聖地を巡る旅

三峯神社へ 秩父長瀞の旅

投稿日:

三峯神社は秩父の山の上にある、強い気の満ちた神社です。関東屈指のパワースポットとも言われています。伊邪那岐尊、伊弉諾尊が御祭神で、配祀神に造化三神、天照大神がお祀りされています。今回は秩父三社と呼ばれる、三峯神社、秩父神社、宝登山神社へ参拝の旅をしてきました。

三峯神社 秩父三社巡り 其ノ壱

三峯神社
御祭神 伊邪那岐尊、伊弉諾尊
配祀神 天之御中主神 高御産巣日神 神産巣日神 天照大神
埼玉県秩父市三峰298-1
TEL 0494-55-0241
西武秩父駅から三峯神社行きバスで70分(片道930円)

3月の頭、俺は次男坊を連れ、参拝旅行の友、大司氏と共に1泊2日の秩父長瀞の旅に出かける事にした。秩父三社と呼ばれる、三峯神社、秩父神社、宝登山神社への参拝の旅だ。

うちの長男はコミュ力が高く誰とでも簡単に仲良くなるのだが、次男坊は人見知りが激しい。今まで会った事のない俺の友人と会わせるのはいい経験になるだろう。

本日は秩父に向かい三峯神社へ。明日は朝から秩父神社に参拝し、宝登山神社のある長瀞へ向かう予定になっている

早朝、クソ寒い中、池袋から西武池袋線に乗り西武秩父駅へ向かった。

西武秩父駅

池袋から西武秩父まで1時間40分の電車の旅。片道780円。レッドアローなら約1時間半。片道1400円で行ける。

秩父は、時間的にも料金的にも、東京に住んでいる人ならいつでも気軽に行けると思う。程よい距離感。

うちの次男は完全な鉄道オタクで、特急に乗ると、ちょっと異常なテンションで〇〇系の車両はあーでこーでと説明を始める。お陰で電車に乗っている間は全く退屈しなかった。

武甲山

西武秩父駅に降り立つとかなり気温が低くちょっと怯んだ。東京より明らかに寒い。

秩父の象徴、武甲山はがっつり雪を被っていた。3月でもまだ雪あるんだな。もう春かと思っていだのだが秩父はまだ冬だったか。

毎年、夏は沖縄、冬は神社巡りか、海外にいるか、というローテーションで旅している。日本は四季によって楽しみ方が変えられるのでいいですね。

西武秩父駅

西武秩父駅はずっと工事をしていたのだが、めっちゃキレイにリニューアルされていた。

レトロな雰囲気を今の技術で作ったみたいな感じ?キレイだけど懐かしい雰囲気で個人的には好きなデザイン。

西武秩父看板

駅の横には”祭りの湯”という温泉が出来ていた。秩父を旅した帰りに温泉に浸かるのはアリかもしれんなぁ。特に今日みたいにクソ寒い日は極楽だろうね。

祭りの湯

西武秩父駅から三峯神社までは特急バスで行く。所要時間70分で料金は930円。

バス

このバスは山道をひた走るので乗り物酔いする人は酔い止めを飲んでから乗る事をおすすめする。冗談抜きで油断していると酔う。

バス

西武秩父から三峰口を経由してあとはひたすら山道を上がっていくだけ。寝てるのが一番いいかな。

三峯神社に到着

三峯神社は山の上にある。天空の聖域とか言われるぐらい山の上にある。

雪の積もった武甲山を見た時から、ある程度予想はしていたが、やはり、三峯神社もがっつり雪だらけであった。

マジかよ。雪積りまくってるじゃん。 しかもめっちゃ寒いし。
大司氏
3月上旬はまだ寒いに決まってるじゃないですか…。
次男坊
父ちゃんバカだね。まだ冬だよ。

三峯 駐車場の上

子供はこういう時強い。雪を見てテンションがブチ上がったらしく、走り回っていた。

雪は積もっているが今日も天気はいい。山々がきれいに見える。三峯の名は、ここから見える山々の中でも特に美しく見える、妙法ヶ岳、白岩山、雲取山の三つの峯から来ているそうだ。ちなみに三峯神社の奥宮は妙法ヶ岳の山頂にある。

