久米島 人気の沖縄離島観光 旅行

久米島 那覇からフェリーで行ってみよう!

沖縄離島 久米島へフェリーで行ってきました。とまりんでの乗船券の買い方や、船内などを簡単にご紹介します。久米島へのアクセスは飛行機かフェリーになります。フェリーの場合3時間半かかりますが安く行けるのがいいところ。晴れた日の航海はとても気持ちよく、思ったより快適でした。

沖縄離島 久米島にフェリーで行ってみよう!

久米島へのフェリー

・那覇から久米島へ向かうフェリーはとまりん(泊港)から出ています。
・久米商船のフェリー琉球かフェリー海邦の2つが久米島行きのフェリーです。
・1便は9:00、2便は14:00に泊港から出港します。
・所要時間は片道だいたい3時間半。
・料金は片道3390円。往復で¥6,450(往復割でこの金額)。
・車やバイクも載せられます。
・詳細は久米商船株式会社の公式サイトで確認しましょう。

この夏は2週間ほど那覇 泊港の近くにあるウィークリーマンションに滞在しています。

那覇のウィークリーマンション エスペラール泊マジでおすすめ!

那覇のウィークリーマンションに2週間程滞在してきました。沖縄に1週間~1ヶ月程度滞在する時はウィークリーマンションがマジで便利。今回滞在した「ウィークリーマンション エスペラール泊」は部屋は広くきれい ...

続きを見る

この部屋からは、ちょうど久米島行きのフェリーが見えます。毎日とまりんから久米島へ出港する船をみていた俺は

久米島行ったことねー!行ってみてー!暇だし明日行ったろ!

と、唐突に久米島に行くことにしました。元々は伊平屋や伊是名に行くつもりだったのですが(笑)

はての浜

はての浜

畳石

比屋定バンタ

フェリーで行く久米島の旅、正直思ったより快適でした。

久米島までは飛行機で行くのが一般的らしいよ

久米島に行く!と決めた俺は、サクッと楽天トラベルで宿の予約をしてから、久米島へのアクセス方法や料金について調べる事に。

久米島までは飛行機で行くのが一般的みたいですね。慶良間までは船が一般的だけど、そこから先にある離島は飛行機がメインの交通手段になるわけかー。

飛行機

しかし飛行機は直前に取ると高いんですよねぇ。夏のシーズン真っ只中ですし。

JTAやRACの便が片道1日7本出ていますが、片道1万円オーバーなのでやめました。※45日前ぐらいに予約しとけば飛行機でも片道5,000円ぐらいです。

時間的には飛行機だと35分。フェリーだと3時間半かかります。船酔いする人は飛行機で行ったほうが良さそうですね。

しかし、県庁前まで行って、モノレールで那覇空港まで行って、そこからさらに搭乗手続きをして…などの時間を考えると、正直あんまり所要時間は変わらない気がする。とまりんとか家から5分だしなぁ。

