます。安慶名敷島までの運賃は往復で1,500円(子供は1,000円)です。安くないですか?

船に乗ると行先や、帰りの時間などを聞かれます。帰りの船の時間なども考慮してゆとりを持った時間に迎えに来てもらいましょうね。俺たちは帰りもクイーンざまみなので夕方まで遊べますが、フェリーざまみだったら出港時間かなり早いので気を付けて。

無人島渡し 第三安清丸

座間味港から安慶名敷島まではだいたい10分ぐらい。

漁船ですな。乗り心地は普通にいいよ。めっちゃ爽快

船でシュノーケルセットなんかも借りる事ができるので便利です。手ぶらでも、水着さえ着とけば無人島遊びに行けますね。

シュノーケルセット

レンタルの値段あんまり覚えてないんだけど、1個500円ぐらいだったかな…多分

安慶名敷島が見えてきました。港などないので、船がギリギリいける浅瀬で降ろしてもらいます。つまり、船に乗る前には水着に着替えとかないと、ずぶ濡れになるという事ですね。気を付けましょう。

第三安清丸

千代田インコ
ついでに注意点としては、無人島には店とかトイレとかありません。食べ物や飲み物は絶対必須。座間味の売店などで買っておくべし。おにぎりめっちゃ買っといてほんと正解だった

おにぎり

おにぎり

あと、俺たちのように泳ぎまくるつもりの人はいいんだけど、そうじゃない人はパラソル借りた方がいいかも。熱中症になりかねない。

安慶名敷島の海 めっちゃキレイで笑う

超絶景 美しすぎる景観

安慶名敷島

これが安慶名敷島からみた海。正面に見えるのは嘉比島。あれも無人島です。

ぐへー。なんだこの色。バスクリンかよ
千代田インコ
これはヤバいですな。さすが無人島ですね。何もないけど超贅沢

海

海からみた安慶名敷島

海からみた安慶名敷島。マジで砂浜と小さな丘だけ。日陰は一切ありません。やはりパラソルはあった方がいいですね。この日もカップルがパラソルの下で楽しそうにしてました。

安慶名敷島から見た座間味

島の北側に行くと座間味の町が見えます。こっち側はあんまり人来ないので、トイレ行きたくなったらこの辺で海に浸かって放出すれば、分からないんじゃないかな。

俺なんかは、普通に泳ぎながら垂れ流しますけどね。

泳ぐのはこっち、嘉比島が見える方です。方角で言うと西側。すごいざっくりだけど、参考にどうぞ↑

渡し船を降りる時、どこで泳ぐかどこが危険かなど、ある程度説明してくれるので、真面目に聞いときましょう。関係ないとこ行くと潮の流れが速く、遥か彼方に連れていかれるので要注意。東側と南側は特に危険らしいよ。

浅瀬はカラフルで賑やか 熱帯魚うじゃうじゃいる

※注意巨大なゴマモンガラや、ウツボなど危険生物も普通にいます。なんでもかんでも触らないように気を付けましょう。特に岩系はウツボ出てきます。超至近距離で見て腰抜けそうになりました…。

珊瑚

さっそく海に入ってみます。砂は真っ白ですね。珊瑚とその死骸がめっちゃあります。

海水浴

めっちゃハイテンションで泳ぐ千代田インコ。この人、水泳歴がかなり長いので少々ハードな場所でも問題なく泳げます。

珊瑚

魚群

千代田インコ
浅瀬でも流れはありますね。気が付くとかなり流されてる

たまに水面に顔を上げて、自分がどの辺にいるか場所を把握しといた方がいいと思います。思ってるのと全然違うところにいる可能性があります。古座間味や阿真ビーチとはちょっとレベルが違いますね。

スズメダイ

スズメダイの集まってる場所は結構ありました。近くで見ると超きれい。THE・南国の海って感じ。

スズメダイ

珊瑚

安慶名敷島の海

浅瀬でもこのくらいの景色は見ることができます。泳ぎが得意じゃない人でもある程度楽しめるんじゃないかな

珊瑚養殖

安慶名敷島の海には所々にこういう杭があって、そこに珊瑚が繁殖してました。かなり面白い風景ですね。珊瑚を育ててるんだろうな。

安慶名敷島 海水浴

安慶名敷島 珊瑚の森 超きれいだけど流れ速いので注意

その日の干潮、満潮によって時間がかわりますが、流れが弱くなる時間帯があります。↑このブイがまっすぐ立つようになったら珊瑚の森に行くチャンスです。

ブイの方に向かって泳いでいくと、いきなりめっちゃ深くなります。10Mぐらいはあるかな?海の色もガラッと変わって深い青になります。そこに珊瑚がぎっしり生えてるんですね。

