沖縄中部エリア 沖縄本島

宜野湾に宿泊するならおすすめ!コンドミニアム テラスリゾート・エイト

投稿日:

宜野湾の海沿い、真志喜にあるコンドミニアムタイプの宿に宿泊してきました。観光客にも大人気のトロピカルビーチまで徒歩10分の場所にあるテラスリゾート・エイト。家族での宿泊にもピッタリのコンドミニアムです!

トロピカルビーチまで徒歩10分のコンドミニアムに宿泊

テラスリゾート・エイト

ウィークリーマンションやマンスリーマンションとしても利用出来るコンドミニアム
所在地:〒901-2224 沖縄県宜野湾市真志喜3-21-10
電話番号:0120-688-830
宿泊詳細はhttps://www.jalan.net/yad319296/(じゃらん)

沖縄中部の宜野湾市。那覇と北谷の中間にあるこの場所は、普天間基地がある町として有名ですね。しかし、58号線沿いの海側は雰囲気がガラリと変わりリゾート感漂う場所になっています。宜野湾のマリーナ、トロピカルビーチや大型複合施設コンベンションシティ、ラウンドワンに加え、飲食店も数多くとても便利な場所です。その宜野湾市の海沿いにあるコンドミニアムに泊まってきました。

宜野湾

今回は沖縄に2週間滞在します。家族も3日間ぐらい沖縄にくる予定です。普段は泊港近くの安いシェアハウスで1人で暮らす予定ですが、家族が来る時はどこかしら宿泊先を探さなければなりません。

家族旅行は、宿泊先を探すのが大変ですよね。最初、北谷か北部の本部町辺りを拠点にしようかと思ったのですが、夏の沖縄はホテルはほとんど満室だし、料金は震え上がる程高くなっているしで、なかなか良い宿泊先が見つかりませんでした。

普段1人1万円以下で泊まれるところが、ハイシーズンだと軽く2万円超えていたりするのでびっくりします。夏の沖縄で、そこそこ設備がよくて安いところって、結構探すのが難しいんですよねぇ。

そんな中探し当てたのが、北谷の隣、宜野湾の真志喜にあるコンドミニアム「テラスリゾート・エイト」。

テラスリゾート・エイト

2連泊専用プランがあって、ハイシーズンでも1人1泊6,300円程度。家族3人で連泊しても合計で38,000円ぐらいで宿泊できます。

場所も、海沿いの真志喜ならトロピカルビーチも近いし、コンベンションシティがあるので買い物にも困りません。コンベンションシティには沖縄ローカルスーパー「サンエー」をはじめ、東急ハンズや各種アパレルショップにダイソー、色々なジョンルのレストランなども入っています。

コンベンションシティ

さらに、58号線沿いなので、北谷のアメリカンビレッジまで車なら約15分(渋滞してなければ)。北中城のイオンモールライカムも車で約20分程度で行けます。レンタカーを利用する人なら、かなりアクセス便利な場所ではないでしょうか。

よっしゃ。ここしかないな!安いしキレイそう。

さっそく予約を入れて、家族達が来る日に備えました。

今回は宜野湾や北谷を中心に、バスツアーで古宇利島・美ら海水族館にも行って、最終日はあしびなーアウトレットで買い物というスケジュールで旅することになります。

那覇空港から宜野湾へのアクセス

8月某日、我が家族を乗せた飛行機が那覇空港に到着。俺は滞在していた泊港近くの安宿から那覇空港へ迎えに行きました。

那覇空港

那覇空港から宜野湾、真志喜へのアクセスはバスか、タクシーになります。58号線を北に向かって行きます。

タクシー

バスの場合

バスで行く場合いくつかルートがあります。基本的には58号線を読谷とか北谷方面に行くバスに乗ればOK。那覇空港から乗るより、県庁前までモノレールで行ってから乗った方がわかりやすいかも。

58号線の真志喜バス停まで行く、系統 20番77番120番 23番 ・29番63番、もしくは沖縄コンベンションセンターの方まで行く、系統26番・43番・・32番・55番、112番などに乗れば行けます。だいたい40分ぐらいで料金は530円程度。

沖縄のバスは行き先だけみても、どういうルートで行くか分かりにくいので、運転手さんに「これ真志喜かコンベンションセンターの方まで行きますか?」と聞くのが1番簡単で確実ですね。

タクシーの場合

那覇空港からタクシーで行く場合、渋滞してなければ30分ぐらいで到着します。料金は4000円~5000円でいけるはず。運転手さんに「コンベンションセンターの近くの大きなサンエーまで」といえば確実に分かると思います。サンエーコンベンションシティからテラスリゾート・エイトまでは歩いても5分程度です。

人数が多いのならタクシーで行ったほうが楽でいいかもしれません。俺たちはタクシーで最近できた沖縄西海岸道路を突っ走って行きました。時間帯によっては渋滞しますが、海がずっと見えるので旅行だったらおすすめのルートです。

超快適なコンドミニアム テラスリゾート・エイト

コンベンションシティにたどり着いた俺たちは、ちょっとした買い物を済ませてから「テラスリゾート・エイト」へチェックインしました。場所はラウンドワンの裏の方でした。かなり便利そう。

エントランス

テラスリゾート・エイト

外観はかなりおしゃれ。赤が目立つので、近くまでいけばすぐわかると思います。

看板

夜は特に目立ちますね。この看板を目印に探してください。

車庫

1Fは駐車場になっています。駐車場は有料で1日700円。

オートロック

エントランスはオートロック。セキュリティはかなりしっかりしていますね!