俺が、三峯神社に行くようになったのは、5年以上前になる。

仕事で、とあるお客様と話をしていたのだが、スマホの待ち受けが極彩色の派手な神社で、その場所が気になった俺はどこか聞いてみた。

この待ち受けの神社ってどこっすか?めっちゃきれいですね。
とあるお客様
これは三峯神社。秩父にあるすごい神社だよ。あんたは行ったほうがよさそうな感じだね。

初対面の人に、そんな事を言われたら「あっ、このおねーちゃん美人だけどヤベェやつだ」と思うか「なんかわからんが俺は行ったほうがいいのか」と考えるようになるかのどちらかだと思う。俺は後者であった。気になって仕方ない。

数日後、神社などに詳しい友人、大司氏に三峯神社への参拝を打診してみた。この後、大司氏とは伊勢や富士など参拝の旅へ何度となく行くことになるのだが、この時の三峯神社が最初の「参拝の旅」だった。

秩父の三峯神社って行った事あります?なんかめっちゃきれいなんすよ。すげえ場所らしいんすよね。 
大司氏
ほう…。では行って見ましょう。秩父なら日帰りで行けますから。

そういう訳で我々は三峯神社に参拝しに行った。

三峯神社は、日本武尊命が開いた場所で、伊邪那岐尊、伊弉諾尊が御祭神。配祀神に造化三神と言われる創造神、天之御中主神、高御産巣日神、神産巣日神そして高天原の最高神、天照大神。

更に眷属の山犬様(狼)が、お祓いとかそういったジャンルにめちゃめちゃ強いと有名な神社であった。

三峯神社 随身門

要するに、その当時の俺の周囲には、見える人から見れば"祓ったほうがいい何か"がいたのであろう。

普段、普通に生活している上ではそんな事は微塵も感じなかったが。

しかし今考えると、当時は人生の底だったと思う。幾つかの受け入れがたい嫌なことが重なり、飲んだっくれて自暴自棄になることが多かった。今では考えられないような事を毎晩やっていた気がする。その時期に出会った人達には多大な迷惑をかけた。今でもすまんかったと思う。この人生の低迷期は長く、3年ぐらいは何も面白くない、虚しい毎日が続いていた。

まぁ、長い人生そんな時期もあるのだ。この年の、秋の三峯、年末の伊勢を経て翌年からはかなり人生が変わった。「あの長い低迷期があったからこそ今がある」とも思うが、まぁ、あれはニ度とやりたくないなぁ。

それからは毎年、春から夏にかけて三峯神社へ参拝している。春、4月の終わり~5月頭ぐらいが時期的には最高じゃないかな。

羊山公園の芝桜が満開になっていて、大変美しい。参拝した帰りに見に行くといい。5月からは奥宮にも行けるので、山登りが平気な人は5月がおすすめ。

秩父 芝桜

夕日

写真は5月初旬の羊山公園。夕日が差して大変美しかった。

今回はまだ3月の頭。芝桜も咲いてないしめっちゃ寒い。

三峯神社 奥宮入り口

三峯神社の本殿に行く前に奥宮へ続く登山道への入口がある。

奥宮はここから1時間ぐらい、山道を登っていった山頂にあるのだが、ここは熊や鹿などもいるガチの山。さすがにこの季節は山には入れない。とはいえ鳥居の前で挨拶ぐらいしておこう。