やはりフェリーで行く事にします。フェリーなら片道3,390円です。往復割引もあるので往復¥6,450で行けます。

出発当日 とまりんでフェリーの乗船手続き

久米島行きのフェリー久米島行きのフェリーは午前と午後の2便出ています。

1便は9:00に泊港を出発し、渡名喜島を経由して12:30に久米島に到着。2便は14:00発、経由なしで17:00に到着します。

帰りも一緒です。久米島を9:00か14:00に出る感じです。詳細は久米商船株式会社のサイトで確認しましょう。

今回はフェリーの予約はせずに、直接とまりん(泊ふ頭旅客ターミナルビル)で乗船券を買いました。

とまりん

慶良間まで行くフェリーは予約しないと乗れない事が多いのですが、久米島へ行くフェリーは夏のオンシーズンでもそこまで混雑しません。

申込書

いつも通り、乗船券を記入してからカウンターへ。名前と連絡先の電話番号が埋まっていればOKです。

乗船券

運賃を支払い、乗船券を手に入れました。

この、とまりんの受付では現金での決済のみです。クレジットカードでは支払えないので注意!併設するローソンなどで現金を引き出しておきましょう。

久米島フェリー乗り場

とまりんから海側に出て、左の方(公園の逆の方)に進んでいくと、久米島や大東島行きのフェリーが停まってます。出航15分前までには乗船しておきましょう。

沖縄 花月

全然関係ない豆知識ですが、ここの階段上がったところに沖縄の吉本花月があります。

フェリー琉球の船内について

久米島に行くフェリーは、フェリー琉球か、フェリー海邦の2つです。どちらになるかは当日乗るまで分からないみたいですね。

フェリー琉球 外観

俺が乗ったのは行きも帰りもフェリー琉球でした。今年(2019年)の5月にニューくめしまという船が引退し、フェリー海邦がデビューしたそうです。フェリー海邦の方が新しいのできれいかも。

フェリー琉球 外観

早速、フェリー琉球に乗ってみましょう。入り口でチケットを渡し、半券を受け取って乗船します。この半券は船を降りる時に渡すので失くさないように。

フェリー琉球 内部

フェリーの中はかなり広々してます。旅客定員は350名だそうです。

フェリー琉球 エントランス

想像してたのより1000倍きれいですねー。もっとダメな感じかと思ってた。

フェリー琉球 階段

この階段を上がると、メインキャビン。今日はガラガラですね(笑)

フェリー琉球 座席

座席の座り心地もかなりいいし、人が少ないので、背もたれをがっつり倒せます。けっこーフカフカでいい感じ。

マジ快適。スヤスヤ寝れるレベル。

前方には大型のTVがあるので暇つぶしになります。俺は放映されていた、ラマダン(イスラム教の断食月)を日本人が経験するというドキュメンタリーが面白くて、しばらく見入ってました(笑)

フェリー琉球 デッキ

デッキも広々。喫煙スペースもありました。長時間の航海なので、喫煙者にはかなりありがたいんじゃないでしょうか?

喫煙所

フェリー琉球で久米島へ出発!

フェリー琉球は定刻通り9:00に那覇泊港を出発しました。

出港

ここから約100km、約3時間半の船旅です。今日は天気もよく、波も穏やかなので船酔いするような事はなさそう。

波が高い時は、酔い止めを飲んでおいたほうがいいと思う。慶良間から先の海域はけっこー揺れるみたいですよ。

泊港

波の上

途中までは慶良間の島々へ行くときと同じような感じですね。まぁそりゃそうか。方角的には一緒だし。

慶良間

慶良間の島々を横目に船は進んで行きます。船で座間味から先に行くのは初めてです。

青い海

慶良間から先は、島も何も見えず、ひたすら青い海だけが広がっています。渡名喜島が近づいてくるまでは、本当に海しか見えません。

海面をよく見ると、たまにトビウオが飛んで行くのが見えます。

中継地の渡名喜島に到着

渡名喜島

那覇から約2時間。中継地の渡名喜島が見えてきました。渡名喜島はウミガメがよく現れる島らしく、海を見ているとウミガメがよく顔を出すそうです。座間味の阿真ビーチみたいな感じですかね。

渡名喜 海

この辺までくると、さすがに海の色が違いますねー。すっげーきれいな青。

渡名喜 海

海めっちゃきれい。来年あたりここにも来てみよっかなー。

渡名喜港

渡名喜、粟国、伊是名、伊平屋、宮古と行ってみたい離島はまだまだ沢山ありますねぇ。全部行ってしまったら楽しみがなくなるので、ちょっとづつ楽しんでいきたいと思います。

実際、慶良間の島々なんかは今も大好きですが、初めて行った時みたいな感動は無いもんねぇ。

目的地 久米島が見えてきた

渡名喜島から1時間ほど行くと久米島が見えてきました。

久米島

久米島は遠目に見てもかなりデカい島だと分かります。

久米島 海

久米島の右手の方を見ると、白い巨大な砂浜が見えます。これがはての浜。

久米島 海

船は、はての浜のある方角の逆方向に突き進んでいきます。少しづつ兼城港が見えてきました。

久米島 兼城港に到着!