ホテルのような受付はないので、ここに着いたらチェックインの電話をしましょう。中へ入る方法などを教えてくれます。

エレベーター

エレベーターを上がっていくと各部屋の入り口に着きます。マジでホテルとかゲストハウスってよりはウィークリーマンションとかマンスリーマンションみたいな感じ。

コンドミニアム

部屋にたどり着きました。今回はツインルームの部屋にしました。

玄関

客室はおしゃれで超きれい

さっそく、部屋の中に入ってみましょう。

テラスリゾート・エイト

おぉ、めっちゃ広い。しかもきれい。

デザイナーズマンションみたいな感じ。1LDKで33㎡あるそうです。コンドミニアムタイプは居心地いいので好きですね。

リビング・ダイニングと寝室。ソファーの前には大型のTV。ブルーレイやDVDの再生も出来ます。台風の時はこういうのあるとよさそう。

客室

もちろん、WIFIは完備です。掃除機やなども備え付けてあります。

キッチンや浴室周りも設備充実!

キッチン

キッチンには冷蔵庫や電子レンジ、電子ポット、炊飯器などがありました。余裕で料理できますね。

電子レンジ

フライパンや鍋などの調理器具と食器類もあります。近くにサンエー、ユニオンという沖縄ローカルのスーパーがあるので、自分で料理してゆっくり部屋で過ごすのもいいかもしれません。沖縄のスーパーマーケットは商品を見てるだけでもかなり面白いと思いますよ!

まぁ、旅行で来る場合、外食が基本になるけどね

タオル

写真は撮り忘れましたが、浴室はバスタブ付きでゆっくり浸かれます。シャンプーやタオル類などは全て揃っているので、自分で持っていく必要はありません。トイレは別でウォシュレットになっています。

ちなみに、この浴室には乾燥付洗濯機があるのでかなり便利でした。水着って洗わないと1日でめっちゃ臭くなるんですよね。Tシャツも汗で臭くなるし。

テラスリゾート・エイトの設備はかなり充実していると思います。実際2泊しましたが、超快適に過ごせました。

家族旅行の宿泊先としては、かなりおすすめできますね!

宿泊詳細はhttps://www.jalan.net/yad319296/(じゃらん)

宜野湾に来たらトロピカルビーチで遊ぼう!

トロピカルビーチ

宜野湾のビーチといえば、トロピカルビーチ!

トロピカルビーチ全景

何度も来てますが、わりと好きな場所。テラスリゾート・エイトからは徒歩圏内です。

トロピカルビーチ

虹

天気は微妙でしたが、そのおかげで海にかかる虹を見ることができました。

トロピカルビーチ

トロピカルビーチには珊瑚や熱帯魚などはいません。普通の海水浴用のビーチです。

ここは満潮時でなければ、めちゃめちゃ浅いので、小さな子ども連れでも安全に遊べると思います。監視員も常駐、ハブクラゲ避けのネットもあります。

しっかりしたBBQブースもあるので、大人数ならBBQしながら過ごすと楽しいと思います。

うちの次男は去年よりかなり泳げるようになっていました。子供の成長ってほんと早いですね。

トロピカルハウス

トロピカルビーチにはトロピカルハウスという売店があって、簡単な飲食もできます。

オリオンビール

軽く泳いでから飲むオリオンビールは格別ですよ!

あー。めっちゃうまい。ビールは夏の昼間に限るな。

夜は沖縄ダイニング ごま苺で沖縄料理を!

テラスリゾート・エイトは宜野湾のラウンドワンの裏。ラウンドワンの1Fには飲食店がけっこー入っています。

ごま苺

せっかく沖縄に来たので、沖縄料理系の居酒屋で晩ごはんを食べる事にしました。その名も「沖縄ダイニング ごま苺」。

オリオンビール

オリオンドラフト300円、麦職人なら200円と安い!泡盛は残波黒や菊の露などの定番から、沖縄中部の泡盛「龍ゴールド」などが飲めます。

海ぶどう

うちの次男の大好物、海ぶどうやゴーヤチャンプルー、ラフテーなど定番の沖縄料理を食べながらオリオンビールを飲みました。

安いけど割と美味いね。満足じゃ。

居酒屋

沖縄ダイニング ごま苺 宜野湾店
沖縄県宜野湾市真志喜3-28-8 ラウンドワン宜野湾1F
TEL:050-5284-0777
https://www.hotpepper.jp/strJ001154909/ (ホットペッパー)

腹一杯になった俺たちは、テラスリゾート・エイトに戻り、ふかふかベッドに倒れ込んでぐっすり眠りました。宜野湾の海側を拠点に旅するのは初ですが、わりと快適に過ごせそうです。

明日は沖縄中部の要、北谷町で遊んでBBQの予定です。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でasafukuoをフォローしよう!

