沖縄本島

那覇のウィークリーマンション エスペラール泊マジでおすすめ!

那覇のウィークリーマンションに2週間程滞在してきました。沖縄に1週間~1ヶ月程度滞在する時はウィークリーマンションがマジで便利。今回滞在した「ウィークリーマンション エスペラール泊」は部屋は広くきれいで、設備も景色も抜群に良く、超快適に夏の沖縄を楽しむ事ができました。

沖縄 那覇のウィークリーマンションで生活してみる

那覇のウィークリーマンション エスペラール泊

所在地:沖縄県那覇市泊3-5-2

・宿泊料金について
シングル ウィークリー1週間:24,000円(1泊あたり3,430円ぐらい)
ダブル ウィークリー1週間:32,000円(1泊あたり4,570円ぐらい)
マンスリー用のプランもあります。また、ちょっと料金は上がりますがペットOKなプランもあります。

シングル・ダブル共+保証金5,000円が必要。駐車料金は800円/1日。
※保証金は光熱費に充てられます。精算後、残った分は戻ってきます。5,000円を超えた場合はチェックアウト時に精算します。俺は2週間クーラーを使いまくって光熱費は5,100円ぐらい。2週間滞在の総額で52,100円でした。

・予約の仕方
じゃらんや楽天トラベルには出してないのでメールか電話(098-866-3224)で直接問い合わせします。俺はメールで予約しました。
公式サイトはこちら http://www.kina.co.jp/weekly/esperar/

今年も2週間程、沖縄で暮らす時期がやってきました。2週間という短期なのでウィークリーマンション。

激安ゲストハウスの旅もいいけど、たまにはちょっといい部屋ですごしてみたいじゃないですか?しかしホテルとなると2週間で軽く10万円を超えてしまします。というわけでウィークリーマンションが最適かなと。

そんなわけで今回は那覇、泊にあるウィークリーマンション「エスペラール泊」で暮らしてみました。

那覇 ウィークリーマンション

ここは喜納住宅開発という会社の運営するウィークリーマンションなんですが、この会社の物件はかなり優秀でした。

たぶん今までの沖縄滞在で一番良かったんじゃないかな。管理人さんもめっちゃいい人だったし。

喜納住宅開発は那覇で6つのウィークリーマンションを運営しています。喜納住宅開発のウィークリーマンション一覧

安里のインペリアルハイム喜納、リファイン安里、エクセルコート安里、牧志のグレイスハイム喜納 II、松尾のルクソール松尾、そしてエスペラール泊。安里や牧志方面が多いみたいですね。※ペットOKなのはエスペラール泊だけです。

ウィークリーマンション エスペラール泊にチェックイン!

エスペラール泊は、とまりんから更に浦添方面に5分程進んだところにあります。

ウィークリーマンション外観

軽食の店ルビーの向かいなので、ここを目印に行くと分かりやすいと思います。

軽食の店ルビー

ウィークリーマンションにチェックイン?入居?するのは初ですが割と簡単です。

那覇空港からそのままエスペラール泊に行って、受付で身分証を提出して本人確認、料金の精算、そして鍵を受け取るだけ。

ウィークリーマンション入り口

ここから入るとすぐに受付があります。管理人さんがいるのでそこでチェックインしたいと言えば分かるようになっています。※夜遅い場合はチェックイン手続きの場所が安里に変わります。予約完了メールを参考にしましょう。俺は21時ぐらいにチェックインしたので移動がちょっと大変でした。

ところで、俺がいつも泊港周辺を拠点にする理由はざっとこんな感じです。

泊港周辺の魅力

・泊港まで徒歩5分なので慶良間や久米島などに行く時便利(船はだいたい朝早い)

・海沿いなので景色がいい。散歩してても大変気分が良い。

・国道58号沿いなのでどこにいくのも簡単。モノレール美栄橋駅も近い(徒歩10分)

・国際通り周辺ほど騒がしくない。夜静かで過ごしやすい。

・ショッピングモールの多い新都心が近いので、日用品などの買い物便利(徒歩10分)

・沖縄1の歓楽街 松山が近いので飲みに行くのも楽(徒歩10分)

場所的にはかなり優秀なんじゃないでしょうか?特に新都心まで歩いていけるのはホント便利。

数日間の旅だとあんまり関係ないかもしれませが、数週間暮らすなら、かなりおすすめできる場所です。

デメリットとしては、とまりん周辺(特に公園)の道路では、高確率で大型のGで始まる昆虫に出会う事ぐらいですかね。最低でも1日1回はエンカウントします。おかげで彼らに対してあまりビビらなくなりました(笑)。※マンション内では1回も見ませんでした。

ウィークリーマンション エスペラール泊の設備

広い部屋 景色も最高!

