聖地を巡る旅

日光 二荒山神社へ参拝

投稿日:

日光二荒山神社は東照宮の奥にある超パワースポット的な場所です。日光市街地からも見える男体山を御神体とした下野国の一宮。二荒山神社へ参拝して、日光の街でさんフィールドの湯葉御膳や、補陀落本舗のゆばむすびなど日光名物をガッツリと食べ歩いてきました。

日光 二荒山神社

日光二荒山神社
御祭神
二荒山大神・大己貴命・田心姫命・味耜高彦根命
〒321-1431 栃木県日光市山内2307 TEL (0288)54-0535
拝観料¥200

日光東照宮 新しい陽明門を見てきた!

日光東照宮にある国宝 陽明門。ここ数年改修工事で見る事が出来なかったのですが、ついに復活。リニューアルされた陽明門をこの目で見てきました! 今回は東京駅から日光まで高速バスで日帰りの旅。高速バスの方が ...

続きを見る

日光東照宮からに続きです

東照宮への参拝を終えた我々は二荒山神社へ向かった。日光に来て東照宮は行くけど二荒山はスルーするという人が多いが、マジでもったいない。二荒山神社はいわゆる超パワースポットなのだ。その歴史は東照宮よりもずっと古い。

日光二荒山神社は下野国の一宮で男体山をはじめ日光の山々を御神体とする神社。山が御神体というと大山祇神を連想するが、二荒山神社の祭神は二荒山大神と大国主命の家族。

日光二荒山神社

ちなみに神橋は東照宮ではなく二荒山神社の所有で、二荒山神社への入り口。二荒山神社は最近では恋愛の神社みたいな事になっている。昔はこんな雰囲気全然なくて、もっとピリッとしてちょっと怖いぐらいの感じだったんだけどな。

神橋

神橋

神橋から、遙か先に見える男体山までが敷地という、全体で見るととんでもなく巨大な神社で、伊勢神宮に次ぐ面積を持っているそうだ。全然知らんかった。

神橋

中禅寺湖と男体山の頂上にも宮があるそうだ。いつかそのあたりまで行ってみたい。

日光参拝の旅は毎回日帰りなので時間的に難しいのだが、そのうち泊りがけで来てみようと思う。

日光二荒山神社 鳥居

二荒山神社は入り口に本殿がある。まずは本殿で日頃の感謝などをお伝えさせて頂く。

二荒山神社 本殿

二荒山神社 本殿

本殿の横にある道を入っていくと神苑。ここは拝観料がかかるので入り口で支払う。

神苑には大国殿で日枝神社や化け灯篭などがある。拝観料を払ってでも見に行く事をおすすめする。

御神木

夫婦杉

この夫婦杉の間をよく見て欲しい。屋根の下にハート型の装飾というか、穴があいているのが分かるだろうか?

縁結びで有名な神社の夫婦杉の間にハートって。
大司氏
夫婦は仲良くしなさいって事でしょうねぇ。

二荒霊泉

神苑の中間にある二荒霊泉という泉では、知恵の水、酒の水、若水という水が湧いている。酒飲みのおっさんにはありがたい事この上ない水だろうな。ちなみに隣りにあるあずまや茶屋でこの水を使ったお茶が飲める。

二荒山神社

神苑の一番奥には日光連山遥拝所がある。ここは心が鎮まって大変良い。遠くに御神体の山々が見渡せる。毎回ここの辺でしばらくぼーっとする。日々のストレスが消えていく。

そして、ここに訪れると毎回、俺達しかいない事が多いのだが、今回はちょっと違った。

日光二荒山神社

誰とは言わんが、とある超大物芸能人が番組の収録をしていたのだ。俺が小学生ぐらいの頃から活躍し続けてきた方で、これに関してはマジでビビった。TVで見た感じとあまり変わらない。

後日、放送を見た大司氏が「私の打った柏手が入っておりました」と興奮していた。

二荒山神社の大黒様

個人的にリアルに「なんかある」と思っているのが二荒山神社の大黒様(大国主命)である。実際の所どうとかはわからんが、直感的になんかあると思っているのでそういう事なんだろう。

大国殿

ここの大黒様は招き大黒という名で知られているのだが、優しい顔でまさしく招いている姿が描かれている。この絵かなり好きなのだ。なんかしらんがホッとする。元々は慈覚大師(天台宗のめっちゃ偉い人)を祀っていたそうだが、なぜか今は大黒様。