3時間半の航海を終え、久米島の兼城港に到着しました。飛行機を使って短時間で行くのもいいですが、ゆっくりとした船の旅もかなり乙なものでした。時間がある人は試してみてはいかがでしょうか?行きのフェリーも帰りのフェリーも、けっこー快適に過ごせましたよ。

兼城港

兼城港のまわりの海は緑色。島によって色が違うので面白いですねぇ。

久米島は赤土っぽいのかな?渡名喜と違って海が緑系の色だなぁ

兼城港

久米島のキャラクター、球美久米子ちゃんが迎えてくれました(笑)

球美 久米子

デザインかわいい。女の子のホタルかぁ。久米島はホタル有名なんだなー。知らんかった。

時刻表

イーフビーチ方面へ行くバスは1日2本かー。こりゃタクシー召喚するしかないなぁ…。久米島は車必須の島ですな。

フェリーでも車を運ぶことが出来ますが、料金を考えると久米島でレンタカーを借りた方がよさそうです。さて、とりあえず今日泊まる民宿糸数に行ってみましょう。

久米島の民宿 糸数 兼城港からすぐの良宿!

久米島の民宿 糸数。久米島の港、兼城港から徒歩10分ぐらいの場所にあるアットホームな民宿です。1泊3,000円~5,000円(時期により変動)という激安な料金で泊まれて、さらに食事が美味い宿。口コミ評 ...

続きを見る

次は久米島の民宿へ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でasafukuoをフォローしよう!

沖縄 那覇 激安・格安ゲストハウス 10選!安くてキレイな宿に泊まろう!

沖縄一人旅や少人数グループでの旅行ならゲストハウスがお薦めです。特に那覇はドミトリーなら1000円以下で宿泊可能なゲストハウスも多数存在します。個室もホテルや旅館に比べ安く使えるので"少しでも安く旅行 ...

続きを見る

激安防水アクションカム5選 想像以上に使えます

防水のアクションカメラは沖縄旅行でのダイビング、雪山でのスノボやスキーなどで大活躍する「動画を撮るための小さなカメラ」です。アクションカメラ、アクションカムとかウェアラブルカメラなどと呼ばれています。 ...

続きを見る

ラッシュガードで体型カバー!気楽に海を楽しもう!

夏の海で活躍するラッシュガード!強烈な紫外線から肌を守ってくれる上に、体型もカバーしてくれます。ダイエットが間に合いそうにない人は試してみては?日焼け防止や虫よけになるし、着たまま泳ぐことも出来るので ...

続きを見る

足元がクッソ快適なTevaのサンダルをご紹介

サンダルは夏の必需品。沖縄旅行でも当然大活躍する、快適すぎるテバのサンダル ハリケーンをご紹介します。値段もそこそこしますが、履き心地が最高。個人的にも使っている、もう手放せないアイテムです。夏の足元 ...

続きを見る

沖縄 バーベキューをビーチでやろう!BBQにおすすめのビーチはここ!

沖縄でバーベキュー!旅行でもビーチパーリーやっちゃおう!沖縄はバーベキューのできる設備の整ったビーチが多数あります。現地の人はビーチパーリーといって週末などによくビーチでのバーベキューを行っています。 ...

続きを見る

那覇のラーメン屋
沖縄 那覇のラーメン屋 おすすめの店をピックアップ!

沖縄 那覇でラーメンを食べるならこの店は外せない!そんなお店をご紹介します。沖縄でラーメン?と思う人も多いと思いますが、実力のあるラーメン屋も多数出店しているエリアなんです!沖縄ソバもすきだけど、やっ ...

