久しぶりの沖縄長期滞在 2ヶ月 慶良間の旅 阿嘉島旅行記

阿嘉島に日帰りで行ってみた

投稿日:

阿嘉島は日帰りで行ける美しい離島。ニシバマビーチをはじめ、美しい珊瑚礁に囲まれた島です。阿嘉島は那覇泊港からフェリーや高速船で1時~1時間半で到着。日帰りで行ける離島の中では最高ランクの海を持つ阿嘉島。沖縄本島でこのレベルの場所を探すのは至難の技だと思います。マジで感動します。これぞ求めていた南国の海!と興奮すること間違いなしです!とにかく美しい海が見たいと思う人は足を運んでみて下さい。

阿嘉島日帰りの旅 ニシバマビーチを満喫!

珊瑚と魚

阿嘉島日帰りアクセス&スケジュール
那覇の泊港からフェリーか高速船で阿嘉島へ向かう

フェリーざまみで行く場合 往復4,030円
10:00 那覇泊港発 ~ 11:30 阿嘉港着
16:30 阿嘉港発 ~ 18:00 那覇泊港着
4時間ぐらいニシバマビーチで遊べる

高速船クイーンざまみで行く場合 往復5,970円
09:00 那覇泊港発(座間味経由) ~ 10:10 阿嘉港着
17:20 阿嘉港発 ~ 18:10 那覇泊港着
6時間ぐらいニシバマビーチで遊べる

時間を間違えると帰れなくなるので要注意!!

ついこの前、泊まりがけで遊んできた阿嘉島。しかし、ちょうどその頃、台風が近づいてきたため、海は最高のコンディションではなかった。

ニシバマビーチ(阿嘉島 北浜ビーチ)に行ってきた

阿嘉島の北浜ビーチは慶良間でも飛び抜けた透明度を誇る珊瑚の美しいビーチです。北浜と書いてニシハマビーチとかニシバマとか読みます。個人的には那覇から気軽にいけるビーチの中では北浜ビーチが最強だと思います ...

続きを見る

それでも阿嘉島は充分に美しく、しっかりと楽しむ事が出来たのだけど、どうせなら、一番いい状態を見てみたいと思っていた。

そういう理由で、夏の終わりのよく晴れたある日、俺は最高のコンディションの阿嘉島、ニシバマビーチを日帰りで見に行く事にした。

ひとり旅は好きだけど、海に行く場合はひとりだと何かあった時マズイ。誰かしら連れてく必要がある。

ちょうど沖縄に移住してきた爽誠司というアホが暇を持て余しているはずなので召喚する事にした。こいつは東京時代から5年以上付き合いがある。さわやかイケメン野郎。常に女子にきゃあきゃあ言われている。

えっ?日帰りで阿嘉島ですか?行きたいですけど、俺ちょっと最近忙しいんで厳しいかも…。
あー。そうなんだ。じゃあ、とまりん着いたら電話しろよ。遅刻すんなよ。
選択肢は与えない訳か。…めんどくせぇなぁこのオッサン。
かくして、我々は平和に、和やかにベストコンディションの阿嘉島へ向かう事になった。

泊港

当日、旅の道連れ達は不貞腐れた顔でやってくるかと思いきや、意外とハイテンションでやってきた。爽誠司と数名の知り合い達。

泊港

とまりんでサクッと受付を済ませ、フェリーざまみに乗り、しばし船旅。沖縄本島からおよそ40kmを突き進む。

フェリーざまみ

1時間半程度で阿嘉島に着いた。今日も波もなく至って平和な航海。

阿嘉島

阿嘉島

めっちゃ天気いいな。これならニシバマもコンディションいいだろ。
ダイビングで近くまで来た事あるけど、上陸するのは初っスわ。のどかっスね。

akamap

港から歩いて15分。ニシバマビーチへ。爽誠司達はまだ若く、歩く事に文句を言わないので良い。

これが35ぐらいのオッサンばかりだと10分ぐらいで不満が噴出することになる。暑いとかしんどいとか、タクシー拾おうとか。知らんがな。

阿嘉島港

この道もなれたもんだ。慶良間の島々は、ある程度だが土地勘が出来たので今後来る時は楽だろうな。渡嘉敷、座間味、阿嘉島はざっくり分かるようになった。

初めて来る人は、この道を何分で歩けるか計測しておいた方がいい。時間を読み間違えると帰りの船に間に合わなくなる可能性がある。時間に余裕を持って、30分前には港に着くようにした方がいい。特に泳いだ後は体も疲れ切っているのでギリギリで行動するのはおすすめしない。