エスペラール泊 部屋

大きな窓のある、かなり広めの部屋。10畳以上あるんじゃないだろうか…。TVやダイニングテーブル、キッチンもあります。

ダイニングテーブル

それにしても想像以上に広くて良い部屋だな…。ほんとこれ48,000円でいいのか?っていうかこれシングルルームじゃないよね?

管理人さんに「これ部屋間違ってませんか?」と聞いてみると、俺は「シングル料金でダブルの部屋を使える」という特別待遇になっていたようです。

なんでも、どこかの建築系企業がシングルルームをまとめて全部借り上げたらしく、それより先に予約していた俺は、やむを得ずダブルルームにしたという事だそうです。計算してみると16,000円ぐらい得した事になりますね!

まじかー。なんという幸運!!どこかの建築系企業にマジ感謝(笑)

窓からの景色

この部屋の広い窓から見える景色はほんと最高。ここに滞在していた2週間は、ほぼ雨も降らず毎日カラッと晴れた青空を拝めました。※最終日にいきなり台風来ましたが(笑)

泊港

昼間はこんな感じ。オーシャンビュー!!って感じではありませんが、泊港の海がちょろっと見えます。

ここから久米島に行くフェリー琉球やフェリー海邦の出港を見ることができるのですが、毎日それを「船いいなー」と思いながら見ていた俺は、突発的に久米島まで行ってしまいました(笑)

夜景

夜は夜景がけっこーキレイ。特に中国や台湾の豪華客船が来ている時は、泊大橋の方がキラッキラに輝きます。

この景色を見ながらオリオンビールを飲むと、なかなか豪華な気分になりましたねぇ。

部屋から見える空

ベッドに横になって上を見上げると空がキレイに見えます。夜は寝ながら星や月を眺められます。この斜めの窓がついているのは10F以上の部屋だけみたいですね。

軽く飲んで横になって、星を眺めながら眠りに落ちるって最高じゃないですか?

新都心

キッチン側の窓からは那覇の町が見渡せます。国道58号線や新都心の方ですね。まぁこれは部屋によって違う景色になると思いますが。

新都心夜景

夜景

夜は新都心の方にある高層マンションが色とりどりに光り、こっちも見ていて飽きない景色でした。

クローゼット

クローゼットを開けると、掃除機やアイロンハンガーなどが入っていました。デスクなどもあります。

生活に必要なものはほぼ揃っています。服だけ持ってくれば問題なく生活できます。

ちなみに、ここはペットも同居できるウィークリーマンションなんですが、動物の匂いなどは一切しません。毛なども全く落ちていませんでした。とはいえアレルギー持ちの人は気をつけた方がいいかもしれませんね。

キッチン周りも充実

キッチン

キッチンの下には、やかんやフライパン、鍋、まな板と包丁、食器など料理するに必要なものもだいたい揃っています。

キッチン収納

冷蔵庫や電子レンジはもちろん完備。夏は使うことがないと思いますが電気ポットなどもあります。

玄関

滞在中は、食費節約と栄養面の両方から、炒め野菜用のパックと鶏胸肉を買って炒めて食べていました。

フライパン

1食300円ぐらいですが満腹になります。鶏むね肉はデカイの2つで300円程度なので助かります。蛋白源として優秀すぎる食材。

鶏肉炒め

毎食、外食だとお金はかかるし飽きてきます。自炊できるのはけっこー便利ですね!

洗濯機、室内乾燥機もあります!

