沖縄那覇に2ヶ月の長期滞在 阿嘉島 観光旅行

阿嘉島旅行にいってきたよ

阿嘉島はニシバマビーチをはじめ、海の美しさと野生のケラマ鹿に会える事で知られる島。沖縄本島、那覇からフェリーで1時間半と手軽に行ける離島です。そんな阿嘉島を旅してきました。まずは民宿春海へ。

慶良間諸島国立公園 阿嘉島へ

阿波連ビーチ
渡嘉敷島 日帰りの旅へ

那覇から日帰りで行ける美しい離島 渡嘉敷島。小学生を含む家族と共に日帰りで渡嘉敷島 阿波連ビーチを楽しんできました。阿波連ビーチは熱帯魚も多く、子供連れでも安全に遊べるビーチなので家族旅行におすすめで ...

続きを見る

渡嘉敷日帰り旅行からの続きです。

今回は阿嘉島の旅行記です。

つい1週間前に日帰りで渡嘉敷に行ったばかりですが、また慶良間へ。どんだけ慶良間好きやねん!と言われるかも知れませんが、那覇に長期でいると旅っぽさがなくなって飽きてきます。

離島に行くと俄然、長期の旅をしている感じがします。
そして慶良間への旅は距離的にも、料金的にもちょうどいいぐらい。そういう理由で阿嘉島に向かいました。

今まで、座間味、渡嘉敷は何度か旅しましたが阿嘉島は初めて行く場所。

海の美しさは慶良間だと「阿嘉島のニシバマビーチが最強」という話は今までの旅の中で何回か聞きました。かなり楽しみですね!

ニシバマビーチの珊瑚礁やケラマ鹿、阿嘉大橋からの景色など見てみたいものが沢山あります。

※阿嘉島最大の観光スポット、ニシバマビーチの記事はこちら

ニシバマビーチ(阿嘉島 北浜ビーチ)に行ってきた!

阿嘉島の北浜ビーチは慶良間でも飛び抜けた透明度を誇る珊瑚の美しいビーチです。北浜と書いてニシハマビーチとかニシバマとか読みます。個人的には那覇から気軽にいけるビーチの中では北浜ビーチが1番きれいな気が ...

続きを見る

今回は久しぶりに家族旅行です

とまりん

阿嘉島旅行は長男と共に行く事にしました。長男は普段、九州に住んでいます。今回は迎えにいく時間がなかったので那覇まで1人で飛行機に乗って来てもらいました。自力で飛行機の搭乗手続きをするのはいい経験になったようです。

長男
手荷物とか機内持込とかの意味がやっと分かった。

次は海外まで1人で行ってもらおうかと思います。若いうちにそういう事をやっておくと人生の幅が広がる気がします。

泊港

我が子はしばらく会わない間に金髪になっていてちょっとビビりました。金髪は若くないと出来ないね。

ちょっと歳を取ってくると「頭皮へのダメージ」には敏感になりますよね。俺なんかは25歳を越えてからはひたすら頭皮に優しく生きてきました。最近はAGA予防として豆乳と紅茶を欠かさず摂取しているぐらいです。※これAGA気味の人にはおすすめですよ。

とまりんからフェリーざまみで阿嘉島へ

フェリーざまみ

予約しておいたフェリーざまみ。サクッと乗船続きをすませて乗りこみました。

予約していても、まず乗船申込書に名前、年齢、代表者の電話番号を書いてから窓口に並びます。あとはお金払ったら終わりです。

Peach

フェリーざまみは去年よりパワーアップしたようで、席数がめっちゃ増えて、ちょっと快適になっていました。

船内はそのままですが、前はなんにもなかった甲板に、イスとテーブルなどが追加されていました。

甲板では海を見ながらカードゲームに興じる白人や、弁当をむしゃむしゃ食べる東アジア系の家族など、みんな潮風を感じながら楽しそうにしていました。

島

阿嘉島までフェリーざまみで行く場合、所要時間は1時間半。距離的には渡嘉敷と座間味の中間ぐらいかな?