本来、大黒様はヒンズーの破壊神シヴァの夜の姿で要はめっちゃこわい神様だったそうだ。仏教と融合した際に大黒天となり、日本では神仏習合の際に大国主命となったらしい。みんな完全な武闘派の神仏。江戸時代ぐらいに大黒様=七福神の財福を司る神様となったそうだ。

日光大国殿

普通は大黒様は大黒様としか書いてないところが多いのだが、二荒山神社ではきっちり大国主命とかいてある。本殿の祭神も大己貴命(大国主命の別名)と奥様の田心姫命と子供の味耜高彦根命になっている。

年に一度はここに来て、日頃の感謝などをお伝えしている。今では特に願うってことはないが、ここに来る時に抱えていた悩みなどは、その後自分の思っていた形で解決される事が多い。かなり難しい事であっても何故か突然解決する。毎回、マジでありがとうございますと思う。そんなこんなで個人的には昔からなにかとお世話になっている場所なのだ。

因みに遠く離れた富士山の北口本宮浅間神社の本殿の裏にも日光の大黒様が祀られている。いわゆる龍脈の始まりと終わりにお祀りされている。なんか意味があるのかもしれない。まぁ、我々のような庶民にはわからないが。

太郎丸

大黒殿には太郎丸という巨大な刀が展示されている。これも重要文化財。こんなでかい刀をなんのために作ったのか、そして何故ここに置かれているのか全くもって謎だらけだ。

高天原

参拝を終えた我々は、いつも通り日光招き大黒様の小判のようなお守りを頂き、大変充実した気持ちで二荒山神社を後にした。

日光

絶品!日光名物 湯葉料理 さんフィールド

さんフィールド
栃木県日光市下鉢石町818 TEL:0288-53-4758
東武日光駅から徒歩10分ぐらい 駐車場有り

日光に来た時は、参拝が終わったら食べ歩きと決まっている。

参拝してその土地の物を食べると、その土地の気みたいなものを取り込む事が出来るとか何かで読んだ。本当はその土地の湯にも浸かったほうがいいそうだが。

日光

我々が毎回欠かさず食べているのが金谷ベーカリーのカレーパンと、補陀落本舗のゆばむすび、日光さかえやの揚げゆばまんじゅう。この習慣はもう変わらないと思う。しかし今回は本格的な湯葉料理も食ってみるかという話になった。

金谷ホテル

神橋の先にある金谷ベーカリーでいつものカレーパンを買って、レジのおばちゃんにこの辺の湯葉料理屋でいいとこないですかと聞いてみた所、さんフィールドがおすすめだという。

日光に住んでいる人でも食べに行くそうだ。地元の人の情報は一番正確だと思う。さっそくさんフィールドへ向かった。

さんフィールド

さんフィールドはロマンチック街道の、東武日光駅から東照宮までのちょうど中間ぐらいにあった。

さんフィールド

建物は割りと新しく、外観はかなりきれいなお店。店内は落ち着いたカフェ風。

湯葉御膳

ゆばの御膳1800円っすか。けっこうしますね。まぁ食いますけど。
大司氏
ゆばは高級料亭で出てくるイメージですからね。このくらいで適正なのでは?

ビール

湯葉御膳を注文し、俺はついでにビールも頼んだ。旅の時は昼間でも飲む。最高に美味いから仕方ない。

そして待つこと10分。湯葉御膳がやってきた。

湯葉御膳

さすがに1800円の定食なだけあって見た目も華やか。ボリュームもかなりある。

福湯葉

湯葉の質もいいのだろう。大豆の良い香りと、くにゃっとした食感がめっちゃいい感じ。味も上品で男女問わずむしゃむしゃ食べられると思う。

湯葉御膳

あんかけと福ゆばめっちゃ美味いっすね。コーヒーゼリーも普通じゃないですよ。
大司氏
湯葉は調理の仕方で食感がかなり変わりますね。さすがに贅沢な味ですねぇ。

湯葉も当然うまいが、個人的には、ご飯に乗っている緑の漬物が気に入った。落合商店の志そ巻きとうがらしというものなのだが、これがしょっぱくて白飯に合いすぎて困った。

地元の人も通う店というだけあって味もボリュームも大満足であった。もし、日光で名物の湯葉を食べたいと思った時は迷わず、さんフィールドで。

補陀落本舗の"ゆばむすび"は絶対食った方がいい

補陀洛本舗 石屋町店
栃木県日光市石屋町406-4 TEL:0288-53-4623
東武日光駅から徒歩7分 駐車場もある

補陀落本舗

日光に来た時にぜひとも立ち寄ってほしいと思うのがこの補陀落本舗。名前から如何にもやりそうでしょ?