洗濯機

洗濯機、室内乾燥機もあります。洗濯で困ることはありません。洗剤も備え付けです。

柔軟剤はないので、いい香りをさせたい人は別途スーパーなどで買う必要があります。

バス・トイレも清潔

シャワー

バス、トイレ、洗面所は玄関を入ってすぐのところ。広くはないですがバスタブがあるので、その気になればお湯を溜めて入る事もできますね。

洗面所

洗面所には、ドライヤーなどが備え付けてあります。歯ブラシなどはありますが、カミソリはないので普段使っている物を持参した方がいいでしょう。

カミソリは安物使うと血だらけになりますからねぇ。

トイレ

トイレはウォシュレット付きです!匂いも全くありません。かなりキレイに掃除されているようです。俺も帰る前きっちり拭き掃除しておきました。

トイレがきれいってかなり重要ですよね。

荷物の集荷や受け取りも受付でやってくれます

宅配

エスペラール泊では管理人さんが受付で荷物の受け取りや発送なども行ってくれます。Amazonで買ったものなどの受け取りもしてくれます。これはかなり便利。

数週間の旅の場合、スーツケースに荷物を突っ込んで持っていくよりは、ダンボールなどに服などを詰めて送った方が楽です。※ずっと移動し続けるタイプの旅の場合は別ですが。

今回も郵便局から衣装ケースに服などを詰め込んで沖縄に送り、帰る時もそのまま衣装ケースを東京に発送してもらいましたが、非常に楽でした。移動する時に重たいものを持ちたくないですからね。

インターネットは有線LAN でもwifi環境は自分で簡単に作れます

デスク

インターネットは有線LAN(無料)です。

しかしwifiを使ってスマホやタブレットでYou TubeやNetflixなどを見たいという人も多いと思います。また、PCを有線で接続する際、モデムをうまく認識しない事もよくあります。

LAN

そこでおすすめしたいのが、バッファローのトラベルルーターです。機種にもよりますが2,000円~3,000円ぐらいで買えます。

これはホテルの有線LANをwifiにするルーター的なやつです。

ルーター

有線LANの差し込み口に、LANケーブルでWMR-433W-ASを繋げばwifi環境の出来上がり!めっちゃ簡単!

小さくて持ち運びも楽勝です。「旅の必須アイテム」としてスーツケースに入れてます。

BUFFALO トラベルルーター WMR-433W2-WH¥2,271

最初、有線でPCを繋いでもモデムをうまく認識出来なかったのですが、このルーターを介して接続すると、問題なくネットが使える様になりました。

これは1個持っておくと非常に便利なアイテムだと思います。※LANケーブルは別売りなので、安いやつを買いました。

コンビニは徒歩5分ぐらい スーパーは徒歩10分ぐらい

コンビニは、とまりんのローソンか、ファミリーマート泊北岸店が一番近くになります。

スーパーは、新都心のリウボウか、前島のユニオン、松山のマックスバリュが徒歩10分ぐらいの場所にあります。

ユニオンやマックスバリュは24時間営業です。価格の面では、ユニオンがちょっと安いですね。

服などの買い物は浦添のパルコが便利

ちょっとオサレな服などがほしい時は、浦添のパルコか北中城のイオンモールライカム、もしくはあしびなーアウトレットで買うといいと思います。

浦添は那覇のすぐ隣の市で、最近巨大なパルコが出来ました。品揃えも悪くないです。NORTH FACEなども入ってました。

パルコ

パルコは58号線沿いではなく、西海岸道路沿い。国立劇場のところから海側に行くと西海岸道路に出ます。そこからまっすぐ宜野湾方面へ行くだけ。

浦添の西海岸地区はこれからまたドンドン開発されていくそうです。数年後には北谷みたいになるんですかねぇ。

俺は散歩がてら徒歩で行ってました(笑)。徒歩だと片道40~50分ぐらいでちょうどいい運動になります。

浦添の海

このパルコの前は海が広がっていて、景色が良かったですねぇ。北谷や宜野湾の人工的なビーチとは違う美しさ。岩の周りは生き物めっちゃいそうですね。

近所の飲食店 軽食の店ルビー・唐揚げのRickyどっちも美味い!