虹浜ハウス

ニシバマビーチの海の家的な店、虹浜ハウスで必要な物などを借り、少し店主とくっちゃべってからビーチへと向かう。この前来たばかりだったので向こうも顔は覚えていたようだ。

虹浜ハウス

阿嘉島に行く時は、最初から水着プラスTシャツなどで行くと現地に着いてから着替えたりする手間が省けるのでおすすめ。

海に行く時はオシャレとかより機能性重視の方がいいと思う。着替える場所がないとこも多いし、あっても混むところが多い。

ニシバマビーチの場合、着替えるならシャワールームなんだけど数が少ないので場合によってはかなり待たされる。

ニシバマビーチは最高の透明度

前回は台風直前の悪天候で視界が悪かったが、今日のニシバマはコンディション最高!めっちゃ天気がいい!

ニシバマビーチ

太陽の光が海の底に反射してめっちゃ明るい。透明度もこの前と全然違う。

ニシバマビーチ

ダイバーの爽は美しい海は見慣れているはずだが、ニシバマビーチの美しさに関しては想定外だったらしく驚いていた。

なんすかコレ。船で沖までいかなくてもめっちゃきれいっすね。

珊瑚と魚

珊瑚と魚

浅瀬も天気がいいと、日光を反射して幻想的な景色になる。波の揺らぎと光が織り成す美しい景色。海底に映る波紋めっちゃ好き。

スズメダイ

中間地点から魚だらけ

珊瑚

ニシバマビーチはひたすら浅瀬が続いて遊泳可能な区域の奥の方まで行くと一気に深くなる。中間地点から多少深さが出てくるのだがその辺までいくと、熱帯魚がちょっと引くぐらい集まってくる。

珊瑚と魚

魚正面

この顔、毎回笑ってしまう。かわいいけど、めっちゃイカツイ。

珊瑚

この辺の珊瑚の色も晴れていると鮮やかに見える。前回より色味が濃く感じる。

熱帯魚

ニシバマビーチ

魚達と一緒にフワフワと泳いでいるのは心地よい。マジでリラックスできる。

仕事や人生に行き詰まった人はこういう場所に来ると、心が再生されるのではないだろうかと思う。

ニシバマビーチ

実際、俺が沖縄に来るようになった初期の頃は、精神的に人生最大のダメージを負っていた頃だったしなぁ。何もかも上手くいかなくて、生きてるのがしんどくて仕方なかった。

めっちゃ綺麗な海を見てると、割りとマジで、色々なしんどい事を忘れられる。そもそも泳ぐのが大変で他の事を考える余裕がなくなる。

束の間だけど、そういう時間があると、多少リセットできて前向きになれた。疲れ切った人にこそ、こういう場所をおすすめしたいと思う。

珊瑚

泳ぐ人

爽の知り合いたちもかなり楽しそうに泳いでいた。まぁこんだけ奇麗な場所ならだれでもテンション上がるよね。

ここからドロップダウン

俺と爽は他の数名をほったらかして、深いところでひたすら遊んだ。まぁみんな大人だしほっといても大丈夫だろ。

魚

ここいいっすねー。めっちゃ遊べますわ。

岩と魚

ニシバマビーチ

上からみるとこんな感じなのだが

珊瑚

下までいくとこんな感じ。濃い青がめっちゃきれいで感動する。

海の底

ニシバマビーチ

海底では海ヘビがにょろにょろと這いずり回っていた。しかしダイバーとして何本も潜っている爽はこういうのも慣れている。

俺、海ヘビ近くで撮ってきますよ

とカメラを手にまた潜っていった。

海ヘビ

昔、初めてコイツらに遭遇した時は死を覚悟したが、なんだかんだ、どこでもよく見かけるし、今では特に何も思わなくなってしまった。慣れって怖い。

因みに、海ヘビは好奇心旺盛でたまに向こうから近づいてくる事もあるが、そういう時、パニクってバタバタ動き回ると危険らしい。

海ヘビが、やる気満々で自ら人間を噛みに来ることはないが、逃げようと動き回ると、フィンなどが当たり、攻撃されたと勘違いしたヘビが噛むそうだ。噛まれると死に至る可能性があるので注意が必要。

クラゲ

時期的に8月の終わりだからか、今回はクラゲも何度か見かけた。クラゲは西表や石垣島でも渡嘉敷でも何度も遭遇しているが、全く慣れない。西表の時はウエットスーツを着ていたのだが、クラゲを掻き分けて泳ぐのは、あまりいい気分ではないね。