続きを見る

キッチン
沖縄 シェアハウスを集めてみた

沖縄に長期で滞在したい場合シェアハウスが便利です。リビングやキッチンなどをみんなで共用する暮らしは出会いも会って楽しいものです。マンスリーやウィークリーマンションよりも割安です。一般的な賃貸物件と違い ...

続きを見る

長期の旅行や出張の友。マジで便利な初期費用、解約手数料無しのwifiルータ!

初期費用、解約手数料無し、申込の際に本人確認書類は原則必要なしのwi-fi東京のルータ。WEBからの簡単申し込みで翌日にはレンタルが可能の。即日発送も対応。ルータを返すのもポストに投函するだけと簡単。長期の場合、日額216円~と料金的にも問題ない。部屋にwifiないらしい…。そんな時確実に活躍する。

人気の観光・旅行記事はこちら!

アオウミガメ 1

沖縄の慶良間諸島 座間味島はウミガメと普通に遭遇できます。沖縄でウミガメと泳ぎたい!だったら座間味でしょう!今回はケラマカヤックセンターのシーカヤックとシュノーケリングでアオウミガメとタイマイに遭遇。 ...

2

沖縄観光では定番中の定番、最も有名な観光スポット美ら海水族館へ!沖縄バスのバスツアーで行ってきました。ジンベエザメやマンタの泳ぐ黒潮の海をはじめ、美ら海水族館、海洋博公園にはたくさんの見所がありました ...

渡嘉敷 阿波連ビーチ 3

渡嘉敷島の阿波連ビーチは那覇から日帰りでも行ける極上のビーチです。今回は渡嘉敷に宿泊し、阿波連ビーチでシュノーケリングしてきました。渡嘉敷の慶良間ブルーな海で1日ひたすら遊ぶ。これって実に贅沢な1日じ ...

4

那覇国際通り周辺は居酒屋やバーなど飲食店の宝庫。観光客向けの沖縄居酒屋を始め、ありとあらゆるジャンルの飲食店が乱立しています。居酒屋を経営している(現在はラーメン屋に転身)友人と共に国際通り周辺の居酒 ...

5

久米島は那覇から100kmほど離れた場所にある大型の離島。久米島は、見どころ満載の島。観光する楽しみが詰まった島です。海も山も揃った贅沢な時間を過ごせます。東洋一美しいと言われる「はての浜」の海だけで ...

6

石垣島といえば沖縄離島の中でも人気のある島。八重山諸島の中心になる島。今回は石垣島をメインに竹富、小浜、西表などを3週間ほど旅行してきました。石垣島ひとり旅、まずは那覇空港からJTAの飛行機で石垣島へ ...

7

阿嘉島の北浜ビーチは慶良間でも飛び抜けた透明度を誇る珊瑚の美しいビーチです。北浜と書いてニシハマビーチとかニシバマとか読みます。個人的には那覇から気軽にいけるビーチの中では北浜ビーチが1番きれいな気が ...

宇治橋 8

伊勢神宮の内宮は、天照大御神をお祀りする日本有数の聖地。内宮は正式には皇大神宮といいます。 宇治橋を渡れば別世界が広がっています。 一生に一度はお伊勢参りといわれる日本人のこころの故郷、伊勢神宮。あな ...

9

那覇から日帰りで座間味島の古座間味ビーチに遊びに行ってみました!座間味は国立公園となった慶良間諸島の島のひとつ。慶良間への日帰りというと、距離的に渡嘉敷島に行く人が多いのですが、座間味も充分日帰り可能 ...

西表島の青珊瑚 10

西表島は青珊瑚が多く、とてつもなく美しい海で遊べます。西表島の民宿マリウドの海人ツアーは朝から晩までがっつりと、その美しい奥西表の海を楽しむツアー。秘境の村として有名な船浮のもっとずっと先にある西表島 ...

-久米島, 人気の沖縄離島観光 旅行

Copyright© 朝梟 旅ブログ , 2020 AllRights Reserved.