本来は和菓子の店なのだが、我々の目的はお菓子ではなく「ゆばむすび」。

補陀落本舗

湯葉料理は料金的にちょっと高いので、家族連れなどは「家族みんなで1万円軽く越えるな…」などとひるむかもしれないが、この補陀落本舗のゆばむすびは400円と安い上にクッソ美味い。小学生でもウマいウマいと喜んで食べる味だと思う。

ゆばむすびはテイクアウトが基本なので買っておいて、帰りの電車や車で食べてもいいと思う。

ゆばむすび

これがゆばむすび。カウンターの上に置いてあるのですぐ分かる。2個入で400円。

味のついたおこわを、半生の湯葉で巻いてあるおむすびなのだが、とにかく美味い。意味が分からないレベルで美味い。

ゆばむすび

このゆばむすび、半生の湯葉をたっぷりと使っている。湯葉のくにゃっとした食感とおこわのモッチリした食感が最高に合うのだ。

やっぱうめーなぁ。年に一度はこれを食わないと。
大司氏
さんフィールドの湯葉とはまた違った美味しさですよね。

おこわには、味がかなりしっかり付いていて、湯葉がそれをさっぱりさせる。一緒に食うとちょうどいい塩梅になる。

この美味さは食べないとわからないだろうなぁ。見た目からは想像がつかないと思う。

補陀落本舗

基本的にはテイクアウトなのだが、店内でお茶を飲みながら食べる事も出来る。我々は冬に来ることが多いので、だいたい店内で食べる。

リオン・ドールから見る男体山が美しい

日光駅前

湯葉料理とゆばむすびでかなりお腹いっぱいになった我々は駅前まで戻り、たまり漬けなどちょっとしたお土産を買った。日光のお土産は漬物と決まっている。

そして、これはあまり知らない人が多いと思うのだが、駅前にちょっとしたおすすめスポットがある。

東武日光駅の前の道、ロマンチック街道を渡りそのまままっすぐ行くとリオン・ドール日光店という、ごく普通のスーパーがあるのだが、そこに行って見て欲しい。

日光駅前

この郵便局の奥の方に小さく見えている黄色と緑の建物がリオン・ドール。

そこの駐車場からみる男体山、女峰山が一番綺麗に見えるのだ。ここからだと角度的に視界を遮るものが何もなくなる。

男体山

我々はだいたいこのリオン・ドール日光店でなんらかの飲み物(だいたいビール)や帰りの電車やバスで食べる物などを買い、しばらく山を眺めてから帰る。

〆はやっぱり揚げゆばまんじゅう

日光駅前

旅の締めくくりは東武日光駅前にある、さかえやの揚げゆばまんじゅう。かなり有名なので知っている人も多いかもしれない。

さかえや

ゆばと豆乳を練りこんだまんじゅうに衣をつけて揚げているだけなのだが、外側の衣に塩気が効いていてやたらと美味い。

普段まんじゅうなんぞ滅多なことがない限り食べないが、さかえやの揚げゆばまんじゅうだけは別。

揚げゆばまんじゅう

毎回2個買って駅前のベンチでお茶を飲みながら食べる。これで、今年の日光参りは終わったなーとしみじみ思う瞬間。

揚げゆばまんじゅう

そろそろ帰りのバスがやってくる時間だ。

日光 高速バス乗り場

高速バスは降りた場所と同じ、「観光バス乗り場」から乗る。

この停留所、高速バス乗り場などの看板はないし、誰もいない。「ほんとにここで大丈夫か?」と不安になったが、ちゃんとバスがやって来た。

東武日光駅

行きと同じく、ほぼ貸し切り。ゆっくりと寝させて貰った。

高速バス

羽生PA

帰りも、羽生PAで休憩するのだが、行きと全然雰囲気が違ってびっくりした。日光から東京方面車線にある休憩所は何故か江戸風であった。

羽生PA

無事、東京駅に着いた我々は、その昔長い間働いていた有楽町まで歩いて行って、当時よく行った居酒屋で軽く飲んで解散した。

なんだかんだ、今回の日光もいい旅になった。また1年いい感じに過ごせそうな気がする。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でkishoooをフォローしよう!