雪

奥宮の入口に行くまででも、雪が深く、かなり大変だった。

三峯神社 奥宮鳥居

三峯神社の鳥居は白い。雪にめっちゃ映える。光が反射してより白く見える。

鳥居

ここからは見えない奥宮に向かって頭を下げておいた。次回は5月ぐらいに来て、久しぶりに奥宮まで行こうと思う。

→実際行ってきた。これはまた別の記事にまとめる。

奥宮を遠くに拝める 遥拝殿

三峯神社 鳥居

三峯神社の鳥居は三ツ鳥居。三ツ鳥居は日本でも数少ないらしく、三つになっている由来などもよくわかってないそうだ。まぁ、普通じゃないって事だな。

三峯神社 鳥居

この金色の装飾と山犬さんの感じが最高にかっこいいんだな。めっちゃ強そう。

参道

三ツ鳥居の前で頭を下げ、両脇の山犬さんにも頭を下げて参道へと進む。ここも雪ががっつり積もっている。

参道

まずは遥拝殿から奥宮を拝むことにした。雪積もった神社の景色は”THE 日本”って感じがする。

三峯神社 遥拝殿

この階段をあがると遥拝殿(ようはいでん)。遠くに山頂の奥宮が見える場所。

山

正直、ここから見えてもどこに奥宮があるのか全く分からない。奥宮から見るとこの遥拝殿は確認できるのだが。

雪山

あの山のどこかに奥宮があるのだろう。今回は行けませんが、次回はそこまでいきますねと申し述べておいた。

山犬

山犬さんも雪をがっつりかぶっていた。三峯神社にはたくさんの山犬がいるのだが、全部表情がちがう。

鳥居の前にいる山犬は、めっちゃ強そうな、まさに狼といった風貌だが、中に入るとかわいらしい顔の山犬もいる。作られた時期や、役割などで違うのだろう。

この遥拝殿の山犬さんはちょっとかわいい系統の顔でなんか和む。毎回「あ、どうも」と挨拶をしている。

随身門から本殿へ

三峯神社 随身門

随身門も今回は雪のため通行止め。ここ近くでみるとめっちゃきれいなんだけどね。

三峯神社 随身門

今回は横から見ることしかできない。しかし、雪が光を反射して、いつもより随身門の赤が鮮やかに見えた。

三峯神社 随身門

随身門

普段はこんな感じ。これは5月初旬に撮ったもの。近くで見ると迫力がある。普通にこの随身門をくぐって境内に入る。

三峯神社 階段

通常は随身門をくぐり、参道を歩き、この階段を上がって本殿に行く。

階段

今回は雪の為、通常の参拝ルートが通れない。横道を通り、摂社、末社のある方から入る形になった。

三峯神社 境内

ちず

三峯神社 鳥居

階段を上がると、この鳥居がある。ここで頭を下げて、左手にある手水で手と口を清め本殿へ。

三峯神社 手水

今回、一番ビビったのが、この手水が封鎖されていることであった。水の代わりにこのはたきで清めなさいと書いてあった。完全にこの中の水、凍っているのだろうな。

三峯神社 本殿

そして本殿へ参拝。この一年のいろいろな事について感謝の気持ちをお伝えさせて頂いた。

いつもありがとうございます。 

三峯神社 本殿

三峯神社の本殿は極彩色で綺羅びやか。赤と金のコントラストが豪華で大変美しい。美術的な意味でもすげぇ場所だと思う。

三峯神社 本殿

光が差すともうホント、ゾワっとするぐらい神々しい雰囲気になる。

三峯神社の装飾は東照宮と似ている。象が彫刻されているのは、ここと東照宮でしか見たことがない。そもそも象なのかどうかも分からんし、東照宮と関係があるのかどうかも全くわからんが。

三峯神社 装飾

ちなみに、本殿に向かって右手にずらりと並ぶ摂末社には東照宮も入っている。というか三峯神社には別天津神、神世七代(伊邪那岐、伊弉諾尊は神世七代)の神々を始め日本中の神様がお祀りされている。やっぱとんでもない場所だな。

