慶良間の旅 渡嘉敷旅行記

渡嘉敷、阿波連の朝日は超神秘的 渡嘉敷旅行記7

投稿日:

渡嘉敷島、阿波連のクバンダキ(阿波連)展望台から眺める朝日と海。神秘的な景色を撮りまくってきました。朝の清々しい景色をどうぞ。

夜明け前のクバンダキ(阿波連)展望台へ

阿波連のダイニングバー オクトパスガーデン 渡嘉敷旅行記6

渡嘉敷島 阿波連集落は居酒屋とか少ないんですよね。でも、せっかくの渡嘉敷旅行だし夜はワイワイ飲んで楽しみたいと思いませんか?そんな願いを叶えてくれるのが、阿波連で夜遅くまで開いてるダイニングバー オク ...

続きを見る

渡嘉敷旅行記6からのつづきです。

am5:00に俺とヤマちゃん(この旅の連れ)はむくりと起き上がり阿波連ビーチへと向かった。

こんな早朝に起きたのはクバンダキ(阿波連)展望に朝日を拝みに行くためだ。夏の日の出は早い。

昨日はボチボチ飲んだが22:00ぐらいには寝たので体力は完全に回復している。

日の出前の阿波連集落

阿波連の町を抜けビーチに着くと空は紫からオレンジにグラデーションがかかってとても幻想的な景色だった。

日の出前の阿波連ビーチ

青で丸付けてるとこがクバンダキ展望台。

阿波連展望台とも言われているが正式名称はクバンダキ展望台。

この辺り、昔は神を迎える神聖な場所として祈りを捧げるとこだったそうだ。

このまま真っ直ぐビーチを進んで岩のトンネルを抜け、右手にある階段を上がっていくと展望台に辿り着く。

日の出前の阿波連ビーチ

まだ月が出ている。朝のビーチは空気も冷たくて気持ちがいい。

まだ月でてんな
ヤマちゃん
めっちゃ幻想的な景色だねぇ。ホント仕事休んできてよかった

この段階で既に美しいが、クバンダキ展望台まで上がるとなおさら美しい景色に違いない。

日の出前の阿波連ビーチ

展望台に上がってみた

岩のトンネルをくぐり階段をひたすら上ると視界が一気に開ける。

遠く座間味や阿嘉島なども見渡せる。

阿波連展望台からの景色

太陽はまだ見えないが既に明るい。

阿波連展望台からの景色

朝の方がキレイじゃん! 
ヤマちゃん
空気も水も澄んでるからね 
朝日は逆側か。海じゃなくて山から上がってくんだな 

阿波連展望台からみる無人島

このくらいの時間が1番きれいだった。

今回はパノラマ写真も撮っておいた。こっちの方が実際見てる景色に近い。

渡嘉敷の朝日を拝む

もうすぐ朝日が上るはず。

少しずつ、山の上が光を放ち始める。リアルタイムでみる朝日とか久しぶり。

渡嘉敷の朝日

渡嘉敷の朝日

神々しい輝き。

一気に周りの景色が色づき始める。

渡嘉敷の朝日

早起きしてきた甲斐があったわ。神々しい景色だのぉ 
ヤマちゃん
That's amazing!!!(妙に発音いい)
何このテンション…朝からクレイジーすぎだろ…

海面に朝日が反射してキラキラしている。

渡嘉敷の朝日

朝日が昇りきると海の色も変わっていく。

今はベタ凪。雲が海面に映ってる。

朝の阿波連

この清々しい空気は写真では伝えられないのが残念。めちゃくちゃ気持ちがいい。

このあたりが神聖な場所だったのもわかるね。パワースポットみたいなもんか。

朝の阿波連

慶良間の島々もよく見える。

朝の阿波連

白人の老人なども展望台へ上がってきた。みんな考える事は一緒ですね。

海を見るとSUP(スタンドアップペダル)で朝の海を悠々と進んでいる人たちがいた。

大型のサーフボードみたいな板に乗って立ってオールを漕ぐやつ。安定感も抜群だろう。

昼間は暑そうで絶対やりたくないが、こういう時間なら気持ちいいに違いない。

いいなーあれ。めっちゃやりたいわ
ヤマちゃん
完全に海独り占めだもんな
俺らも人少ないうちに泳ごうぜ

とても良い日の出を見ることが出来た。朝飯食ったら海に入ろう。

那覇からでもお手軽に慶良間の海でアクティビティ!1日体験ダイビングで慶良間の海を満喫できるよ!

公安委員会指定優良店による 那覇発 慶良間1日体験ダイビング&シュノーケリングツアー10000円

まる1日ケラマ諸島のキレイな海で遊ぶコトができる体験ダイビング&スノーケルのツアーです。公安委員会指定優良店のツアーなので安心。那覇市内のホテルまで送迎もOK昼食付きのプランになります。トイレ・シャワー・更衣室なども完備した大型船で行く慶良間の海!体験ダイビングとシュノーケル、合計7時間のツアーで10000円は安すい!!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でkishoooをフォローしよう!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でkishoooをフォローしよう!