珊瑚の森

この辺は潮の流れが弱くなってても、気を抜くと危険ですね。けっこう流される。

珊瑚の塊

海底の珊瑚の塊にちょっと近づいてみると、なかなかの迫力。ずーっと向こうまで珊瑚が続いてます。写真だと分かりにくんですが、これめっちゃデカいんですよね。

珊瑚の塊

カラフルな珊瑚ではないので思ってたのと違うって人もいるかもしれませんね。しかし、神秘的な美しさはあります。

安慶名敷島 珊瑚

安慶名敷島 深い場所

補正してるんで明るく見えますが、実際はもっと真っ青で暗い感じです。

珊瑚と熱帯魚

安慶名敷島 珊瑚の森

安慶名敷島のコアポイント「珊瑚の森」なかなか見応えがありました。野生の生命力溢れる海って感じです。しかし、ここは初心者向けじゃないなぁ。

安慶名敷島

海を上がるともう夕方。そろそろ迎えの船が来る時間です。

泳いだあとの酒は染みる

座間味の無人島を満喫した俺たちは、那覇に戻り泊港から夜の牧志へ。普通の居酒屋やせんべろなどをはしごし、久しぶりの沖縄の夜を堪能しました。海行った日の酒はめっちゃ美味い。美味すぎる(笑)

ビール

緊急事態宣言中は、何年もこのままだったらどうしようかと思ったね。沖縄来れてよかった
千代田インコ
普通の毎日や、旅先で飲む酒がどれほど大事な物なのかを思い知りましたね

ステーキ

蛸屋

オリオンビールと島酒をかっ食らった俺たちは、カプセルホテルで泥のように眠りました。良い一日になったんじゃないですかね。短い滞在ですがこれぞ夏の休日という感じで満喫できました。

安慶名敷島は行く価値あり しかし家族連れにはおすすめできないかも?

安慶名敷島は景色良し、海の中も良しでいい島。一度は行って欲しいと思う場所です。古座間味や阿真ビーチとは違う、野生の迫力があります。

ただ、潮の流れが速いのと、ライフセイバーなど「いざという時助けてくれる人がいない環境」という事は理解して行った方がいいですね。沖縄のビーチでよく見るクラゲ避けのネットもありません。ウツボなんかも普通にいます。

要するに安慶名敷島の海は、初心者に優しい海ではありません。

流れに抵抗しながら泳ぐので体力もめっちゃ使います。前日は深酒しない方がいいでしょう。「沖縄着いたー!オリオンじゃ!泡盛じゃ!」と逸る気持ちは分かりますが、二日酔いで行くとかなりヤバい場所です。フェリーや座間味港などでビール飲んでいくのもやめた方がいいでしょう。

今回のように「沖縄の海にはある程度慣れているおっさん二人」のパーティなら問題なく楽しめますが、小さな子供連れの家族旅行だと厳しいかも。小中学生でも泳げない子は危険かな(※インストラクターのいるツアーとかなら別ですが)。

正直、うちの息子達を連れて来ようとは思わなかったなぁ。ヒヤヒヤしたくないから。俺自身は多分また来るけど

安慶名敷島に行く際は、そこそこ体力のある、普通に泳げる大人だけでパーティを組んで行く事をおすすめします。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でasafukuoをフォローしよう!

沖縄のウイークリーマンション・マンスリーマンション おすすめはここ!2021~2022年版

沖縄のウイークリーマンションやマンスリーマンションをご紹介します!数週間~数ヶ月の長期滞在をする場合、頭を悩ませるのが住む場所です。賃貸契約するわけにもいかないしホテルは高いし。そんな訳で今回は「居心 ...

続きを見る

沖縄 那覇 激安・格安ゲストハウス 10選!安くてキレイな宿に泊まろう!

沖縄一人旅や少人数グループでの旅行ならゲストハウスがお薦めです。特に那覇はドミトリーなら1000円以下で宿泊可能なゲストハウスも多数存在します。個室もホテルや旅館に比べ安く使えるので"少しでも安く旅行 ...

続きを見る

激安防水アクションカム5選 想像以上に使えます

防水のアクションカメラは沖縄旅行でのダイビング、雪山でのスノボやスキーなどで大活躍する「動画を撮るための小さなカメラ」です。アクションカメラ、アクションカムとかウェアラブルカメラなどと呼ばれています。 ...

続きを見る

ラッシュガードで体型カバー!気楽に海を楽しもう!

夏の海で活躍するラッシュガード!強烈な紫外線から肌を守ってくれる上に、体型もカバーしてくれます。ダイエットが間に合いそうにない人は試してみては?日焼け防止や虫よけになるし、着たまま泳ぐことも出来るので ...