三峯神社 国常立神社

国常立尊の鎮座する国常立神社や日本武神社(日本武尊命)、伊勢神宮、三峯神社祖霊舎にもご挨拶させて頂いた。

本殿の敷石には龍神

三峯神社 龍

三峯神社にはたくさんの山犬がいるのだが、龍もいっぱいいる。

手水舎の上にはおびただしい数の龍が彫刻されているし、本殿の敷石にも鎮座されている。

三峯神社 龍神

この龍神様は敷石に水をかけると現れる。2012年の辰年に突然、本殿の敷石の上に現れたそうだ。

ここでも毎回「あ、どうも」と頭を下げている。この龍神様は本殿に向かって左側の敷石にいらっしゃるので探してみて欲しい。

三峯神社に来たら氣守を頂こう

授与所

参拝した後は、本殿の隣にある社務所で氣守を頂く。氣守は三峯神社の有名なお守り。

氣守は青、緑、赤、ピンクから選べる。白い氣守もあるのだが、これはちょっと特別で毎月1日だけに頒布されている。

この白い氣守が非常に人気がある。どのくらい人気があるかというと、白い氣守を求めて来る車で25キロ渋滞するぐらい。当然、地域住民の生活に影響が出るレベル。

更に、白い氣守を転売するけしからん人も増えたそうで、2018年6月から白は休止になった。まぁ、そりゃそうだ。

氣守

俺はいつも青い氣守を頂いているので関係ないが。青が一番かっこいい。そもそも色の違いでお守りの力に差なんか出ないと思うのだが。

三峯神社 御神木

氣守を頂いたら御神木へお参りする。

三峯神社 本殿

写真では伝わらないと思うが、本殿の左右にある御神木はどっちもめっちゃでかい。樹齢800年だそうだ。

御神木

御神木

「氣守」にはこの御神木の一部が入っている。ここに氣守をくっつけて更に御神木から気を頂く。

なんか知らんが、この御神木に触れているとやたらと気分がスッキリする。人が少ない時はしばらくここで気を頂く。

随身門

ゆっくりと参拝も出来たしそろそろ行こう。

鳥居

鳥居の前で深々と頭を下げ三峯神社を後にした。

三峰神社は厳しい気のみなぎる神社で、弱っている人にはしんどい場所らしいが、個人的にはあんまりそういうイメージないな。

怖さや厳しさってよりは、なんか楽しいところってイメージが強いかなぁ。

ただ単に俺がそういった”目に見えない何か”に全く気が付かないアホだからなのかもしれんが。

とはいえ、心の折れる、嫌な目にあう事は確実に激減している。むしろ、やりたい事をやって好きなように生きていけるようになった。幾つかの夢も現実にできた。八百万の神々ありがたや。

駐車場

うちの次男坊もずっと楽しそうにキャッキャしていた。

ゆきだるま

さて、参拝も終わったし、とりあえずわらじかつ丼を食べに行こう。

参拝後は大島屋のわらじカツ丼!

大島屋
埼玉県秩父市三峰297-2 Tel 049-455-0039
営業時間 10:00~16:00

山麓亭

三峯神社には飲食店が2つある。駐車場から階段を上がって行くと、すぐに見えてくる。

この山麓亭は店頭で芋田楽などを販売しているのだが、芋田楽より店内で食べる卵かけご飯がめっちゃ美味い。

大島屋

そして、もう1軒、鳥居の真ん前にある大島屋では蕎麦やワラジかつ丼が食べられる。

大島屋

今回は早朝から何も食べていないので、みんな腹ペコ。軽くフラフラするぐらい腹が減っている。

そういう理由で、大島屋で、がっつりワラジかつ丼と鴨南そばの両方を食べてみた。

わらじかつ丼

右側にあるのがワラジかつ丼。丼からはみ出るサイズのかつが2枚入っている。これで1000円。鴨南そばは850円。

やっぱ、秩父と言えばこれですよね。このボリューム。
大司氏
やはり、これですよ。出汁のいい香りがしやがりますねぇ。この野郎ぉ。

わらじかつ丼とそば

大島屋の蕎麦や、味噌汁は出汁が効いていて個人的に好きな味。昔、田舎の爺さん婆さんの家で食った味噌汁みたいな感じ。蕎麦自体も香りが強く出汁に負けていない。コシも程よくある。

ワラジかつも甘辛い出汁というか、タレが染みていて、たまらんのだなぁ。かつ丼にしては上品だけどヤミツキになる味。今回は食べてないが、400円のしゃくし菜しぐれ飯もおすすめ。紫蘇の香りがして大変うまい。

大島屋

蕎麦とワラジかつ丼の両方を食べ終わると流石に腹がいっぱいになった。というか、腹がいっぱい過ぎて身動きが取れないぐらいになった。

我が子もカレーうどんを食べて満腹になったらしく、しばらくみんなで畳にひっくり返えっていた。人が少ない時期で良かった。

バスで西武秩父駅へ

最終のバスに乗り、西武秩父駅まで戻る。また70分のドライブだ。三峯神社から西武秩父駅行きの最終バスは16時半に出る。

秩父湖

秩父湖が冬の太陽を映してとてもキレイだった。ここから西武秩父駅まではひたすら寝る。

西武秩父駅

西武秩父駅に着く頃にはすっかり日が暮れていた。

武甲山

さて、本日の宿、農園ホテルへと向かおう。

農園ホテルと居酒屋ちんばた 秩父長瀞の旅

秩父の農園ホテル ナチュラルファームシティは小高い丘の上にあるホテル。部屋からは秩父の町が見渡せます。レストランも温泉もありゆっくりとくつろげます。ホテルの近くにある居酒屋ちんばたも日本中の銘酒を取り ...

続きを見る

へ続く

秩父神社と宝登山神社 秩父長瀞の旅

秩父三社の秩父神社と宝登山神社に参拝してきました。秩父神社は八意思兼命をお祀りする学業に良い神社。秩父駅からすぐの場所にあります。そこから長瀞まで電車で移動し、宝登山神社へ。宝登山神社は三峯神社と同じ ...

続きを見る

秩父神社、宝登山神社の記事はこちら

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でkishoooをフォローしよう!

激安防水アクションカム5選 想像以上に使えます

防水のアクションカメラは沖縄旅行でのダイビング、雪山でのスノボやスキーなどで大活躍する「動画を撮るための小さなカメラ」です。アクションカメラ、アクションカムとかウェアラブルカメラなどと呼ばれています。 ...