激安防水アクションカム5選 想像以上に使えます

防水のアクションカメラは沖縄旅行でのダイビング、雪山でのスノボやスキーなどで大活躍する「動画を撮るための小さなカメラ」です。アクションカメラ、アクションカムとかウェアラブルカメラなどと呼ばれています。 ...

続きを見る

ぽっちゃりお腹
海での体型カバーにラッシュガード

このページの目次1 ラッシュガードとは一体なんなのか?2 便利な格安ラッシュガード3 太って海を諦めた人が多いので紹介してみた ラッシュガードとは一体なんなのか? ラッシュガードは元々はサーファーが海 ...

続きを見る

足元がクッソ快適なTevaのサンダルをご紹介

サンダルは夏の必需品。沖縄旅行でも当然大活躍する、快適すぎるテバのサンダル ハリケーンをご紹介します。値段もそこそこしますが、履き心地が最高。個人的にも使っている、もう手放せないアイテムです。夏の足元 ...

続きを見る

BBQ
沖縄 バーベキューをビーチでやろう!BBQにおすすめのビーチはここ!

沖縄でバーベキュー!旅行でもビーチパーリーやっちゃおう!沖縄はバーベキューのできる設備の整ったビーチが多数あります。現地の人はビーチパーリーといって週末などによくビーチでのバーベキューを行っています。 ...

続きを見る

那覇のラーメン屋
沖縄 那覇のラーメン屋 おすすめの店をピックアップ!

沖縄 那覇でラーメンを食べるならこの店は外せない!そんなお店をご紹介します。沖縄でラーメン?と思う人も多いと思いますが、実力のあるラーメン屋も多数出店しているエリアなんです!沖縄ソバもすきだけど、やっ ...

続きを見る

派遣で働く
沖縄で働くなら!おすすめは派遣のお仕事!

沖縄で働くのであれば、派遣会社に登録して「販売のお仕事」で働くのがおすすめです。よく問題視される沖縄の賃金。しかし派遣の場合は賃金も高めです。沖縄在住だけど仕事がない、沖縄で働きながらダイビングしたい ...

続きを見る

長期の旅行や出張の友。マジで便利な初期費用、解約手数料無しのwifiルータ!

初期費用、解約手数料無し、申込の際に本人確認書類は原則必要なしのwi-fi東京のルータ。WEBからの簡単申し込みで翌日にはレンタルが可能の。即日発送も対応。ルータを返すのもポストに投函するだけと簡単。長期の場合、日額216円~と料金的にも問題ない。部屋にwifiないらしい…。そんな時確実に活躍する。

人気の観光記事はこちら!

渡嘉敷 阿波連ビーチ 1

渡嘉敷島の阿波連ビーチは那覇から日帰りでも行ける極上のビーチ。その阿波連ビーチでシュノーケリングしてきました。渡嘉敷の慶良間ブルーな海で1日ひたすら遊ぶ。これって実に贅沢な1日じゃありませんか?そして ...

2

那覇国際通り周辺は居酒屋やバーなど飲食店の宝庫。観光客向けの沖縄居酒屋を始め、ありとあらゆるジャンルの飲食店が乱立しています。居酒屋を経営している(現在はラーメン屋に転身)友人と共に国際通り周辺の居酒 ...

キッチン 3

沖縄に長期で滞在したい場合シェアハウスが便利です。リビングやキッチンなどをみんなで共用する暮らしは出会いも会って楽しいものです。マンスリーやウィークリーマンションよりも割安です。一般的な賃貸物件と違い ...

4

石垣島といえば沖縄離島の中でも人気のある島。八重山諸島の中心になる島。今回は石垣島をメインに竹富、小浜、西表などを3週間ほど旅行してきました。石垣島ひとり旅、まずは那覇空港からJTAの飛行機で石垣島へ ...

5

阿嘉島の北浜ビーチは慶良間でも飛び抜けた透明度を誇る珊瑚の美しいビーチです。北浜と書いてニシハマビーチとかニシバマとか読みます。個人的には那覇から気軽にいけるビーチの中では北浜ビーチが1番きれいな気が ...

アオウミガメ 6

沖縄の慶良間諸島 座間味島はウミガメと普通に遭遇できます。ケラマカヤックセンターのシーカヤックとシュノーケリングでアオウミガメとタイマイに遭遇。その後、阿真ビーチでもアオウミガメに遭遇しました。 この ...

宇治橋 7

伊勢神宮の内宮は、天照大御神をお祀りする日本有数の聖地。内宮は正式には皇大神宮といいます。 宇治橋を渡れば別世界が広がっています。 一生に一度はお伊勢参りといわれる日本人のこころの故郷、伊勢神宮。あな ...

-沖縄中部エリア, 沖縄本島

Copyright© 朝梟の旅行ブログ , 2019 AllRights Reserved.