コイツらはだいたい気を抜いている時にいきなり目の前に現れるので困る。

はっ?おわっっ!!なんだよこのクラゲ?めっちゃビビるわ!!
どんだけビビりなんすかww

かなり取り乱し恥ずかしい思いをすることになった。

黄色い魚

黄色い魚

ブダイ

存分にニシバマを楽しんだ我々は浜に向かって戻った。泊りだと、この後の事など特に考えず、体力の続く限り遊びまわれるが日帰りだとそうはいかない。

珊瑚

魚

ブダイ

無事ビーチにたどり着いた我々はシャワールームに向かった。

ニシバマビーチのシャワーは有料。200円。何故か不明だが、先にシャワーを使っていた中国か台湾のおっさんが、残り何分かあるから使えよとシャワーを譲ってくれた。いいやつだな。マジで感謝。

虹浜ハウスにレンタルしたフィンなどを返しに向かった。たまたま虹浜ハウスの奥さんが港に行く用事があったらしく、ついでに車で送ってくれた。ほんとマジでラッキー。阿嘉島はなんかわからんが、ちょっとしたいいことが起こるな。

帰りのフェリーでは、みんなぐったりと眠っていた。ニシバマビーチは美しいが距離があるので体力はかなり消耗する。しかしこの程よい疲れでフェリーで寝るのも割と気持ちいい。爽は「次はライセンス取って座間味の知志と砂辺のお花畑一緒に行きましょう!」と言っていた。俺は今年、オープンウォーターライセンスを取得する予定だったのだが仕事的な部分でクソ忙しく出来なかった。来年はそういう部分も実行できたらいいなぁと思う。

渡嘉敷島に続き、阿嘉島も日帰りで充分遊べるということが判明した。泊まりの方が面白いのは間違いないが、スケジュール的に厳しい場合や、宿が取れなかった場合などは日帰りで行くのもいいんではないだろうか。

海中道路ドライブ 伊計島へ

海中道路の1番奥に位置する伊計島。ドライブがてら海中道路をひた走り伊計島へ!伊計島には伊計ビーチと大泊ビーチがあるのですが、今回は大泊ビーチへ。めったに行かない沖縄本島の東海岸(太平洋側)のビーチで遊 ...

続きを見る

次は海中道路をドライブ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でkishoooをフォローしよう!



よくよまれている記事はこちら

渡嘉敷 阿波連ビーチ 1

渡嘉敷の慶良間ブルーな海で1日ひたすら遊ぶ。これって実に贅沢な1日じゃありませんか?渡嘉敷島の阿波連ビーチでシュノーケリングしてきました。そして展望台からの絶景と夕方の美しい空をたっぷりと満喫してきた ...

BBQ 2

沖縄でバーベキュー!旅行でもビーチパーリーやっちゃおう!沖縄はバーベキューのできる設備の整ったビーチが多数あります。現地の人はビーチパーリーといって週末などによくビーチでのバーベキューを行っています。 ...

キッチン 3

沖縄に長期で滞在したい場合シェアハウスが便利です。リビングやキッチンなどをみんなで共用する暮らしは出会いも会って楽しいものです。マンスリーやウィークリーマンションよりも割安です。一般的な賃貸物件と違い ...

4

石垣島といえば沖縄離島の中でも人気のある島。八重山諸島の中心になる島。今回は石垣島をメインに竹富、小浜、西表などを3週間ほど旅行してきました。石垣島ひとり旅、まずは那覇空港からJTAの飛行機で石垣島へ ...

5

阿嘉島の北浜ビーチは慶良間でも飛び抜けた透明度を誇る珊瑚の美しいビーチです。北浜と書いてニシハマビーチとかニシバマとか読みます。個人的には那覇から気軽にいけるビーチの中では北浜ビーチが最強だと思います ...

アオウミガメ 6

沖縄の慶良間諸島 座間味島はウミガメと普通に遭遇できます。ケラマカヤックセンターのシーカヤックとシュノーケリングでアオウミガメとタイマイに遭遇。その後、阿真ビーチでもアオウミガメに遭遇しました。 1 ...

宇治橋 7

天照大御神をお祀りする神宮の内宮、皇大神宮へ参拝してきました。 この旅の目的、三種の神器の1つ八咫鏡のある皇大神宮。宇治橋を渡れば別世界が広がっています。 一生に一度はお伊勢参りといわれる日本人のここ ...

-久しぶりの沖縄長期滞在 2ヶ月, 慶良間の旅, 阿嘉島旅行記

Copyright© 朝梟の旅行ブログ , 2018 AllRights Reserved.