カクレクマノミ
阿波連ビーチのカクレクマノミ 渡嘉敷旅行記8

慶良間はクマノミの数が多くビーチで簡単に出会えます。朝の阿波連ビーチでハマクマノミ、クマノミ、カクレクマノミと3種類のクマノミを発見しました。那覇から船で1時間。お手軽にクマノミが見たい人には最適なビ ...

続きを見る

次はクマノミと遊びます

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でkishoooをフォローしよう!

激安防水アクションカム5選 想像以上に使えます

防水のアクションカメラは沖縄旅行でのダイビング、雪山でのスノボやスキーなどで大活躍する「動画を撮るための小さなカメラ」です。アクションカメラ、アクションカムとかウェアラブルカメラなどと呼ばれています。 ...

続きを見る

ぽっちゃりお腹
海での体型カバーにラッシュガード

1 ラッシュガードとは一体なんなのか?2 便利な格安ラッシュガード3 太って海を諦めた人が多いので紹介してみた ラッシュガードとは一体なんなのか? ラッシュガードは元々はサーファーが海で身体を守るため ...

続きを見る

足元がクッソ快適なTevaのサンダルをご紹介

サンダルは夏の必需品。沖縄旅行でも当然大活躍する、快適すぎるテバのサンダル ハリケーンをご紹介します。値段もそこそこしますが、履き心地が最高。個人的にも使っている、もう手放せないアイテムです。夏の足元 ...

続きを見る

BBQ
沖縄 バーベキューをビーチでやろう

沖縄でバーベキュー!旅行でもビーチパーリーやっちゃおう!沖縄はバーベキューのできる設備の整ったビーチが多数あります。現地の人はビーチパーリーといって週末などによくビーチでのバーベキューを行っています。 ...

続きを見る

那覇のラーメン屋
沖縄 ラーメン おすすめの店

沖縄 那覇でラーメンを食べるならこの店は外せない!そんなお店をご紹介します。沖縄でラーメン?と思う人も多いと思いますが、実力のあるラーメン屋も多数出店しているエリアなんです!沖縄ソバもすきだけど、やっ ...

続きを見る

派遣で働く
沖縄で働くなら!おすすめは派遣のお仕事!

沖縄で働くのであれば、派遣会社に登録して「販売のお仕事」で働くのがおすすめです。よく問題視される沖縄の賃金。しかし派遣の場合は賃金も高めです。沖縄在住だけど仕事がない、沖縄で働きながらダイビングしたい ...

続きを見る

長期の旅行や出張の友。マジで便利な初期費用、解約手数料無しのwifiルータ!

初期費用、解約手数料無し、申込の際に本人確認書類は原則必要なしのwi-fi東京のルータ。WEBからの簡単申し込みで翌日にはレンタルが可能の。即日発送も対応。ルータを返すのもポストに投函するだけと簡単。長期の場合、日額216円~と料金的にも問題ない。部屋にwifiないらしい…。そんな時確実に活躍する。

よくよまれている記事はこちら

渡嘉敷 阿波連ビーチ 1

渡嘉敷の慶良間ブルーな海で1日ひたすら遊ぶ。これって実に贅沢な1日じゃありませんか?渡嘉敷島の阿波連ビーチでシュノーケリングしてきました。そして展望台からの絶景と夕方の美しい空をたっぷりと満喫してきた ...

2

那覇国際通り周辺は居酒屋やバーなど飲食店の宝庫。観光客向けの沖縄居酒屋を始め、ありとあらゆるジャンルの飲食店が乱立しています。東京で居酒屋を経営している友人329と共に国際通り周辺の居酒屋めぐりをして ...

キッチン 3

沖縄に長期で滞在したい場合シェアハウスが便利です。リビングやキッチンなどをみんなで共用する暮らしは出会いも会って楽しいものです。マンスリーやウィークリーマンションよりも割安です。一般的な賃貸物件と違い ...

4

石垣島といえば沖縄離島の中でも人気のある島。八重山諸島の中心になる島。今回は石垣島をメインに竹富、小浜、西表などを3週間ほど旅行してきました。石垣島ひとり旅、まずは那覇空港からJTAの飛行機で石垣島へ ...

5

阿嘉島の北浜ビーチは慶良間でも飛び抜けた透明度を誇る珊瑚の美しいビーチです。北浜と書いてニシハマビーチとかニシバマとか読みます。個人的には那覇から気軽にいけるビーチの中では北浜ビーチが最強だと思います ...

アオウミガメ 6

沖縄の慶良間諸島 座間味島はウミガメと普通に遭遇できます。ケラマカヤックセンターのシーカヤックとシュノーケリングでアオウミガメとタイマイに遭遇。その後、阿真ビーチでもアオウミガメに遭遇しました。 1 ...

宇治橋 7

伊勢神宮の内宮は、天照大御神をお祀りする日本有数の聖地。内宮は正式には皇大神宮といいます。 宇治橋を渡れば別世界が広がっています。 一生に一度はお伊勢参りといわれる日本人のこころの故郷、伊勢神宮。あな ...

-慶良間の旅, 渡嘉敷旅行記

Copyright© 朝梟の旅行ブログ , 2018 AllRights Reserved.