続きを見る

ぽっちゃりお腹
海での体型カバーにラッシュガード

1 ラッシュガードとは一体なんなのか?2 便利な格安ラッシュガード3 太って海を諦めた人が多いので紹介してみた ラッシュガードとは一体なんなのか? ラッシュガードは元々はサーファーが海で身体を守るため ...

続きを見る

足元がクッソ快適なTevaのサンダルをご紹介

サンダルは夏の必需品。沖縄旅行でも当然大活躍する、快適すぎるテバのサンダル ハリケーンをご紹介します。値段もそこそこしますが、履き心地が最高。個人的にも使っている、もう手放せないアイテムです。夏の足元 ...

続きを見る

BBQ
沖縄 バーベキューをビーチでやろう

沖縄でバーベキュー!旅行でもビーチパーリーやっちゃおう!沖縄はバーベキューのできる設備の整ったビーチが多数あります。現地の人はビーチパーリーといって週末などによくビーチでのバーベキューを行っています。 ...

続きを見る

那覇のラーメン屋
沖縄 ラーメン おすすめの店

沖縄 那覇でラーメンを食べるならこの店は外せない!そんなお店をご紹介します。沖縄でラーメン?と思う人も多いと思いますが、実力のあるラーメン屋も多数出店しているエリアなんです!沖縄ソバもすきだけど、やっ ...

続きを見る

派遣で働く
沖縄で働くなら!おすすめは派遣のお仕事!

沖縄で働くのであれば、派遣会社に登録して「販売のお仕事」で働くのがおすすめです。よく問題視される沖縄の賃金。しかし派遣の場合は賃金も高めです。沖縄在住だけど仕事がない、沖縄で働きながらダイビングしたい ...

続きを見る

長期の旅行や出張の友。マジで便利な初期費用、解約手数料無しのwifiルータ!

初期費用、解約手数料無し、申込の際に本人確認書類は原則必要なしのwi-fi東京のルータ。WEBからの簡単申し込みで翌日にはレンタルが可能の。即日発送も対応。ルータを返すのもポストに投函するだけと簡単。長期の場合、日額216円~と料金的にも問題ない。部屋にwifiないらしい…。そんな時確実に活躍する。

よくよまれている記事はこちら

渡嘉敷 阿波連ビーチ 1

渡嘉敷の慶良間ブルーな海で1日ひたすら遊ぶ。これって実に贅沢な1日じゃありませんか?渡嘉敷島の阿波連ビーチでシュノーケリングしてきました。そして展望台からの絶景と夕方の美しい空をたっぷりと満喫してきた ...

2

那覇国際通り周辺は居酒屋やバーなど飲食店の宝庫。観光客向けの沖縄居酒屋を始め、ありとあらゆるジャンルの飲食店が乱立しています。東京で居酒屋を経営している友人329と共に国際通り周辺の居酒屋めぐりをして ...

キッチン 3

沖縄に長期で滞在したい場合シェアハウスが便利です。リビングやキッチンなどをみんなで共用する暮らしは出会いも会って楽しいものです。マンスリーやウィークリーマンションよりも割安です。一般的な賃貸物件と違い ...

4

石垣島といえば沖縄離島の中でも人気のある島。八重山諸島の中心になる島。今回は石垣島をメインに竹富、小浜、西表などを3週間ほど旅行してきました。石垣島ひとり旅、まずは那覇空港からJTAの飛行機で石垣島へ ...

5

阿嘉島の北浜ビーチは慶良間でも飛び抜けた透明度を誇る珊瑚の美しいビーチです。北浜と書いてニシハマビーチとかニシバマとか読みます。個人的には那覇から気軽にいけるビーチの中では北浜ビーチが最強だと思います ...

アオウミガメ 6

沖縄の慶良間諸島 座間味島はウミガメと普通に遭遇できます。ケラマカヤックセンターのシーカヤックとシュノーケリングでアオウミガメとタイマイに遭遇。その後、阿真ビーチでもアオウミガメに遭遇しました。 1 ...

宇治橋 7

伊勢神宮の内宮は、天照大御神をお祀りする日本有数の聖地。内宮は正式には皇大神宮といいます。 宇治橋を渡れば別世界が広がっています。 一生に一度はお伊勢参りといわれる日本人のこころの故郷、伊勢神宮。あな ...

-聖地を巡る旅

Copyright© 朝梟の旅行ブログ , 2018 AllRights Reserved.