海が荒れてなければ気持ちのいい船旅。荒れてる時はしんどいことこの上ないでしょうねぇ。

まぁ、石垣から西表島の上原や波照間島にいくのよりは楽だと思いますが。

阿嘉島

阿嘉島が近づくと海の青ががらりと変わります。那覇からフェリーで来た時に最初にびっくりするのが阿嘉港に立ち寄る時じゃないかな?

深い青から、いきなりこの色になって海の底までよく見えます。

長男
うわーーー。やっば。LINEしよ

我が子はいっちょ前に彼女など作っており、景色の写真を送りつけていました。

人生で1番楽しい時期だろうな。我々おっさんには、もう二度とは帰ってこないあの甘酸っぱい時代。

まぁ、個人的には35歳以降の方が人生楽しいけど。→40過ぎてからは割としんどくなりました(笑)

阿嘉島 港

フェリーからは阿嘉大橋がよく見えます。この景色は座間味に行く時に何度も見ましたが、経由地の阿嘉島で降りるのは初めて。知らない土地に行く時のワクワクする感じはたまらなく好きですね。

さぁ、阿嘉島よ!俺にその力を見せてみろ!
長男
こんな厨二が実の父親か…。

阿嘉島 港

阿嘉島に到着 シロの像を発見

阿嘉港 旅客ターミナル

フェリーざまみが阿嘉港に入港。座間味に行く人はここからさらに20分ぐらいかかるよ。

阿嘉港 旅客ターミナル

阿嘉港 旅客ターミナル

こうして俺たちは人生初、阿嘉島へ降り立ちました。

阿嘉島は、座間味とも渡嘉敷ともまたちょっと違った雰囲気かな。なんだろ、港が明るいカラフルな感じ。

慶良間の島々はそれぞれに特徴があって、旅していて飽きませんね。

フェリーざまみ

今回は、春海という民宿に宿泊します。阿嘉港まで迎えがくるそうですが、まだ来ていません。車がくるまでとりあえずちょっとブラっと周りを見てみる事に。

慶良間諸島国立公園 阿嘉島

恒例の「慶良間諸島国立公園」の碑の前で写真撮影。これは、やらないわけにはいかない儀式です。

そして、港の真ん前にシロの像を発見しました。

シロの像

若い人にはなんのことやらさっぱりだと思いますが、昔ここ阿嘉島から座間味まで泳いで恋人?恋犬?のマリリンに会いに行く、シロという犬がリアルにいたのです。その話はマリリンに会いたいっていう映画になりました。

阿嘉島には「今から座間味まで泳いだるぜ!」って感じの凛々しいシロの像。

マリリン像

座間味の阿真ビーチ近くには遠く阿嘉島を見つめるマリリン像。やっと両方を写真に収める事が出来ました。

おォッ、シロっ!お前こんなとこにいたのか!
長男
すげー!泳いで海渡るんだ!映画ちょっと観たいかも

親子で海を渡る犬の話でキャッキャ盛り上がっていると民宿春海の送迎車が来ました。

ヒゲの生えた、全体的に渋い雰囲気のイケてるオーナーさんが迎えに来てくれました。

阿嘉島の民宿は予約が大変だった

今回は阿嘉島の民宿に宿泊します。この阿嘉島の宿は探しはめっさ大変でした。じゃらんや楽天には、ほぼ掲載していないし、だいたい予約で埋まっています。ネットにもあんまり情報がないんですよね。

そういう理由で、独自のwebサイトを持ってるところや、石垣、八重山でも大変お世話になった沖縄離島ドットコム(離島のゲストハウス探しをする時はこのサイトが1番)などを参考に調べて片っ端から電話するような感じでした。空室があればラッキーみたいな。

阿嘉島は座間味、渡嘉敷に比べると民宿やホテルがちょっと少ないのだろうか?と思っていましたが、実際島に来ると民宿だらけでした。なんだよ(笑)