軽食の店 ルビー

エスペラール泊の真ん前は「軽食の店 ルビー」というお店です。ルビーは割と有名なお店。

軽食の店と言い張っておりますが、実際はボリューム満点で安いTHE・沖縄の食堂スタイル。

軽食の店ルビー

ここはA・B・Cセットというセットメニューが人気です。Cセットはめっちゃボリューム満点なので、お腹がへった時は迷わずこれ。

ルビーのCセット

その他、カレーや沖縄そばも普通に美味いですね。昼はかなり混むので少し時間をずらして行ったほうがいいかもしれません。

カツカレー

唐揚げ リッキー

エスペラール泊の隣はリッキーという唐揚げのお店

唐揚げリッキー

リッキーは、正直値段が高いんですが、その分徹底的に美味い唐揚げを販売しています。

岩手のいわいどりや、大分県中津の唐揚げなど有名な唐揚げと充分張り合える美味さですね。

唐揚げリッキーのチラシ

ちょっと変わった、丸い唐揚げなんですが、これ鶏肉を一個ずつ丸めてるんですね。その中にたっぷりのスパイス。

唐揚げ断面

1個あたりの大きさ、重量もそこそこあります。これとオリオンでかなり豪華な晩酌が出来ます。

ポークたまごおにぎり

ただ、リッキーは駐車場がないので車で来る人には不便かもしれません。コインパーキングなどに車を停めて買いに行く必要があります。

ウィークリーマンションで過ごす日々は快適でした

このウィークリーマンション エスペラール泊を拠点に2週間、沖縄を満喫したのですが、かなり充実した毎日が送れました。泊港の近くという立地はやはり便利です。

久米島や阿嘉島といった離島の旅、去年に引き続きオリオンビアフェスト。そして3日に1回ぐらいのペースで、ダメになるまで色んなヤツと飲むことになり、無駄に知り合いが増えました(笑)

はての浜

唐揚げ

日本酒

こういった旅、レジャー的な楽しみに加え、日々過ごす空間が快適だとホント最高です。

ウィークリーマンションは、激安ゲストハウスなどに比べると、多少料金は上がりますが「料金に対しての内容」はかなりいいと思います。

那覇に数週間~1ヶ月程度滞在する場合、ちょっと設備のいいところに泊まりたいのであれば、喜納住宅開発のウィークリーマンションは選択肢に入れておいていいのではないでしょうか?

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でasafukuoをフォローしよう!

沖縄 那覇 激安ゲストハウス 10選!安くてキレイな宿に泊まろう!

沖縄一人旅や少人数グループでの旅行ならゲストハウスがお薦めです。特に那覇はドミトリーなら1000円以下で宿泊可能なゲストハウスも多数存在します。個室もホテルや旅館に比べ安く使えるので"少しでも安く旅行 ...

続きを見る

激安防水アクションカム5選 想像以上に使えます

防水のアクションカメラは沖縄旅行でのダイビング、雪山でのスノボやスキーなどで大活躍する「動画を撮るための小さなカメラ」です。アクションカメラ、アクションカムとかウェアラブルカメラなどと呼ばれています。 ...

続きを見る

ラッシュガードで体型カバー!気楽に海を楽しもう!

このページの目次1 ラッシュガードって一体なんなの?2 3000円~5000円ぐらいで買える 便利な格安ラッシュガード3 太って海を諦めた人が多いので紹介してみました ラッシュガードって一体なんなの? ...

続きを見る

足元がクッソ快適なTevaのサンダルをご紹介

サンダルは夏の必需品。沖縄旅行でも当然大活躍する、快適すぎるテバのサンダル ハリケーンをご紹介します。値段もそこそこしますが、履き心地が最高。個人的にも使っている、もう手放せないアイテムです。夏の足元 ...

続きを見る

沖縄 バーベキューをビーチでやろう!BBQにおすすめのビーチはここ!

沖縄でバーベキュー!旅行でもビーチパーリーやっちゃおう!沖縄はバーベキューのできる設備の整ったビーチが多数あります。現地の人はビーチパーリーといって週末などによくビーチでのバーベキューを行っています。 ...

続きを見る

那覇のラーメン屋
沖縄 那覇のラーメン屋 おすすめの店をピックアップ!