続きを見る

足元がクッソ快適なTevaのサンダルをご紹介

サンダルは夏の必需品。沖縄旅行でも当然大活躍する、快適すぎるテバのサンダル ハリケーンをご紹介します。値段もそこそこしますが、履き心地が最高。個人的にも使っている、もう手放せないアイテムです。夏の足元 ...

続きを見る

沖縄 バーベキューをビーチでやろう!BBQにおすすめのビーチはここ!

沖縄でバーベキュー!旅行でもビーチパーリーやっちゃおう!沖縄はバーベキューのできる設備の整ったビーチが多数あります。現地の人はビーチパーリーといって週末などによくビーチでのバーベキューを行っています。 ...

続きを見る

那覇のラーメン屋
沖縄 那覇のラーメン屋 おすすめの店をピックアップ!(2022年改訂版)

沖縄 那覇でラーメンを食べるならこの店は外せない!そんなお店をご紹介します。沖縄でラーメン?と思う人も多いと思いますが、実力のあるラーメン屋も多数出店しているエリアなんです!沖縄ソバもすきだけど、やっ ...

続きを見る

キッチン
沖縄 シェアハウスを集めてみた

沖縄に長期で滞在したい場合シェアハウスが便利です。リビングやキッチンなどをみんなで共用する暮らしは出会いも会って楽しいものです。マンスリーやウィークリーマンションよりも割安です。一般的な賃貸物件と違い ...

続きを見る

人気の観光・旅行記事はこちら!

アオウミガメ 1

沖縄の慶良間諸島 座間味島はウミガメと普通に遭遇できます。沖縄でウミガメと泳ぎたい!だったら座間味でしょう!今回はケラマカヤックセンターのシーカヤックとシュノーケリングでアオウミガメとタイマイに遭遇。 ...

2

沖縄観光では定番中の定番、最も有名な観光スポット美ら海水族館へ!沖縄バスのバスツアーで行ってきました。ジンベエザメやマンタの泳ぐ黒潮の海をはじめ、美ら海水族館、海洋博公園にはたくさんの見所がありました ...

渡嘉敷 阿波連ビーチ 3

渡嘉敷島の阿波連ビーチは那覇から日帰りでも行ける極上のビーチです。今回は渡嘉敷に宿泊し、阿波連ビーチでシュノーケリングしてきました。渡嘉敷の慶良間ブルーな海で1日ひたすら遊ぶ。これって実に贅沢な1日じ ...

4

那覇国際通り周辺は居酒屋やバーなど飲食店の宝庫。観光客向けの沖縄居酒屋を始め、ありとあらゆるジャンルの飲食店が乱立しています。居酒屋を経営している(現在はラーメン屋に転身)友人と共に国際通り周辺の居酒 ...

5

久米島は那覇から100kmほど離れた場所にある大型の離島。久米島は、見どころ満載の島。観光する楽しみが詰まった島です。海も山も揃った贅沢な時間を過ごせます。東洋一美しいと言われる「はての浜」の海だけで ...

6

石垣島といえば沖縄離島の中でも人気のある島。八重山諸島の中心になる島。今回は石垣島をメインに竹富、小浜、西表などを3週間ほど旅行してきました。石垣島ひとり旅、まずは那覇空港からJTAの飛行機で石垣島へ ...

7

阿嘉島の北浜ビーチは慶良間でも飛び抜けた透明度を誇る珊瑚の美しいビーチです。北浜と書いてニシハマビーチとかニシバマとか読みます。個人的には那覇から気軽にいけるビーチの中では北浜ビーチが1番きれいな気が ...

宇治橋 8

伊勢神宮の内宮は、天照大御神をお祀りする日本有数の聖地。内宮は正式には皇大神宮といいます。 宇治橋を渡れば別世界が広がっています。 一生に一度はお伊勢参りといわれる日本人のこころの故郷、伊勢神宮。あな ...

9

那覇から日帰りで座間味島の古座間味ビーチに遊びに行ってみました!座間味は国立公園となった慶良間諸島の島のひとつ。慶良間への日帰りというと、距離的に渡嘉敷島に行く人が多いのですが、座間味も充分日帰り可能 ...

10

沖縄のウイークリーマンションやマンスリーマンションをご紹介します!数週間~数ヶ月の長期滞在をする場合、頭を悩ませるのが住む場所です。賃貸契約するわけにもいかないしホテルは高いし。そんな訳で今回は「居心 ...

-座間味島 観光旅行, 沖縄 海遊び!, 沖縄離島 慶良間諸島

Copyright© 朝梟 沖縄旅行 , 2022 AllRights Reserved.