阿嘉大橋から

ここから見える建物はほぼ民宿。広告しないのはリピーターだけで充分やっていけるからですね。

まぁ実際、そのくらいの魅力がある島だったし。1回ここに来たらまた行きたいってなるのは必至でしょうね。

阿嘉島への旅行を考えている人は早めに予約しておく事をおすすめします。2~3ヶ月前には予約を済ませておいたほうがいいと思います。

阿嘉島 民宿 春海にチェックイン

民宿 春海

阿嘉港から車にゆられる事3分。この旅の宿、民宿 春海に到着。

民宿 春海

春海は想像したよりも建物がデカく、割と快適に滞在できそうです。

テラス

入口には大き目のテーブル。夜はここでビールを飲んでる人が多かったかな。

その周りには、足洗う場所や海水を洗い流す為の簡易シャワー、ウェットスーツなどを干す場所などがあります。やっぱりダイバーが多いんだろうね。

ダイビングのライセンスは今年こそ那覇で取る予定でしたが、那覇のラーメン屋、武蔵家の立ち上げの手伝いが忙しくなり、それどころではありませんでした。まぁ、また来年やればいっか。店の立ち上げは今しか出来ない事だから。

民宿

この奥がちゃんとしたシャワールームで、右側が食事する場所になっています。

階段

客室は2階です。階段を上がると洗濯物を干す場所もありました。洗濯できるのまじ大事。

テラス

2階は中央にリビングルームみたいな感じの部屋があって、そこから各部屋に行けます。

ダイニング

ここにはオリオンビールの販売機もあります。ここで夜ゆんたくする人も多いんだろうな。

ダイニング

部屋は6畳の和室でした。TVもあるし、掃除の行き届いた清潔感のある部屋。

客室 和室

ただ、客室内の写真はこれ1枚しか撮っていませんでした。これだけだとわかりにくいと思うけど、まぁちょっと広めの普通の畳の部屋だと思ってもらえれば。

民宿 春海は飯がやたらと美味かった

春海は朝夕2食付きで7000円です。その2食の飯が非常に美味かった…。

階段

「何時にご飯ね」と言われるので、それに合わせて1階の食事をする部屋に行きます。

みんなまとめてではなく、2部屋づつ食事をしていくスタイルですね。

食堂

ここで飯を食うのですが、このTHE民宿感がたまらなくいい感じですね。小綺麗なホテルよりこっちのスタイルの方が島に来たって感じがします。

うちの長男もこの雰囲気が気に入ったようです。那覇のホテルより落ち着くし、俄然こっちの方がいいと。

晩御飯

焼き魚(グルクン)に刺身、揚げナスの煮物などなど割とボリュームのある晩飯。ご飯をお代わりしたら腹いっぱいになりました。ビールとか飲む気がしなくなるぐらい。

普段そこまで食べない長男もお代わりして、ガツガツ食べていました。アーサの味噌汁が相当ツボだったみたいですね。海苔の味噌汁は普段あまり出ないもんなぁ。

長男
なにこれ!?海苔?美味すぎなんですけど

朝ごはん

朝食も7時ぐらいから、二部屋ごと順番に食べていきます。正統派の日本の朝食でした。

民宿のご飯は、ビジュアル的な派手さはないけど、しみじみ美味いし腹いっぱいになるから好きですね。

民宿春海の食事は夜も朝も、割とマジで満足できました。

全く知識なしで選んだ民宿でしたが、ここは当たりだったと思います。オーナーさんも奥さんも何かと気が利く優しい人達でした。

阿嘉島 民宿 春海
〒901-3311 沖縄県島尻郡座間味村字阿嘉130
TEL (098)987-2081
webサイト http://aka-harumi.com/
メールでの予約も出来るのでちょっと便利

阿嘉島の集落をブラっと散歩

我々は阿嘉島の集落をブラっと散歩することにしました。

知らない町を歩きながら親子でしょーもない話をするのも、たまには悪くないですね。

阿嘉島集落

前浜

民宿の連なる通りの前が前浜(メーヌ浜)。ここで泳いでいる人もかなりいます。アクティビティ系も割りと充実していました。阿嘉大橋から見えるのもこの辺。

ここの前には、BEACH HOUSE AKA(ビーチハウスアカ)という、きれいなパーラー兼、バー兼、レンタルショップがあって、若いビキニ女子がキャッキャしながらオリオンを飲んでたりします。