沖縄 那覇でラーメンを食べるならこの店は外せない!そんなお店をご紹介します。沖縄でラーメン?と思う人も多いと思いますが、実力のあるラーメン屋も多数出店しているエリアなんです!沖縄ソバもすきだけど、やっ ...

続きを見る

キッチン
沖縄 シェアハウスを集めてみた

沖縄に長期で滞在したい場合シェアハウスが便利です。リビングやキッチンなどをみんなで共用する暮らしは出会いも会って楽しいものです。マンスリーやウィークリーマンションよりも割安です。一般的な賃貸物件と違い ...

続きを見る

長期の旅行や出張の友。マジで便利な初期費用、解約手数料無しのwifiルータ!

初期費用、解約手数料無し、申込の際に本人確認書類は原則必要なしのwi-fi東京のルータ。WEBからの簡単申し込みで翌日にはレンタルが可能の。即日発送も対応。ルータを返すのもポストに投函するだけと簡単。長期の場合、日額216円~と料金的にも問題ない。部屋にwifiないらしい…。そんな時確実に活躍する。

人気の観光・旅行記事はこちら!

アオウミガメ 1

沖縄の慶良間諸島 座間味島はウミガメと普通に遭遇できます。沖縄でウミガメと泳ぎたい!だったら座間味でしょう!今回はケラマカヤックセンターのシーカヤックとシュノーケリングでアオウミガメとタイマイに遭遇。 ...

2

沖縄観光では定番中の定番、最も有名な観光スポット美ら海水族館へ!沖縄バスのバスツアーで行ってきました。ジンベエザメやマンタの泳ぐ黒潮の海をはじめ、美ら海水族館、海洋博公園にはたくさんの見所がありました ...

渡嘉敷 阿波連ビーチ 3

渡嘉敷島の阿波連ビーチは那覇から日帰りでも行ける極上のビーチ。その阿波連ビーチでシュノーケリングしてきました。渡嘉敷の慶良間ブルーな海で1日ひたすら遊ぶ。これって実に贅沢な1日じゃありませんか?そして ...

4

那覇国際通り周辺は居酒屋やバーなど飲食店の宝庫。観光客向けの沖縄居酒屋を始め、ありとあらゆるジャンルの飲食店が乱立しています。居酒屋を経営している(現在はラーメン屋に転身)友人と共に国際通り周辺の居酒 ...

川平湾 5

川平湾は石垣島を代表する超絶景スポット。石垣島の観光用ポスターにもよく使われています。海の色がちょっと異常なレベルで美しい場所。流れが激しく遊泳禁止ですがグラスボートで海の中を見ることができます。青い ...

6

石垣島といえば沖縄離島の中でも人気のある島。八重山諸島の中心になる島。今回は石垣島をメインに竹富、小浜、西表などを3週間ほど旅行してきました。石垣島ひとり旅、まずは那覇空港からJTAの飛行機で石垣島へ ...

7

阿嘉島の北浜ビーチは慶良間でも飛び抜けた透明度を誇る珊瑚の美しいビーチです。北浜と書いてニシハマビーチとかニシバマとか読みます。個人的には那覇から気軽にいけるビーチの中では北浜ビーチが1番きれいな気が ...

宇治橋 8

伊勢神宮の内宮は、天照大御神をお祀りする日本有数の聖地。内宮は正式には皇大神宮といいます。 宇治橋を渡れば別世界が広がっています。 一生に一度はお伊勢参りといわれる日本人のこころの故郷、伊勢神宮。あな ...

9

沖縄中部の離島、津堅島。中城湾に浮かぶ小さな島。別名キャロットアイランドと呼ばれる、人参畑の広がる"のどかな島"に日帰りで行ってきました。そこまで観光化されていない、知る人ぞ知る島といったところです。 ...

西表島の青珊瑚 10

西表島は青珊瑚が多く、とてつもなく美しい海で遊べます。西表島の民宿マリウドの海人ツアーは朝から晩までがっつりと、その美しい奥西表の海を楽しむツアー。秘境の村として有名な船浮のもっとずっと先にある西表島 ...

-沖縄本島

Copyright© 朝梟 旅ブログ , 2019 AllRights Reserved.