激安防水アクションカム5選 想像以上に使えます

防水のアクションカメラは沖縄旅行でのダイビング、雪山でのスノボやスキーなどで大活躍する「動画を撮るための小さなカメラ」です。アクションカメラ、アクションカムとかウェアラブルカメラなどと呼ばれています。 ...

続きを見る

ぽっちゃりお腹
海での体型カバーにラッシュガード

1 ラッシュガードとは一体なんなのか?2 便利な格安ラッシュガード3 太って海を諦めた人が多いので紹介してみた ラッシュガードとは一体なんなのか? ラッシュガードは元々はサーファーが海で身体を守るため ...

続きを見る

夏 サンダル
夏の必需品 足元がクッソ快適なサンダルをご紹介

サンダルは夏の必需品。沖縄旅行でも当然大活躍する、快適すぎるテバのサンダル ハリケーンをご紹介します。値段もそこそこしますが、履き心地が最高。個人的にも使っている、もう手放せないアイテムです。夏の足元 ...

続きを見る

BBQ
沖縄 バーベキューをビーチでやろう

沖縄でバーベキュー!旅行でもビーチパーリーやっちゃおう!沖縄はバーベキューのできる設備の整ったビーチが多数あります。現地の人はビーチパーリーといって週末などによくビーチでのバーベキューを行っています。 ...

続きを見る

那覇のラーメン屋
沖縄 ラーメン おすすめの店

沖縄 那覇でラーメンを食べるならこの店は外せない!そんなお店をご紹介します。沖縄でラーメン?と思う人も多いと思いますが、実力のあるラーメン屋も多数出店しているエリアなんです!沖縄ソバもすきだけど、やっ ...

続きを見る

長期の旅行や出張の友。マジで便利な初期費用、解約手数料無しのwifiルータ!

初期費用、解約手数料無し、申込の際に本人確認書類は原則必要なしのwi-fi東京のルータ。WEBからの簡単申し込みで翌日にはレンタルが可能の。即日発送も対応。ルータを返すのもポストに投函するだけと簡単。長期の場合、日額216円~と料金的にも問題ない。部屋にwifiないらしい…。そんな時確実に活躍する。

よくよまれている記事はこちら

渡嘉敷 阿波連ビーチ 1

渡嘉敷の慶良間ブルーな海で1日ひたすら遊ぶ。これって実に贅沢な1日じゃありませんか?渡嘉敷島の阿波連ビーチでシュノーケリングしてきました。そして展望台からの絶景と夕方の美しい空をたっぷりと満喫してきた ...

2

那覇国際通り周辺は居酒屋やバーなど飲食店の宝庫。観光客向けの沖縄居酒屋を始め、ありとあらゆるジャンルの飲食店が乱立しています。東京で居酒屋を経営している友人329と共に国際通り周辺の居酒屋めぐりをして ...

キッチン 3

沖縄に長期で滞在したい場合シェアハウスが便利です。リビングやキッチンなどをみんなで共用する暮らしは出会いも会って楽しいものです。マンスリーやウィークリーマンションよりも割安です。一般的な賃貸物件と違い ...

4

石垣島といえば沖縄離島の中でも人気のある島。八重山諸島の中心になる島。今回は石垣島をメインに竹富、小浜、西表などを3週間ほど旅行してきました。石垣島ひとり旅、まずは那覇空港からJTAの飛行機で石垣島へ ...

5

阿嘉島の北浜ビーチは慶良間でも飛び抜けた透明度を誇る珊瑚の美しいビーチです。北浜と書いてニシハマビーチとかニシバマとか読みます。個人的には那覇から気軽にいけるビーチの中では北浜ビーチが最強だと思います ...

アオウミガメ 6

沖縄の慶良間諸島 座間味島はウミガメと普通に遭遇できます。ケラマカヤックセンターのシーカヤックとシュノーケリングでアオウミガメとタイマイに遭遇。その後、阿真ビーチでもアオウミガメに遭遇しました。 1 ...

宇治橋 7

伊勢神宮の内宮は、天照大御神をお祀りする日本有数の聖地。内宮は正式には皇大神宮といいます。 宇治橋を渡れば別世界が広がっています。 一生に一度はお伊勢参りといわれる日本人のこころの故郷、伊勢神宮。あな ...

-聖地を巡る旅

Copyright© 朝梟の旅行ブログ , 2018 AllRights Reserved.