夜はここで1杯やるのもいいかもしれません。楽しそう。

天城展望台

メーヌ浜を港の反対側に進むと展望台があります。天城展望台と後原展望台。

天城展望台はここから坂上ったらすぐの場所。蜂などがいるので、ある程度注意しながら進みます。

天城展望台からはヒズシビーチが見えます。天気が良ければ、ここから見る夕焼は美しいでしょうね。

天城展望台から下りると、大きなオスの慶良間鹿がいました。やっぱり角がある方が鹿って感じがしますね。

この集落の周りでも、慶良間鹿はけっこうな頻度で見ることが出来ます。

慶良間鹿

買い物はスーパー辰登城で

阿嘉島には当然だけど、コンビニなどはありません。

座間味のような大きなコンビニ兼スーパーみたいなお店もありません。

小さな商店がちょこちょこある感じ。

民宿辰登城の1Fがコンビニ風になっていて、ここはお菓子や飲み物などが充実しています。買い物する際はここに来るといいと思います。飲み物(アルコールも)、お菓子、タバコなどは買えます。

因みにアイコスはどこにも売ってないので、吸う人は那覇でまとめて買って来たほうがいいでしょう。アイコスユーザーが困っているのを何度か見かけました。

そして阿嘉島は、食べ物屋などはほぼないので、宿泊する時は素泊まりなどにはしないほうがいいと思います。

阿嘉島は何もない島だけど、そこが最高に贅沢。のどかな夏の休日にはぴったりの島なんじゃないかな。

ニシバマビーチ(阿嘉島 北浜ビーチ)に行ってきた!

阿嘉島の北浜ビーチは慶良間でも飛び抜けた透明度を誇る珊瑚の美しいビーチです。北浜と書いてニシハマビーチとかニシバマとか読みます。個人的には那覇から気軽にいけるビーチの中では北浜ビーチが1番きれいな気が ...

続きを見る

次は阿嘉島最大の観光スポット、ニシバマビーチへ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でasafukuoをフォローしよう!

沖縄 那覇 激安ゲストハウス 10選!安くてキレイな宿に泊まろう!

沖縄一人旅や少人数グループでの旅行ならゲストハウスがお薦めです。特に那覇はドミトリーなら1000円以下で宿泊可能なゲストハウスも多数存在します。個室もホテルや旅館に比べ安く使えるので"少しでも安く旅行 ...

続きを見る

激安防水アクションカム5選 想像以上に使えます

防水のアクションカメラは沖縄旅行でのダイビング、雪山でのスノボやスキーなどで大活躍する「動画を撮るための小さなカメラ」です。アクションカメラ、アクションカムとかウェアラブルカメラなどと呼ばれています。 ...

続きを見る

ラッシュガードで体型カバー!気楽に海を楽しもう!

このページの目次1 ラッシュガードって一体なんなの?2 3000円~5000円ぐらいで買える 便利な格安ラッシュガード3 太って海を諦めた人が多いので紹介してみました ラッシュガードって一体なんなの? ...

続きを見る

足元がクッソ快適なTevaのサンダルをご紹介

サンダルは夏の必需品。沖縄旅行でも当然大活躍する、快適すぎるテバのサンダル ハリケーンをご紹介します。値段もそこそこしますが、履き心地が最高。個人的にも使っている、もう手放せないアイテムです。夏の足元 ...

続きを見る

沖縄 バーベキューをビーチでやろう!BBQにおすすめのビーチはここ!

沖縄でバーベキュー!旅行でもビーチパーリーやっちゃおう!沖縄はバーベキューのできる設備の整ったビーチが多数あります。現地の人はビーチパーリーといって週末などによくビーチでのバーベキューを行っています。 ...

続きを見る

那覇のラーメン屋
沖縄 那覇のラーメン屋 おすすめの店をピックアップ!

沖縄 那覇でラーメンを食べるならこの店は外せない!そんなお店をご紹介します。沖縄でラーメン?と思う人も多いと思いますが、実力のあるラーメン屋も多数出店しているエリアなんです!沖縄ソバもすきだけど、やっ ...

続きを見る

キッチン
沖縄 シェアハウスを集めてみた

沖縄に長期で滞在したい場合シェアハウスが便利です。リビングやキッチンなどをみんなで共用する暮らしは出会いも会って楽しいものです。マンスリーやウィークリーマンションよりも割安です。一般的な賃貸物件と違い ...

続きを見る

長期の旅行や出張の友。マジで便利な初期費用、解約手数料無しのwifiルータ!

初期費用、解約手数料無し、申込の際に本人確認書類は原則必要なしのwi-fi東京のルータ。WEBからの簡単申し込みで翌日にはレンタルが可能の。即日発送も対応。ルータを返すのもポストに投函するだけと簡単。長期の場合、日額216円~と料金的にも問題ない。部屋にwifiないらしい…。そんな時確実に活躍する。

人気の観光・旅行記事はこちら!

アオウミガメ 1

沖縄の慶良間諸島 座間味島はウミガメと普通に遭遇できます。沖縄でウミガメと泳ぎたい!だったら座間味でしょう!今回はケラマカヤックセンターのシーカヤックとシュノーケリングでアオウミガメとタイマイに遭遇。 ...

2

沖縄観光では定番中の定番、最も有名な観光スポット美ら海水族館へ!沖縄バスのバスツアーで行ってきました。ジンベエザメやマンタの泳ぐ黒潮の海をはじめ、美ら海水族館、海洋博公園にはたくさんの見所がありました ...

渡嘉敷 阿波連ビーチ 3

渡嘉敷島の阿波連ビーチは那覇から日帰りでも行ける極上のビーチ。その阿波連ビーチでシュノーケリングしてきました。渡嘉敷の慶良間ブルーな海で1日ひたすら遊ぶ。これって実に贅沢な1日じゃありませんか?そして ...

4

那覇国際通り周辺は居酒屋やバーなど飲食店の宝庫。観光客向けの沖縄居酒屋を始め、ありとあらゆるジャンルの飲食店が乱立しています。居酒屋を経営している(現在はラーメン屋に転身)友人と共に国際通り周辺の居酒 ...

川平湾 5

川平湾は石垣島を代表する超絶景スポット。石垣島の観光用ポスターにもよく使われています。海の色がちょっと異常なレベルで美しい場所。流れが激しく遊泳禁止ですがグラスボートで海の中を見ることができます。青い ...

6

石垣島といえば沖縄離島の中でも人気のある島。八重山諸島の中心になる島。今回は石垣島をメインに竹富、小浜、西表などを3週間ほど旅行してきました。石垣島ひとり旅、まずは那覇空港からJTAの飛行機で石垣島へ ...

7

阿嘉島の北浜ビーチは慶良間でも飛び抜けた透明度を誇る珊瑚の美しいビーチです。北浜と書いてニシハマビーチとかニシバマとか読みます。個人的には那覇から気軽にいけるビーチの中では北浜ビーチが1番きれいな気が ...

宇治橋 8

伊勢神宮の内宮は、天照大御神をお祀りする日本有数の聖地。内宮は正式には皇大神宮といいます。 宇治橋を渡れば別世界が広がっています。 一生に一度はお伊勢参りといわれる日本人のこころの故郷、伊勢神宮。あな ...

9

沖縄中部の離島、津堅島。中城湾に浮かぶ小さな島。別名キャロットアイランドと呼ばれる、人参畑の広がる"のどかな島"に日帰りで行ってきました。そこまで観光化されていない、知る人ぞ知る島といったところです。 ...

西表島の青珊瑚 10

西表島は青珊瑚が多く、とてつもなく美しい海で遊べます。西表島の民宿マリウドの海人ツアーは朝から晩までがっつりと、その美しい奥西表の海を楽しむツアー。秘境の村として有名な船浮のもっとずっと先にある西表島 ...

-沖縄那覇に2ヶ月の長期滞在, 阿嘉島 観光旅行

Copyright© 朝梟 旅ブログ , 2019 AllRights Reserved.